━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ●旅行好きなオーバー50のあなたへ●ブリリアントタイムvol.321
●●●●●●●●●●●●●●●●●

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2017年2月17日vol.321

●●●●●●●●●●●●●●●●●

こんにちは!Harukaです。

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

寒さは今が本番ですが、立春を過ぎると気分がちょっと春めきますね。

私は、今月10日にバースデイを迎え、また1つ大人になりました。(笑)

そして、バースデイを機に、新しいことをスタートしました。

何をスタートしたのかと言うと……

とお話しする前に、まずはウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

┌───┐
│\〆/│
└───┘
ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle


●●●●●●●●●●●●●●●●●

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年2月0日〜2月16日

(2)小学生からやり直し

(3)旅行好きなオーバー50のあなたへ

(4)時を超えて

●●●●●●●●●●●●●●●●●


●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年2月2日〜2月16日

IWC フリーガー クロノグラフ 3706-003 25石自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc101c/IWC-101C.htm

オメガ ジュネーブ 535.0033 GP 手巻 レディース OH済 1973年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om733a/OM-733A.htm

オメガ シーマスター コスミック 166.035 Cal.752 自動巻 OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om732a/OM-732A.htm

ホガ スイス製 懐中時計 銀仕上 手巻 OH済 USED HOGA
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot259p/OT-259P.htm

セイコー サードダイバー 6309-7040 自動巻 OH済 昭和59年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1533sp/SK-1533SP.htm

セイコー ブライツ SDGZ013 国産クロノグラフ誕生50周年記念モデル 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1532c/SK-1532C.htm

ユリスナルダン フェルサ社製Cal.690 自動巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/UN/un019a/UN-019A.htm

ツェッペリン 76801-1 『ZEPPELIN号100周年記念モデル』 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/ZP/zp007c/ZP-007C.htm

オメガ シーマスター クロノメーター 168.024 Cal.564 自動巻 OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om731a/OM-731A.htm

オメガ シーマスターデヴィル Ref.KM6326 GF 自動巻 OH済 1972年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om730a/OM-730A.htm

オメガ コンステレーション ST168.0056 Cal.1011 自動巻 OH済 1972年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om729a/OM-729A.htm

ハミルトン カーキネイビー・サブ H74541143 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht110sp/HT-110SP.htm

セイコー マチックP 5106-8010 33石 自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1527a/SK-1527A.htm

グランドセイコー 5645-7010 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1509a/SK-1509A.htm

ロンジン グランドクラシック L4.720.2 GP クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg185d/LG-185D.htm

●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(2)小学生からやり直し

文字を手書きすることが、めっきり減っている私は、
ときどき、書けて当たり前の漢字が書けなくて、焦ってしまうことがあります。

例えば、「三菱東京UFJ」の「菱」の字なんかがそう。

手続き書類に銀行口座を記入しようとして、
あれ?草冠の下は“土”でよかったっけ?なんて。

もっとひどい時には、「込」という字や「遊」という字の
“しんにょう”が上手く書けなくて、おかしな形になったりします。

仕事柄、パソコンでは毎日けっこうな量の文章を書いていますし、
本や資料で、難しい漢字もたくさん読んでいるはずなので、
漢字を知らないわけではありません。

だというのに、いざ、自分の手で書こうとすると、
簡単な漢字さえまともに書けないことがあって、自分自身に驚きます。

『火花』と一緒に芥川賞を受賞した羽田圭介さんの
『スクラップ・アンド・ビルド』には、
「使わない能力は衰える」という考えを行動原理とする主人公が登場します。

主人公は、その考えに基づいて、祖父を死に至らせようと、
(頭も体も使わせないように)かいがいしく世話をやきながら、
自分は、筋トレやその他衰えさせたくない能力を酷使することで、
より成長しようとします。

その思考や行動は短絡的でもありますが、
私はなんだか共感できて、『火花』よりも面白く感じました。

だって、“使わない能力は衰える”って本当にそうだと思いませんか?

改めて考えてみたら、年賀状や挨拶状はもちろん、
封筒の宛名シールや、宅配便の送付状さえ、私はパソコンで作っています。

手で文字や文章を書くことなど、数えるほどしかありません。

だから、手書きで文章を書かなければいけないときには、
間違ってしまわないよう、画数の多い漢字は避けて文章を組み立てます。

いい大人が、書き慣れない感たっぷりの文字で、
簡単な漢字だけを使って書く文章は、自分で言うのヘンですが……
かなりバカっぽく見えます。^^;

PCを使えば、それなりの文章を書くこともできるのに、
手書きするとバカに見えるというのは、とても困った問題です。

そこで、筋トレに励んだ小説の主人公のように、
手書きの能力を取り戻すべく、毎日手書きで文章を書くことにしました。

とはいっても、最初だけ頑張って続かないのでは意味がありませんから、
どんなに忙しくても確実に続けられるよう、
徹底的にやさしい文章を、ほんの少しずつ書く事にしました。

最初の教材に選んだのは、
『1行読んでおぼえる小学生必修1006漢字 高学年506漢字』
という本。

タイトル通り、小学生高学年用です。^^

これを、毎朝起きたら1ページずつノートに書き写します。

「続続と幸運が続いたので、永続を祈るだけです」だとか、
「紀はすじ道の意で、紀元、世紀、年紀とも使う」というような文章で、
漢字の読みと意味を覚えられるようになっています。

小学生で習う漢字ですから、当然、とても簡単ですが、
だからこそ、楽に続けられるはす。

それに、「紀はすじ道の意で」なんていう文章に、
へえ、そうだったのかなんて思ったりもするので、
これくらいからやり直すのがちょうど良いのでしょう。

1冊全部書き終えたら、次は中学生レベルに進む予定です。

大人レベルまでの道のりは長いですが(笑)、
着実に前に進んで、ちゃんと辿り着きますね!


●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(3)旅行好きなオーバー50のあなたへ

進学、就職、転勤など、人生の節目を迎える方にとって、
2月は、もうすぐやってくる春を意識する季節ではないでしょうか?

大学を休学して、東京の俳優養成所に通っていた娘も、
1年間のカリキュラムが終わりに近づき、先日、卒業公演の舞台に立ちました。

親バカな私はもちろん、東京まで公演を見に行ったのですが、
このとき利用したツアーが、誰かに話したくなるほどの
バリュープライスだったんです。

どれほどバリューだったかというと……

名古屋東京間の新幹線、往復「のぞみ号」グリーン車と、
https://www.jr-cp.co.jp/services/green

リーガロイヤルホテル東京一泊がセットになって、
http://www.rihga.co.jp/tokyo/index.html

お値段、なんと、18,200円!!

新幹線名古屋東京間の運賃は、一番リーズナブルな普通車自由席でも
片道10,360円で、往復20,720円ですから、
ツアー料金が新幹線自由席往復運賃よりも安いことになります。

グリーン車の通常料金は片道14,680円で、往復29,360円ですから、
差額でどこかのホテルにもう一泊できるほどの違いです。

平日のお昼頃という乗車率の低い時間帯だったため、
新幹線の追加料金が発生しなかったという理由もありますが、
それにしても、お値打ちです。

ホテルのお部屋は、38uある高層階のツインルームで、
ミニバーを備え、珈琲、紅茶、ミネラルウォーターがサービス。

十分なアメニティとバスローブがあり、
Wi-Fi完備でチェックアウトは12時なので、とてもゆったり過ごせました。

やっぱり気になって調べてみた正規の宿泊料金は、1部屋49,896円〜だったので、
1名分に換算すると、1泊24,948円です。

ということは、正規の料金でチケットを手配して、
同じ旅行をしたとしたら、54,308円ということになり、
今回の旅行の約3倍です。^^;

私が利用したツアーとの差額は、36,108円で、
もう一度、東京旅行できてしまうほどお得だったことになります。^^

男性の方には、だから何?と思われるかもしれませんし、
得した金額を計算して喜ぶなんてはしたない気もしますが、
ちょっと感動して、見て見て!すごいでしょ?って教えたくなりました。

私がこのツアーを申し込んだのは、JR東海が運営する
「50歳からの旅クラブ50+(フィフティプラス)」
という旅行案内サイト。

http://jr50plus.jp/weblimited/spot.html

簡単な登録でWeb会員になるとこで、私が利用したような
スーパーバリューな旅行プランに申し込むことができます。

ネーミングの通り、会員になれるのは50歳以上ですが、
同伴者の年齢は、若くてもかまいません。

歳を重ねるとイイコトもあるものですね。(笑)

決してJR東海のまわし者ではありませんが、
とても良い旅行ができました!

50歳以上で旅行好きな方や、50歳以上の同伴者と旅行の予定がある方は、
一度サイトを覗いてみてはいかがでしょう?

●●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(4)時を超えて

Facebookで、見覚えのない名前の方からメッセージが届きました。

ビジネスユースで、知らない相手にも友達申請する例もあるので、
ちょっといぶかしく思いましたが、メッセージの内容を読んで、
ようやく、昔の知り合いだと気づきました。

メッセージを送ってくれたのは、十数年前、
一緒にアルバイトの研修を受けた仲間でした。

記憶力の悪い私は、彼女の名前をすっかり忘れていましたが、
メッセージを読んで、一緒に大きなバスの誘導練習をしたことを
思い出しました。

その研修は、バス添乗員のアルバイト研修だったのです。

私は結局、研修したのとは違う会社で、
バスガイドのアルバイトをしたので、
彼女とも、研修以降は一度も会うことがありませんでした。

十数年も前に、たった1日一緒に過ごしただけだというのに、
覚えていてもらえたことに感激しました。

それにしても、ほんのわずかしか接点のなかった彼女と
長い時を経てまた気軽にメッセージをやりとりしているなんて
なんとも不思議な気分です。

彼女はFacebook上でどうやって私をみつけたのだろう?
とも思いますが、「六次の隔たり」という言葉もあります。

少々古いデータですが、2011年にはミラノ大学と共同調査したFacebookが
4.7人を介せば全ユーザーとつながることができるという結果も発表しています。

彼女は現在、地元を離れて関西で暮らし、バスの添乗員ではなく
ドクターカーの運転手を務める傍ら、看護学生として勉強もしているそう。

今までの友人・知人にはいなかった職業に就く彼女に、
もっと話を聞きたくなりました。

大阪にはウオッチコレもありますし、
旅行がてら会いに行ってしまおうかな?とも思っています。^^

十数年前の小さな縁を、時を超えて一瞬でつなぎなおせるなんて、
すごい時代だな、と思わずにいられません。


●●●●●●●●●●●●●●●●●

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先日のバースデイに、
夫が思いがけずプレゼントをしてくれました。

プレゼントしてくれたのは、フォルムの美しいバカラのワイングラス。

このグラスで乾杯したのは、前日に開けたワインでしたが、
なぜか前日より色も香りも豊かで、美味しく感じられました。^^

夫は私のメルマガなんて読んでいませんが、
嬉しかったので言わせてください。

パパ、ありがとう♪


┌───┐
│\〆/│
└───┘
あなたからのあたたかいメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、ブリリアントタイムでご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年3月3日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle