━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★シンプルイズベスト☆彡ブリリアントタイムvol.311
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年9月30日vol.311

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

ふと気付けばもうすぐ10月。

今月やりたいと思っていたことの半分ほどがまだ残っていて、
1ヶ月もあったはずの9月はいったいどこに行ってしまったの?
と記憶喪失になった気分です。^^;

日本人の平均寿命から言えば、これまでに生きてきた時間より、
これから生きていく時間の方がずっと短いことになります。

記憶喪失になっている場合じゃなくて、
これからの時間の質を高めていかなくてはと物思いに耽る秋です。

……あっ!

こうやっていちいち物思いに耽るから、
時間が足りなくなっちゃうのですね。(笑)

今日のこれからしばらくの間、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね!


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2016年9月16日?2016年9月29日
2.シンプルイズベスト
3.ショートストーリー『時間旅行』
4.ショートストーリー『副業』
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2016年9月16日?2016年9月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オメガ デヴィル 531.004 Cal.630 手巻 レディース プリズム風防
OH済 1968年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om721a/OM-721A.htm

■オメガ デヴィル 511.0411 GP Cal.625 手巻 レディース OH済 1979年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om720a/OM-720A.htm

■オメガ デヴィル 511.0473 GP Cal.625 手巻 レディース OH済 1971年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om719a/OM-719A.htm

■キングセイコー 4402-8000 初期型 盾メダリオン 手巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1467a/SK-1467A.htm

■セイコー ブライツ アナンタ クロノグラフ SAEK013 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1466c/SK-1466C.htm

■レビュートーメン スケルトン メンズ GP 手巻 OH済 1990年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt062s/RT-062S.htm

■ユニバーサルジュネーブ Cal.1-42 手巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv057a/UV-057A.htm

■ブライトリング コルト クロノ オート A13035.1 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br029c/BR-029C.htm

■オメガ シーマスター 120m 2511.31 クオーツ 2000年頃 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om718sp/OM-718SP.htm

■グランドセイコー Ref.SBGW031 9S64-00A0 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1465d/SK-1465D.htm

■グランドセイコー ハイビート 4522-8000 25石手巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1464a/SK-1464A.htm

■キングセイコー セカンドモデル 初期型 44-9990 手巻 OH済
昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1463a/SK-1463A.htm

■タグホイヤー プロフェッショナル200M WG1113-0 S/elシリーズ
クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg077sp/TG-077SP.htm

■チュードル プリンス オイスターデイト 90714 コンビ 自動巻 OH済
1979年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx232a/RX-232A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.シンプルイズベスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のブリリアントで、
文字を読むのにメガネが手放せなくなって、
鼻あての跡がつくことがとても気になっているお話しをしました。

メルマガにも書いた通り、
友人から、「テンプルについたパッドで支える鼻あてのないメガネ」
があることを聞き、早速、お店に行ってみました。

店員さんの応対が、まるで私が鼻あてのないメガネを
買いに来ることを知っていたようだったので、不思議に思っていると、
そのメガネが最近テレビでも紹介されて、
問い合わせや来店がとても増えていることを教えてくれました。

ところが、メガネの説明を始めると最初に、
「このメガネを見にこられたお客様の半分は買いません」
なんて言うではありませんか。

思わず、「どうしてですか?」と聞いた私に、
何度も繰り返しているらしい説明を、慣れた口調でしてくれました。

店員さんによれば、半分の人が買わない理由は次の3つ。

1.構造上激しい動きに弱く、スポーツ時の着用には向かない。
2.普通のメガネより繊細で、かけ外しの多い人には向かない。
3.普通のメガネより価格が高い。

それでも、半分の方は、鼻パッドの煩わしさから解放されるメリット
を選んで購入するのだそう。

なるほど。

私がこのメガネに惹かれた理由はは、鼻に痕を残さないことですから、
そのためには最良のメガネと言えますが、
困ったことに、老眼鏡として使うのでかけ外しはすこぶる頻繁です。

うーんと考え込んでいる私を見かねて店員さんが持ってきてくれたのが、
鼻あてもテンプルのパッドもない、超シンプルなメガネでした。

どうやってかけるのかというと、
メガネの右側と左側をつなぐブリッジ部分を、
鼻の上にちょこんと乗せるのです。

それは、一山(いちやま)メガネという名称で、
昭和の始めくらいまでは、ほとんどがこのタイプだったそう。

言われてみればそのメガネのシンプルで個性的なデザインは
なんだかとってもクラシカル。

フレームのサイズはどれも小さ目で、
フレームの形は、演劇の小道具みたいなまん丸や、
絵本の中のお婆ちゃんがかけていそうな楕円形や、
冗談かと思うくらい角ばった長方形です。

ううむ。

本来ならば100%選ばないデザインなのは言うまでもありません。

とはいえ、鼻あてがないため鼻に痕をつけずに済み、
超シンプルなデザインなので頻繁なかけ外しもウエルカム。

オマケに、軽くて小さいので外出時の持ち運びにも便利です。

考えてみれば、私の希望をここまで満たすメガネは
他にないかもしれません。

かけている顔がちょっと……なことさえ我慢すれば。

ということで、最新式の鼻あてがないメガネではなく、
昭和初期のメガネみたいなこちらを選ぶことにしました。

そういえば私の父は、私が商品選びに迷うといつも、
「余計なものがついていないのがいい」
と言っていましたっけ。

そのアドバイスに従って選んだ
そっけないルックスでシンプルな機能の電化製品は、
オーソドックスな洋服は、便利機能や流行を取り入れたものより
ずっと長く愛用できたことを思い出します。

質実剛健
去華就実
シンプルイズベスト!

これからお会いする予定の皆さま、
私がこのメガネをかけて読み書きしているのを見ても、
大笑いしないでくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ショートストーリー『時間旅行』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピンポーン。

インターホンの音に返事をして、「どちら様ですか?」と尋ねると、
「……旅行社の者です」と声がした。

はっきり聞き取れなかったが、旅行社の人ならとドアを開けると、
整った顔立ちをした長身の男性が立っていた。

ダークグレイのスーツがとても良く似合っている。

「えっと、どちらの旅行社さんでしたっけ?」

改めて聞き直すと、男は、「時間旅行社の者です」
と今後ははっきり聞き取れる誠実そうな声で言った。

「過去への時間旅行にご興味はありませんか?」

男は、私が小さな後悔を積み重ねて生きていることを良く知っていた。

高校時代にもっと勉強しておけば……

大学にもっとまじめに通っておけば……

社会人の時に何か趣味を持っておけば……

結婚の時同居を承諾しなければ……

数え出したらきりがない。

もしも過去に戻ってやり直すことができたら……

そんなことは無理だとわかっていても、よく夢想した。

そんな私に、突然、チャンスがやってきたのだ。

男は、私の寿命と引き換えに、戻りたいだけの時間を
過去へ戻してくれると言った。

つまり、20年前に戻りたければ、20年分の寿命を差し出せば良い
ということだ。

私は20年分の寿命と引き換えにすることを承諾して、16歳に戻った。

しっかり勉強すると決めて戻ったはずだったのに、
高校生の私の周りには勉強よりも楽しいことが溢れていて、
1度目の高校時代と同じ程度しか勉強することができなかった。

そして、結局、1度目と同じ大学に進学することになった。

大学にはまじめに通おうと考えたが、それも入学当初だけで、
サークル活動やバイト、友人との旅行に多くの時間を費やしてしまった。

社会人になって、今度こそ趣味を……と思ったが、
仕事の忙しさに追われ、休日くらいはゆっくり休みたくなった。

これでは1度目の20年と同じだ。

過去に戻って10年が過ぎたとき、私はアッと気が付いた。

2度も繰り返したこの人生こそ、自分が望んで選んだ人生だったのだと。

私は、受験のために勉強するよりも、
部活に力を注ぎ、友人と過ごす時間を多く持つことを選び、
大学に通うよりも、バイトや旅行することを選らんだのだ。

そのせいで得られなかったものも多いけれど、
そうしたからこそ得られたものも、同じくらい多い。

考えてみれば、かつて結婚と同時に同居することを承諾したのも、
家賃を払うより、将来生まれてくる子供のために貯蓄したい
と考えたからだ。

やり直した人生では、まだ夫からプロポーズをされていないが、
きっと私は、今度も同居を選ぶだろう。

寿命を20年も減らしてしまったことは少し残念だけれど、
これからはもう、自分の選択に後悔しなくて済むのだと考えれば、
安い買い物だったと思う。

1回目の20年では、選ばなかった方ばかりを見ていたが、
2回目の20年は、選んだ方にしっかりと目を向けられた。

1回目も2回目も、出来事としてはほとんど変わらない20年だったが、
自分が望んで選んだことに気付いてからの10年は、
全く別の人生を過ごしているように、楽しく充実していた。

そして、もちろん、20年のやり直し期間が終わっても、
楽しく充実した人生は続いた。

「人生を決定づけるのは、目に見える出来事ではなく、
目には見えない考え方なのだ」と子供たちにもよく教えた。

78歳から寝たきりになり、83歳で人生の終わりを迎える時、
もともとの寿命がとても長かったことを知った。

老女として寝たきりで過ごす20年の代わりに、
10代後半からの20年を2度体験させてくれた時間旅行社の営業マンに
私は心から感謝した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.ショートストーリー『副業』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

83歳で亡くなった女性の名前にチェックをすると、
分厚い帳簿を棚に戻して、ダークグレーのスーツに着替えた。

こうしてスーツに身を包むと、気分まで切り替わるから不思議だ。

爽やかな挨拶も、誠実そうな口調も、もうすっかり板についた。

寿命と引き換えに過去への片道旅行を売る時間旅行社の仕事は、
俺にとってはあくまでも本業を助けるための副業だ。

近年、社会と医療の進歩によって、人間の寿命は大幅に伸びた。

寿命の伸びは、我々の世界と人間の世界の均衡を崩し、
こちらでは人口減少に歯止めがかからない。

そこで、長い寿命を持つ人間を選んで時間旅行を売り、
少しでも早くこちら側にきてもらうように仕向ける
副業を思いついたというわけだ。

決して人間を喜ばせるために始めたわけではないが、
なぜか皆に感謝されるのでおかしな気分だ。

こちらでは、最近、死神が明るくなったともっぱらの評判だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

台風の影響だとかで、30度近くある暑い日が続いていましたが、
昨夜は涼しい風が吹いて、虫の声が聞こえました。

もうすぐ10月、○○の秋到来ですね。^^

あなたなら、○○にどんな言葉を入れますか?

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年10月14日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle