━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆ふと気づけばお金持ち◆ブリリアントタイムvol.288
━◆◇━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2015年11月13日vol.288

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━◇◆━

こんにちは!Harukaです。

窓から差し込む陽射しが心地よい秋の朝ですが、
今、ベランダに黒い服を着た背の高い男性が入ってきて……

……あ、目が合っちゃった!!

どうなる?!私?

今回もまた緊迫した状態のharukaと、これからしばらくの間、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今回の目次】
------------------------------------------------------------------
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年10月16日?2015年10月29日
【2】丸見えで困るのはどっち?
【3】ふと気づけばお金持ち
【4】ショートストーリー「物語のはじまり」
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年10月16日?2015年10月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オメガ シーマスター クロノグラフ 176.005 GP 自動巻 OH済 1972年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om654c/OM-654C.htm

■シチズン オートデーター セブン ADSS81302-SA 自動巻 OH済
昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz206a/CZ-206A.htm

■シチズン スーパーオート SADS51202-Y 自動巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz205a/CZ-205A.htm

■オメガ デヴィル 165.008 Cal.711 自動巻 OH済 1968年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om653a/OM-653A.htm

■オメガ デヴィル 511.445 レディース 手巻 シルバーダイヤル OH済
1973年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om652a/OM-652A.htm

■セイコー 5スポーツ 6619-8090 自動巻 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1354a/SK-1354A.htm

■キングセイコー クロノメーター 5625-7040 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1350a/SK-1350A.htm

■パティックフィリップ カラトラバ 3574 Cal.23-300 PM 手巻 OH済
1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/PP/pp022a/PP-022A.htm

■オーガストレイモンド コットンクラブ トリプルカレンダー&
ムーンフェイズ Valjoux7751 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot249c/OT-249C.htm

■インターナショナル シャフハウゼン R810A Cal.854 自動巻 OH済
1966年製造
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc083a/IWC-083A.htm

■セイコー プロスペック スキューバ SBDC001 自動巻 2007年頃 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1347sp/SK-1347SP.htm

■タグホイヤー エドワードホイヤー 125周年記念 復刻版 188.215/1
手巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg075c/TG-075C.htm

■シチズン クリスタルセブン ACSS 2940a-TA 装飾ベゼル 自動巻 OH済
昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz204a/CZ-204A.htm

■シチズン 初期レオパール スーパービート 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz203a/CZ-203A.htm

■グッチ 8000L レディース クオーツ SS×GP USED
http://www.watch-colle.com/watch/GC/gc026d/GC-026D.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】丸見えで困るのはどっち?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベランダに入り込んできた背の高い男性と目が合ってしまった私は、
キーボードを打つ手を止めて立ち上がり、
頭を下げてご挨拶しました。

「おはようございます。今日もよろしくお願いします」

実は、背の高い男性は職人さん。

数日前から家の外壁を塗り直して補修する工事を始めているんです。

家の周りにはぐるりと足場が組まれて、
普段は人が通ることなどない高さの空間を、
職人さんたちが歩いています。

2階で暮らし慣れている私は、お天気が良ければこの季節、
家中の窓やカーテンを開け放して生活しています。

工事が始まってからも、いつもの調子で窓を開け放つので、
何かをしていてふと顔を上げると職人さんと目が合う、
なんてことが何度か。^^;

あちらもお仕事ですから、部屋の中の様子なんて
気にしてる暇はないと思いつつも、
いつもより部屋の片づけに力が入ったりしています。

昨日なんて娘の部屋を片付けているうちに
家具の配置を変えた方がいいかもしれないと思えてきて、
ベッドや机を大移動して模様替えしてしまいました。

部屋の中を大変な状態にして数時間、
ふーっと一息ついた時、窓の外で作業していた職人さんたちと
バッチリ目が合ってしまいました。

重い家具を1人で動かそうと、必死の形相だったであろう姿も
しっかり見られていたに違いありません。^^;;

娘は、「外壁工事でノイローゼになっちゃう人もいるかもね」
なんて言っていました。

たしかに、実際に見られているわけでなくても、
全部見られているかもしれないと思うことで、
しんどくなってしまう人もいそうです。

私だって、丸見えを意識してはいるのですが、
何かに夢中になってしまうと周りのことを忘れるタイプなので、
模様替えの時のように、見られていた(かもしれない)ことも
あまり気にはなりませんでした。

ただ、よく考えてみたら、気になるのは見られる方だけじゃなく、
見えてしまう方だって同じでしょう。

私が部屋の中でおかしなことをやっているのが目に入ると、
仕事に集中しづらいかもしれません。

ということで、職人さんたちに仕事に集中していただけるよう、
しばらくの間はレースのカーテンを引いて過ごすことにしました。

ベランダの窓のカーテンを引いて、お互いの顔が見えなくなると、
白いレース越しに映る職人さんの影が、
ほっと息をついたように見えました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ふと気づけばお金持ち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の外壁工事のハイライトは、壁のペンキの塗り直しです。

当然ですが、新しいペンキを塗る前には、
壁についた汚れを落としておかなければいけません。

そこで登場するのが、高圧洗浄機。

コンクリートブロックに高圧洗浄機で水をかけると、
かけたところから順に汚れが落ちて、みるみる色が変わっていく。

……という映像をCMで見たことがありますが、
さすがに誇大表現でしょうと思っていました。

でも、高圧洗浄機って、本当にそうなるんですね!

ブラシでゴシゴシこすっても取れなかったベランダの植木鉢の痕が、
あっという間に綺麗になっていくのを目の当たりして、
高圧洗浄機スゴイ!と感動してしまいました。

それに、手が届かなかったエアコン配管奥の汚れも、
サッシの淵に残った細かな砂もすっきり取り去って、
上手く掃除できないので半年ごとに張り替えていた網戸の網も、
一気に綺麗にしてくれました。

私も高圧洗浄機が欲しくなって、
情報を検索してしまったのは言うまでもありません。

ともあれ、汚れが落ちて綺麗になっていくというのは、
本当に気持ち良いものですね!

そういえば、娘の部屋の模様替えで大きなベッドを動かして、
ベッドの下に溜まっていた埃を全部綺麗にしたときも、
とても良い気分になりました。

よく、掃除をすると運気が上がるだとか、
お金持ちになれるだとか言いますが、本当かもしれませんね。

だって、ベランダや部屋が綺麗になっていくのを見ると、
こんなに良い気分になるのですから。

こんな気分の良さがずっと続けば、
自然に笑顔が増えるに違いありません。

気分が良いと仕事だってはかどるはずですから、
笑顔でテキパキ仕事ができるようになります。

そんな風に仕事をしていれば、評判も上々になって、
より良い仕事に関われるようになって、収入も上がるかもしれません。

そうなればお掃除も益々楽しくなって、
自分の周りはいつも綺麗な状態になり、いつも気分が良くなります。

そうやって気分良く暮らしていれば、自然と笑顔でテキパキ仕事が……

なるほど!こういうスパイラルで、
気づけばお金持ちになっているというわけですね。^^

なんだか掃除がしたくなってきました。
かなり早めですけれど、今から大掃除を始めましょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】ショートストーリー「物語のはじまり」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんな物語にも必ず、始まりと終わりがある。

そして、人生に起きる物語はどちらも大抵、ある日突然訪れる。

5年前に卒業した母校の体育館で、
筋トレが趣味の従妹と待ち合わせをして、
従妹のトレーニングが終わるのを待っていると、
どこからかバレーボールが飛んできた。

咄嗟に出した左手で、頭を守ったせいで、
恋人からのプレゼントだった時計の風防に大きなヒビが入った。

まるで終わりかけていたその恋を、
サッサと手放せと言わんばかりに。

そして、それから何日もしないうちに、
慌てて駆け寄ってきた大学のバレー部員で、
7つも年下のイケメンが、新しい恋人になった。

ほんの少し前まで想像もできなかった幸せな物語が突然始まった。

それからの日々は本当に楽しくて、
でも、心の奥にはいつも、いつか彼を失うのではないか?
という恐怖があった。

時は飛ぶように過ぎていって、ふと気付けば5年が経ち、
ようやくこの幸せに不安を感じる必要はないのだと
思えるようになったとき、突然、終わりが訪れた。

社会人として数年を過ごした彼が、仕事の面白さに目覚めたのだ。

彼は、まだ当分結婚を考えられないし、
海外でも仕事がしてみたいと思っている。
私への気持ちは全く変わっていないけれど、
先の約束もできないまま、長く待たせるわけにはいかない、と言った。

7つの歳の差に不安を感じなくなった途端に、
その重みを突きつけられるなんて……。

いっそのこと、10年待ってくれ、必ず迎えにくるからと、
嘘をついてくれれば良かったのに。

そうすれば、少なくともあと10年、夢を見ながら生きられた。

でも、誠実な彼にそんな嘘が言えるはずもなく、
彼の気持ちが痛いほどわかる私は、笑って終止符を打つしかなかった。

「……っていうストーリーはどう?
やっぱり現実的な結末にした方が良いんじゃない?
イケメン大学生と振られたアラサーOLが上手く行くなんて
出来過ぎだもの」

カズミは嘘くさいハッピーエンドが嫌いなのだという。

「えー?!そんなの良くないよ!」
しのぶが異議を唱えた。

「厳しい現実を生きている私達だからこそ、
フィクションの世界でくらい夢を見たいじゃない」

しのぶはこんな続きを書くことを提案した。


彼と別れて2年が過ぎた。

別れる時は笑っていたはずなのに、
ひとりになってからは泣いてばかりいる。
自分がこれほど泣き虫だったなんて……

それからまた2年が過ぎた。

もう泣いてはいないけれど、彼のことは忘れられない。
ネットで彼の消息を調べたりしながら、
だから新しい恋ができないのだと自己嫌悪に陥る。

そして、さらに2年が過ぎた。

40の足音が近づいてきた。
このままではいけないと一大決心して婚活パーティに参加したが
出なければよかったと後悔した。
服も靴も新しく買って張り切った自分がみじめだった。

最悪な気分で駅に向かう途中、スマホが着信音を鳴らした。
こんな時間に誰だろう?と画面を見て、息が止まりそうになった。

コールの相手が彼だったから。

「もしもし……」

「康子、俺……。番号、変えてなかったんだね、
また声が聞けて嬉しいよ。実は俺……」

それから彼と電池が無くなるまで話し続けた。

終電に乗りそびれて、風邪をひいてしまったけれど、
そんなことはなんでもない。

だって、新しい物語はまた、突然始まるものなのだから。

今、私たちは……

「康子、そんな薄着ででかけたら風邪ひくだろ!」

彼が上着を持って追いかけてくる。

「大事な時なんだから、気をつけなくちゃ」

後ろから上着をかけて、ぎゅっと抱きしめた彼は、
大きく膨らんだ私のお腹をとても愛おしそうに撫でた。


「どう?このエンディング、いいでしょ!」

しのぶは傑作になったと自画自賛している。

「えー?別れるところで終わる方がリアリティあるわよ」

カズミは納得がいかないようだ。

私は言い合うふたりを横目で見ながら、
何年か前に書いたストーリーの続きをどう書こうか迷っている。


参考:ショートストーリー「チャンス」
http://happyteatime.jp/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9-2/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

今、我が家のは屋根まで組まれた足場に囲まれて、
その外側はシートで囲われているので、
外からはほとんど見えない状態です。

こういう時には泥棒が入り易いからきちんと戸締りするように
と、単身赴任中の夫に言われてドキリとしました。

これまでに何度かベランダの窓を開けたまま
寝てしまったことがあるのを思い出したから。

確かに、あの頑丈な足場を使えば、
2階にあるどの窓からでも入り放題です。

今夜からは、指さし確認で戸締りしてから
眠ろうと思います。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2015年11月27日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle