━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★究極の絶望と孤独に打ち勝つ方法☆彡ブリリアントタイムvol.295
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年2月19日vol.295

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

娘から「ママ、旅館予約した?」という電話があって、
記憶にないので事情を聞くと、
その旅館から娘の携帯に電話が入ったということでした。

調べてみると、それはぜひ泊まってみたい優雅な旅館。

結局、予約していたのは苗字が同じだけの別人で、
娘への電話は旅館の間違いだったと分かりました。

それにしても、同じ苗字の宿泊者がいる旅館から、
教えていない携帯番号に間違い電話が入るなんてすごい偶然!

一瞬、夫が私にばれないように娘の番号で、
こっそり温泉旅行を予約してプレゼントしてくれるのかも?
と都合の良い期待をしてしまいました。(笑)

自分に都合良く考えてHappyな気分になるのが得意なHarukaと
今日もしばらくの間、ブリリアントなお時間をご一緒してください♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2016年2月5日?2016年2月18日
2.究極の絶望と孤独に打ち勝つ方法
3.ギンギラギンをさりげなく
4.ショートストーリー『シャッフル』
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2016年2月5日?2016年2月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ティソ Tロード T164/264 150周年 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts061d/TS-061D.htm

■オメガ ラウンドケース レディース 2Pダイヤ Cal.661 自動巻 OH済
1966年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om671a/OM-671A.htm

■オメガ スクエアケース レディース Cal.620 手巻 OH済 1963年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om670a/OM-670A.htm

■セイコー アルピニスト SARB013 ベージュ文字盤 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1390sp/SK-1390SP.htm

■エポス エモーション メンズ 3336 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep043s/EP-043S.htm

■グランドセイコー SBGF001 12角ベゼル クオーツ 1995年頃 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1389d/SK-1389D.htm

■カルロフェラーラ レギュレーター クラシック CF1997 自動巻
OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/CF/cf002c/CF-002C.htm

■バセロン・コンスタンチン リール レディース 18KWG 手巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/VC/vc018d/VC-018D.htm

■セイコー マチックR 8346-9000 GP 27石 自動巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1388a/SK-1388A.htm

■セイコー マーベル 14012M 17石 手巻 OH済 昭和33年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1387a/SK-1387A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2.究極の絶望と孤独に打ち勝つ方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家族や親しい友人がいて、アドレス帳には何十ものアドレスがあり、
SNSでは何百人もの知り合いとつながっているというのに、
それでも“孤独”を感じることがあるほど、人は孤独に敏感です。

だとしたら、地球から2臆2530万キロも離れた火星で、
通信手段もないまま1400日過ごさなければならなくなった人は、
いったいどれくらいの孤独を感じるのでしょう?

先日、アカデミー賞7部門ノミネートで話題の映画、
マット・デイモン主演の『オデッセイ』を観てきました。

火星での有人探査中、嵐に巻き込まれてしまった
宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)が、
ひとりぼっちで取り残された火星で、
次の有人探査機がくる1400日後まで生き延びようと奮闘する映画です。

絶望的な状況設定からは、シリアスなドラマも想像できますが、
この映画『オデッセイ』が第73回ゴールデン・グローブ賞作品賞と
主演男優賞を獲得したのは、なんと、ミュージカル・コメディ部門。

実際、思わず笑ってしまう場面が何度もありました。

究極的に希望の持てない状況で、
自殺したいくらい孤独なはずの主人公ワトニーですが、
その言動に悲壮感はまったくありません。

それどころか、ユーモアたっぷりの語り口や、
スーパーポジティブな考え方と行動は、
不便な独り暮らしを楽しんでいるようにさえ見えてきます。

1400日を生き抜くと決めたワトニーは、
植物学者としての知識やエンジニアとしての技術を駆使して、
火星で水や食料を作りだし、地球との通信再開を試みます。

本当にそんなことできるの?と感じる出来事も、
NASAの全面協力のもとに制作されていることもあり、
あながち実現不可能ではないのだそう。

声をあげて笑ってしまったのは、
NASAが衛星画像からマークの生存を知り、その過酷な運命を思って
「彼は今いったいどんな気持ちなんだろう?」と苦悩した次のシーン。

マークは「このままじゃ死んでしまう」と言いながら、
仲間のクルーが残した古いディスコミュージックを聴いているのです。

本当にいつ死んでもおかしくない状況だというのに、
仲間の音楽の趣味に悲鳴を上げるマークのユニークなキャラクターも
この映画を面白くしている大きなポイントです。

その後、NASAや地球へ帰還する途中の仲間との通信が再開し、
繰り広げられるマークの救出作戦でも、
どんな状況でも希望とユーモアを忘れず前向きに行動する
マークのキャラクターが光ります。

救出作戦のクライマックスはさすがにマンガチックですが、
私が分かっていないだけで、もしかしたらこれもまた、
実現可能な方法なのかもしれません。

世紀の救出劇大成功や歓喜に湧く地球の様子で終わらない
ラストシーンも好きでした。

原作は、ベストセラー小説「火星の人」(アンディ・ウィアー著)。

映画を思い出させるユーモアたっぷりの語り口に加え、
映画ではさらっと説明されていた科学的な部分が丁寧に書かれていて、
理系の方にとっては映画より面白いかもしれません。
(私はさらっと読み進めましたが笑)

2月29日までの期間限定ですが、
下記URLで第6章までを試し読みできます。

http://odyssey-cp.jp/original-free/

『オデッセイ』を観て強く思ったのは、
「いろいろなことを勉強しよう」ということ。

極限状態に追い詰められた人を救うのは、
「知識」と「経験」と「ユーモアを忘れない前向きな心」だと感じ、
この中で私に一番足りていないのが「知識」だと思ったから。

この先の人生で私が火星に取り残される可能性はほぼゼロですが、
何か別の窮地に陥る可能性は十分にあります。

その時、その窮地から脱出するのに必要なのはやっぱり、
知識と経験と前向きな心だと思うのです。

驚いて、笑って、勉強しようと思わせてくれた映画『オデッセイ』。

2時間24分という長めの上映時間を感じさせない面白さでした♪

ご興味のある方は、ぜひオフィシャルサイトをご覧ください。

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ギンギラギンをさりげなく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回のメルマガで、50歳の誕生日を迎えることをお伝えしたら、
思いがけずたくさんの方からお祝いのメッセージをいただき、
感激してしまいました。

ありがとうございます!

さて、キリの良い年齢を迎えた私は、
以前からしたいと思いながらなかなかできなかったこと
に取り掛かりました。

それは、歯の総点検

昨年は、ずっと欲しかった最高級電子歯ブラシを買って、
その使い心地の素晴らしさに感動し、
このメルマガでもお伝えしました。

歯ブラシを買って以来、口の中をじっくり見ることが増えて、
気になっていたのが、治療した歯の多さ。

同じ年代の方には共感していただけると思うのですが、
私たちくらいの年齢の大人は皆、子どもの頃虫歯がありましたよね?

今の若い人たちは虫歯が少なくて、
二十歳の娘も虫歯はゼロです。

一方私はと言えば。何度も歯痛で歯医者さんに駆け込んだ記憶があり、
左右両方の奥歯が上下ともほぼすべて治療されています。

つまり、上下6本×左右2=12本に銀歯があるのです。

口を閉じていればわかりませんが、
わははと笑えば口の中はギンギラギンです。^^;

本数の違いはあっても、同年代の友人の多くも
そんなふうに奥歯の虫歯を治療していますから、
以前はあまり気にしてはいませんでした。

ところが、仕事で歯に関する記事を書く事になり、
いろいろ調べているうちに、怖い情報を知りました。

それは、口の中にたくさんある銀歯(金銀パラジウム合金)は、
密着性が弱くて隙間ができるため、中で虫歯が再発しやすく、
成分が溶けだして不定愁訴の原因になる可能性もあるという内容。

さらに、かつては高額過ぎて考えたこともなかった、
ジルコニアセラミックなど白い素材を使うさりげない治療が、
今は案外手の届く金額になっていることも知りました。

そうだったのか!いつかチャンスがあれば治療し直そう
なんて考えていたところ、案外早くそのチャンスがやってきました。

忙しくて疲れた時に、歯がちょっと痛くなったのです。

まだ十分に我慢できる程度の痛みでしたが、念のため、
ネットで見つけてチェックしていた歯医者さんに診てもらうと、
銀歯の下で虫歯になっている可能性のある歯が
4本もあることが分かりました。

私のように治療した下でまた虫歯になっていて、
気付かずに放っておいたことで、
大変なことになる方は少なくないそう。

虫歯が痛むだけならまだ良い方で、
場合によってはひどい歯周病になってしまったり、
虫歯の細菌が脳卒中の引き金になるようなこともあると言います。

すぐにどうこうなるわけではありませんが、
この機に総点検して全部綺麗に治療しなおそうと決意しました。

1回の治療時間が長くなってもかまいません。
少々痛くても、不便でも我慢します。
だから、できるだけ早く完了するようにドンドン治療してください!

そうお願いしたところ……
今、私の右奥歯は、ブリッジを外して歯が1本無く、
仮歯が1本、セメントの歯が2本、仮詰の歯が1本という状態です。

それでも、銀歯が大幅に減ってギンギラしていないことが気分良く、
鏡で口の中を見たり、歯磨きしたりするのが楽しくなりました。

自分では特に感じていないつもりでしたが、
もしかしたら、私にも、金銀パラジウム合金による不定愁訴が
あったのかもしれません。

「歯を綺麗にすると金運が上がる」とも聞くので、
それもちょっと楽しみです。^^


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.ショートストーリー『シャッフル』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「じゃ、また明日」

「うん、明日」

昨日彼女と交わした当たり前の会話を、
僕は愛しく思い出す。

その明日がいつ来るかわからなくなるなんて、
いったい誰に想像できただろう?

だって、時は、昨日から今日へ、今日から明日へと
順に流れて行くのが当たり前だったのだから。

僕らは皆、繋がりのある変化を元に「時間」という概念を持ち、
その時間という概念は、これまで決して僕らを裏切らなかった。

けれど、ある瞬間からその概念は何の役にも立たなくなった。

僕を取り囲んでいた繋がりのある変化は、
その瞬間から一切の繋がりをなくしたのだ。

昨日膨らんだ蕾は今日花開くのではなく、
朝目覚めると小さな芽になっていた。

その芽は僕が意識する度に、枯れ果てていたり
しおれていたり、大輪の花を咲かせていたりしたし、
存在さえしていなかったりもした。

もちろん、連続した変化を見せなくなったのは
この蕾だけではない。

これまで僕の目に見えていたすべての出来事が、
まるで短い動画をシャッフルして、
ランダムに並べて再生したように、
繋がりなくそこに存在した。

今、僕が過ごしているこの時が、
あの瞬間から見て過去なのか未来なのかもわからない。

こんなことになっているのが僕だけなのか、
世の中のすべての人が同様なのかもわからない。

はっきりしているのは、“今”があるということだけ。

「じゃ、また明日」

目の前の彼女が可愛い声で言った。

あの時からずっと、待ちわびていた瞬間だ。

僕は彼女の手を引き寄せ、強く抱きしめて言った。

「今は君を離さない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

今回ご紹介した映画『オデッセイ』ですが、
私が見たのは2D版ではなく、3D吹き替え版でした。

さらに、座ったのは、D-BOXシート。

「D-BOX」は、“映画のシーンに完全に同調したモーション効果と
インテリジェントバイブレーションを作り出す最新システム”
と謳われている動く椅子で、爆発シーンで振動するのはもちろん、
宇宙船が飛ぶシーンでは、画面に合わせて傾いたり、
滑らかに揺れたりもしました。

立体映像とシートの動きで、映画館で映画を観たというよりも、
テーマパークのアトラクションを体験した感覚でした。

今度は、水がドバーッとでたり、火がホーボー燃えたりする
迫力のある3D映画を、このシートで観てみたいと思います。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年3月4日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle