━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★僕だけがいない街がすごい!☆彡ブリリアントタイムvol.299
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年4月15日vol.299

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

製作を知ってからずっと、劇場で観たい!と思っていた映画を
先日観てきました。

今回は、ぜひ、この映画のお話を聞いてください!

と、その前に、まずはウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2016年4月1日?2016年4月14日
2.フランク・ミュラーを絶句させた最高級時計
3.僕だけがいない街がすごい!
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2016年4月1日?2016年4月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セイコー ダイバー 150m 6458-600B クオーツ 昭和59年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1412sp/SK-1412SP.htm

■オメガ スピードマスター 3510.50 自動巻 OH済 1993年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om679c/OM-679C.htm

■インターナショナル 18K Cal.8531 自動巻 OH済 1963年製
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc086a/IWC-086A.htm

■フォルティス フリーガースクエア クロノグラフ/6671041 自動巻
正規品新品
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft065c/FT-065C.htm

■セイコー ファイナルファンタジー ザ ウォッチ STP005 限定1000本
クオーツ 2001年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1411d/SK-1411D.htm

■セイコー スポーツ 150 クロノグラフ 7T34-6A0B クオーツUSED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1410c/SK-1410C.htm

■セイコー 5アクタス 7019-7070 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1409a/SK-1409A.htm

■オメガ シーマスター クロノメーター 168.024 Cal.564 自動巻
OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om678a/OM-678A.htm

■シチズン スポルテ アナログ デプスメーター クオーツ 1996年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz210sp/CZ-210SP.htm

■ブルガリブルガリ BB38SL 38mm 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/GB/gb025d/GB-025D.htm

■セイコー 5アクタス 7019-7060 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1408a/SK-1408A.htm

■グランドセイコー 5645-7010 25石自動巻 OH済 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1406a/SK-1406A.htm

■オメガ ジュネーブ 511.0426 グレー文字盤 Cal.485 手巻
レディース OH済 1973年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om677a/OM-677A.htm

■オメガ シーマスター ポラリス 30m デイデイト 396.1022 クオーツ
1980年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om676sp/OM-676SP.htm

■オメガ シーマスター ポラリス 30m 396.1022 クオーツ
1991年製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om675sp/OM-675SP.htm

■ダービー&シャルデンブラン アエロディーン デュオ
ADUO/ST/BKW/LD 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/DS/ds005c/DS-005C.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.フランク・ミュラーを絶句させた最高級時計
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スイスの高級ブランド「フランク・ミュラー」をご存知でしょうか?

時計を愛するウオッチコレメルマガ読者の皆さんでしたら、
もちろん、ご存知ですよね。^^

では、大阪の時計販売ブランド「フランク三浦」はいかがでしょう?

ご存知ない方も多いと思います。
私も、今朝の新聞で初めてその名を知りました。

記事が伝えていたのは、「フランク三浦」が
“本家”フランク・ミュラーに勝訴したという話題。

「フランク三浦」は、大阪市の会社が2012年に商標登録して
販売していました。

ところが、昨年9月、特許庁がその登録を無効としました。

理由は、スイスの高級腕時計「フランク・ミュラー」と
“全体の語感が似ていて紛らわしい”からとのこと。

“ふらんくみゅーらー”と“ふらんくみうら”

声に出して読んでみると、確かにちょっと似ていて笑えます。

しかし、特許庁の審決を不服として起こした訴訟の判決で、
「フランク三浦」が勝訴し、無効の審決は取り消されました。

判決を下した裁判長は、その判決理由を、
「多くが百万円を超える高級時計と、4千〜6千円程度の低価格時計が
混同されるとは到底考えられない」と述べたそう。

訴訟の際、「トップブランドとしての名声にただ乗りし、
その価値をおとしめるものだ」と主張していたミュラー側に対し、
フランク三浦は、「巧妙なパロディーにより需要を獲得しており、
ただ乗りではない」と反論していました。

フランク三浦の勝訴に、フランク・ミュラーはノーコメントでした。

記事を読んでフランク三浦に興味を持ち、
検索してオフィシャルサイトにアクセスしてみると……

http://tensaitokeishi.jp/

なんと、アドレスは、天才時計師!(笑)

当たり前ながら、格調高いフランク・ミュラーのサイトとは
似ても似つかない印象です。

http://www.franckmuller-japan.com/

ところが、フランク三浦にラインナップされていた時計の1つを見て、
思わず、「すごい……!」とつぶやいてしまいました。

私が目を留めたのは、

[フランク三浦] FM01OK-SKSVWH 大型初号機(改)シルバー×ホワイト
最高級モデル FRANK MIURA

という時計。

長方形のシルバーケースとホワイトのレザーバンドがマッチし、
フランク・ミュラーっぽいあの数字が白い文字盤に踊っています。

全体をシルバーとホワイトでまとめた上品な印象は、
これからの季節にもぴったり合いそうです。

しかも、税込5,122円という低価格ですから、
買っちゃおうかな?とも考えて拡大画像をクリックしました。

すると……

http://tensaitokeishi.jp/shop/image_view.html?image=000000000047.jpg

フランク三浦、さすがです!


面白すぎるので、「商品紹介」をそのまま転載させてください。

***** 転載ここから *****

「高級」を超えた「最高級」モデル

天才時計師・フランク三浦が放つ「高級シリーズ」。

これぞ「最高級」と言わんばかりに、時計に刻印してしまったのだ!
質素などという日本人の概念はフランク三浦氏の前では木っ端みじんだ。

盤面に輝く「最高級」の文字は圧倒的な存在感。
着用する人間が平凡だろうが貧乏だろうが、瞬く間に最高級な気分・・
いや、本当に「最高級」になってしまうかもしれない、魔法の時計だ。

12の数字が「最」になった時計の常識を覆すモデル

高級の文字の上に悠然と存在する「最」・・・、
これ以上のランクはもはや存在しないのだ。
各業界のVIP達のハートを鷲掴みし、
謙遜大国ニッポンの終焉をこの時計が告げるだろう。

白基調の盤面で怪しく光るシルバー…この妖艶なセンスはもはや説明不要。

「大量に買え!」 by フランク三浦

***** 転載ここまで *****

フランク三浦さんでは他にも、47都道府県のご当地モデルを販売し、
購入者がSNSなどにアップして面白がっています。

私も1本欲しくなってしまいました。

フランク・ミュラーとの訴訟問題も、
逆に良い宣伝になったかもしれませんね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.僕だけがいない街がすごい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

予告編を観てからずっと、劇場に観に行きたい!と思っていた映画、
「僕だけがいない街」を観てきました♪

「このマンガがすごい!」3年連続ランクイン
「マンガ大賞」3年連続ノミネート
「コレ読んで漫画RANKING」1位

という人気漫画が原作で、アニメもヒットしているこの作品は、
主人公が時間を行き来する、いわゆる“タイムリープ”ものです。

私はタイムリープものが大好きですし、
主演は、今一番好きな藤原竜也くんですから、
おおいに期待して映画館に出かけました。

そんな「僕だけがいない街」を一言で表すなら、
“突っ込みどころは多いけれど、演者の魅力が光る映画”です。

本来長い物語を2時間にまとめることで起こる説明不足や、
ストーリー展開の強引さを、役者たちの個性と演技力が
うまくカバーしていました。

藤原竜也くん演じる主人公の藤沼悟は、
ピザ屋のアルバイトで生計を立てる売れない漫画家ですが、
違和感を感じると過去に戻り、同じ時間を何度も繰り返すという
特殊能力を持っています。

悟が「リバイバル」と呼ぶその能力は、
たいていの場合、悪い事件が起きることを彼に知らせるもの。

ピザの配達中にいつもの違和感を感じて
子どもを事故から救った悟は、代わりに自分が事故に遭い、
他人との関わりを避ける悟に対してもなぜか気おくれしないで接する
バイト仲間の愛梨(有村架純)が病院に付き添います。

数日後、誘拐未遂を目撃した悟の母、佐知子(石田ゆり子)が
何者かに殺害されて、愛梨も命を狙われます。

母殺害を疑われた悟は、警察に逮捕される寸前、
同級生のひな月加代(鈴木梨央)が被害者となった
連続誘拐殺人事件の起こる18年前にリバイバルします。

29歳の意識のまま10歳の身体となった悟は、
連続誘拐殺人事件と母殺害の関連性に気づき、
現在と過去を行き来しながら、事件の真相に迫りますが……

ストーリーの見どころは、
何度もリバイバルする悟が事件を未然に防いで母を救えるのか?
というところ。

ただ、ミステリーとしての要素はそれほど大きくなく、
真相はわりとすんなりわかります。

また、悟が母殺害の容疑者になる経緯や、
過去と現代を行き来する際の状況設定など、
説得力や整合性の弱さを感じる部分も多々ありました。

とはいえ、場面場面には、心に残る言葉と、
それぞれの役者さんの魅力的な表情が光っていて、
藤原竜也くんのファンでなくても十分に楽しめる映画
だと思います。

ただのバイト仲間なのにありえないほど悟を信用する愛梨は、
あれほど可愛いのにどこか田舎臭さとあどけなさのある
有村架純さんが演じたからこそ成立していますし、
私とそれほど変わらない実年齢を知って驚いた
石田ゆり子さんの美しい母役は、一見の価値があります。

10歳の悟を演じた新人子役の中川翼くんも、
中に藤原竜也くんが入っているのでは?
と思わせるほどの演技力と利発そうなまなざしで、
中身が29歳の小学生役がバッチリはまっていました。

虐待されているひな月加代役の鈴木梨央ちゃんもすごくて、
本物の虐待児のような暗い表情の登場時点では、
人気子役の梨央ちゃんであることに気づけませんでした。

それでも、一番惹かれたのはやっぱり藤原竜也くん。

殺害された母を抱き抱えた悟の絶叫は、
“藤原竜也が叫ぶと映画がヒットする”
なんて言われている彼の真骨頂。

後で見たメイキング映像で、母親役の石田ゆり子さんに、
「(藤原の演技で)泣きそうになっちゃった」
と言わしめていました。

https://www.youtube.com/watch?v=YQ0-uHzkI6U

私はスクリーンを見ながら、
石田ゆり子さんになりたい!!と本気で思いました。


冒頭、バイクでピザを宅配するシーンの
ものすごく普通の人っぽい藤原竜也くんも新鮮でしたし、
リバイバルしたことで少しだけ変わった現代に、
切なげな表情をする藤原竜也くんにもグッときました。

「僕だけがいない街」というタイトルとリンクする映画のラストは、
原作やアニメとは違うものだそうです。

口コミでは、ラストをイマイチとする声が少なくありませんが、
私は、映画的にうまくまとめたな、と感じています。

映画でキャストの演技を楽しみ、
原作やアニメでストーリーの面白さを再確認すると、
より楽しめそうです。

藤原竜也くん主演の「僕だけがいない街」
あなたも、ぜひ、劇場でご覧ください!


http://wwws.warnerbros.co.jp/bokumachi/sp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

今日は、藤原竜也くん主演の映画『僕だけがいない街』
のお話を書きましたが、実は、映画館で驚きの初体験をしました。

それは……

出かけた映画館が完全貸し切りだったこと。

つまり、私の他には観客が1人もいなかったんです。

上映されていたのは、田舎のショッピングモール内にある
シネマコンプレックスの1室で、座席数は104席。

これまでにも、平日昼間などの上映で
空いた映画館に入ったことはありましたが、
自分以外1人もいない映画館というのは初めて。

一番後ろまで見通せる館のど真ん中の席を陣取って、
傍らに置いたオレンジジュースを飲んでいると、
自分の部屋でくつろぎながら、ビデオを観る気分になりました。

でも、映画が始まって、真正面のスクリーンに
藤原竜也くんの顔がアップで映し出されると、
他に誰もいないことにちょっとドキドキして、
まるで彼とデートしているような気分になりました。(笑)

雨の水曜日の午後6時15分。
彼の映画は、これからこの時間を狙って観に行こうと思います。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年4月29日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle