━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★予想外の出来事☆彡ブリリアントタイムvol.308
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<p> 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年8月19日vol.308</p>
<p>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━</p>
<p>こんにちは!Harukaです。^^</p>
<p>今日もブリリアントタイムを開封してくださって、<br>
ありがとうございます!</p>
<p>お盆休みが終わって、デパートには秋服が並び始めました。</p>
<p>メダルラッシュに沸いて熱く盛り上がっている夏のオリンピックも、<br>
来週にはフィナーレを迎えます。</p>
<p>8月の後半は、まだ十分に暑くて、十分に夏らしい時期だというのに、<br>
暦の上ではもう秋で、世の中の気配もどんどんと秋めいてきます。</p>
<p>子どもの頃には、8月31日という明確な夏の終わりがあって、<br>
8月が後半に入ると、夏が終わってしまう焦燥感や<br>
理由のわからない物悲しさを感じたものです。</p>
<p>夏休みのない大人になれば、夏の終わりは曖昧になって、<br>
焦燥感や物悲しさも感じなくなるかと思ったら、<br>
そんなことはありませんね。</p>
<p>やっぱり、8月後半には、子どもの頃から毎年感じた、<br>
あの、独特な気分になります。</p>
<p>あなたは、この時期を、どんな気分で過ごしていますか?</p>
<p>この時期ならではの気分を味わいながら、今日もしばらくの間<br>
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪</p>
<p>まずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ!</p>
<p><br>
┌───┐ ブリリアントタイムでは、<br>
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。<br>
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com </p>
<p>時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。</p>
<p>https://www.facebook.com/watchcolle</p>
<p>━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━</p>
<p>------------------------------------------------------------------<br>
1.ウオッチコレ新着情報 2016年8月5日?2016年8月18日<br>
2.予想外の出来事<br>
3.眺めの良い部屋<br>
4.伊東温泉花火クルーズ<br>
------------------------------------------------------------------</p>
<p>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
1.ウオッチコレ新着情報 2016年8月5日?2016年8月18日<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
<a href="http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep044d/EP-044D.htm">■エポス パッション メンズ 3369M 手巻 USED<br>
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep044d/EP-044D.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc091a/IWC-091A.htm">■インターナショナル Cal.853 自動巻 OH済 1962年製<br>
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc091a/IWC-091A.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/GB/gb026d/GB-026D.htm">■ブルガリブルガリ ボーイズ BB30SLD クオーツ USED<br>
http://www.watch-colle.com/watch/GB/gb026d/GB-026D.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1451a/SK-1451A.htm">■セイコー ロードマチック カレンダー 5606-7000 自動巻 OH済 <br>
昭和46年製<br>
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1451a/SK-1451A.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1449a/SK-1449A.htm">■グランドセイコー ハイビート 4520-8000 25石手巻 OH済 昭和46年製<br>
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1449a/SK-1449A.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/OM/om712a/OM-712A.htm">■オメガ 511.015 Cal.620 手巻 レディース OH済 1966年製<br>
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om712a/OM-712A.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/OM/om711a/OM-711A.htm">■オメガ ジュネーブ 535.006 Cal.630 手巻 レディース OH済 1969年製<br>
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om711a/OM-711A.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/FC/fc022c/FC-022C.htm">■フレデリックコンスタント クラシック ビジネスタイマー FC-270M4P6 <br>
クオーツ USED<br>
http://www.watch-colle.com/watch/FC/fc022c/FC-022C.htm</a></p>
<p><a href="http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1448sp/SK-1448SP.htm">■セイコー ダイバー 150m 6458-600B クオーツ 昭和59年製<br>
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1448sp/SK-1448SP.htm</a></p>
<p>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
2.予想外の出来事<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
前回のブリリアントでは、私が“生まれて初めての船旅”を控えて<br>
ワクワクしていることをお伝えしました。</p>
<p>楽しみにしていたのは、豪華客船飛鳥Uで横浜から伊東まで行き、<br>
「按針祭海の花火大会」を船上観賞するという花火クルーズです。</p>
<p>わずか2泊3日ですが、憧れのクルージングには違いありません。</p>
<p>家族で旅行するときはいつも、<br>
事前に荷物を準備して、宿泊先に送るようにしていたので、<br>
今回も先に荷物を送っておこうと宅急便に荷物を持ちこみました。</p>
<p>ところが……</p>
<p>通常、横浜ならば翌日届くはずなのに、<br>
送り先が船の場合は、到着まで2日かかるというではありませんか。</p>
<p>よく聞いてみると、実際には翌日到着するのだけれど、<br>
交通トラブルなどあった場合の責任が取れないため、<br>
2日前でないと受け付けられないのだと言います。</p>
<p>仕方なく荷物を再び車に積んで、すごすごと帰宅しました。</p>
<p>そして、さらに……</p>
<p>荷物を送りそびれた翌日、旅行社さんから電話があって、<br>
「船が予定通りに出航できなくなった」と言われてしまったのです。</p>
<p>台風の影響で、航海中の飛鳥Uが戻ってこられなくなり、<br>
横浜港入港が1日遅れになるというのです。</p>
<p>「本当に?」</p>
<p>旅行社さんが冗談で電話してくるわけなどないのに、<br>
思わずそう聞き返してしまいました。</p>
<p>出発は1日遅れで、2泊3日の予定だったショートクルーズは、<br>
さらに短いワンナイトクルーズになり、<br>
伊東での上陸もできなくなって、<br>
オプショナルツアーの予約は自動キャンセルされると言います。</p>
<p>クルーズスケジュールが大幅に変更されるので、<br>
キャンセル料不要で旅行を取りやめることもできますが、<br>
いかがなさいますか?と訊ねられました。</p>
<p>例えワンナイトクルーズになったとしても、<br>
楽しみにしていた旅行をキャンセルするわけにはいきません。</p>
<p>スケジュールの変更を了承して電話を切った後の気分は、<br>
当然、あまり冴えませんでした。</p>
<p>けれど……</p>
<p>窓の外の青い空をしばらく眺めているうち、<br>
陸地はこんなに晴れているのに、海は荒れて船が戻れないなんて、<br>
船旅ならではのトラブルだわ!と、<br>
なんだかちょっと面白く感じられてきました。</p>
<p>最初は、新幹線を変更して出発を1日遅らせようかと考えましたが、<br>
孫と過ごせる2泊3日を心待ちにしている両親のことを思いだして、<br>
どうせなら横浜で1泊しよう!と思い立ちました。</p>
<p>出航が遅れる代わりに、クルーズ代金は半分戻ってくるというので、<br>
おこずかいには大幅な余裕ができたのです。</p>
<p>早速ホテルサイトを見比べて、宿泊先に選んだのは、<br>
日本一高い階に客室があるという<a href="http://www.yrph.com/index.html">横浜ロイヤルパークホテル。</a></p>
<p><a href="http://www.yrph.com/index.html">http://www.yrph.com/index.html</a></p>
<p>ナントカと煙は高い所に上りたがるなんて言いますが、<br>
実は、私、足元の安定した高い所から<br>
眼下の風景を見下ろすのが大好きです。(笑)</p>
<p>ついでに、待ったり並んだりしないで手続きできるのも大好きなので、<br>
専用ラウンジででお茶をいただきながらチェックインできるという<br>
クラブ ザ ランドマークフロアのお部屋を予約しました。</p>
<p>こうなってみると、船に荷物を送れなかったことも、<br>
むしろラッキーだったと思えてきます。</p>
<p>ホテルの予約が完了したときには、曇っていた気分もすっかり晴れて、<br>
鼻歌まで歌っていました。</p>
<p>人間万事塞翁が馬。(^^)v</p>
<p>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
3.眺めの良い部屋<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
上機嫌で迎えた旅行当日。</p>
<p>横浜のホテルにチェックインして部屋に入ると、<br>
大きな窓にはカーテンが引かれていました。</p>
<p>そのカーテンの向こうには、窓があって、<br>
その窓からは横浜の街が一望できるはずです。</p>
<p>でも、普通とはちょっと違ったカーテンの開け方がわかりません。</p>
<p>部屋の中をあちこち探して、ようやく、<br>
ベッドの脇にあるカーテンの昇降ボタンを見つけました。</p>
<p>ボタンを押してゆっくりとカーテンが上がると……</p>
<p>おおおぉ!</p>
<p>思わず声が出てしまうほど美しい横浜の街が、<br>
想像以上に大きかった窓の向うに広がっていました。</p>
<p>さすがは66階の客室!</p>
<p>月並みな表現ですが、ビルも車もオモチャみたい!<br>
などと思いながら眺めていると、そんなオモチャのビルの谷間を<br>
黄色いものが2列になって、テケテケと行進しているではありませんか。</p>
<p>行進の後からは、たくさんの人が付いていきます。</p>
<p>それを見て、コンシェルジュのお姉さんが言っていた言葉<br>
を思い出しました。</p>
<p>「今日は3時になったら赤れんが倉庫でピカチュウが水浴びをします」</p>
<p>その時は早くチェックインしたくて特に気に留めなかったのですが、<br>
1階ロビーで“ピカチュウ大量発生チュウ!”というイベントの案内を<br>
見たような気もします。</p>
<p>テケテケ歩く黄色い行列があまりに可愛かったので、<br>
俄然“水浴びするピカチュウ”も見たくなってきて、<br>
皆で赤れんが倉庫に行ってみました。</p>
<p>すると……</p>
<p>そこで繰り広げられていたのは、舞台の上でピカチュウが踊り、<br>
炎天下でそれを見ている観客たちに大量の水がかけられる<br>
というイベントでした。</p>
<p>端の方だから大丈夫だろうと鷹をくくっていた私たちにも、<br>
けっこうな量の水が飛んできて、まさに水浴び状態になりました。</p>
<p>きっと仕事で自身は見ていないであろうコンシェルジュのお姉さんに、<br>
水浴びするのはピカチュウじゃなくて<br>
観客の方だと教えてあげるべきだったかもしれません。</p>
<p>最高の眺めと、ピカチュウのイベントを楽しんだ初日の夜は、<br>
夜景も素晴らしいラウンジで、“ヨコハマ”という名前のカクテル<br>
をいただいて、ほろ酔い気分でベッドに入りました。</p>
<p>2日目は早起きをして、ホテルの49階にあるフィットネスクラブへ。</p>
<p>エレベーターを降りると、明るい陽射しが降り注ぐ広いエントランスが<br>
ラグジュアリーな雰囲気をたたえています。</p>
<p>宿泊中はいつでも自由にご利用くださいね、<br>
と渡されていたチケットを出して説明を受け、<br>
水着をレンタルしてプールに行くと、<br>
横浜の街を一望できる天空のプールは私の貸し切です!</p>
<p>プールサイドにはまだ1滴の水滴さえなく、<br>
声を上げながら飛び込んでしまおう!と助走しかかった瞬間、<br>
横のブースにスタッフのお兄さんがいるのに気づきました。</p>
<p>危ない危ない。(笑)</p>
<p>貸し切プールを5〜6往復ほどして、<br>
奥にあるライトアップが綺麗なジャグジーにつかり、<br>
外を眺めるプールサイドのベッドでしばらく休んで、<br>
フィットネスクラブを後にしました。</p>
<p>ちなみに、クラブ ザ ランドマークフロアに宿泊すると、<br>
朝食や午後のお茶とお菓子はもちろん、夜のお酒やおつまみ、<br>
フィットネスクラブとスパの利用が無料になるので、<br>
コストパフォーマンスは抜群です。</p>
<p>コンシェルジュのお姉さんを始め、<br>
スタッフの対応も気持ち良く、<br>
何より、部屋からの眺めが最高だった横浜ロイヤルパークホテルは、<br>
ぜひもう一度泊まりたいホテルの1つになりました。^^</p>
<p>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
4.伊東温泉花火クルーズ<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━</p>
<p>ホテルをチェックアウトした後は、<br>
いよいよこの旅の本来の目的、飛鳥Uに乗船です。</p>
<p>近くで見る飛鳥Uは思った以上に大きくて、<br>
娘など、「あんなに重そうなものが水に浮いているのはおかしい」<br>
「乗るのが怖い!」なんて言い出す始末。(笑)</p>
<p>大桟橋では、たくさんの乗船客が乗船手続きを始めていて、<br>
日本にはお金持ちが大勢いるんだな、と思ってしまいました。</p>
<p>自分たちだって乗ろうとしている船なのに、と思われそうですが、<br>
私たちにとっては、普段はしない贅沢をするつもりで予約した<br>
初のショートクルーズです。</p>
<p>でも、そこにいる人たちは皆、<br>
クルーズ慣れした様子に見えます。(←勝手な思い込み・笑)</p>
<p>贅沢ついでに選んだスイートルーム<br>
(と言ってもスイートの中では一番小さい部屋)に入ると、<br>
よく冷えたシャンパンとクッキーが用意されていて、<br>
贅沢気分をさらに盛り上げてくれました。</p>
<p>家族で乾杯していると、ウェルカムパーティーの案内があり、<br>
デッキに出てシャンパン片手にテープを投げて出航を祝います。</p>
<p>そこからは、もう、怒涛のイベントラッシュでした。</p>
<p>本来、船旅というのは、のんびり優雅に過ごすもの<br>
なのだと思いますが、初めてでたった1日だけの私たちにとっては、<br>
ちょっと事情が違いました。</p>
<p>デッキから戻るとすぐにランチタイムがスタートし、<br>
伊東周辺の漁師料理で、魚介のたたきに生姜みそをかけた<br>
「ねごめし丼」をメインにしたランチをいただきました。</p>
<p>船内では、複数の場所で同時に様々なイベントが開催されていて、<br>
そのプログラムは、「アスカデイリー」という部屋に届く新聞に<br>
記載されています。</p>
<p>食事の後で選んだのは、ビンゴ大会で、<br>
母が飛鳥オリジナルハンドタオルを当てました。</p>
<p>ビンゴの後、夕食までは部屋で過ごすという家族と別れて、<br>
私は1人で船内の散策へ。</p>
<p>社交ダンス教室を眺め、シガーバーを覗き、映画館を確認して、<br>
美味しそうなスイーツが食べられるティーラウンジを通る時には<br>
満腹のお腹を恨めしく感じたりしながら船内を一周しました。</p>
<p>部屋に戻ると、今度は夕食の時間です。</p>
<p>実は、この日は夫のバースデイで、<br>
部屋にはバースデイカードが届いていたのですが、<br>
夕食がデザートにさしかかったとき、<br>
綺麗なデコレーションのチョコレートケーキが運ばれ、<br>
楽器を抱えた楽団がやってきて、<br>
ハッピーバースデイを奏でてくれました。</p>
<p>船内カメラマンが記念写真も撮ってくれます。</p>
<p>照れ屋で普段は感情をあまり表に出さない夫も、<br>
後で見た写真には嬉しそうな顔で写っていました。^^</p>
<p>夕食が終わると次は、プールのあるデッキで開かれる<br>
船上縁日にでかけました。</p>
<p>輪投げと射的とスーパーボールすくいで賞品をゲットし、<br>
大道芸を見ているうちに花火の始まる時間になります。</p>
<p>前半の30分は賑やかなデッキから観賞し、<br>
後半は部屋に戻ってバルコニーで花火を見ました。</p>
<p>遮るものが全くない、海の上のプライベートな空間から、<br>
次々に打ち上げられる綺麗な花火を見ていると、<br>
本当に贅沢な気分になりました。</p>
<p>私は贅沢が大好きです。</p>
<p>こんな贅沢を何度も楽しめるように一生懸命働こう!<br>
空を染める花火を見ながら、そう心に誓いました。</p>
<p>クライマックスを迎えた花火が終わっても、<br>
船内イベントは終わりません。</p>
<p>すぐさま出かけたのは、船内のカジノ。<br>
スロットマシーンやテーブルゲームに勝って、<br>
コインやチップを増やすことができても、<br>
国内クルーズなので金品には替えられませんが、<br>
一律の参加賞として、お土産をもらうことができます。</p>
<p>初めての本格的カジノは、チップが増えるだけでもかなり面白く、<br>
これがもし、本物のカジノだったら……と思うと、<br>
国外クルーズに行きたくなりました。(笑)</p>
<p>オリンピックの卓球が気になっていた元卓球部の娘と夫は、<br>
チップがなくなると部屋に戻りましたが、<br>
私と両親は、そのまま、テーブルマジックが見られるバーへ。</p>
<p>そこで見たのは、テレビでもよく見るようなマジックでしたが、<br>
実際に自分の目で見ると本当に衝撃的で、<br>
テレビで大げさに驚くタレント以上に驚いてしました。</p>
<p>まず、普通の(にしかみえない)トランプから1枚を選んで、<br>
私がペンで落書きをして、トランプの山の真ん中あたりに戻します。</p>
<p>TAKUYAさんというイケメンのマジシャンが指を鳴らして<br>
一番上のトランプをめくると、なぜか、それは、<br>
さっき私が落書きして、真ん中あたりに戻したカードです。</p>
<p>何度やっても、カードは必ず一番上になって、<br>
私がそのカードの山をしっかり持って、<br>
TAKUYAさんが触ればわかる状態にしても、<br>
やっぱり、一番上に来ます。</p>
<p>本気で驚きまくる私が、もう一度カードを山の中に入れると、<br>
TAKUYAさんは、「最後に私からプレゼントを」と言いながら、<br>
ジャケットの内ポケットから自分のお財布を取り出し、<br>
その中に入っている、外国のお金を出しました。</p>
<p>ん?外国のお札をくれるの?<br>
と不思議に思って見ていると、<br>
お財布から最後に出てきたのは、なんと、あの落書きをしたカード!</p>
<p>ちょっと待って?!そのカードはさっきトランプの山に入れて、<br>
テーブルの端に置いたはず。</p>
<p>そりゃあ、バーは薄暗かったし、私は少しお酒を飲んでいましたが、<br>
目はずっとTAKUYAさんの手元を追っていましたし、<br>
彼はトランプの山に触ってもいません。</p>
<p>部屋に戻って興奮気味に娘に話しましたが、<br>
実際に体験していない彼女にはその凄さが伝わらず、<br>
良かったね、と軽くあしらわれました。</p>
<p>それから、最上階にあるグランドスパに行きました。</p>
<p>今行っても外は真っ暗で面白くないよと<br>
部屋のお風呂に入った夫が言う通り、<br>
海は真っ暗で何も見えないのは残念でしたが、<br>
ジャグジーやサウナが気持ち良かったので満足です。</p>
<p>これだけたくさん体験しても、<br>
プールやフィットネス、映画、ピアノ演奏、バンド演奏、<br>
カードゲーム、シャッフルボード、ダンスなど<br>
未体験イベントもいっぱい。</p>
<p>やっぱり、クルーズは、のんびりゆったり、<br>
ある程度長い期間で楽しむものなのでしょう。</p>
<p>翌日は、観光タクシーで三渓園や元町、山手を回って、<br>
昭和33年気分を味わえるラーメン博物館で遅いお昼を食べ、<br>
たくさん遊んだ満足感に満たされて帰路につきました。</p>
<p>思いがけない予定変更はあったものの、<br>
終わってみれば、自分の中で新婚旅行の次にランクインする<br>
素敵な旅行になりました。^^</p>
<p>次は、ぜひ、もっと大きな外国船で<br>
ロングクルーズに出かけたいと思います。</p>
<p></p>
<p>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━</p>
<p>最後まで読んでくださって、ありがとうございました!</p>
<p>今回は、楽しかった旅の思い出を<br>
あなたにも聞いてほしくて、少し長くなってしまいました。</p>
<p>今回の旅行がこんなにも楽しかったのは、<br>
旅先で出会った人たちが素敵だったことも理由の1つです。</p>
<p>例えば、横浜ロイヤルパークホテルのコンシェルジュさんや、<br>
何度も乗ったリムジンタクシーの運転手さん方もそう。</p>
<p>皆、とても感じの良い方ばかりで、横浜が好きになりました。</p>
<p>3日目の観光タクシーを運転してくれた高橋さんという方は、<br>
これまでに乗ったどの観光タクシーさんよりも案内が上手で、<br>
両親が横浜ならもう一度来たいと言ったほど。</p>
<p>最後に食事をしたラーメン博物館で、<br>
駐在さんの恰好をして行列の整理をしているスタッフさんは、<br>
車椅子の母を気遣いながら、昭和33年に生きる駐在さんに<br>
なり切った会話で笑わせてくれました。</p>
<p>私を驚かせたマジシャンTAKUYAさんにも、<br>
もう一度お会いしたいです。<br>
http://blog.takuya.in/</p>
<p>旅の思い出を決定づけるのは、<br>
やっぱり、人との出会いですね。</p>
<p>あなたの夏の旅のお話しも、ぜひ聞かせてください!</p>
<p><br>
┌───┐ ブリリアントタイムでは、<br>
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。<br>
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com </p>
<p>                          <br>
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで<br>
 ご紹介させていただく場合がございます。<br>
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。 <br>
 <br>
 <br>
次回配信は、2016年9月2日の予定です。</p>
<p>
これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。</p>
<p>□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  <br>
□□  URL <a href="http://www.watch-colle.com/">http://www.watch-colle.com/</a> 
 □<br>
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  <br>
   URL http://happyteatime.jp    □□□</p>
<p><br>
『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   <br>
  URL http://www.watch-colle.com/  人  <br>
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  <br>
  URL http://happyteatime.jp       │ *</p>
<p> このメールマガジンは、<a href="http://www.mag2.com/">『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/</a>
<br>
を利用して発行 しています。</p>
<p>■購読の中止及び変更は<br>
 こちらです →<a href="http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm">http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm</a></p>
<p>■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ<br>
 →webmaster&#64;watch-colle.com</p>
All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle