━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★懲りない女☆彡ブリリアントタイムvol.312
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年10月14日vol.312

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

10月に入ってからも夏のような暑さが続いていましたが、
中旬に入ってからはさすがに秋らしくなってきましたね!

日が落ちると急にものすごく寒くなって驚く日もあります。

寒暖差で風邪をひかないよう気をつけて
何をするのも心地よい秋を楽しみましょう♪


まずは、これからしばらくの間、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね!


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2016年9月30日〜2016年10月13日
2.若過ぎ?!
3.懲りない女
4.ショートストーリー『外国人の男の子』
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2016年9月30日〜2016年10月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■エクセルシオパーク ストップウォッチ Cal.3364 7石手巻 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot254a/OT-254A.htm

■ティソ シースター ボーイズ クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts063sp/TS-063SP.htm

■セイコー プロスペックス 100m SRP579K1 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1477sp/SK-1477SP.htm

■セイコー ダイバーズ 200m ブラックPVDベゼル SRP315 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1476sp/SK-1476SP.htm

■セイコー ロードマチック 5606-7000 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1474a/SK-1474A.htm

■インターナショナル 2581 GP Cal.423 クッションケース 手巻 OH済
1973年製
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc092a/IWC-092A.htm

■セイコー エンジェル 10050010 レディース 21石 手巻 OH済
昭和39年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1471a/SK-1471A.htm

■セイコー 2706-7010 レディース 21石 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1470a/SK-1470A.htm

■セクター 850 クロノグラフ バルジュー7750 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SC/sc030c/SC-030C.htm

■ラドー ゴールデンホース 633.3673.2 GP 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd145a/RD-145A.htm

■グッチ 5600M ブラック 手巻き 黒クロコダイルベルト メンズ 未使用
http://www.watch-colle.com/watch/GC/gc028d/GC-028D.htm

■カルティエ マストタンク ヴェルメイユ Ref.5057001 クォーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/Cti/cti021d/Cti-021D.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.若過ぎ?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月は晴れの日が多い。

子どもの頃から長い間、ずっとそう思っていましたが、
今年は台風の影響もあって、10月に入ってもぐずぐずと雨が振ったり
曇ったりする日が続いていました。

そんな中、ようやく朝から青空が広がった先週、
ふと思い立って、両親と一緒に牧場に行ってきました。

そこは、「愛知牧場」という親子連れに人気の行楽地で、
バーベキューができたり、動物と触れ合えたりします。

休日には、トラクターの試乗だとか、牛の乳しぼりだとか、
バター作りやアイスクリーム作りやウィンナー教室だとかの
体験インベントも盛りだくさんです。

平日は、イベントなどをやっていない代わりに、
駐車料金も無料で、気持ち良いお天気の日に
ふらっとでかけるのにぴったり!

雑誌の行楽特集で、その牧場の花畑一面に広がる
とてもきれいなコスモスが紹介されていたのを見て、
ちょっと出かけてみたくなりました。

平日の真昼間ですから、閑散としているのだろうと思っていたら、
意外にもけっこうな数のお客さんがいて驚きました。

きっと、皆、久しぶりの晴天に誘われたに違いありません。

お目当てのコスモスは、残念ながらまだ2分咲といったろころで、
広い花畑のところどころに鮮やかなピンクの花がポツポツ咲いている
だけでしたが、本格的なカメラを構えた人たちがこれまたたくさんいて
再びちょっと驚きました。

彼らもやっぱり、この素晴らしい晴天に誘われたに違いありません。

花畑は風の吹き抜ける高台にあって、
隣のミニゴルフ場の芝生も良く手入れされているので、
絵葉書のような写真が撮れるのでしょう。

お目当てのコスモスがまだ咲いていなかったので、
ぐるっと一回りして入り口付近まで戻ってくると、
「引き馬乗り場」と書かれた看板のところに行列ができていました。

私も早速チケットを買って列に並びました。

実は、私が通った大学には馬場があって、
入学時には馬術部入部も考えたことがありました。

毎朝始発で出かけて馬の世話をしなくてはならないことがわかり、
あっさり断念しましたが。(笑)

その時以来、一度馬に乗ってみたいと思いながら、
一度も乗ってみることなく30年も過ぎていたことに気づきました。

念願叶って乗ってみることができた馬の上は、
想像以上に目線が高く、ゆっくりと歩いているだけなのに、
けっこう揺れました。

通っているスポーツクラブに、乗馬の動きを取り入れた
「ジョーバ」というマシンがあるのですが、
まさに、それと同じ感覚。パナソニックの技術に感心です。(笑)

馬が走ればもっと揺れるはずですから、怖いかもしれません。
でも、この高さでこの揺れ方で風を切って走ったら、
どんなに爽快だろう?と想像してしまいました。

わずか数百メートルをゆっくり一周するだけの乗馬体験でしたが、
ものすごく面白くて、次はぜひ、本格的な乗馬をしてみたい!
と思っています。

今度は30年もやらないでいると死んじゃうので、
早ければ今年中に、遅くても半年以内には、必ず乗ろうと思います。

母にスマホで乗馬姿を撮ってもらって、少し興奮しながら馬を降り、
牧場のしぼりたてミルクで作ったアイスクリームを食べて、
両親に「楽しかったぁ!」と言いながら駐車場に向かっていると、
両親と手をつないで道を歩く女の子が、同じように、
「楽しかったぁ!」と言っているのに気づきました。

あっ!この女の子は……

その子は引馬乗り場で私の前に並んでいた6歳の女の子で、
アイスクリームを食べているときにも、同じお店で見かけました。

どうやら、6歳の彼女と私は、同じ体験をして、
同じように感動していたようです。(笑)

おかしいことに、両親に話しかけている様子や口調まで同じでした。

6歳の少女と同じことをして喜んでいる自分って?
と若干複雑ではありますが“感性が若い”と考えることにします。

秋の晴天は、本当に気持ち良いですね。^^

あなたはこの秋、どんなところに出かけていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.懲りない女
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋だというのに長袖が着られないほど暑い日や、
昼間は暑いのに夜になると寒くなる日が続いた10月前半、
朝のニュース番組では、街行く人にインタビューして、
「着るものに困る」なんていう声を拾っていました。

確かに、私もここしばらくは、朝は薄手のカーディガンを羽織り、
お昼は半袖で過ごして、夕方になると厚めのカーディガンを羽織る
なんていうふうにしていました。

でも、着るものに困っているのは、何も今年だけではありません。
この時期になると毎年、困っているような気がします。

“ファッションの秋”なんて言われるくらい、
おしゃれしやすい季節であることが逆に、
コーディネートのプレッシャーになっているのかもしれません。

そうだ!と思い立って、ファッションの秋を楽しんでいる
お洒落な人たちを真似てみることにしました。

幸い、今どきはちょっとネットで検索すれば、
本当にお洒落な人たちが教えるコーディネート情報が
いくらでも手に入ります。

少し調べてみると、手持ちのアイテムですぐに真似られそうな
旬の着こなしがいくつか見つかりました。

その1つが、トップス(シャツ)の裾をボトムのウエストに
“フロントイン”して(前側だけ突っ込んで)、
“こなれ感”(頑張っておしゃれしてきましたという感じを出さず、
簡単に着こなしている様子)を演出するという洋服の着かた。

なるほど。

早速、今季流行しているらしいテラコッタカラーのシャツを、
秋らしいフェイクスエードのスカートにフロントインして、
こなれ感を演出した気分になって美容院に出かけました。

ところが、部屋に戻ってふと見た全身鏡に映っていたのは、
こなれ感のあるお洒落な女性ではなく、
髪だけが妙にきれいな、だらしない恰好の女でした。

……^^;。

スカートが少しゆるくてシャツが出すぎてしまったのも
敗因かもしれません。

けれど、それよりいけなかったのは、
自分のセンスを考えないで流行を真似してしまったこと。

そういえば私は昔から、重ね着だとかゆるふわだとかいう
体の形に添わないコーディネートは苦手で、
頑張って真似てみては酷評されていたことを思い出しました。

シャツはスカートにきっちりインして着る方が好きですし、
シャツ&スカートより1枚で着られるワンピースの方が好きです。

いくつになってもちっとも自分のことがわかってないな、
と鏡の中の自分に苦笑しました。

でも、こういう失敗ができるのもチャレンジ精神を失っていない証拠!
と前向きに捉えて、これからも、時々は新しい着こなし方に
チャレンジしようと思います。←懲りない女(笑)

秋冬にお薦めの着こなしをご存じの方は、ぜひ、教えてくださいね♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.ショートストーリー『外国人の男の子』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

急ぎの書類を仕上げて総務に届け、午後の会議の準備を済ませ、
面倒な要件の電話を対応し終えたところで、
コーヒーでも飲もうと椅子から立ち上がったとき、
部長にコピーを頼まれた。

「ああ!もうホントにいそ……」

そこまで言いかけてハッと口をつぐんだ。

それは3日前の夜のこと、夢に外国人の男の子が出てきて、
こんなことを言ったのだ。

「こんばんは、僕の名前は、%$#&@*+◇※▲∴÷▽♪!
君って最近、いつも、イソガシイって言ってるよね?
それ、やめた方がいいよ」

自分の名前以外はけっこう流暢な日本語を話す男の子の話は
唐突だったけれど、確かに今は会社が忙しい時期で、
私は知らず知らずの間に「忙しい」と口にしているかもしれない。

「言ってるかもしれないどど、どうしてやめた方がいいの?」

そう訊ねると、かぶせぎみに即答された。

「もっとイソガシクなるからだよ!」

いったい何を言っているのだろう?とも思ったが、
まあ、夢なんてそんなものだ。

翌日会社に行くと、課長が北海道支局に転勤になったと聞いた。

「サラリーマンなんていつ飛ばされるかわからない」
というのが課長の口癖だった。

本当に遠くまで飛ばされちゃって……と思いながら、
夢のことを思いだした。

その夜眠ると、また男の子が現われて言った。

「こんばんは、僕の名前は、%$#&@*+◇※▲∴÷▽♪!
君、今日は13回もイソガシイってって言ってたよ!」

そんなに?と驚いたが、
良く考えてみたら、しつこい男の誘いを断るのに、
「忙しい」を4,5回繰り返した気がする。

続きのある夢なんて面白い。そう思ってまた眠った。

翌日の終業時間に、他部署の後輩が結婚退社の挨拶に来た。

相手は都内に300坪のお屋敷を持つお金持ちの御曹司らしい。

「私ってすごく運が良いんです。彼と会ったのも偶然で……」

そう言えばこの子はいつも何かちょっと良いことがあると、
「私ってすごく運が良いんです!」と言っていたっけ。

その夜もやっぱり男の子が現われて、
「こんばんは、僕の名前は、%$#&@*+◇※▲∴÷▽♪!
そろそろ名前覚えてくれた?」
と聞いた。

覚えるもなにも、発音さえできやしない。

「君、今日はイソガシイが少し減ってたね。
でも、まだ5回も言ってるよ」

1度も言ったつもりがないのに、5回も言っていたなんて。
どうやら無意識に口にしているようだ。

翌日、同僚の親御さんから電話があって、
同僚が過労で入院したことを知らされた。

確かに今は忙しい時期で、皆、毎日頑張ってはいるものの、
社の規定で残業は規制されていて、
過労で倒れるほど働いている人はいないはず……

そう考えて、彼が頻繁に口にしていたのが、
「疲れた」という言葉だったことを思い出した。

その夜も、やっぱり男の子が夢に出てきた。

「こんばんは、僕の名前は、%$#&@*+◇※▲∴÷▽♪!
君、今日はイソガシイって言わなかったね!
あとは、僕の名前を呼んでくれたらうれしいのだけど……」

男の子は頬をちょっと赤らめて言った。

私は申し訳ない気分になって、正直に伝えた。

「ごめんなさい。あなたの国の言葉は難しくって
私には発音できないの」

すると、男の子はこんなふうに言った。

「じゃあ、君の国の呼び方でいいよ。
君の国ではぼくのことを、コトダマって呼ぶみたいだよ」

「言霊……?」

半信半疑で口にすると、男の子は嬉しそうににっこり笑った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

このメルマガが配信される14日は、久しぶり大阪に行って一泊します。

ウオッチコレの皆さんにもお会いして、
つもる話に花を咲かせるのを楽しみにしています♪

電池の切れてしまった時計たちや、
ベルトを交換して欲しい時計たちもみんな一緒に連れていって、
ウオッチコレでまた元気に時を刻めるようにしてもらいたいと
思っています。

店長さん、どうぞよろしくお願いします。m(__)m

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年10月28日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle