━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ●稀勢の里もローラもやっている!●ブリリアントタイムvol.320
●●●●●●●●●●●●●●●●●

Watch-Colle ブリリアントタイム
     2017年2月2日vol.320

●●●●●●●●●●●●●●●●●

こんにちは!Harukaです。

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

モバイルファーストを意識したメルマガデザインはいかがでしょうか?

読みやすいよ!とか、あまり変わらないなあとか
ご意見いただけたら嬉しいです。

それでは今日も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

┌───┐
│\〆/│
└───┘
ブリリアントタイムでは、あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle


●●●●●●●●●●●●●●●●●

もくじ

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年1月20日〜2月1日

(2)稀勢の里もローラもやっている!

(3)時間を上手に使う極意

(4)もしも余命が……

●●●●●●●●●●●●●●●●●


●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(1)ウオッチコレ新着情報 
2017年1月20日〜2月1日

IWC Ref.1410 Cal.402 17石手巻 OH済 1970年製
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc100a/IWC-100A.htm

オメガ コンステレーション 168.017 Cal.564 自動巻 OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om728a/OM-728A.htm

セイコー ベルマチック 4006-7000 自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1530c/SK-1530C.htm

グランドセイコー 5646-7010 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1529a/SK-1529A.htm

グランドセイコー Ref.SBGX061 9F62-0AB0 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1528d/SK-1528D.htm

ユリスナルダン 18K 17石 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/UN/un018a/UN-018A.htm

グランドセイコー 5645-7010 25石自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1526a/SK-1526A.htm

ロレックス オイスターパーペチャル Ref.6284 自動巻 OH済 1955年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx235a/RX-235A.htm

ユニバーサルジュネーブ Ref.842101 Cal.42 17石 手巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv058a/UV-058A.htm

セイコー ダイバー 150m 7548-700B クオーツ 昭和54年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1522sp/SK-1522SP.htm

セイコー プロフェッショナル ダイバー200m 7C43-7010 クォーツ OH済 昭和60年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1521sp/SK-1521SP.htm

セイコー クロノグラフ 6139-6002 青赤ベゼル 自動巻 OH済 昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1524c/SK-1524C.htm

グランドセイコー 61GS 6145-8000 ハイビート 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1523a/SK-1523A.htm


●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(2)稀勢の里もローラもやっている!

先日、大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里が
明治神宮で奉納土俵入りをする姿をニュースで見ました。

彼が披露した“雲竜型”と呼ばれる土俵入りの見せ場は、
腰を深く沈め、右手を上に向けて伸ばし、
左手を脇腹に当てた格好からのせり上がりです。

ゆっくり大きく、力強く、少しずつ立ち上がっていくのに
かけた時間は、約6秒間だそう。

私はやせ形の男性が好みなので、
本来、お相撲さんにはあまり興味がありませんが、
稀勢の里の土俵入りは、じっと見つめてしまいました。

なぜなら、私も、ここ1ヶ月以上、朝晩同じ格好をしているから。

実は、この雲竜型土俵入りのような恰好で
開脚スクワットをしながら、歯磨きをしているんです。

別にふざけているわけではなくて、
ダイエット効果を期待した効率的な筋トレのためです。

歯を磨いている3分間、あのスタイルでゆっくり上下しています。

たかだか3分と侮るなかれ。

1回は3分でも朝夕合わせれば1日6分、30日で180分になります。

1ヶ月続いている私は、
雲竜型土俵入りを3時間やっている計算です。(笑)

おかしな恰好で歯磨きする私に夫は呆れていますが、
だんだん筋肉がついてきているようで、
最初の頃より腰を深く、長い時間落せるようになってきました。

とはいえ、稀勢の里ほど安定した態勢で、
しっかり腰を落とすことは、まだできません。

だから、稀勢の里の土俵入りに目を奪われてしまったのです。

あの重い体で全くブレずに、開脚したまま腰を落とすには、
下半身の筋肉をどれほど強くしなければいけないのだろう?と。

そして、あれほどきれいに開脚できるなんて、
股関節がどれくらい柔らかいのだろう?とも。

稀勢の里のような体にならないためにやっているスクワットですが、
稀勢の里の見事な四股は、リスペクトせずにいられません。

ちなみに、このスクワットは、
腹筋、大腿四頭筋、中殿筋、大殿筋、ハムストリングという
下半身の大切な筋肉を同時に鍛えてぶれない身体を作り、
股関節を柔軟にするストレッチ効果まである理想的な筋トレなんだそう。

年末年始に胃袋が大きくなってしまったせいで、
3食とも絶賛増量中!の私ですが、ジーンズのサイズがそのままなのは、
四股スクワットのおかげかもしれません。

大リーグのイチロー選手もやっていて、
黒柳徹子さんが日課にしているというのは有名なお話ですし、
タレントのローラさんも歯を磨きながらスクワットすると
いつぞやテレビで言っていました。

コートを脱ぐ春に向けて、稀勢の里がお手本の四股スクワットを、
あなたもご一緒にいかがですか?^^

【四股スクワットのやり方】

1.足を肩幅より大き目に開いて、つま先を外側に向けて立つ。
2.胸を張って背中を伸ばしたまま腰をゆっくり深く落とす。
   ↑
  慣れるまで結構つらい
3.ゆっくり膝を伸ばしながら元の姿勢に戻る。

※膝が内側に入らないよう注意すること。


●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(3)時間を上手に使う極意


時間の使い方が下手くそなのか?
単に要領が悪いのか?
それとも、やろうとしていることが多すぎるのか?

毎日何かしらやり残した感を抱きつつベッドに入る私は、
タイムマネージメント系の自己啓発書を良く読みます。

これまでに試した具体的なタイムマネージメント法には、

・翌日の予定を夜のうちに決めておく。
・毎朝起きてすぐにその日の予定を立てる。
・やることをルーティン化する。
・やることをメモしてやり終えたら消していく。
・時間を区切って、タイマーを鳴らして管理する。
・スマホアプリで時間管理する。

などがありますが、どれも長続きしませんでした。

理由は、前日決めた予定が朝の電話一本で変更になったり、
予定を立てるより15分長く寝ていたくなったり、
そもそも、ルーティン作業は嫌いなことを思い出したり、
メモしたり、タイマーをかけたり、
アプリを見るのが面倒になったりしたから。^^;

そこで、今度は具体的なタイムマネージメントのやり方というよりも、
考え方やコツのようなところに注目して、

・毎日予備の時間をつくる。
・定期的に何もしない日をつくる。
・あえて切りの悪いところで休憩する。(と作業完了が早くなるそう)
・持ち物を減らす。(とそれを管理する時間をはぶける)
・やりたいことの優先順位をはっきりさせる。

などを試してみました。

ところが、予備の時間は、伸びてしまった別の時間ですぐに埋まり、
何もしないと決めた日にも家事労働は休むことができず、
切りの悪いところで休憩しようと思ったことを、つい、忘れて、
持ち物をi減らすためには、その時間が必要だと気づきました。

つまり、なかなかうまくはいかなかったということ、

そんな中、唯一、これができれば毎日やり残した感なく眠れるに違いない!
と思ったのが、「やりたいことの優先順位をはっきりさせる」こと。

けれど、ここで、ハタと困ってしまいました。

“私が今一番やりたいことって何だろう?”と。

そう、いざ本気で考えてみると、
自分のやりたいことの優先順位が自分でもわからなかったのです。

“やりたいこと”がないわけではありません。

むしろそれは、人よりたくさんあるくらいです。

もちろん、“やらなければならないこと”もたっぷりあります。

でも、家事や、約束事項を除いた自分の“やりたいこと”に
ちゃんと優先順位がつけられない自分に愕然としました。

私の中で「やりたいこと」は、順列ではなく、並列だったのです。

ケーキ屋さんのショーケースをご想像ください。

もしもあなたが甘いもの好きなら、
ズラリと並ぶおいしそうなケーキの中から、いくつかを選んだとき、
選ばなかった他のケーキも気になってしまいますよね?

私が眠るときの心境は、好きなケーキを少しだけ買って、
お店を出るときと同じでした。

だから、毎日、やり残した感があって、
時間を上手に使えていない気がしていたのですね。

ということで、今年のテーマは、
「やりたいことの優先順位をはっきりさせる」に決定です。

自分にとって一番大切なものは何か?
一番やりたいことは何か?
なぜ、他のたくさんのことよりも、それをしたいと思うのか?

モンブランとショートケーキとアップルパイで、
一番食べたいのはどれなのか?
なぜ、他のたくさんのケーキよりも、私はそれを食べたいのか?

しっかり突き詰めて考えて、やりたい事を順列にすれば、
今よりもずっと上手に、時間を使えるに違いありません。

●●●●〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

(4)もしも余命が……

「もしも明日死ぬとしたら、あなたは今日何をしますか?」

こんな言葉を、あなたもどこかで、
一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

あのスティーブ・ジョブズも、スタンフォード大学卒業式のスピーチで、
こんなふうに言っています。

「私は17歳のときに
『毎日を人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる』
という言葉に出会いました。
それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、
毎朝鏡に映る自分に問いかけるようにしています。
「もし今日が人生最後の日だとしても、
今からやろうとしていたことをするだろうか」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、
ちょっと生き方を見直せということです』

これは、つまり、人生には限りがあることを意識して
本当にやりたいことをやろう、というメッセージだと思います。

でも、ここで、自分が本当にやりたいことって何だろう?
と考え込んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やりたいことはたくさんあるのに、
一番を決められない私もその一人です。

そんな私たちににとって、ちょっとヒントになる考え方が、
先日読んだ本に載っていました。

「もしも余命があと2年だとしたら、何をしますか?」

そんな問いかけを自分にしてみるというのです。

ううむ。

私はこの“2年”という時間設定の絶妙さに、
思わず唸ってしまいました。

だって、そう思いませんか?

「もしも明日死ぬとしたら、今日何をしますか?」と聞かれて、
逢いたい人や行きたい場所や、やりたいことが浮かんだとしても、
実際にすぐ、行動に移すわけにはいきません。

だって、本当に明日死んでしまう確率よりも、
明日は当たり前にくる確率の方が圧倒的に高いわけで、
逢いたい人がいるからといって、
家事や仕事や学校や、その他諸々の約束を放って
出かけて行くわけにはいかないからです。

つまり、考えることは有益であっても、現実的ではありません。

しかし、余命が2年となれば、
今日の予定や約束をすぐに放り出すという考えは浮かびません。

とはいえ、まだ何十年も続くはずだった人生が、
あと2年しかないとすれば、このままの生活でいいのだろうか?と
現在の生き方を本気で振り返らざるを得ません。

しかも、「では、まず、何から手をつけるべきか?」
と考えたときに思い浮かぶ答えは、
明日死ぬことを考えたときのようにドラマチックではない代わりに
すぐさま行動に移せる現実的なことだったりします。

私の場合は、それは、「物置の片づけ」でした。^^;

収納が少なめな我が家には、3畳ほどのウォークインクローゼットがあって、
ここが唯一の収納スペースになっています。

「3畳の部屋」と呼んでいるこの部屋は、両側にタンスと棚があって、
その全てにぎっしりと物が詰まっています。

それなりに収まってはいるものの、来客時にとりあえず仕舞った物や、
今はもう要らないものも、たくさん押し込まれています。

ドアを開けて中に入る度に、軽くため息がでるのですが、
もうどこから手をつければ良いかわからないし、
そのままでも困るわけではないので、なかなか片付けられません。

でも、2年後の死を想像したとき、こんな状態の場所を残して、
いなくなるのはイヤだな、とはっきり感じました。

明日死んでしまうなら、イヤでも諦めるよりありませんが、
2年の猶予があるなら話は別です。

そこからさらに考えを深めていったら、
私にとって大切なのは、
「余計なものを残さずに、素敵なものだけを残すこと」
だと気づきました。

生きているうちにやっておきたいことではなく、
自分がいなくなった後のことに気持ちがフォーカスしたというのは、
自分でも意外でした。

こんなふうに考えた後、すぐにしたのは、
3畳の部屋の一番端っこの、最下段の棚の整理です。

地味ですね。しかも些細。(笑)

でも、たったこれだけのことで、不思議に気分が良くなりました。^^

人生に限りがあることを想像するのは、やっぱり有意義なのでしょう。

本気で突き詰めてみたら、
私のように思いがけない答えが得られるかもしれません。

もしも余命があと2年だったら、あなたは今日何をしますか?


●●●●●●●●●●●●●●●●●

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先週、お仕事の関係で、広瀬香美さんのライブにご招待いただきました。

ライブの後には、広瀬香美さんを囲んでの記念撮影にまで加えていただいて、
プチVIPな気分を味わいました。^^

ライブのクライマックスで、広瀬さんは、なんと、
メガヒットしたあの「ロマンスの神様」を、
当時よりも1オクターブ高いキーで披露してくれました。

なんでも、練習を続けてきたことで、当時よりも音域が広がったのだそう。

オリジナルでも十分に高いというのに、さらにオクターブアップだなんて!

広瀬さんのライブで学んだことは、3つ。

1.加齢は言い訳にならない。
2.鍛えている能力は衰えない。

そして、3つめは……

3.笑い方で年齢がバレる。

ルックスも歌声もとても若々しくて魅力的な広瀬さんでしたが、
MCの笑い方にだけは、同年代を感じました。(笑)

広瀬さんの場合は、そんな笑い方も親しみやすさになるのだろう
と思いますが、一般ピープルの場合はただのオバサンです。
気をつけなければ、と心にメモしています。


┌───┐
│\〆/│
└───┘
あなたからのあたたかいメッセージを心よりお待ちしております。
⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※メッセージは、ブリリアントタイムでご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年2月17日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle