━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume354
volume353
volume352
volume351
volume350
volume349
volume348
volume347
volume346
volume345
volume344
volume343
volume342
volume341
volume340
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ●恐怖体験●ブリリアントタイムvol.335
●●●●●●●●●●●●●●●●●

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2017年9月1日 vol.335

●●●●●●●●●●●●●●●●●

時計好き、アクセサリー好きな皆さん、こんにちは! Harukaです。

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

早いもので今日から9月。

1日の9割をエアコンの効いた場所で過ごしている私ですが、
残りの1割を過ごしたエアコンのない場所では、

暑い…… 暑い!、暑っい!、暑っいぃ!!

と言いながら、過ぎていった8月でした。

歳を重ねるごとに“我慢”というのができないカラダになっているような……^^;

夏の終わる寂しさよりも、快適な気温に近づく喜びを
強く感じるようになっています。

今日もまずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

┌───┐
│\〆/│
└───┘
ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle


●●●●●●●●●●●●●●●●●

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年8月17日〜8月31日

(2)夏と海と花火

(3)恐怖体験

(4)ショートストーリー『夏の手』

●●●●●●●●●●●●●●●●●


●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年8月17日〜8月31日

ユリスナルダン Ref.10928 1 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/UN/un023a/UN-023A.htm

ユリスナルダン Cal.N11NB 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/UN/un022a/UN-022A.htm

ブライトリング クロノ コクピット デイト A30012 グレー文字盤 自動巻 OH済 1990年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br035c/BR-035C.htm

グランドセイコー 5645-7010 25石自動巻 OH済 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1585a/SK-1585A.htm

キングセイコー クロノメーター 5626-7040 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1584a/SK-1584A.htm

ジャガールクルト 18K Ref.1918 Cal.K818/C 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/JL/jl032a/JL-032A.htm

セイコー プロフェッショナル ダイバー 200m レディース 2A22-0180 クオーツ 1994年製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1582sp/SK-1582SP.htm

セイコー マチックR 8306-8001 自動巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1581a/SK-1581A.htm

セイコー クレドール 5A74-0030 18Kケース 純正18K尾錠 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1580d/SK-1580D.htm

IWC Ref.1828 Cal.8541B 純正ブレスレット 自動巻 OH済 1971年製
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc105a/IWC-105A.htm

オメガ デヴィル 111.077 Cal.620 手巻 OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om751a/OM-751A.htm

グランドセイコー 6246-9000 初期型 獅子メダリオン 自動巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1579a/SK-1579A.htm

ブライトリング ナビタイマー ツインシックスティU A39022.1 黒文字盤 自動巻 1999年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br034c/BR-034C.htm

ユンハンス マックスビル デザイン 27.3702 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh019d/JH-019D.htm

オメガ デヴィル 155.0001 Cal.625 手巻 ワンピースケース OH済 1973年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om750a/OM-750A.htm


●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(2)夏と海と花火

秋が立つと書く「立秋(8月7日)」も、
暑さがおさまると言われる「処暑(8月23日)」も過ぎましたが、
まだしばらくは、夏の暑さが続きそうです。

そこで、行く夏を惜しみつつ、こんな話題を。

先々週、何十年ぶりに、夏の海に行ってきました。^^

出かけて行ったのは、愛知県知多郡にある、
東海地区最大の、内海(うつみ)海水浴場。

私が学生だった数十年前は、決して綺麗ではないけれど、
夏の間中、ものすごく混んで賑わっている浜辺でしたが、
今は、メインの千鳥ヶ浜が“日本の渚百選”に選ばれるほど
水質の良い、綺麗な浜辺になったのだとか。

昔はよく渋滞していた海沿いの道をスイスイ走りながら、
友人たちと大騒ぎした夏の日を思い出しました。

道沿いに立ち並ぶホテルや旅館が、
過ぎて行ったたくさんの時間を感じさせて、
ちょっと切い気分になります。

今回のお目当ては、17日の夜に開催される花火大会で、
花火が打ち上げられるすぐ前の旅館の部屋を予約していました。

長く待ったり、並んだりしないで、
ビール片手に涼しい部屋の窓から花火を見ようと思ったのです。

でも、せっかく海に来たのだからと、昼の浜辺にも出てみました。

昔のように、砂浜が見えないほどの人出はないものの、
花火大会があることも手伝ってか、良い感じに賑わっています。^^

イマドキらしい!と思ったのは、
浜辺でビーチバレーをするグループや、
スラックラインをするグループや、
立派な機材を持ち込んで音楽を鳴らしているグループがいたこと。

スピーカーの傍らでは、面積の小さい水着をつけた
鍛え上げられた体の男性たちが、皆の視線を集めていました。

地元の海水浴場も、ずいぶんオシャレになったものです。

ワンピースの裾を上げて、娘と波打ち際で水遊びをする私は、
つばの広い帽子とサングラスで日よけをしていましたが、
海に照り付ける日差しは思った以上に強くて、長くは居られませんでした。

それでも、久しぶりの海水浴場で、
つかの間、浮かれたパリピ気分を味わいました。(笑)

宿に入って、最上階にある温泉から海を眺め、
海の幸が食べきれないほど並んだ夕食を終え、
ビールを飲んでほろ酔い気分で部屋に戻ると、
ちょうど、花火大会がスタートしました。

目論見通り、涼しい部屋の窓からは、間近に上がる花火が見えます。^^

でも、人間って欲張りなんですよね。

しばらく窓越しの花火を見ているうちに、
ガラス越しでなく、ダイレクトに見たくなってくるんです。

とはいえ、虫が入ってしまうので窓を開けることはできません。

せっかく整えたシチュエーションでしたが、結局は部屋を出て宿の前に立ち、
音がお腹に響く迫力ある花火を見ました。^^

ふと砂浜に視線を向けると、
そこにはたくさんの人が座ったり寝転んだりして、
海に上がる花火を見ています。

海風が吹いているせいもあり、外は思ったより涼しくて、
砂浜で花火を見る人たちはとても気持ち良さそうでした。

去年、船から見た花火がとても素敵だったので、
今度は宿の部屋から花火を見たい!と思いましたが、
来年は、どこか気持ちの良い場所に寝転んで、
花火を見るのも良さそうです。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

来年の夏はどんなふうに花火を楽しもうか? 
と今からちょっと楽しみです。


●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(3)恐怖体験

それは、身も氷るような、とても恐ろしい真実でした。

その真実に気づいた瞬間、私の心臓は早鐘を打ち、
顔からはサーっと血の気が引きました。

私は、2年近くもの間、大切なことをすっかり忘れたまま、
日々を過ごしていたのです。

そして、その代償は、決して小さくありませんでした。

ギャ〜〜〜〜〜!!

……と怖いお話風にはじめてみましたが、
これは、もしかしたらあなたも体験するかもしれない、
本当に怖いお話です。

あなたは、携帯料金の明細を、毎月しっかり確認しているでしょうか?

私は、毎月の支払額だけは確認していたものの、
その明細については、しっかり確認していませんでした。

そしてそのせいで、そうとは気づかないまま、
7万円近くも無駄に支払っていたのです。TT

我が家では、夫と娘と私の携帯料金を口座引き落としで支払っています。

先日、ちょっと調べたいことがあって、
家族全員の料金明細を細かくチェックしてみると、
娘の携帯料金に、「デジタルコンテンツ 3,207円」
という記載があるのに気づきました。

アルバムでもダウンロードしたのかな? 
と思って娘に尋ねてみると、心当たりが無いと言います。

娘に契約情報(マイソフトバンク)を確認してもらうと、
それは、「まとめて支払い」という項目に該当し、
前月も払っていることがわかりました。

そして、さらに確認してもらうと……
なんと、それは、2015年からずっと、
毎月支払われていると言うではありませんか!

そこで、ハッと気づきました。

その内訳は、1度も利用したことのない、
“複数の有料コンテンツ利用料”だということに。

2年前、娘が新しいスマートフォンを割引契約したのですが、
その割引条件に、複数の有料コンテンツを1ヶ月だけ契約することが
含まれていたのです。

当時それは、よくある割引の条件でした。

有料コンテンツは、1ヶ月経てばいつでも解約できるものの、
解約は自分で手続きする必要があります。

そして、もしも、解約するのを忘れていると、
いつまでも自動継続で課金されてしまうわけです。

私も娘も、1ヶ月を待つ間に有料コンテンツのことなど
すっかり忘れてしまっていました。

その上、その後も明細の確認を怠っていたために、
2年近くも気づくことなく、支払い続けていたのです。

気づいたその日にすべて解約したことは言うまでもありません。

けれど、支払い続けた有料コンテンツの利用料が
戻ってくることはありません……。

笑いながらこのお話を読んでいるあなた、
次の恐怖体験の主人公は、あなたかもしれません。

普段確認していない方は、ぜひ一度、
じっくり明細を確認してみてください。


●●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(4)ショートストーリー『夏の手』

それは、8月始めのうだるように熱い暑い午後のこと。

友人との待ち合わせに遅れそうで慌てていた私は、
信号が点滅し始めた交差点を渡ろうとしていました。

ところが、横断歩道に一歩足を踏み出した瞬間、
誰かに強く腕をつかまれて、引き戻されてしまいました。

驚いて振り返った私のすぐ横を、
フライング気味に発進したバイクが走り抜けていきました。

辺りを見回しても、手の届く範囲には誰も居ません。

友人に遅刻のお詫びを言い、交差点での不思議な出来事を話すと、
「5分くらい遅れたって怒らないから大丈夫よ」と、
相手にしてくれませんでした。

数日後、会社の同僚とランチに入ったレストランで、
運ばれてきたお皿を受け取った途端に、誰かが腕を叩きました。

「あっ!」

お皿は手からひっくり返り、カルパッチョが床に落ちました。

「ドジねぇ」と笑う同僚は向かい側に座っています。

私の腕を叩いたのはいったい誰?!

翌日、その店で食中毒が発生し、
入院患者が出たというニュースが流れました。

原因は、カルパッチョにも入っていたヒラメでした。

翌週の週明け、本社から来た役員が参加する会議で、
新プロジェクトの立ち上げが発表されました。

上司が「やる気のあるメンバーを募りたい」と皆に語りかけたとき、
誰かが私の腕を強くつかんで、真上にさっと持ち上げました。

室内の視線が一斉に私に注がれます。

手を高く上げたまま、下すことのできない私は、
仕方なく立候補しました。

一番目立たない私の立候補に驚いた同僚や後輩も、
競うように立候補を表明し、会議はにわかに活気づきました。

会議の後、本社の役員に褒められた上司は上機嫌で、
部内での私の覚えは各段に良くなりました。

それからも、時々、私は腕や手や肩や背中を、
押したり引いたり叩かれたりしました。

そのせいで、姉のスマホを水没させたり、
友人の時計を壊したりもしましたが、
どちらのときも、なぜか、感謝されました。

ふたりとも、それで何かがふっ切れたのだと言いました。

8月も終わりに近づいたある日の夕方、
裏路地を歩いると、背中をドンッと突き飛ばされました。

この頃にはもう、不思議な手に慣れていた私は、
ちょっと驚いただけでしたが、
尻もちをついた私の脇を、男が走り抜けていきました。

別の男性がすぐあとを追って駆け抜けたかと思うと、
見る間に前の男に追いいて腕をねじ上げ、
後を走ってきた警官に引き渡しました。

私は尻もちをついたまま、
立ち上がるのも忘れてその様子を眺めていました。

こちらに戻ってきた男性が、私に手を差し出しながら、
「大丈夫ですか?」と聞きました。

「はい」と答えながら男性の手をとった瞬間、
小学校時代のある光景が、脳裏にパッと広がりました。

それは夏休みが終わりに近づいたある日の夕暮れ時のこと。

私たちはクラスで集まって、秋の球技大会の練習をしていました。

中に一人、群を抜いて運動神経の鈍い子がいて、
あまりに足を引っ張るものだから、
リーダーの子が怒りだしてしまったのです。

リーダーとその取り巻きたちは、
彼女を小突いたり、引っ張ったりした挙句、
木の根元に突き倒して、運動場を立ち去りました。

おろおろと見ていた他のクラスメイトたちも、
リーダーグループに続いて帰っていきました。

私も、皆の後に続いて帰りかけましたが、
やっぱり彼女が気になって、校庭に戻りました。

彼女はどうすればいいのかわからないという様子で、
尻もちをついたままでした。

私が手を差し出すと、おずおずとその手を握り返してきました。

ぎゅっと握って引っ張り起こし、肩や背中や腕についた土を、
パンパンと叩いて払い、「一緒に帰ろう」と声をかけました。

私たちは何も話さないまま並んで歩き、
それ以降も特に、親しくすることはありませんでした。

それでも、時々、学校で目が合うことがあると、
彼女ははにかんだように微笑んで、私も微笑み返しました。

彼女は結局、球技大会を欠席しました。

彼女が中学校でいじめにあって、よその町に引っ越した後、
病気で亡くなったと聞いたのは、大人になってからのことです。

男性が差し出した手を掴んだとき、なぜか、
あの時握った彼女の手の感触を思い出したのです。

これまで私を助けてくれたあの手はもしかして……?

夕暮れの一件がきっかけで、私は彼と付き合うようになりました。

でも、それ以降、不思議な手が私に触れることはありませんでした。

彼と出会って3年目を迎える今日、彼と私は結婚します。

彼以外、誰にも話してはいませんが、
披露宴には、彼女の席も用意しました。

誰も座ってはいない席の、グラスに注いだシャンパンが、
いつのまにか空になっていたことは、私たちだけの秘密です。


●●●●●●●●●●●●●●●●●

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先日、結婚してから3台目の洗濯機が力つきて動かなくなりました。

全部のボタンが点滅するという派手なエラーを無視して、
2度電源を落としてやり直しを試し、
3度目のエラーボタンが点滅したかと思ったら、
何か部品が焦げるような匂いがして、慌ててコンセントを抜きました。

メーカーのHPにアクセスしてみたら、
エラーボタンが点滅したら速やかに電源を切らないと、
出火の危険があると書いてありました。^^;;

新しい洗濯機が届くまで、お洗濯ができなくて、
抜けるような青空をもったいなく思っています。

┌───┐
│\〆/│
└───┘
あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、ブリリアントタイムでご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2017年9月15日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

●●●『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
●●  URL http://www.watch-colle.com/  ●
●  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ●●  
   URL http://happyteatime.jp    ●●●


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle