━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume354
volume353
volume352
volume351
volume350
volume349
volume348
volume347
volume346
volume345
volume344
volume343
volume342
volume341
volume340
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆色っぽい唇になった理由◆ブリリアントタイムvol.354
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2018年5月25日 vol.354

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

時計好き、Watch-Colle好きな皆さん、こんにちは!Harukaです。

真夏のように暑くなったかと思えば、
3月に逆戻りしたように寒い日があったりもする今日この頃、
体調など崩されていませんか?

私は先日、この気温差で危うく風邪をひきそうになりました。

夕方なんとなく肌寒さを感じ、時間が経つにつれ寒気が増していくので、
熱いお湯で溶いた葛根湯を飲んで、温かいお風呂に浸かりました。

それでもまだ寒気が治まらず、頭痛までしてきて、
なんだかアブナイ予感がします。

すがるような気持ちでもう一度熱いお湯で溶いた葛根湯を飲み、
靴下を履いて、シャツを一枚余分に着て、いつもより早くベッドに入りました。

葛根湯は、引き始めに飲めば効果絶大!というのは本当ですね。^^

倍量飲んでしまったけれど、おかげで翌朝は気分すっきり!
瀬戸際で風邪を撃退した満足感で、1日上機嫌でした。(笑)

なんでも早めが効果的なことを再認識しつつ、
今日もウオッチコレ新着情報からスタートです!


◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

◆時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちらです。

https://www.facebook.com/watchcolle

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 2017年5月11日〜2018年5月24日

(2)艶っぽくてクスクス笑えて温かい気持ちになる

(3)色っぽい唇になった理由

(4)ショートストーリー『デジャヴ』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ (1)ウオッチコレ新着情報 2017年5月11日〜2018年5月24日

オリエント M-FORCE(エムフォース) 200m WV0021EL 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on244sp/ON-244SP.htm

セイコー プレシジョン 懐中時計 15石手巻 鉄道時計 中国支 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1665p/SK-1665P.htm

シチズン クリスタルセブン 23石 ACSS2937-T 自動巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz237a/CZ-237A.htm

シチズン センターセコンド スクリューバック 17石 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz236a/CZ-236A.htm

レイモンドウィル マエストロ 2847-STC-20001 Cal.4200 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot263d/OT-263D.htm

セイコー スーパー Ref.13017 15石 GF/SS 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1663a/SK-1663A.htm

リコー ダイナミック オート Ref.57107 33石 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RC/rc018a/RC-018A.htm

シチズン クロノマスター HOOS 3002-Y 鷲メダリオン 手巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz235a/CZ-235A.htm

セイコー プレシジョン 懐中時計 91-0020 15石手巻 鉄道時計 門鉄 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1664p/SK-1664P.htm

セイコー スポーツマン 17 カレンダー 6602-9982 手巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1661a/SK-1661A.htm

グランドセイコー 6145-8000 ハイビート36000 CAP GOLD 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1660a/SK-1660A.htm


◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(2)艶っぽくてクスクス笑えて温かい気持ちになる

先週封切られたばかりの映画、『蚤とり侍』を観てきました。

映画はR15指定のついた、なかなかに艶っぽい内容です。

“蚤とり”というのは、江戸時代に実在した職業で、
飼い猫の蚤を取る表向きの裏で、女性に愛を奉仕する添寝業だそう。

現代で言えば、出張ホスト……を業務拡大したようなお仕事でしょうか。^^;

歌会の席で失言し、越後長岡藩主牧野備前守忠精の逆鱗に触れ、
勘定方書き役のエリートから“蚤とり”に左遷されてしまった侍、
小林寛之進を演じるのは、阿部寛さん。

イケメンでエリートなのにピュアで実直なばかりに失敗する寛之進役は
阿部寛さんによく合っています。

そう言う内容の映画ですから、当然、男女の裸が登場し、
昼間に配信するメルマガでは詳細を書きづらいシーンもたくさん出てきます。

ところが、そうしたシーンで漏れるのは、色っぽいため息ではなく、
クスクス笑いというのが、この映画の面白いところ。

最初のお客になったおみね(寺島しのぶ)は、亡き妻と瓜二つの女性で、
寛之進は運命の出会いに胸を高鳴らせて仕事に臨みます。

ところが、おみねから浴びせられたのは、「この、下手くそが!」というキツイ一言。

侍として剣術や学問を必死に学び、誰よりも秀でていた寛之進は
この言葉に大きなショックを受けます。

意気消沈する寛之進の前に現れたのが、
江戸一番の伊達男で恐妻家の清兵衛(豊川悦司)でした。

清兵衛は小間物問屋の婿養子で、妻・おちえ(前田敦子)に頭が上がりません。

しかも、おちえは清兵衛が浮気をしないように、
清兵衛が出かけるときにはいつも、アソコにうどん粉をまぶすのです。

のみとりの仕事の腕を上げたい寛之進は、
清兵衛が外で悪さをした後にまぶし直すうどん粉を用意するかわりに
伊達男のテクニックを教わる約束をするのでした。

清兵衛をのぞき見しながら真剣に学び、めきめきと腕を上げる寛之進でしたが、
その頃、老中・田沼意次の失脚により、市中には“のみとり禁止令”が出されます。

窮地に陥った寛之進の運命はいかに?!

そして、おみねとの恋の行方はどうなるのか?

寛之進が暮らす貧乏長屋の隣人として、
貧しい子どもたちに無償で読み書きを教える武士の息子、
佐伯友之介(斎藤工)の存在も、この映画に華を添えています。

不倫する優柔不断な先生役を演じた斎藤工は好きになれませんでしたが、
この斉藤工はかなりかっこ良くて魅力的!!

とある理由で死にそうになる彼のエピソードは、
物語の結末に続く重要な伏線になっています。

艶っぽくて、クスクス笑えて、温かい気持ちになる「蚤とり侍」、
大人であれば、いろんな角度から楽しめる映画です。

意外にレイトショーよりも、昼間の鑑賞に似合う気がします。
ご興味のある方は、ぜひ、映画館へ。^^

http://nomitori.jp/

◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(3)色っぽい唇になった理由

艶っぽい映画の次は、色っぽい唇のお話です。

色っぽい唇と聞いて想像するのは、ぽってりと厚い唇ではないでしょうか?

ハリウッド女優のアンジェリーナジョリーさんとか、
叶姉妹の恭子さんなんかの唇です。

実は、ほんの数日前まで、私の唇も通常の1.5倍サイズに腫れて、
アンジェリーナジョリーみたいになっていました。(^-^;

どこかにぶつけたとか、何かヘンなものを食べたとかいうわけでもないのに、
ある日突然、唇がぷっくりぽってり厚くなって、赤味まで増したのです。

おまけに、とても乾燥しやすく、ジンジンヒリヒリ痛むので、
何度もリップを重ね塗りして、つやつやプルプルにしておかなければいけません。

決して良い状態ではないのですが、唇はますます色っぽくなりました。

おまけに唇がぽってりすると、顔の残りの面積が減って普段より小顔に見えます。

理由も対処法も良くわからないし、このままでもいいかも?
とも考えましたが、痛いのはやっぱり困ると考え直しました。

ネットで調べたり歯医者さんで尋ねたりしたら、
唇の腫れは、疲れやストレスが溜まったときや、
紫外線を長く浴びた時に起こるようだと分かりました。

冒頭でお話したように、風邪をひきそうになってもいるので、
疲れが溜まっていたのかもしれません。

無理をするのをやめて、何日か早く寝たら、スーッと引いていきました。

自分では感じていなくても、体が疲れていることもあるのですね。

それにしても、唇が腫れるという症状を経験したのは初めて。

元の見慣れた顔にもどったら、ぷっくりぽってり厚い唇が
ちょっと恋しい気もしています。(笑)

季節の変わり目には、体にも変化が起こりやすいよう。

皆さんも、あれ、なんかいつもと調子が違うと思ったら、
無理をしないで早めに休んで対処してくださいね。

◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(4)ショートストーリー『デジャヴ』

ああ、また同じ夢だ。

僕は子どもの頃から何度も、この同じ夢を見ていた。

始まりは良く晴れた空だ。

朝食を食べ終えた僕が席を立って窓を開けると、
そこには、白い雲が浮かんだ青い空が広がっている。

今日も良い天気だなぁ。

僕は空を眺め、雲を数えて、鳥のさえずりを聞く。

子どもの頃、夢はいつもこの辺りで終わっていた。

鳥のさえずりが、母の「早く起きなさい」という声に変わるのだ。

ところが、成長していくうちに、夢はそこで終わらなくなった。

中学に上がった頃には、突然さえずるのをやめた鳥が、
バタバタと飛び去る姿を見るようになった。

どうして飛んで行ってしまったのだろう?と不思議に思っていると、
遠くの方からこれまで聞いたことのないような不気味な音が響いてくる。

いったい何の音だろう?

青い空に目を凝らしてみるが、何も見えない。

そこで目が覚めていたのは、高校生の頃だ。

不気味な音がだんだん大きく響くようになって、、
恐ろしさを感じはじめたのは、大学に入った頃だ。

そして今日、目を凝らした僕が見たのは、
青い空の彼方からこちらに向かってくる得体の知れない物体だった。

僕の心臓は高鳴っていた。

まさか……

目が覚めてからもしばらくの間、
耳の奥にはあの不気味な音が残っていた。

子どもの頃から繰り返し見てきたこの夢を、僕は予知夢だと判断した。

あの得体の知れない物体は、いつの日かもっと接近して、
やがて地球に衝突するに違いない。

衝突が起こった時には、街ごと……いや地球ごと、
全部消えてなくなるかもしれない。

その時がやってくるのは、いったいいつなのだろう?

何日も考え続けた僕は、1つの決心をした。

あの物体がいつ地球に衝突しても後悔しないように生きるという決心だ。

やりたいと思ったことは、やれるうちにすぐやることにした。

それからの僕は、人が変わったように行動的になった。

いつか始めようと思っていたボルダリングを始め、
そのうち本腰を入れようと考えていた筋トレに本腰をを入れた。

一度行ってみたかった銀座の寿司屋で寿司を食い、
渋谷で無理目な美人をナンパしてみたりもした。

これまでにないほど集中して勉強し、
いくつもの資格試験に挑戦した。

憧れていた上級生を食事に誘ってOKを貰い、
調子に乗って部屋に誘って、あっけなく振られたりもした。

失敗も少なくなかったが、やりたいと思ったらすぐ行動に移す生活は、
想像した以上に面白かった。

明日、あの物体が現れても悔いはないか?

いつも自分にそう問いかけながら、毎日を生きていた。

希望の職場に就職し、彼女もできて充実した日々を送っていたある日、
久しぶりにあの不気味な音を聞き、迫りくる物体を見た。

ただし、それは、いつもの夢ではなく彼女とのデート中だ。

不気味な音と共に迫りくる物体を映し出した大きなスクリーンには、
こんな文字が躍っていた。

「地球最大の危機を描くパニック超大作!この夏公開!」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

何回か前のメルマガで、学生時代の家庭教師の教え子に
偶然再会したお話を書きました。

なんと、この教え子は経営者さんになっていて、
今度、一緒にお仕事することになりました。

ご縁の面白さを感じています。^^


◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、メール内でご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2018年6月8日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

◆◆◆『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
◆◆ URL http://www.watch-colle.com/  ◆
◆  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ◆◆ 
   URL http://happyteatime.jp    ◆◆◆


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle