━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume354
volume353
volume352
volume351
volume350
volume349
volume348
volume347
volume346
volume345
volume344
volume343
volume342
volume341
volume340
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ●短冊の願い事は叶う?●ブリリアントタイムvol.331
●●●●●●●●●●●●●●●●●

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2017年7月7日 vol.331

●●●●●●●●●●●●●●●●●

こんにちは!Harukaです。

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

笹の葉さ〜らさら、軒端に揺れる♪

今日、7月7日は七夕です!

織姫と彦星の年に1度の逢瀬と、
笹の葉に結んだ願い事が、たくさん叶う夜になるといいですね。

七夕の特別なブリリアントタイムも、まずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。

┌───┐
│\〆/│
└───┘
ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle


●●●●●●●●●●●●●●●●●

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年6月23日〜7月6日

(2)警察の親切なサービス

(3)ショートストーリー『変わらない願い』

(4)ショートストーリー『短冊の願い事は叶う?』

●●●●●●●●●●●●●●●●●


●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年6月23日〜7月6日

チュードル プリンス オイスターデイト 9050/0 自動巻 盾 リダンダイヤル OH済 1977年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx239a/RX-239A.htm

インターナショナル Cal.853 リダンダイヤル 自動巻 OH済 1960年製
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc104a/IWC-104A.htm

ユニバーサルジュネーブ ホワイトシャドウ Cal.66 25石 自動巻 OH済 1966年製
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv059a/UV-059A.htm

セイコー プロスペックス ダイバー スキューバ 200m SBDC025 自動巻 2016年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1572sp/SK-1572SP.htm


●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(2)警察の親切なサービス

先日、実家の父と地元の警察署に行ってきました。

もちろん、悪いいことをしたわけではありませんし、事故でもありません。

昨年、車を手放して、運転をやめていた父に、免許の更新通知が届いたので、
免許を自主返納して、運転経歴証明書を申請することにしたんです。

父は運転するのをやめても、身分証明書代わりになる運転免許は、
そのまま持ち続けていました。

何十年も生活の一部だった運転をやめるときにも、
大きな痛みを感じたようでしたが、
持っているのが当たり前になっていた運転免許証がもうすぐ無効になることも、
きっと残念に思っているに違いありません。

パッと見が運転免許証とそっくりで、
正式な身分証明書としても通用する運転経歴証明書が、
父の運転免許証を手放す痛みをいくらか緩和してくれることを願って、
地元の警察署で申請手続きをしました。

「運転経歴証明書」は、運転免許を自主返納した日から遡って5年間の運転経歴を証明する、
運転免許証と同じサイズのカード型証明書です。

運転免許を自主返納する際、または、自主返納して5年以内であれば、
新規交付を申請することができます。

■警察庁【運転経歴証明書について】

https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/dh.html

駐車場に並ぶパトカーや、行き来する制服の警察官が
独特の雰囲気を醸し出している警察署は、やっぱり、
気軽に出入りしたい場所とは言い難いものの、
対応してくれる方は皆さんとても親切で、警察の努力を感じます。

運転経歴証明書は、申請してから交付までに数週間必要で、
受け取りの際には、再び警察署に足を運ばなければいけません。

考えてみれば、運転免許証を返上する高齢者は、
それまでの“足”を失っているわけですから、ちょっと面倒な仕組みだな
などと考えていたら、可愛い婦警さんがアンケート用紙を差し出して言いました。

「実は、今、新しい試みのアンケートを行っています」

きけば、その新しい試みというのは、
警察官が運転経歴証明書を自宅まで届けてくれるサービスだそう。

ただし、届けてくれる時間帯は、朝の8時〜9時で、
届けにくる警察官は、パトカーに乗ってやってくるのだと言います。

アンケートは、その時間帯にパトカーで届けに行っても良いか?
を確認するものでした。

なるほど、それはとても親切な試みではあるものの、
朝っぱらから家の前にパトカーが止まって、
降りてきた警官が家を訪ねていたら、
近所の人に何かあったのか?と心配されるかもしれません。

アンケートなしで実行するわけにはいかないのでしょう。

警察署には、パトカーでない普通の車はないのかな?とか、
私服の事務員が届けることはできないのかな?
とも考えてものの、やっぱり警察の努力を感じました。

別に気にするふうもなく、あっさり承諾した両親の家の前には、
数週間後、パトカーがやってくることになりました。

後で、考えてみたら、通学路になっている実家の前には、
その時間、近所の中学校の生徒や、幼稚園に向かう園児と母が
たくさん歩いていそうだと気づきました。

でも、パトカーに注目する大勢の通行人と、
ざわつくご近所の方を想像して、それもまた面白そうとも思っています。(笑)

●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(3)ショートストーリー『変わらない願い』

<家族四人がずっと元気で暮らせますように!>

笹の葉に結んだ短冊には、裕太が生まれた13年前からずっと同じ願い事が書いてある。

一か所だけ、娘が生まれた8年前に、“家族三人”が“家族四人”に変わった。

あの頃、なな子の腕の中ですやすや眠っていた祐太郎は、
すでになな子の身長を超え、声まで太くなってしまった。

「毎年同じ願い事書いてて飽きへんの?」となな子をからかう声は、
夫の和弥にそっくりだ。

もちろん、なな子にだって欲しいものはいくらでもあるし、
行きたいところだってたくさんある。

でも、みんなが元気で暮らしてさえいれば、
あとは自力でどうにでもできると信じているのだ。

和弥を失う夢を見て、本当に大切な事に気付いたあの日から、
七夕に願うことは、1つだけと決めている。

13年の間には、もちろん、他の願い事を書きたいことが何度もあった。

和弥の会社が倒産した7年前には再就職を願いたかったし、
莉奈が発達障害かもしれないと言われた3年前には、そうでないことを願いたかった。

祐太郎が中学受験をした去年は、危うく“合格”と書きそうになったけれど、
それもぐっと我慢して、いつもの願い事を書いた。

和弥が興した会社もすっかり軌道に乗って、祐太郎が無事希望校に受かり、
莉奈も周りの子と同じように学べている今、
やっぱり、なな子が心から願っているのは、家族四人が元気で暮らすことだけだ。

色とりどりの飾りをつけた七夕の笹を満たされた気分で眺めていると、
「『空から宝石が降ってきますように』とか、『大金を拾いますように』
とか書かんでええの?」と和弥の声がした。

振り返ると、和弥ではなく祐太郎がニヤニヤ笑っていた。

さては、和弥から昔の話を聞いたらしい。

「ええのよ、宝石はお父さんが買ってくれるし、
大金は祐太郎がガンバ大阪の選手になって稼いでくれるから」

そう言ってやると、祐太郎は肩をちょっとすくめて、練習に出かけて行った。

あの頃より生活に余裕がある今、和弥に宝石をねだることは難しくない。

祐太郎がJリーガーになることだって、最近の活躍を見ればあながち夢ではないと思う。

家族四人がずっと元気で暮らせることだけ願っていれば、
あとは何でも自力でどうにかできるはずだと、なな子は本気で考えている。


※このショートストーリーは、2004年7月8日のメルマガに掲載した『七夕の願い事』の続編です。
よろしければ、こちらも併せてお読みください。

http://www.watch-colle.com/Haruka/KakoRogu119.htm


●●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(4)ショートストーリー『短冊の願い事は叶う?』

<家族四人がずっと元気で暮らせますように!>

短冊に書かれた文字の向こうに、母の笑う顔が見える気がした。

赤い短冊は、破れてしまわないようにと裏を厚紙で補強している。

家族四人がずっと元気でいることに、あれほどこだわっていた母が、
突然いなくなるなんて、誰が想像できただろう?

七回忌を終えた今でさえ、まだ信じられないくらいだ。

ちょっとせっかちなところがあって、なんでも手早くこなした母は、
逝くときまで早かった。

具合が悪くなって医者に行って、病名がわかったときには、
もう、カウントダウンが始まっていた。

父は、母がいなくなった後も、母の短冊を毎年笹の葉に結んだ。

そこに書かれている願いは、もう絶対に叶わないというのに。

「母さん、まだガンバ大阪から声はかからへんけど、
学生リーグではけっこう目立ってんで」

赤い短冊に向かって話しかける。

その時、玄関の開く音がして、妹が帰ってきた。

妹は真っすぐに走ってくると、鞄から出した答案用紙を笹に結びつけた。
苦手な英語で初めて100点を取ったらしい。

「そんなもの飾るんか?」と聞くと、
「お母さん喜ばせたいねん!」と言う。

そういえば、今朝は、父が笹の前で何かぶつぶつ言っていた。

もしかしたら、父も母に何か報告していたのかもしれない。

考えてみれば、母はこんなふうにずっと、俺たちの心の中で元気に暮らしている。

母が書き続けた短冊の願い事は、ちゃんと叶っているのかもしれない。


●●●●●●●●●●●●●●●●●

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

7月に入って、夜遅くになっても暑い日がちらほら。

先日、うっかりエアコンのスイッチを切り忘れて眠ったら、
翌朝手足が冷たくなっていました。^^;

皆さまも夏風邪など引かないよう、お気を付けくださいね。

┌───┐
│\〆/│
└───┘
あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、ブリリアントタイムでご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年7月21日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

●●●『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
●●  URL http://www.watch-colle.com/  ●
●  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka ●●  
   URL http://happyteatime.jp    ●●●


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle