━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ★SMAP騒動、たった1つの真実☆彡ブリリアントタイムvol.293
━☆★━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2016年1月22日vol.293

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━★☆━

こんにちは!Harukaです。^^

今日もブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

いつもの年より暖かめ♪と安心していた今シーズンですが、
先日とうとう、初雪が降りました。

東京でも、私の地元でも、電車の代やに影響が出て、
通勤時には駅やその周辺に、電車に乗れない人が溢れたようです。

地元の駅構内にあるモスバーガーで早朝バイトを始めた娘は、
その日、午前4時半に雪だるまのようになりながらお店に辿り着き、
仕込みを終えた午前7時に店がオープンすると、
普段の3倍以上のお客さまが詰めかけて、てんてこ舞いだったそう。

実は、雪が積もったこの日の前日、
娘はこんなことを言っていたんです。

「自分はたっぷり甘やかされて育ってきたから、
これからはもう少し苦労がしたい」

神様はすごいですね!娘のこの希望を聞いて、
早速、“大雪の中の出勤と普段の3倍以上の忙しさ”
という苦労をさせてくれました。

あまりに早く願いが叶ってびっくりしてしまいました。

神様、私は苦労なんてしなくてかまいません!
一生面白おかしく生きて行きたいです!

と声を大にして言おうと思います。(笑)

それでは今日もしばらくの間、
Harukaとブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━☆目次★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------
1.ウオッチコレ新着情報 2015年1月8日?2016年1月21日
2.SMAP騒動、たった1つの真実
3.ショートストーリー『タイムリープ』
4.ショートストーリー『アンドロイド』
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ウオッチコレ新着情報 2015年1月8日?2016年1月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★チュードル オイスタープリンス 7964 自動巻 OH済 1972年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx220a/RX-220A.htm

★フォルティス フリーガー クラシック クロノグラフ 597.10.141.2
自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft063c/FT-063C.htm

★コーチ 0191メンズ SSブレス クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/CC/cc005d/CC-005D.htm

★ロレックス デイトジャスト 1601 Cal.1570 自動巻 OH済 1971年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx219a/RX-219A.htm

★ボールウォッチ ストークマンレーサー NM2088C-SJ-BKWH 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BW/bw005sp/BW-005SP.htm

★オリス 7428 30M ボーイズ ユニタス6565 手巻 OH済 1990年代
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or144d/OR-144D.htm

★ロンジン ウルトラクロン クロノメーター Cal.431 自動巻 OH済
1970年頃
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg176a/LG-176A.htm

★ラドー マンハイム 702 9面カットガラス 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd138a/RD-138A.htm

★セイコー ダイバー150m サードモデル 6309-729A 自動巻 OH済
昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1381sp/SK-1381SP.htm

★セイコー 200m ダイバー 7S26-0020 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1379sp/SK-1379SP.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2.SMAP騒動、たった1つの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芸能界のゴシップなんて興味がないよ、という方でも、
人気アイドルグループ「SMAP」の解散騒動が今、
世間を賑わせていることはご存知だと思います。

学生時代はトシちゃんこと田原俊彦さんの大ファンで、
ここ十数年は木村拓哉さん、最近は草g剛くんもお気に入りで、
地元のライブにも毎回参加している私は、
けっこう年季の入ったジャニーズファンです。

1月13日にスポーツ誌が伝えたSMAP解散報道は、最初、
誤報、または、何かをPRするための作り話と受け取っていました。

ところが、NHKのニュースでも報道され、
翌日の一般誌にも情報が載ったのを見て、
ようやく、まさか?!と驚きました。

そこで、真相を知るべくネットを検索してみると……

出てくる出てくる、
SMAP解散騒動に関わるあれやこれやの記事の数々。

長くファンではあったものの、
彼らの裏側に興味を持っていたわけではなく、
スターとしての彼らが好きで
光の当たる部分しか見ていなかった私にとっては、
初めて知るような情報もたくさんありました。

つい熱中して、何時間もいろいろな記事を読んだところ、
ジャニーズ事務所とSMAPマネージャーの間に確執が生まれ、
SMAPマネージャーの退職が避けられない状況となり、
木村さんを除く4名がマネージャーと共に独立する意志を示した。
というところまでは、間違いないよう。

ところが、この独立劇の詳細については、
報道によって大きく違いがあって、
独立を煽って失敗し、自らは姿を隠したとして、
マネージャーを非難する記事もあれば、
優秀なマネージャーに嫉妬してSMAPに嫌がらせをした
ジャニーズ事務所を問題視する記事もありました。

さらに、マネージャーとSMAPメンバーが団結して
円満に行きそうだった独立を、キムタクが裏切ったとする記事や、
ジャニーズ事務所もひれ伏す芸能界のドンが、
妻である工藤静香を通じてキムタクに圧力をかけて、
事務所に残ることを選ばせた。つまり、黒幕はそのドン。
とする記事もありました。

どの記事も過去のエピソードまで絡めて書かれていて、
読み込めば読み込むほど、さもありなんと思わされます。

もし、どれか1つの記事だけを深く読んでしまえば、
それが真実だと思ってしまうかもしれません。

18日には、本人達が生放送で直接語るということで、
状況がはっきりするかと思われたものの、
実際に彼らの口から語られた言葉は短く不自然で、
いつもの彼らと様子が違っていたため、
さらに憶測を深める結果となりました。

彼らの表情やしぐさから、心理学者が心情を読み解いた挙句、
草gさんの落ち着き過ぎていた様子から、

【衝撃スクープ】
SMAP解散の謝罪会見にいた草g剛は偽者の可能性あり
/ 専門家「偽者またはアンドロイドの可能性がある」

という記事が出たり、

冒頭で木村さんが「えー、今日は、2016年1月18日です」と
不自然に日付を言ったことから、
「木村拓哉がSMAP解散阻止のために何度もタイムリープしている」
という説が盛り上がったりもしています。

http://www.danshihack.com/2016/01/21/junp/smap-timeleap.html

そして、SMAPが今後どのように活動していくのかを、
明言できる人はまだいません。


そんな状況の中、
「解散報道から現在までの全ての出来事は、
すべて最初から仕組まれたもので、台本通りに進んでいる」
という記事までありました。

なるほど。
様々な問題はあるものの、今回の騒動でSMAPの注目度は高まり、
ファンによるCD購買運動も起こって、
2003年3月にシングル発売された「世界に一つだけの花」は
Amazonやタワーレコードなど主要オンラインサイトで
軒並み品切れ状態になるほど売れたそう。

解散報道翌日に放映スタートした草g剛主演のドラマは、
初回視聴率17.1%と好発進し、
メンバー5人が生で語った1月18日放送の「SAMP×SMAP」は、
瞬間最高37.2%という紅白並みの高視聴率だったといいますから、
ビジネス的にはいろいろ利益も生まれているでしょう。

「全て台本通り説」によれば、最後はSMAP復活番組を放送して、
これまで以上に人気を得るという筋書きなのだとか。

1ファンとしては、もちろん、
エンターティナーとしてのSMAPが存続することを願っていますが、
1人の人間として彼らのことを考えると、
SMAPであり続けるのも大変だろうなと同情したい気分になります。

ともあれ、今回のSMAP騒動で、
はっきりと分かった真実が1つだけあります。

それは、「物事は、その人の立場や感情、捉え方によって、
どんなふうにも変化する」ということ。

SMAPやその関係者と直接話をすることができない私たちにとって、
SMAP解散騒動の真実は、永遠に憶測でしかないでしょう。

個人的には、木村拓哉さんのタイムリープが功を奏して、
何度目かにとうとう解散を阻止でき、全てが円満に決着する。
というSFが現実だったら……なんて思うのですけれど。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ショートストーリー『タイムリープ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これはいったいどういうことだ?

ニュースサイトを飾る見出しに、男はちょっと戸惑った。

それは、74回目の“振り出し”に戻った翌日のことだった。

ミッションの遂行は、また不成功に終わり、
気付くと男は“振り出し”に居た。

嫌というほど繰り返してきた試みの数々を思い浮かべながら、
男はまたもや、その日の日付を口にした。

これから男に与えられた時間は、8ヶ月と12日。

その間にミッションを遂行できなければ、
こうして容赦なく“振り出し”に戻されることになる。

せめて、ここよりもう少し前の時点に戻ることができれば、
ミッションの遂行はずっと楽なはずだ。

男はうんざりした気持ちを、小さな希望に押し込んで、
大切なチームの存続をかけた戦いに挑むため、
前だけを見て進むことを、大勢のファンに誓った。

翌日、男は過去73回迎えたのと同じ朝を迎えた。

だが、1つだけ、これまでとは違うことがあった。

それが、スマホの画面に踊る“タイムリープ”の文字だ。

そこには、「男が大切なチームを崩壊から守るために、
何度もタイムリープを繰り返している」と書かれていた。

それは真実だったが、常識で考えればあり得ない事だ。

そのあり得ない事の只中にいる自分でさえ、
現実であると受け入れるのに、ずいぶん時間を要したのだから。

この記事を書いたライターも、それを採用した編集者も、
ただ面白がっているだけだろう。

だが、もしもこの記事が、
真実を知っている者から自分へのメッセージだとしたら……

男は再び希望と勇気が湧いてくるのを感じて、
チーム存続というミッションへの決意を新たにした。

あのウォルトディズニーも、夢を実現させる秘訣は“4つのC”
Curiosity(好奇心)、Confidence(自信)、Courage(勇気)、
Constancy(恒常性)だと言っていたではないか。

いつ終わるかわからない繰り返しの中で、失いかけていた好奇心と
重なっていく失敗で無くしそうになっていた自信を取り戻した男は、
エンターティナーらしい微笑みを浮かべて、
74回目の新しい一歩を踏み出した。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.ショートストーリー『アンドロイド』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「すごいなぁ、本当に僕そっくりだ」

彼は画面を見ながら感心して言った。

皆、本当にありがとう!少し冬休みをもらうよ。

心の中でそうつぶやくと、日本では絶対に食べられない
旨いキムチを頬張った。

「やっぱり本場の味は違うね」

彼は無邪気に微笑んで、モニターのスイッチを切った。

その頃日本では、彼の4人の仲間がスポーツ新聞を見ていた。

「おい、こんな記事出てんぞ」

リーダーが指さす先には、「アンドロイド」の文字がある。

彼の身代わりが不安げな顔をする。

「君が悪いわけじゃないよ」

一番年下のメンバーが、にっこり笑った。

「それにさ、誰も本当にアンドロイドだなんて
思ってないよ、ドラマや映画じゃあるまいし」

前髪を触りながらそう言う仲間が同意を求めると、
ドラマでアンドロイド役をしたことのあるメンバーが

「この事実を知っているのは、俺たちだけさ」

ときっぱり言った。

今この場にいない彼は、
チームの大切なムードメーカーだ。

チームに何か問題が起きたときも、
彼ののんきな態度と無邪気な笑顔が
いつもピリピリした空気を和らげた。

けれど、今回起こった問題に対してだけは、
そんな彼ものんきではいられなかった。

実は、誰より繊細で傷つきやすい彼の心は、
これまでで最大の問題を前に、
今にもポキリと折れてしまいそうなほど追い詰められていた。

メンバーは皆で相談して、
しばらくの間彼を休ませることにした。

彼の代役を務めたのは、彼そっくりのアンドロイド。

そんなものが手に入るなんて、最初は彼らも信じられなかったが、
常識では想像もできないようなものが、
お金さえ出せば手に入る世の中になっていることを、
彼らを可愛がっている業界の大先輩が教えてくれた。

実はその大先輩も、時々使っているらしい。

「それにしても、こんなに良くできてるのに、
“何か違う”って気づくファンの子たちはすごいべ」

リーダーがしみじみと言った。

「だよね、ファンのためにも僕ら頑張らなきゃね」

「うん、頑張らなきゃ」

「そう、俺たちはこのチームを守らなくてはいけないんだ」

メンバーは互いを見やって頷いた。

それから、アンドロイドの方を向くと、
「よろしくな!」と言いって笑いながら、
肩や背中を叩いたり、握手を交わしたりした。

アンドロイドは彼の代わりができたことが嬉しくなって、
こんな仲間のいる彼が、少し羨ましくなった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

私は基本、在宅でお仕事していて、仕事のスケジュールは
月によって違うため、“曜日”を意識することが減っています。

夫は単身赴任中で不在ですし、
大学生の娘も週によって出かける時間や休みが違うので、
なんだかすっかり、曜日の感覚が薄らいでいます。

実は今週も、ずっと曜日を1日間違えていて、
水曜を火曜、木曜を水曜と、思い込んで過ごしていました。^^;

曜日を間違えていても、それほど大きな不都合はないのですが、
カレンダーを見て正しい曜日を確認したはずなのに、
いつのまにかまた間違えている自分の頭は
ちょっと問題かもしれないと感じています。^^;;

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2016年2月5日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle