━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★エイプリールフール☆彡ブリリアントタイムvol.298
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年4月1日vol.298

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

春だというのに寒い日が続いていますが、
風邪などひかれていませんか?

昨日、私の暮らす愛知県では大雪が降って、
今朝は一面銀世界でした!






ウソです。

すでにお気づきかもしれませんが、
せっかくのエイプリールフール配信なので、
何かウソをついてみたかったんです。

ごめんなさい。m(__)m

でも、この春は寒さがぶり返す日が多くて、
咲き始めた桜も戸惑っているように、
同じ場所でも木によって、花の開き方に大きな差が出ているそう。

入学式がピークになる来週あたりには、
日本のあちこちが春爛漫になるでしょうか。

近所の桜が満開になるのを心待ちにしているHarukaと
今日もしばらくの間、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2016年3月18日?2016年3月31日
2.時間がまったり流れるカフェ
3.春は……
4.ショートストーリー『エイプリールフール』
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2016年3月18日?2016年3月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■グランドセイコー 5646-7010 25石自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1405a/SK-1405A.htm

■セイコー ストップウォッチ 30分積算計 88-5011 手巻 OH済
昭和56年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1404a/SK-1404A.htm

■セイコー ストップウォッチ 15分積算計 88-5011 手巻 OH済
昭和55年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1403a/SK-1403A.htm

■セイコー 5スポーツ 6106-8120 25石自動巻 青文字盤 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1400a/SK-1400A.htm

■オーデマピゲ 18KYG ラウンド 2針 クオーツ メンズ USED
http://www.watch-colle.com/watch/AP/ap011d/AP-011D.htm

■ラドー ゴールデンホース R84832153 復刻版 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd139d/RD-139D.htm

■レビュートーメン クロノグラフ 1701.6133 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt049c/RT-049C.htm

■オメガ シーマスター ポラリス 30m 396.1022 クオーツ 1993年製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om674sp/OM-674SP.htm

■オメガ シーマスター ポラリス 30m 396.1022 クオーツ 1980年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om673sp/OM-673SP.htm

■エテルナ エテルナマチック レディース 18Kベゼル 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ET/et015d/ET-015D.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2.時間がまったり流れるカフェ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“時間の感じ方”は、どこで何をしているかで大きく違うものですが、
先週の日曜日に出かけたとあるカフェでは、
時間が驚くほどまったりと流れていました。

そのカフェの内装は、絵本に出てくるような森をイメージしていて、
フロアには枝を広げた大木や、小さな小屋がある、
テーマパークのような造りです。

メニューには、お茶やスイーツの他、お酒やおつまみ、食事もあって、
1番の目的が他にあるため、それほど期待していなかったのですが、
意外にも美味しくてびっくり。(笑)

テレビや雑誌でも何度も取り上げられている人気店で、
予約をしていなかった私たちは、6時間近く順番待ちして、
ようやく入ることができました。

20以上ある席は全て埋まっているので、もちろん、満席なのですが、
ずっと自分の席に座っている人は、ほとんどおらず、
皆、スマホやカメラを片手に、小屋の上を見上げたり、
床にしゃがみこんだりしている不思議なお店です。

常に満席の人気店で、お客は自分の席にじっとしていないで、
あちこち動き回っているというのに、
その店の中では時間が、驚くほどまったりと流れているのです。

その理由は、この店の中に、20匹以上の可愛い猫たちがいるから。

そう、私が出かけたのは、吉祥寺にある人気の「猫カフェ」です。

気ままな猫たちは、壁につけられた棚や、猫用の穴だけでなく、
屋根の上や、テーブルの下や、お客さんの椅子や膝など(笑)、
好きなところでのんびりしています。

店のあちこちには猫じゃらしのオモチャも置いてあるのですが、
人慣れし過ぎた猫たちは、ちょっと猫じゃらしを振ったくらいでは
見向きもしません。

数量は限定ですが、お店が用意した餌を猫たちにあげることもでき、
美味しいものをたくさん食べているせいか、
どの猫も毛並みが艶々していて、丸々と太っています。^^;

人間ならば、少し問題なレベルですが、
猫だと、それもまた可愛いんですよね。

私は特に猫好きというわけではありませんが、
それでも、自分勝手に過ごす猫たちが可愛く思えて、
他のお客さん同様、写真を撮りまくってしまいました。^^;;

ふと気づけば、猫たちとまったりしているうちに、
3時間が過ぎていました。

入る時は長く待ちますが、滞在時間に制限はなく、
せかされるようなこともない上、時間がまったり流れているので、
お客さんは、つい、長居をしてしまうのかもしれません。

時間の感じ方が猫基準になるような、
不思議な気分の、初猫カフェ体験でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.春は……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

春は別れと出会いの季節なんて言いますが、
この4月から進学や就職、転職、引っ越しなどで、
生活が大きく変わる方もいらっしゃると思います。

実は、私も、4月から、
少し前まで想像もしていなかった生活に変わることになりました。

単身赴任から戻った夫と別れて、1人で暮らすことになったんです。






ウソです。

また、エイプリールフールだったことを思い出しました。
ごめんなさい。m(__)m

夫と離れて1人で暮らすことになったのは、私ではなく娘です。

つまり、ちょっと……いえかなり過保護気味に育てた娘が、
この春から家を出て、東京で1人暮らしすることになりました。

とは言っても、完全な1人暮らしではなく、
キッチンやリビングを他の居住者と共用する
シェアハウスでの1人暮らしです。

完全な1人暮らしをさせるのが心配だった私は、
一緒に暮らす人がいる家なら、何か起きる前に助けてくれる人や、
何か起きた時に助けてくれる人がいるに違いないと、安心しました。

ところが、私以上に娘を心配している夫は、
「シェアハウス殺人事件」など、内部でのトラブル事例を調べて、
さらに心配を重ねています。^^;

私も夫も、娘の1人暮らしには、
もちろん、最初から賛成したわけではありません。

東京で暮らすためには大学も休学しなくてはいけませんし、
余分にかかる学費や、東京での生活費は、想定外の出費です。

何よりも、料理も家事もまだほとんど教えていなかった娘が、
いったいどうやって暮らしていくつもりなのか?と
心配で仕方ありませんでした。

ところが、昨年末に東京行きを決意した娘は、
一番寒い時期から4時起きの早朝バイトを続けて費用の一部を貯め、
駅から近くて家賃も安い、昭和の匂いがするシェアハウスを見つけて
夫に東京行きの応援を願い出ました。

夜更かしも朝寝坊も得意だった娘が、
無遅刻で早朝バイトを続けたことは、決意の固さを感じさせました。

本当にギリギリになってのことですが、
自炊用の本を買って、1人で料理を作ったりもしています。

初めて1人で作った夕食は、びっくりするほど時間がかかりましたが、
出来た料理は意外にも、私が作ったのとそっくりの見た目と味で、
夫も褒める出来栄えでした。

まだいろいろと不安は尽きませんが、
頑張っている娘を信じて、東京に送り出そうと思います。

娘にとっての旅立ちの春は、
夫と私にとって、子離れの練習をする春になりそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.ショートストーリー『エイプリールフール』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月1日かあ。

カレンダーの日付にふと目が留まり、
何かウソをついてみようと考えた。

「そういえば、俺、あのコンテストに出した作品が
最終選考まで残ったんだ」

「まじかよ?!」

悪友が驚いた顔をしたのを見て、思わずニヤリとした。

「おまえ、最終に残ったってことはもう、
将来を保証されたようなもんじゃないか」

悪友は興奮した顔で言った。

ちょっと上手く行き過ぎただろうか。

そのコンテストは、優勝者の栄光が約束されているだけでなく、
最終選考に残った作品も話題になる、プロへの登竜門だった。

そんなハイレベルな戦いの最終選考に、
まだ本格的な勉強を始めたばかりの俺の作品が残ることなど、
俺だって想像ができない。

だが、悪友が想像以上に興奮して、喜んでくれたので、
すぐにはウソだと言い出せなくなってしまった。

そういえば……

俺は、中学の頃にも同じようなことがあったのを思い出した。

「母さん、塾のテストで満点を取ったよ!」

どちらかと言えば落ちこぼれだった俺が、
いやいや入った塾のテストで満点なんて取れるはずはなかったが、
エイプリールフールだからと、軽い気持ちでウソをついた。

ところが、俺の成績を本気で心配していた母親は、
このウソを真に受けて、泣き出さんばかりに喜んだ。

その晩のメニューは急遽、野菜炒めからすき焼きに変更され、
俺は、ウソだと言い出せなくなってしまった。

ところが、自分で言うのも何だが
根がまじめな俺は、ウソをつき続けることができない。

かと言って、既に受けてしまったテストを満点にするのは無理だ。

そこで仕方なく、翌日から猛勉強を始めた。

1度だけ、何としてでも塾のテストで満点を取って、
それを母親に見せるためだ。

半年後、俺は塾のテストで頻繁に満点を取るようになっていた。

翌年には、難関と言われる高校に合格し、
同級生たちを驚かせた。

「乾杯しようぜ。まだ昼間だが今日は特別だ」

いつのまにか缶ビールとおつまみを買ってきた悪友が言った。

既に提出してしまった作品をどうにかすることはできないが、
何度でも挑戦して、いつか必ず俺の作品を最終選考に残さなくては。

俺は強い決意が体を震わせるのを感じていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先週、娘の住むことになるシェアハウスを下見に行った帰り、
早めに着いた新幹線ホームで、出発時間をのんびり待っていました。

反対側のホームに、乗車予定の新幹線より遅い時間の新幹線が入り、
自分たちの乗る新幹線もそろそろ来なければ……と考えて、
ハッと気づきました。

そうです。乗車ホームを間違えていたのです。

さっきまでののんびり具合から一転、
娘と2人サッと立ち上がり、荷物を抱えて走りましたが、
時既に遅し。

正しいホームに辿り着く前に、乗るはずだった新幹線は
発車してしまいました。

あーあ。

その時の落ち込み具合といったら、もうたいへん。

せっかくこだま号の特別旅行プランにして交通費を節約し、
その分、東京で美味しいものを食べられたと喜んでいたのに、
改めて切符を買い直さなくてはいけないなんて。><

結局、同じこだまの自由席であれば、
その切符で乗れることがわかり、無事帰ることができました。

そういえば、東京駅の新幹線ホームは、前にも間違えたことがあって、
ギリギリで気づいたりしていたんですよね。

今回は乗り遅れてショックを受けたので、
もう、間違えることはないはずです。(^^)v

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年4月15日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle