━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ●見つからない!!●ブリリアントタイムvol.333
●●●●●●●●●●●●●●●●●

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2017年8月4日 vol.333

●●●●●●●●●●●●●●●●●

時計好き、アクセサリー好きな皆さん、こんにちは!Harukaです。

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

8月に入って益々暑い日が続いていますが、
体調など崩されていませんか?

私は先日、涼しいショッピングモールの帰りに、
ものすご汗をかいて焦りまくる羽目になって、
大切なことに気づきました。

今回は、汗だくになって得た人生の教訓を、ぜひ、聞いてください。

でもその前に、今日もまずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

┌───┐
│\〆/│
└───┘
ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle


●●●●●●●●●●●●●●●●●

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年7月21日〜8月3日

(2)見つからない!!

(3)いけない思い込み

(4)ショートストーリー『座右の銘』

●●●●●●●●●●●●●●●●●


●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年7月21日〜8月3日

オーデマピゲ Ref.BA4697/002 18KYG ティアドロップラグ 手巻 OH済 1990年代
http://www.watch-colle.com/watch/AP/ap013d/AP-013D.htm

カルティエ タンクソロ SM レディース W1018255 Ref.3170 クォーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/Cti/cti022d/Cti-022D.htm

ホイヤー モナコ Ref.73633 ブルーダイヤル 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg079c/TG-079C.htm

グランドセイコー SBGS009 9581-7020 クオ−ツ 1990年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1577d/SK-1577D.htm

セイコー ダイバー 150m 7548-700B ペプシベゼル クオーツ 昭和55年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1576sp/SK-1576SP.htm

レビュートーメン スケルトン Ref.1422001 レディース GP 手巻 OH済 1990年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt063s/RT-063S.htm

キングセイコー 5621-7021 ノンデイト 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1575a/SK-1575A.htm

オメガ シーマスター 2849-2SC クロスライン Cal.503 自動巻 OH済 1959年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om747a/OM-747A.htm

ユリスナルダン 3針 ラウンド 14K 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/UN/un021a/UN-021A.htm

ルクルト メモボックス リストアラーム 10KGF Cal.489/1 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/JL/jl030c/JL-030C.htm


●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(2)見つからない!!

実家から30分ほどのところに、シネマコンプレックスを備えた
大型ショッピングモールがあります。

JRの駅直結で、3階建てのそのモールは、飲食店だけでも30軒以上入っていて、
お昼を食べて、夏のセールで賑わうお店を冷やかしながらひと回りすれば、
半日くらいは簡単につぶれてしまう広さです。

夏休みとあって、広い駐車場も車できっしりでしたが、
たまたま運よく空いた駐車スペースに止めることができました。

まだ昼食を食べていなくてお腹がペコペコだったので、
車を降りると一目散に、飲食店の看板があるモール入り口を目指しました。

美味しそうな食事の写真がずらっと並ぶ看板をざっと確認し、
レストラン街に入りました。

飲食店街を一巡りして、お手頃価格の鰻丼を食べ、
少しだけ買い物をして、そろそろ帰ろうと駐車場に出ました。

外に出ると真夏を感じさせる強い日差しが照り付けています。

それでも、冷房の良く効いたモールで数時間過ごし、
十分に冷えた体には逆に心地良いくらいでした。

幸い、車を止めたのは出入り口からそれほど遠くない場所です。

ところが……

駐車したはずの場所に行ってみると、
そこには、私のではない、別の車が止まっています。

???

場所を間違えたかなと思って、隣の列とその隣の列も確認しましたが、
私の車はありません。

まさか!?

私は慌てて車の鍵を探しましたが、
鍵はちゃんと、バッグのポケットに入っていました。

たとえ鍵をかけ忘れていたとしても、車ごと盗まれるわけないかと
一瞬浮かんだ想像を否定しましたが、車はやっぱり見つかりません。

出入り口を出てすぐの場所に止めたつもりでしたが、
空腹で食事を焦っていたせいで、覚え違いをしていたのかもしれません。

本当はもっと遠くに止めたのかしら?と考える自分に、
「入り口からすぐ近くの場所に止めたよ」と答えるもう一人の自分がいます。

それでも、そんな声は無視して、離れた場所まで車を探しに行ってみました。

それでも、やっぱり、私の車は見つかりません。

モールの冷房で蓄えてきた肌の冷たさはすっかり消え失せ、
どうしよう?という焦りの気持ちも加わって、
汗がダラダラ流れてきます。

出入り口から出て、こっちに歩いて……

何度考えてもあるべきはずの場所に車はなく、
キツネにつままれたような気分で、車を探し続けました。


●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(3)いけない思い込み

???

どんなに探しても車が見つからない不思議に、
はてなマークで頭がいっぱいになった私の目に、
制服を着て見回りをする駐車場の係員さんが映りました。

「すみません!車を止めた場所がわからなくなってしまったんです」

汗だくで話しかけた私の様子に悲壮感が漂っていたのか、
「僕にできることはあまりありませんが……」と言いながらも、
係員のお兄さんは一緒に車を探してくれました。

広い駐車場の端まで行って、順に見て回ります。

絶対に止めたはずのない場所から来て、車を止めはずの場所を過ぎ、
そのままどんどん捜し歩いて行って、反対の端が見える辺りまで来たとき、
「あっ!!」と思わず声が出ました。

モールの反対側の出入り口前にも、
見覚えのある飲食店の看板があったのです。

そう、私は、入った時とは真反対の位置にある出入り口を、
自分が入った入り口だと思って車を探していたのです。

目印だと思っていた飲食店の看板は、
同じものがどちらの出入り口にもありました。

もちろん、車はすぐに見つかりました。

単純な思い違いで大騒ぎして、係員さんまで巻き込んだことを
とても恥ずかしく思いましたが、
親切な係員さんは、「見つかって良かったですね」と
爽やかに微笑んで元の仕事に戻りました。

神様、どうかあの親切なお兄さんに、
良いことがたくさん起こりますように!

車に乗って、強くしたエアコンの風で汗が引いていくのを感じながら、
「出入り口が間違っている」という大前提に全く気付かなかった自分の
思い込みの激しさを改めて反省しました。

冷静に考えてみれば、大きなモールの両側に
同じような出入り口があることなど当たり前ですし、
飲食店街を端から端まで歩いたら、反対側に出るのも当然です。

それでも、炎天下に焦って車を探し回ったことで、
大切な事実に気づくことができました。

それは、“疑ったことさえない思い込みが間違っている可能性もある”
という事実です。

もしかしたら、私は、人生においても、
何か間違った思い込みをしているかもしれません。

そして、その間違った思い込みのせいで、
駐車場に止めた車なんかより、もっとずっと大切な何かを、
見つけられずにいる可能性もありそうです。

これから、問題を解決しようとするときには、まず最初に、
「何か間違った思い込みをしていないか?」を考えてみようと思います。


●●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(4)ショートストーリー『座右の銘』

「たった1つの決断が人生を変える」
というのは自己啓発書でよく見かける文句の1つだ。

だが、私の人生は正に、あの時の思い切った決断で変わった。

あれは14年前の夏の終わりのこと、
残業帰りに立ち寄った飲み屋街の路地裏で初老の占い師に会った。

その辺りで飲むことは少なくなかったが、
占い師を見かけたのは初めてだった。

看板も電灯もなく、「占い」と書いた机を前に座っている老人を、
すぐ脇の街灯が照らし出していた。

その占い師の、見えないものを見ているような目が気になって、
思わず足を止めたのだ。

当時、年上の女性と付き合っていた私は、
3年目に入った関係をどうにかしなくてはいけないと考えていた。

彼女は、同じ年だと言っても通用するほど若々しくて魅力的だったが、
年齢は10も上のバツイチで、小学生の娘までいた。

少し遊んだらすぐに別れるつもりで付き合い始めたというのに、
数か月もしないうちに別れることなど考えられなくなって、
気づけば2年が過ぎていた。

ある日、彼女や彼女の娘と一緒に食事をしていて、
本当に幸せだと感じている自分に愕然とした。

彼女が結婚を望んでいる様子は微塵もなかったし、
別れたいと言えば、微笑んですぐに受け入れてくれるに違いなかった。

だが俺は、まだ彼女と別れたくなかったし、
かと言って、結婚する勇気もなかった。

海外勤務の打診を受けたのは、そんな矢先のことだった。

上司は、しばらく日本には戻れないから、
付き合っている女性がいるなら、身を固めて連れて行ってはどうかと言った。

これを機に彼女ときっぱり別れるべきか?
それとも……

普段なら見向きもしないはずの占い師に
引き寄せられるように近づいて行って声をかけた。

「あの、ちょっとみてもらえますか?」

多くを語らない占い師に信頼感を持った私は、
彼女のことや自分のことを、堰を切ったように話した。

あれほどまでに素直な気持ちを他人に吐露したのは初めてだった。

穏やかな表情で話を聞き続けていた占い師が
ほんの一瞬顔色を曇らせたのは、
「やっぱり彼女とは別れるべきでしょうか?」と尋ねたときだった。

苦し気にさえ見えた占い師の表情に驚き、
「こんなに歳が離れていて子どもまでいる相手でも
結婚してうまくやっていけるでしょうか?」と尋ねると、
占い師の目元に笑みが戻った。

それから占い師は、穏やかな表情のままただじっと、私の話に耳を傾けた。

そして最後に、「私はどうしたらいいのでしょう?」と尋ねると、
落ち着いた声でただ一言、「思うままにしてよし」と言った。

それは、勇気を持った私の未来を肯定するような厳かな声だった。

彼女が実は英語もフランス語も堪能な才女だと知ったのは、
プロポーズして海外勤務への同行を求めた後だった。

2年も付き合っていても、まだ見せていない面を持っている彼女に驚き、
益々惹かれたことは言うまでもない。

今、こうして、重要な海外拠点の支社長を務めることができているのも、
妻の協力があったからだ。

人生を変えた決断を促したあの一言が、
今では私の座右の銘になっている。

「思うままにしてよし」


※今回のショートストーリーは、2003年8月21日、第73号掲載の
『おもうままにしてよし』のスピンオフ作品です。
一緒にお読みいただくと、よりお楽しみいただけます。

http://www.watch-colle.com/Haruka/KakoRogu73.htm
http://happyteatime.jp/2003-8-21/

●●●●●●●●●●●●●●●●●

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先週末、地元で開催された七夕祭りに行ってきました。

一昨年まで、夫と娘と家族3人でよく遊びに出かけていた七夕祭り。

娘と私は、駅前のメインストリートに毎回出ている
コンピューター手相占いをするのが恒例でした。

コンピューターの占い結果に、前向きな補足を加えるおじさんの言葉に
とても説得力があったのです。

寒くなる頃にふと、おじさんのアドバイスを思い出すこともありました。

でも、今年、夫と2人で出かけて行って、同じ場所を探してみても、
コンピューター手相占いの屋台は出ていませんでした。

毎年変わらないように見えるお祭りも
少しずつ変わっていっているのですね。

今年の夏、おじさんはどこか別の夏祭りで、
コンピューターの占い結果を補足して、なるほどと唸らせたり、
悩める人に一歩踏み出す勇気を与えたりしているかもしれません。^^

┌───┐
│\〆/│
└───┘
あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、ブリリアントタイムでご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2017年8月18日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

●●●『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
●●  URL http://www.watch-colle.com/  ●
●  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ●●  
   URL http://happyteatime.jp    ●●●


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle