━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★信じるか信じないかはあなた次第☆彡ブリリアントタイムvol.307
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年8月05日vol.307

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

8月に入りましたね!

お盆休みを前に、楽しい予定にワクワクしている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

実は、私も、来週出かける旅行の予定に、
かなりワクワクしています。^^

そして、今日、私の娘が21歳のバースデイを迎えました。

昨日生んだばかりのような気がするのに(←言い過ぎ・笑)
もう21歳だなんて!

部屋のホワイトボードには、娘が二十歳を迎えた去年、
押し入れから引っ張り出してきた
赤ちゃん時代の写真が貼ってあります。

仕事で煮詰まった時には、この写真を見て癒されているのですが、
まじまじと見つめていて、大人になった娘の顔が、
この写真の顔とほとんど変わっていないことに気づきました。(笑)

そういえば、まだ結婚したばかりの頃、たまに実家に遊びに行くと、
両親はいつも私の好物を食べさせてくれたり、
自分たちは食べないおやつを用意しておいてくれたりしていました。

当時は、いつまでも子どもだと思って……
と可笑しく感じていたのですが、
今は両親の気持ちが良くわかります。

子どもがどんなに歳を重ねても、
親にとってはいつまでも、かわいい子どもなんですよね。

今日は友人がお祝いをしてくれているそうですが、
ときどき、このメルマガを読んでいるという娘に
ちょっとメッセージさせてください。

ハッピーバースデイ!私をあなたのママにしてくれてありがとう!

それでは今日も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2016年7月22日?2016年8月4日
2.信じるか信じないかはあなた次第
3.ショートストーリー『遠恋』
4.ショートストーリー『会いたい』
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2016年7月22日?2016年8月4日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オリス レギュレーター 581 7488 GP 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or151c/OR-151C.htm

■オリス コンプリケーション トノーケース 581 7488 40 51 自動巻
OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or150c/OR-150C.htm

■ロイヤルオリエント GF 21石 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on225a/ON-225A.htm

シチズン クロノマスター HOOS 3002-Y 鷲メダリオン 手巻 OH済
昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz213a/CZ-213A.htm

■IWC ポートフィノ Ref.3331 魚リューズ クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc090d/IWC-090D.htm

■セイコー 鉄道時計 岡鉄 6110-0010 21石手巻 OH済 昭和49年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1446p/SK-1446P.htm

■ロンジン アドミラル ミステリーダイヤル 10KWGF 自動巻 OH済
1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg179c/LG-179C.htm

■モバード ラウンドモデル GP Cal.2976 17石 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/MV/mv015a/MV-015A.htm

■ロレックス プレシジョン スクエアケース レディース 手巻 OH済
1959年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx230a/RX-230A.htm

■ジェラルドジェンタ レトログラード マザーオブパール文字盤 自動巻
OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/GG/gg014c/GG-014C.htm

■ゾディアック レディース プリズム風防 手巻 OH済 1960年代 Zodiac
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot252a/OT-252A.htm

■タカノ サブリナ GP レディース 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/RC/rc013a/RC-013A.htm

■グランドセイコー 5646-7010 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1445a/SK-1445A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.信じるか信じないかはあなた次第
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ランチタイムにテレビをつけたら、
タレントの春香クリスティーンさんが、自室を紹介していました。

なんでも彼女は、かつて“片付けられない女”で、
以前住んでいた部屋は、いわゆる“ごみ屋敷”になっていたのだとか。

番組で紹介されていたのは、引っ越し先のまだ新しそうな部屋です。

壁際にスーツケースやダンボール箱などが置かれていて、
スッキリ片付いているとは言い難いものの、
“ごみ屋敷”とは大違いの綺麗さです。

その後に紹介された寝室には、ほとんど家具がなく、
窓の下に置かれたベッドだけが目立っていました。

そこで、レポーター役のタレントさんが、
枕がベッドの足側に置かれていることに気づいて理由を訊ねると、

春香さんは、朝の陽射しが気持ち良く当たるという理由で、
ヘッドボードのある南側ではなく、
反対の北側に頭を向けて寝ているというのです。

では、なぜ、ヘッドボードを北側に向けてベッドを置かないのか?
といえば、部屋の中央にそれがあるのは邪魔だからとのこと。

なるほど、確かにそれでは邪魔です。

レポーターはこのちょっと変わった眠り方をはやし立てていましたが、
そこに登場した風水師さんが、
“北枕”で眠るのは、風水的にとても良いのだと解説しました。

“北枕”で眠ると金運と仕事運が良くなることから、
風水では「北枕が常識」とまで言います。

春香さんも、金運や仕事運は良いようで、
そのマンションのお家賃もなかなかの高額でした。

そこで、早速、私もその夜から南向きに置かれているベッドの
足側に枕を移し、北枕で眠ってみました。

すると……

なんということでしょう!

翌日、すぐに、条件の良いお仕事のオファーが入るではありませか。

あまりにタイムリーなオファーにちょっと驚きました。

それから、目覚めもいつもよりスッキリしていた気がします。

“北枕”について調べてみると、
北半球では北から南に流れている「地磁気(地球の磁力)」が、
頭から足に向かって流れるため、血流が良くなり健康に良い効果がある。
などと書かれた記事もありました。

風水に関しても、金運や仕事運だけでなく、
恋愛運にも効くとあります。

金運、仕事運、恋愛運を上げ、健康にまでいいとなれば、
こらはもう、南向きで眠っている理由がありません。

ちなみに、枕の向きは、風水的にこんな効果があるのだそう。

東枕:太陽の上る方角に頭を向けることになるため、
発展や成長の運気を取り込み、エネルギーチャージできる。

西枕:暮れ行く運気を吸収することで、ゆっくり休め、
充実した運気を取り入れられるが、老け込む可能性もある。

南枕:南は火を表す方角で安眠しづらいため、感情的になりやすく、
健康運、金運は良くないものの、直観力や知性が冴える。

なるほど!私がちょっと感情的なのは、
いつも南枕で眠っていたせいだったのですね。

……と、都合よく納得して(笑)、
これからは北枕で眠ることに決めました。

信じるか信じないかは、あなた次第。

でも、もしもこの後、私が大金を拾ってしまったり、
宝くじを当ててしまったりした時には必ずお知らせしますので、
ご報告を楽しみにお待ちくださいね♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ショートストーリー『遠恋』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「また彼の夢をみたの」

「それって、遠恋してるあの彼氏のこと?」

「そう」

「結子がちっとも会いに行ってあげないから
寂しくなって出てきたんじゃない?」

「出てきたって……」

「ほら、万葉集にもあったでしょう。大伴家持だっけ?
昼も夜もこんなに想っている僕があなたの夢に現れませんでしたか?
って感じの歌 」

確かに、もう1ヶ月以上、彼とはまともに会っていない。

彼の会社まで行って、残業している彼を遠くから見て
そのまま帰ってきたことはあったけれど。

疲れた顔をして、忙しそうに仕事をしている彼に
声をかけることができなかった。

「忙しそうだから、なんて言ってたら、
彼氏、結子のこと忘れて他の子と付き合っちゃうかもよ?」

里奈が悪戯っぽく言う。

「でも……」

もしかしたら、その方が彼にとって良いのかもしれない。

傍にいることができない彼女では、
彼の支えになってあげられないから。

私には、「会いに行け」なんていう里奈も、
実は、ご主人と別れている。

ようやく授かった赤ちゃんを事故で亡くした後のことだ。

自分が傍にいると、ご主人がいつまでも事故を忘れないからと。

しんみりした気分になっていたところへ
さとみがやってきて、元気な声で言った。

「今夜、カレの街で花火大会があるから行ってくるわ!」

「いってらっしゃい、楽しんできて」

里奈とさとみを見送った後、2人で顔を見合わせた。

「さとみは遠恋でもちっとも気にしていないみたいね」

「彼が浮気しないようにできるだけ会いに行くんだとか、
そのうち連れてきちゃおうかなだとか言ってたわ」

迷いの無いさとみが羨ましい。

けれど私は、さとみのように振る舞うことはできない。

莉奈だってそうだったから、ご主人と別れたのだろう。

万葉集には、
月が変わっても来ないあなたを夢に見るほど恋しく思っています。
という坂上郎女の歌もある。

こんなに彼の夢を見るのは、私の方が彼を想っているからだ。

やっぱり、彼には幸せになってほしい。
だから、会いに行くのは我慢しよう。

彼には夢の中で何度だって会えるのだから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.ショートストーリー『会いたい』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「また残業してるのか?」

部長の声にハッとして時計を見ると、10時を少し回っていた。

いつの間にこんな時間に……

「お前、最近少し痩せたんじゃないか?
忙しいのはわかるけど、あんまり無理するなよ」

そう言って、コンビニのおにぎりを手渡された。

そういえば、今日は昼から何も食べてない。

部長が、「お先に」と片手を上げて出て行くと、
オフィスにいるのは俺だけになった。

ここの所ずっと、こんなふうに残業をしている。

仕事に没頭でもしていた方が、気持ちが楽になるからだ。

それに、こうしてひとりきりになれば、
結子が会いにきてくれるような気がする。

昨日もまた、結子の夢を見た。

夢の中の結子は、嬉しそうにも哀しそうにも見える表情で、
「忙しいのに来ちゃってごめんね」と言う。

抱きしめようと手を伸ばすけれど届かなくて、
何度も大声で名前を呼ぶ。

結子!結子!結子!!

呼んでいるのに離れていくばかりで、
どんなに走っても追いつけない。

途方に暮れた俺は声を限りに名前を叫び、
自分の声で目が覚めた。

遠恋していた結子との結婚を決意したのは、
昇進が決まった4月のことで、
7月の結子のバースデイにプロポーズするつもりだった。

少しでも良い指輪を買ってやりたくて、
毎週末会いに行っていたのを月に1度に減らして貯金した。

結子には仕事が忙しいせいだと伝えていたが、
6月最後の週末に届いた「どうしても会いたくて」という
LINEのメッセージには、最終便のチケットが写っていた。

まさか、その飛行機が……。

結子…… 結子に会いたいよ!

夢の中なんかじゃなくて、本物の結子に。

もう一度会って抱きしめられるのなら、幽霊だってかまわない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

冒頭で、私がワクワクしているとお伝えした予定は、
生まれて初めての船旅です。

船旅は、お金と時間がたっぷりあるお金持ちだけのもの
だと思っていましたが、
以前、このメルマガでもご紹介した、ブリリアント読者さんのKindle本

『心をリフレッシュする魔法の船旅:
〜大型客船で行く楽ちんクルーズ乗船記〜 Kindle版』

を読んで、なんて素敵!と憧れて、どうしても体験してみたくなりました。

したい!行きたい!なりたい!という希望は、抱いてみるものですね。

船旅したい!と思ってから2年、わずか3日間のショートクルーズですが、
実現することになり、横浜から出航する飛鳥Uに乗船します。^^

次回のブリリアントでは、ぜひ、この船旅のお話を書かせてくださいね。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年8月19日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle