━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆こうして、思考は現実になる?!◆ブリリアントタイムvol.287
━◆◇━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2015年10月30日vol.287

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━◇◆━

こんにちは!Harukaです。

10月も残りわずかになって、秋も深まってきました。

次のお休みには紅葉を見に行って、美味しい五平餅を食べ……

おっと、また食べもののことを考えてしまいました。

食欲の秋が止まりません。><

せめて食べた分はちゃんと消費しなければと考えて、
まずは、現状把握をしようと、先日万歩計を買いました。

早速ポケットに入れて1日過ごし、
さあ、何歩くらい歩いたかしら?とチェックしてみると、
私がごく普通に過ごした1日に歩いた歩数は、たったの1764歩!

消費カロリーはわずか54キロカロリーでした。

これじゃあ体が重くなるはずです。^^;;

現在、ひとり緊急対策会議で対応策を検討中です。

緊迫した状態のharukaと、これからしばらくの間、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今回の目次】
------------------------------------------------------------------
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年10月16日?2015年10月29日
【2】リングの誓い
【3】君と読みたい本がある
【4】こうして、思考は現実になる?!
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年10月16日?2015年10月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■テクノス スカイエース 25石自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/TC/tc022a/TC-022A.htm

■ラドー バルボア 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd136a/RD-136A.htm

■セイコー ロードマチック 5606-7110 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1346a/SK-1346A.htm

■セイコー スポーツマン 6602-9981 手巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1344a/SK-1344A.htm

■キングセイコー 5626-5010 ハイビート 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1343a/SK-1343A.htm

■セイコー アクタス 7019-8010 自動巻 OH済 昭和53年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1340a/SK-1340A.htm

■セイコー チャンピオン GP 15026E 手巻 OH済 昭和37年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1339a/SK-1339A.htm

■ハミルトン カーキ 9415A 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht102sp/HT-102SP.htm

■セクター 650 JO-JO(ジョジョ) 1000本限定 イエロー文字盤
自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SC/sc027sp/SC-027SP.htm

■スント レガッタ SS010910200 クオーツ USED Suunto
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot248sp/OT-248SP.htm

■スント ベクター ブラック SS010600110 クオーツ USED Suunto
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot247sp/OT-247SP.htm

■ブローバ クラシック BVC301 ネイビー文字盤 21石自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BV/bv035d/BV-035D.htm

■ロンジン 1663 L629.1 GP 21石自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg174a/LG-174A.htm

■セイコー クロノグラフ 6138-8030 自動巻 OH済 昭和51年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1342c/SK-1342C.htm

■セイコー スピードタイマー 6138-0030 自動巻 OH済 昭和51年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1341c/SK-1341C.htm

■セイコー 5スポーツ スピードタイマー 6139-7060 自動巻 OH済
昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1337c/SK-1337C.htm

■シチズン ツノクロノ 4-901177K 23石自動巻 OH済 昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz201c/CZ-201C.htm

■シチズン 4-680031TA レディース 21石手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz200a/CZ-200A.htm

■シチズン 4-680472S レディース 21石手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz199a/CZ-199A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】リングの誓い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末、OL時代同僚だった友人が遊びに来て、
とても素敵なリングを見せてくれました。

以前から、そのリングのお話は聞いていたのですが、
実物を見たのは初めてでした。

友人が見せてくれたそのリングを実際に手にしたら、
私もどうしても欲しくなって、翌日、買ってしまいました。

ただし、リングと言っても指にはめるものではありません。

私が買ったリングは、「ウェーブリング」という名前のストレッチ器具。

硬いプラスチック製の器具で、形に特徴があります。

細めのドーナツを両側からぎゅーっとつぶして湾曲させたような形、
あるいは、口の両端に人差し指を突っ込んで外側にひっぱり、
いーっと言った時のくちびるの形、と言えば
ご想像いただけるでしょうか?

なだらかにウェーブした器具の形状が、
人の体の様々な部分にちょうどフィットして、
コリをほぐしたり、体を伸ばしたり、体幹を鍛えたりするのに
最適なのだそうです。

例えば、ウェーブの盛り上がっている方を上にして、
腰や背中の下に入れて寝そべれば……

ううっ〜効く〜と指圧されて気持ち良くなります。

万歳するように頭の上に上げた両手でウェーブリングの両端を持ち、
そのまま体を左右に倒せば、正しい姿勢でストレッチができます。

「おおっ!」と思わず声が出たのは、
ウェーブリングのへこんだ側をからだに沿わせて脇の下にあて、
腕でぎゅーっと締め付けた後、ウェーブリングを外した時。

普段はあまり触らない場所が圧迫された後、
サーッと血が流れる感覚の気持ち良さといったら、もう、
あなたにも、体験してみて欲しくなります。

ジムでウェーブリングのクラスに参加している友人によれば、
脇の下を一旦圧迫して離すと、滞っていたリンパが流れて、
血流も良くなり、肩も首も背中も軽くなるんだそうです。

実際に私も、肩や首がラクになっただけでなく、
疲れてショボショボしていた目まで良く見えるようになりました。

凝り固まった体も滞ったリンパや血液も、
ちょっとしたことでほぐれて流れるものなのですね。

……と、私が今ここに書いたのと同じようなお話しを、
友人から聞いたのは3ヶ月前のこと。

かなり興味を持ったものの、その時はまだ、
自分でも購入してみる気持ちにはなりませんでした。

というのも、このウェーブリング、
外見の単純さに反して結構お高いんです。

友人は、どこかのCMみたいに、「ゾウが乗っても壊れない」
ほどの耐久性があるからと言っていましたが、
なんと言っても、ただの湾曲したプラスチックの輪っかです。

正直に言えば、100円均一ショップに置いてあっても
おかしくなさそうだとさえ思いました。

だから、友人が示した金額に「ええっ!そんなにするの?」と驚いて、
ウェーブリングのことはそのまま忘れてしまっていました。

ところが、「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものですね。

友人が持ってきてくれてたウェーブリングを実際に手にしてみたら、
すぐさま欲しくなってしまいました。^^;

ともあれ、せっかく買ったからにはお蔵入りさせて無駄にしないよう、
ストレッチとエクササイズに励み、来年のお正月には見違えるように
柔軟で均整の取れたボディになっていることをここに宣言します!

途中で挫折できないよう、この場を借りて言っちゃいました!


ご興味のある方は、こちらをどうぞ。
NOP法人日本ウェーブストレッチ協会
http://www.wavering.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】君と読みたい本がある
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋たけなわですね。

秋と言えば、食欲やスポーツやファッションも良いですが、
本命は、やっぱり読書!

ときっぱり言い切ったのは、今週27日から読書週間に突入したから。

……なんて書きましたが、本当のことを言えば、
私は、つい最近まで読書週間のことなどすっかり忘れていました。

実は、いつも利用しているオーディオブックのサイトが
読書週間イベントをやっているの見て、思い出したんです。

そういえば、小学生の頃に読書週間のポスター描いたな、って。

私のようにすっかり忘れていた方のために、
読書週間について少しだけ説明しますね。

読書週間は、終戦まもない1947年(昭和22)年に、
「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、
出版社・取次会社・書店と公共図書館、マスコミ機関が協力して
開催されました。

翌年の第2回からは、10月27日〜11月9日(文化の日を中心にした2週間)
の期間が定められ、現在は日本の国民行事として定着しています。

ちなみに、読書週間が始まる10月27日は、
「文字・活字文化の日」に制定されているそう。

恥ずかしながら、私はこれも知りませんでした。^^;

最近は紙の本よりも、電子書籍で読んだり、
オーディオブックを聞いたりする方が増えてきましたが、
紙の本を読むときだけに味わえる素敵な感覚というのもあるものです。

この季節ならば、少しだけ窓を開けた部屋で、
熱いコーヒーを飲みながら本を読むときに感じる、
秋風とコーヒーと本の匂いが混ざった香りもその1つ

その香りに包まれながら、少し難しい本を読むと、
自分がだんだん賢くなっていくような気がします。(笑)

不思議なことに、匂いのしない電子書籍では、
そんな気分にはならないんですよね。

思い出していたら、紙の本が読みたくなってきました。

本が読みたくなる気持ちを後押しする話題をもう1つ。

公益社団法人読書推進運動協議会のウェブサイトには、
読書週間のポスターギャラリーページがあって、
1947年の第1回から2015年の第69回までのポスターと、
読書週間の標語が掲載されています。

これまで意識したことはなかったのですが、
改めて眺めてみると、そうそう!と共感する標語や、
思わずにっこりしてしまう標語など、
素敵な標語がいくつもあります。

私がいいなあと感じたのは、こんな標語たち。


1947年(第1回)
楽しく読んで 明るく生きよう

1955年(第9回)
読書は人をつくる

1977年(第31回)
一冊の本から 何かが始まる

1982年(第36回)
読書はあなたの無限の宇宙

1988年(第42回)
昔を読む 今を読む 未来を読む

1990年(第44回)
一冊の興奮、一冊の感動。

1997年(第51回)
読みたい本を読めばいい、読みたいように読めばいい

2002年(第56回)
自分が変わる、世界が変わる、本との出会い

2007年(第61回)
君と読みたい本がある。

2008年(第62回)
おもわぬ出会いがありました。


いかがでしょう?
あなたも本が読みたくなってきませんか?

ちなみに、今年2015年(69回)の標語は、
「いつだって、読書日和」です。

最後に、2003年(第57回)の標語を借りて、あなたへ質問です。

ありますか?好きだといえる1冊が… 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】こうして、思考は現実になる?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読書週間ということで、本のお話をもう少し。

実は、私が本を読むときは、1冊ずつ順番に読むのではなく、
複数冊を、気分によって同時進行で読み進めていきます。

以前は、バッグに入れた文庫本と、リビングに置いた本、
寝室に置いた本、というようにその時いる場所にある本に
手を伸ばす読み方でした。

今は紙の本にオーディオブックと電子書籍が加わったため、
同時進行で読み進める冊数がさらに増えて、
ダイエット本や料理本も入れると随時5〜6冊くらいを読んでいます。

現在のラインナップは、以下の6冊。

「ファスト&スロー(上)」ダニエル・カールマン
「影響力の武器 実践編」N.J.ゴールドスタイン他
「いますぐ書け、の文章法」堀井憲一郎
「20歳若返る筋トレ」坂詰真二
「ココナッツオイルのかんたんレシピ」白崎裕子
「朝つめるだけ!ラクうま弁当」吉田瑞子

本棚を見るとその人がどんな人なのかわかる、なんて言いますが、
もし、私が私と赤の他人だったとしても、このタイトルを見るだけで、
私が今欲しがっているものがわかるような気がします。^^;

さて、「仕事に使える武器」と「若い体」と「家事を楽にする方法」
を欲している私(笑)が、昨日、オーディオブックで聴き終えたばかり
なのは、こんな本。

「こうして、思考は現実になる」パム・グラウト

ナポレオン・ヒルなどをお読みの方は、
「何だその亜流は?」と思われるかもしれませんし、
スピリチュアル系があまりお好きでない方は、
タイトルだけで拒否反応が起こってしまうかもしれませんが、
これが意外に面白かったのでご紹介させてください。

著者のパム・グラウトさんは、シングルマザーの兼業ライターでしたが、
現在では、16冊の単行本を上梓する作家さんで、
2013年に発表したこの「こうして、思考は現実になる」は、
ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに20週間ランクインし、
30以上の言語に翻訳されて世界各国で発売され、
日本語版も25万部のベストセラーとなっています。

この本には、著者をそんな成功に導いた「考え方」が、
軽い語り口で、ちょっぴり下世話に書かれています。(笑)

でも、その軽くてちょっと下世話な感じが、
スピリチュアル系の本にありがちな仰々しさを薄めていて、
誰にでも受け入れやすいのかもしれません。

彼女は、「思考」は「神(多くの人がそう呼んでいるようなもの)」
とつながっていて、思考することが物理的な現実をつくっている
と語ります。

ただし、彼女の考える神は、多くの人が考えている神とは違い、
代名詞で言うなら「it」が相応しい“エネルギー”のようなものだそう。

彼女が「FP(field of potentiality=可能性の領域)」
と呼ぶエネルギーを使うため(思考を現実化させるため)に
必要なのは、コンセントをさしてスイッチを入れること、
つまり、「思考が現実化することを知る(疑わない)」ことだけ
なのだと言います。

ものすごく都合の良いお話しで、ばかばかしいと感じる人も
少なくないと思うのですが、
そう思うのは、電気の力を知らない未開の地の人が、
コンセントをさすだけで電気をつけられることを信じられないのと同じ、
なんて言われると、なるほどとも感じます。

さらに、この本では、わずか48時間で「思考が現実になる」ことを
体験できる9つの実験を提案していて、アマゾンの書評には、
この実験に成功したという書き込みもたくさん寄せられています。


その実験を行うと、思考とつながっった神≒FPが、
次のような現象を引き起こしてくれるそう。

1.「field of potentiality」がその存在を証明するために
何かプレゼントをくれる。

2.自分の考えているものが実際に現実世界に現れる。

3.人間の体もエネルギーであることを感じられる。

4.指定したものが手に入る。

5.迷いや疑問に対して正しい答えを示してくれる。

6 思考を送った植物がそうでない植物より良く育つ。

7.いつも通り食べても体重が減る。

8.離れた人から連絡が来る。

9.自分の周りがどれほど幸せに満ちているかよくわかる。


例え失敗したとしても「ちょっとがっかりするだけ」
と言う程度のリスクしかないというのに、
成功したら得られるかもしれないものはなかなか素敵です。

この本には、これらを得るために「努力」や「我慢」が必要
などということは一言も書いていません。

電気をつけるのに努力も我慢も必要ないのと同じです。

必要なのは、ただ、電気があることを疑わずにコンセントをさし、
スイッチを入れることだけ。

でも、考えてみれば、電気の存在を知らない(信じられない)
未開の地の人に、それをしろというのは、
電気を使っている文明人が考えるより、ずっと難しい気もします。

それをいつでもすんなりするためには、やっぱり、
電気の存在を信じるための基礎知識を得て、
コンセントをさしても恐ろしいことが起きないことを理解し、
電気の恩恵を受けている人を自分の目で見て、
思い切ってコンセントを入れて実際に体験してみることが
必要でしょう。

「こうして、思考は現実になる」と検索すると、
実際に9つの実験をやってみた方のブログなどが
いくつもヒットします。

それらの結果はなかなか興味深いもので、
何でも素直にやってみることのメリットが分かります。

秋の夜長、奇跡のような出来事を期待しながら、
スピリチュアルな実験に勤しんでみるのも
面白いのではないでしょうか。^^


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

秋は新米の季節ですよね。

最近は、日本のあちこちでおいしいブランド米が発売されて、
ブランド米は戦国時代に入っているそうです。

娘がご当地アイドル声優をしている愛知県豊橋市でも
「奇跡のお米」と銘打ったブランド米が発売されました。

お米の名前は、「女神のほほえみ」。

大粒で甘みがあってもちもちした食感が特徴の、
とっても美味しいお米です。

私の実家が、昔、うなぎ屋をやっていたとき、
上等なコシヒカリを大きなガス釜で炊いた
とても美味しいご飯が自慢だったのですが、
「女神のほほえみ」を食べてみたら、
あのご飯に勝るとも劣らないくらい美味しくって、びっくりしました!

実は、その美味しい「女神のほほえみ」イメージキャラクターの声を
娘が担当しています。^^

親ばか宣伝でごめんなさい。m(__)m

でも、本当に美味しいので、ぜひ一度食べてみてくださいね♪

http://megaminokome.com/

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2015年11月13日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle