━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume354
volume353
volume352
volume351
volume350
volume349
volume348
volume347
volume346
volume345
volume344
volume343
volume342
volume341
volume340
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆花粉症と闘う武器教えます◆ブリリアントタイムvol.350
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2018年3月30日 vol.350

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

時計好き、Watch-Colle好きな皆さん、こんにちは!Harukaです。

春爛漫ですね!

私の暮らす町では、今、あちらでもこちらでも桜が満開で
買い物に出かけるだけでも、お花見気分が味わえます。^^

お天気ニュースで知ったのですが、
桜は冬の寒さが厳しいほど早く咲くのだそうですね。

全国的に桜が早く咲いている今年、
そういえば、冬の間は日本中どこもかしこも厳しい寒さでしたっけ。

ぽかぽか陽気の中、青い空に重なる淡いピンク色を見ていると、
ついこの間まで寒くてたまらなかったことが、現実ではなかったようにも思えます。

こんな風に、すぐ忘れることができるからこそ、
人はたくましく生きていけるのかもしれませんね。

人生に句読点が打たれて、別れと出会いが交差する春を、
いつもより早く咲いた、今年の桜と一緒に楽しみましょう!


それでは、今日も、ウオッチコレ新着情報から
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪

◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

◆時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちらです。

https://www.facebook.com/watchcolle

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 2017年3月16日〜2018年3月29日
(2)花粉症と闘う武器教えます
(3)ダイエット成功の極意
(4)ショートストーリー『ハッシュタグ』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(1)ウオッチコレ新着情報 2017年3月16日〜2018年3月29日

セイコー クロノス セルフデーター Ref.718990 21石 手巻 OH済 昭和39年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1646a/SK-1646A.htm

ユリスナルダン Cal.N74 自動巻 リダン OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/UN/un024a/UN-024A.htm

チュードル オイスターデイト Ref.7962 デカバラ 黒文字盤 手巻 OH済 1965年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx249a/RX-249A.htm

グランドセイコー 4520-8000 ハイビート36000 25石手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1645a/SK-1645A.htm

【美品】ブローバ アキュスイス ミューレン 63B177 スイス製 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv042d/BV-042D.htm

オメガ シーマスター クロノメーター 168.022 Cal.564 自動巻 OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om777a/OM-777A.htm

シチズン 4-601351 TA 裏蓋刻印有 自動巻 OH済 昭和51年頃
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz233a/CZ-233A.htm

シチズン ヤングホーマー GP Y514302 手巻 OH済 昭和37年頃
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz232a/CZ-232A.htm

ツェッペリン 7680M 『ZEPPELIN号100周年記念モデル』 クオーツ 黒文字盤 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ZP/zp010c/ZP-010C.htm

オーデマピゲ 18金無垢イエローゴールド ラウンド ローマインデックス 2針 クオーツ メンズ USED
http://www.watch-colle.com/watch/AP/ap017d/AP-017D.htm

◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(2)花粉症と闘う武器教えます

春爛漫ですね!(再び)

春と言えば……花粉症!
なんていう人が増え始めたのは、いつ頃からだったでしょうか。

これさえなければ、ぽかぽかと気持ちよい春をもっと楽しめるはずなのですが、
今や花粉症は日本人の3人に1人がかかっている国民的病気になってしまいました。

花粉症は、スギの多い日本だけの病気かと思ったら、
ロシアでは白樺、アメリカではブタクサと言った具合に、
世界各国にそれぞれ違う植物の花粉症があるのだそうです。

花粉症は、世界規模の病気だったのですね。

さて、我が家では、何年か前まで平気だった娘も加わって、仲良く全員花粉症です。

一番早くから症状が出始めた私は、トマト、ヨーグルト、ミント、甜茶など、
花粉症に効くと言われた食べ物は一通りすべて試しましたが、
今のところ、残念ながら、これが効いた!というほど効果を実感できたことはありません。

どれも、最初の頃は効いている気がするのですが、
しばらくすると、そうでもないな、と思わざるを得なくなります。

そんな繰り返しの中で、これは効く!と自信を持って言えるのは、やっぱり薬。

これではもう、身も蓋もありませんけれど。^^;

花粉症と闘う武器として、私が今年使っている薬は3つ。

1つ目は、前の晩に飲んで寝れば翌日1日効いているエスエス製薬の「アレジオン10」。

地元駅のマツモトキヨシで、一番広く売り場をとって売られていたので選びました。

前日に飲んで寝たら、確かに翌日は夜まで効いて、眠気も起きませんでした。

ただし、娘が昼間に飲んでもその日は効かず、翌日も効果は感じられなかったので、
ちゃんと前日の夜に飲むことが大切なようです。

2つ目は、水なしで飲める協和薬品工業の「オフノーズ鼻炎チュアブル錠】

どこでも飲めるチュアブルタイプなのが魅力です。

地元のマツモトキヨシで一番安い飲み薬でしたが、
飲むと20分程度で鼻がピタリと止まりました。

ただし、能書きには眠くなると書いてあるので、車を運転する方にはおすすめできません。

3つ目は、「マイティアアルピタットEXα」という千寿製薬の目薬。
目のかゆみに良く効いて、今年はあまり目をこすらないで済んでいます。^^

それから、薬以外で頼りにしているのが、スプレーとティッシュ。

資生堂の「イハダ アレルスクリーンN」は、
肌や髪にスプレーするだけで花粉を寄せ付けないという対策グッズ。

半信半疑で試してみたところ、短時間の外出なら薬を飲まなくても大丈夫でした!

ネットで話題になっていたらしく、購入翌日買い足しに行くと、
たくさん並んでいたはずの小型サイズが全部売り切れていました。

薬を飲みたくない方や、薬の飲めない方にお勧めです。

そして、今、常に傍らに置いているのが、柔らかいティッシュペーパー。

私のお気に入りは、品質と価格のバランスが良い、エリエールの「プラスウォーター」。

1日1箱鼻をかんでも、鼻が赤くならない優秀なサポーターです。^^

花粉症と闘う皆さま、武器を上手に選んで、心身の消耗を最小限に食い止めましょう!

花粉症との闘いが終わる頃には、今年も夏がやってくるのでしょうね……^^;


◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(3)ダイエット成功の極意

春爛漫ですね!(三度)

4月末の同窓会に照準を合わせて、先月からダイエットをしています。

と言っても、アプリを使って食事記録を取りつつ、簡単な運動メニューをこなすだけの、
ゆるめなレコーディングダイエットです。

わずか5分程度だというのに、最初は翌日筋肉痛になった運動メニューも、
2週間が過ぎた頃から楽にできるようになりました。

前回のブリリアントでは、2週間で約1キロ減ったとご報告したのですが……

ちょっと油断をすると、すぐに逆戻りします。TT

さすがに自分でおやつを買ったりはしませんが、
こういうときに限って、外食の機会が増えたり、
美味しいケーキをいただいたりするから不思議です。

今週は、昼食を大幅に減らしてみたり、
夕食の炭水化物を抜いてみたりしたのですが、あまり効果がありません。

開き直って、夕食にあんかけパスタを作って食べたら、すぐさま体重が増えました

減らすことは難しいのに、増えるのは本当に簡単です。TT

きっと、乾いたスポンジが水を吸い込むように、
我慢していた体があんかけパスタを吸収してしまったのでしょう。

3月も終わりが近づき、リミットが迫っているというのに、
結局、4週間が過ぎた今もまだ、1キロしか減っていません。

全体のカロリー摂取は間違いなく減っているはずなのに、
なぜだろう?と考えて、2つの理由に思い当たりました。

1つは、月末で仕事が忙しく、座りっぱなしの時間が長いこと。
もう1つは、夕食の時間が遅いこと。

同じカロリーを摂取しても、時間によって内蔵やホルモンの働きが違うため、
夜遅い時間の食事は、早い時間の食事に比べて脂肪に変わりやすいのだそう。

メンタル的にも、当初の意気込みが薄れてきて、
食事の撮影を忘れて食べ始めてしまうことがあります。

このままでは目標達成が危ういので、ここでもう一度喝を入れるため、
ダイエットルールを再定義することにしました。

1.水以外で口にするものは全て撮影して記録する
2.毎日体重をはかって記録する
3.毎日体幹を鍛える運動メニューを行う
4.一口20回以上噛んで、ゆっくり食べる
5.食事は8時までに終える

後半も食事内容は規定しない代わりに、食べた方のルールを決めました。

メンタルを盛り上げるために、
あと数キロ減ったら綺麗に着られるワンピースも買いました。

1か月のゆるめなレコーディングダイエットで痛感したのは、
「食べ過ぎれば太る」という、至極当たり前なこと。

ここで態勢を立て直して、ダイエット後半に臨みます!


◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(4)ショートストーリー『ハッシュタグ』

中学生の頃、インターネットのコミュニケーションツールで、
「お題」に沿ったメッセージを投稿する遊びが流行っていた。

#記号の後にお題を書いてメッセージ添えて投稿するのだ。

それは、ネット上で行う大喜利のようなもので、
共感を誘う投稿は大勢のユーザーにシェアされて広く拡散された。

そんなお題の1つに、「#中学生の俺へ」というのがあって、
どこかのサラリーマンが書いたらしい
「お前のクラスでいじめられている女子は将来の嫁だ。助けてやれ」
という投稿が大きな共感を呼んでいた。

当時、部活の先輩に片思いしていた私は、
大人になった自分からこんなふうにアドバイスが届けばいいのに!
とわりと本気で考えていた。

そんなある日、部活から戻ってリビングでおやつを食べていると、
どこからともなく「先輩には告白しても振られるよ」という声が聞こえた。

えっ?!

慌てて辺りを探してみたが、リビングに居るのは自分1人だ。

気のせいだろうと、お菓子の袋に視線を戻すと、
またどこからともなく声がした。

「先輩とは付き合えないけど、高校で運命の人に出会うから
死ぬ気で勉強してM高校に入って!絶対よ!」

声はさっきより大きくて、最後は叫んでいるようにさえ聞こえた。

母親がふざけているのだと思い、
どこかに仕掛けられているに違いない音源を探したが見つからなかった。

なんだか気味が悪くなって、自室に戻ってベッドに仰向けになると、
練習の疲れもあって、すぐに眠ってしまった。

母が夕食だと呼びに来たときにはもう、声は夢だったのだと納得していた。

声のことを思いだしたのは、先輩の卒業が近づいた3月のこと。
意を決して告白し、見事に玉砕したときだった。

本当は、イエスと言われる自信があったし、
部活の友人たちも皆、きっとOKだよ!と言っていた。

それなのに、見事なまでにあっさり振られて、あの声を思いだしたのだ。

そう言えば、声はM高校で運命の人に出会うとも言っていたっけ。

思い出してはみたものの、M高校と言えば県下トップの進学校で、
成績は中の下だった私には、全く縁のない学校だった。

それから紆余曲折あったが、結局は、M高校を志望して、
死ぬ気で勉強した甲斐あって、無事入学することになる。

そして……

私は今、目の前の立体モニターに流れるニュースに釘付けになっていた。

モニターには、“ついにタイムマシーンが実現か?!”というテロップが踊っている。

アナウンサーが「音声を過去に送信できる装置が開発されました」
と告げるのを聞いて隣を見ると、
高校の担任教師だった婚約者がにっこりと微笑んだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

何回か前のブリリアントで、学生時代に家庭教師をしていた時の教え子と
偶然再会したお話を書きました。

その教え子が、先日、Facebookで私を見つけてメッセージをくれました。

Facebookから垣間見える彼の日常は、仕事もプライベートもパワフルで、
少年野球大会の後援なんかもやっていることを知りました。

仲間が多くて、人望も厚そうな大人になった彼の様子に、
「本当に立派になって……」と、
また、おばあちゃんのような気分になってしまった私です。(笑)


◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、メール内でご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2018年4月13日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

◆◆◆『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
◆◆ URL http://www.watch-colle.com/  ◆
◆  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ◆◆ 
   URL http://happyteatime.jp    ◆◆◆


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle