━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume354
volume353
volume352
volume351
volume350
volume349
volume348
volume347
volume346
volume345
volume344
volume343
volume342
volume341
volume340
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆夢の扉に向かって突き進め!◆ブリリアントタイムvol.348
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2018年3月2日 vol.348

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

時計好き、Watch-Colle好きな皆さん、こんにちは!Harukaです。

寒い、寒い!寒い!!と言い続けていた今年の冬も、
そろそろ終わりを迎えようとしています。

実家の玄関脇にある梅の木は、大きく膨らんだつぼみをたくさんつけていて、
春の到来を告げています。

まだのんびりお散歩するには冷たい外の空気も、
次のブリリアントをお届けする頃には、もう少し暖まるに違いありません。^^

思い切ったダイエットで身軽になって、
長く変えていなかったヘアスタイルを変えて、
新しい服を買って、ふらっと1人で旅行に行きたいなぁ……
なんて思うのも、春が来たからでしょうか。

それでは、今日も、ウオッチコレ新着情報から
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪

◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

◆時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちらです。

https://www.facebook.com/watchcolle

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 2017年2月16日〜2018年3月1日
(2)絶対に痩せる!ダイエット
(3)夢の扉に向かって突き進め!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(1)ウオッチコレ新着情報 2017年2月16日〜2018年3月1日

【美品】スント エッセンシャル カッパー SS021213000 ブラウン クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot262sp/OT-262SP.htm

【美品】ハミルトン ジャズマスター レディオート H323450 34mm レディース 自動巻き 2006年頃 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht123d/HT-123D.htm

セイコー ブライツ SAGZ081 チタンモデル 電波ソーラー 現行モデル USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1639e/SK-1639E.htm

【美品】ハミルトン カーキ H694190 38mm 手巻き 2007年頃 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht122sp/HT-122SP.htm

【美品】ブローバ アキュスイス スイス製 Ref.63C118 クロノグラフ 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv041c/BV-041C.htm

【美品】ブローバ アキュスイス ミューレン 63B177 スイス製 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv040d/BV-040D.htm

ハミルトン カーキ 000092 42mm クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht121sp/HT-121SP.htm

ロレックス チェリーニ Ref.3804 18K Cal1601 手巻 OH済 純正尾錠 1975年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx247a/RX-247A.htm

◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(2)絶対に痩せる!ダイエット

「ダイエットする!」、「今度こそ痩せる!」、「せめて以前の体重に戻す!」
などと何度も言いながら、振り返ってみれば、5年間で5キロほど太っている私。

平均すれば1年に1キロという緩やかなペースは、
自分も周りの人も、徐々に変わっていく姿に慣れやすいから厄介です。

5年前にぴったりだったスカートはもう全く穿けないものの、
3年前、少し緩めで買ったスカートはまだギリギリ履けますし、
去年のスカートをヘビーローテーションすればワンシーズン凌げます。

それでも、同窓会や、女子会や、大切なアポイントが入ると、
外出用の服が着られなくなっていることに慌てて、ダイエットを思い立つんですよね。

それで、一旦はいくらか痩せたりもするのですが……

はい、すぐにリバウンドします。^^;

5年かけて少しずつ大きくなっていった胃は、きっと、
中に入れられる容量もすっかり増えているのでしょうね。

でも、このまま1年1キロのペースで太り続けるわけにはいきません。

ここら辺で、本当に、この状態をリセットしなくては!!
と何度目かの決意をしました。

「オオカミがきたぞ〜!」と何度もウソをつく少年のようですが、
今度こそ、本当に、「ちゃんと痩せるぞ〜!」と大声で宣言します。

リミットは、次の同窓会前日の4月28日。

また同窓会がきっかけかって思われそうですが、
重い腰を上げるにはきっかけも大切です。

マイナス目標は、3〜5キロ。

何かの書籍で、「ダイエット目標には幅を持たせた方が成功率が上がる」
というレポートを読んだことがあるので。

もちろん、本来の目標は5キロですが、3キロでもOKということにしました。

方法は、レコーディングダイエット。

そう、1年で50キロ痩せた著者が、2007年に出版して一世を風靡した書籍、
『いつまでもデブと思うなよ 』の「レコーディングダイエット」です。

私は年齢と運動量に対して記録しなくてもわかるくらいの明らかな食べ過ぎ。

でも、それじゃあ何をどれくらい食べ過ぎているのか? 
というのは、記録がないのではっきりしません。

そこで、根本的な改善のために、まず、現状を知ることが必要だろうと考えました。

ちょっと調べてみると、この本、今でも結構売れていて、DVDや文庫版まで出ているよう。

斬新なダイエット法というのは、たいてい、数年で忘れさられてしまうものですが、
当時かなり斬新だったこの方法がまだ忘れられていないということは、
それなりの効果があるからに違いありません。

実は、当時も一度、この本を買ってトライしたことがありましたが、
レコーディングが面倒くさくて、あまり続かなかった記憶があります。

でも、今なら大丈夫!

当時はまだなかった“スマホアプリ”という便利なツールがあるからです。^^

過去にレコーディングダイエットで挫折したというタレントさんが、
スマホアプリを使って成功したと、テレビで話しているのを聞いて
早速、アプリを探してみました。

私が選んだのは、
「ダイエット記録カメラ・食事の写真と体重グラフで痩せる無料の体調管理」
というアプリ。

どんなアプリなのか? の説明は必要なさそうなネーミングです。(笑)

そのタレントさんは、撮影するだけなので簡単で、食べたものが画像で残るので、
いちいち気にかけながら食べるようになった、と言っていました。

確かに、記録画像として振り返るようになると、自然に気をつけるかもしれません。

もちろん、レコーディングだけでは時間がかかりそうなので、
最近人気の、『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット 』
の体操を実践します。

この本も、発売されたときすぐに買って、数日試してみたのですが、
短い時間の簡単な体操にも関わらず、翌日筋肉痛がひどくて、
あっさり投げ出してしまいました。^^;;

でも、考えてみれば、ほんの5分程度で筋肉痛になれるなんて、
効いている証拠ですよね。

ということで、今度は投げ出さないで実践します。

あと1つ、「夜ちゃんと寝ないと太る」という情報に基づいて、
“夜は12時までに眠る”を基本方針にします。

ここ5年、平均的に以前より夜更かしになっていて、
12時前に眠っている日がほとんどない状態で順調に太っていることから考えても
この情報は信ぴょう性が高いと思うのです。

がんばるぞ!とスタートを切っても、すぐ投げ出してしまうことが、
年齢を重ねる毎に多くなってきました。

明らかに、やる気が老化しています。^^;;;

今回は、ここのところもなんとか乗り越えて、結果を出したいと思っています。

このメルマガ記事にしたって、
張ります!っていうお話ばかりじゃ面白くありませんよね。

私はこうして2か月で5キロ痩せました!という報告の方が、
読んでみたいと思いますものね。

とりあえず、同窓会に集まる同期メンバーで作っているLINEグループに
「痩せて会いに行くね!」とダイエット宣言して、後戻りできなくしました。

2か月後、夏を前に痩せたい人が熟読したくなる記事を書けるように……今度こそ!


◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(3)夢の扉に向かって突き進め!

3月1日は、学生の就活解禁日。

さあ、就活スタートだ!と意気込んでいる学生さんや、
お子さんの就活を見守っている親御さんもいらっしゃるでしょうか。

この春大学4年生になる私の娘も、本来ならば、就活を始める立場です。

でも、娘は就活しないで全力で夢に向かう!と決意しているよう。

そして私はそんな娘に、「本気で夢に挑戦しなさい!」と、
常識的で賢明な親御さんとはちょっと違うかもしれない助言をしています。

学生時代をただ面白可笑しく過ごした私は、当時、
はっきりとした将来の夢など持っていませんでした。

なんとなくやってみたいことはいくつかあったものの、
親を説得してその道に進むほどの強い意志も、持ち合わせていませんでした。

それでも時代の恩恵でたくさんの就職先があって、それほど深く考えることもなく、
「本が好きだし本屋でいいか」と、大手書店の事務員になりました。

結果から言えば、ここで夫と出会うことになり、
たくさんの素敵な人間関係や経験につながったので、良い選択をしたと言えます。

でも、自分がいつも、自分の気持ちに正直にベストを選択してきたか? 
と考えると、そうとは言い切れないのです。

若い頃の私はいつも、リスクを取ることを避け、
選択の結果に責任を持つことを恐れて、
自分の願うベストではなく、総合判断的にベターな道を選んでいました。

そんな選択の背景には、「普通が一番」、「平凡が幸せ」と
何度も繰り返し教えた両親の影響があったかもしれません。

両親が私にそう教えたのは、多分、2人ともたくさんの苦労をしてきたから。

裕福な田舎の実家を捨てて1人で名古屋に出てきた父は、
会社を興したり畳んだり、サラリーマンになったり脱サラしたりして、
病気がちで入退院を繰り返す母と、1人娘の私を養ってくれました。

寿司屋だった実家を子どもの頃から手伝っていた母は、
3度目の継母の元で中学校もまともに行けずに店を手伝い、
父と結婚式を挙げる当日でさえ、午前2時まで店で働いて、
後片付けまでしたそうです。

ようやく幸せな結婚ができたと思ったら、次々と病気に襲われて、
それでも気丈に、父と一緒に店を切り盛りし、笑いながら私を育ててくれました。

そんな両親が一人娘に“普通”と“平凡”を願うのは当然でしょう。

私は、選択に迷うといつも、普通で平凡な方を選びながら、
すくすくと大きくなって、普通の幸せな主婦になりました。

ところが、結婚してしばらくして、PCを手に入れたことをきっかけに、
主婦友達が「ちょっと変わっている」と考えるような仕事をすることになります。

気づいてみれば、学生時代になんとなくやってみたかった「文章を書く」ことも
いつしか仕事になっていました。

私自身はちっともそんなふうには思っていませんが、
夫は私のことを「破天荒」だと言います。

私は、倹約家で自分のことより家族のことを優先してきた母を尊敬し、
そんな母に育てられたことに感謝していますが、
実は、良妻賢母とは言い難い母の姉たちの生き方がけっこう好きだったりします。

伯母の1人は、アメリカ人男性と大恋愛の末結婚してアメリカに帰化し、
その後は離婚と再婚を繰り返して、再婚相手が他界した後もアメリカで過ごし、
アメリカで生涯を終えました。

もう1人の伯母は、純和風美人だった顔を洋風美人に整形し、
看護婦、ホステス、スイミングインストラクターと、バリバリ稼いでバンバン使い、
料理は不得意なのに料理店を開いて、大繁盛させました。

お洒落で食道楽で、裏表がなく明るくて、
小さい頃の私に何度も「ぶさいく」と言い放って母を怒らせ、
成長した私を見て「綺麗になった」と誰よりも褒めてくれました。

お金に困って母に借金に来て、母のへそくりを受け取ると、、
「このお金で一緒に旨いものを食べに行こう!」と母を誘ったという
冗談のようなエピソードもあります。

伯母たちも、母と同じ家庭で育ったはずだというのに、
選択した人生は、驚くほどに違っています。

子どもには、本来持って生まれた性格や気質があって、
それは、親がどんなふうに育てたとしても、
案外変わらないのかもしれません。

だから、たとえそれが手の届きづらい夢であっても、
夢に向かうと決心している娘に、いくら普通の就活を勧めたところで、
結局娘は、自分が思う道を進むはずです。

そんなふうに考えていたら、Twitterのタイムラインに、
忌野清志郎さんの母親が投稿したという新聞の身の上相談が流れてきました。

清志郎さんの母親は、ギターにのめり込んでバンド活動に力を入れ、
朝起きられなくて学校に遅刻したり休んだりする18歳の息子が、
大学進学をやめてギターのプロになると言い出したことを心配し、
「プロには簡単になれるものでしょうか。
学校へ真面目にいかせるにはどうしたらよいでしょうか」
と相談しています。

映画監督によるその回答は、
「ギターのような才能も人気も要するものを一生の仕事として選ぶには、
本人にも不安があるに違いないので、思い切って一定期間努力させてみて、
それでだめなら先生や親の指示に従うとか自立するとかを決断させてはどうか」
というものでした。

また、評論家の回答は、
「ギターにうちこむにはいざというときの
経済的社会的バックをつくっておかなくては心配だから、
とにかく大学だけは出ておいてとそれだけに絞って、折をみて親の希望をのべる」
という内容でした。

1969年11月4日の朝日新聞に掲載されているこれらの回答が、
奇しくも私が娘に伝えているのと同じです。

中学時代にはもうその夢を持っていた娘に、
リスクヘッジとしての大学進学を勧め、
学生の間に芽が出なかったら、一旦地元に戻って働いて、
お金を貯めてから再チャレンジすることを約束させています。

忌野清志郎さんのお母様がその後どう対応されたのかはわかりませんが、
彼がアーティストとして有名になり、大活躍したことは周知の通り。

娘が夢に挑むと決めたのであれば、中途半端に就活したり、
就活に励む同級生たちや、就活を勧める大人たちに惑わされたりしないで、
残された時間を、夢の扉に向かって走り続けてほしいなと思う母です。

全国の就活生とその親御さん、そして、就職ではない別の夢に向かう皆さん、
人生の選択には様々な事情や考え方があると思います。

どの道を選ぶかに、悩んだり迷ったりすることも多いと思いますが、
どんな選択をしたとしても、結局、その人らしい人生が開けてくるものだと、
半世紀以上生きてみて、思うようになりました。

自分が選択した道を、夢の扉に向かって突き進んでいきましょう♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

前々回のメルマガでご報告した
「アニソンシンガー発掘プロジェクトDivAEffectProject」
というオーデションの公開2次審査を娘はおかげ様で無事通過し、
3次審査に進むことができました。

皆さま、応援、ありがとうございます!

3次審査では、池袋のライブハウスで、1人15分程度の持ち時間がいただけるそう。

今度も、ニコニコ動画で同時ライブ中継され、
会場と動画視聴者と応援ポイント購入者のジャッジで上位3名の通過者が決定します。

勝ち残っているのは、当然、歌唱力と人気のある方たちばかり。

ライブ経験も豊富なライバルたちの中で、
娘はいったいどんな風にパフォーマンスするのだろう?と、
多分、本人よりもドキドキしながら中継を見ることになりそうです。(笑)


◆ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、メール内でご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2018年3月16日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

◆◆◆『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
◆◆ URL http://www.watch-colle.com/  ◆
◆  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ◆◆ 
   URL http://happyteatime.jp    ◆◆◆


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle