━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆いつだって夏は暑くて短い◆ブリリアントタイムvol.283
━◆◇━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2015年9月4日vol.283

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━◇◆━

こんにちは!Harukaです。

今日もブリリアントタイムを開封してくださって
ありがとうございます!

今日はこのメルマガを、いつもとは違う場所で書いています。

私がいるのは、中部国際空港セントレアにほど近いホテル。
明日早朝の飛行機に乗るため、前泊しています。

行き先は九州で、長崎ハウステンボスと別府、湯布院温泉を周り、
福岡空港から名古屋に戻る予定です。

これが最後かもしれない……なんて言う両親が
以前からずっと行きたがっていた九州旅行がようやく実現しました。

3泊4日で九州を横断する家族旅行です。
父は最初、鹿児島にも行きたがっていましたが、
車いすの母にとって、さすがに縦断はハードすぎると、
横断で我慢してもらいました。

30年近く前に一人旅して、ものすごく印象の良かった長崎に、
また行けるのはとても嬉しいし、
ハウステンボスも湯布院も初めてなので楽しみです!

ただ……
明日は、6:30分に受付カウンターに行く予定なのですが、
ここのところずっと朝寝坊していたので、
ちゃんと起きられるかどうか、ちょっと心配です。

無事、フライトできることを祈りつつ、
今日もしばらくの間、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね!

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今回の目次】
------------------------------------------------------------------
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年8月21日?2015年9月03日
【2】いつだって夏は暑くて短い
【3】物語のあるジュエリー
【4】ショートストーリー「ジョイスプリング」
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年8月21日?2015年9月03日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オメガ シーマスター ポラリス 396.1022 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om643sp/OM-643SP.htm

■ハミルトン カーキ フィールド オート H70455133 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht100sp/HT-100SP.htm

■オリス ビッグクラウン ポインターデイト 654 7551 4361F 自動巻
OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or141d/OR-141D.htm

■セイコー クラウン J15011 Cal.560 手巻 OH済 昭和37年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1305a/SK-1305A.htm

■セイコー ライナー GP J14069E Cal.3140 23石手巻 OH済 昭和36年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1304a/SK-1304A.htm

■ユニバーサル ジュネーブ 811600 レディース 手巻 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv054a/UV-054A.htm

■セイコー スポーツマチック 6619-8090 自動巻 OH済 昭和41年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1302a/SK-1302A.htm

■モバード テンペストマチック 3324 自動巻 OH済 1960年代 
http://www.watch-colle.com/watch/MV/mv013a/MV-013A.htm

■セイコー クロノグラフ 6139-8020 自動巻 OH済 昭和50年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1303c/SK-1303C.htm

■シチズン ホーマー H0131301 手巻 OH済 昭和36年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz195a/CZ-195A.htm

■シチズン ジェットルーキー JR1507051 自動巻 OH済 昭和38年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz194a/CZ-194A.htm

■オリス ビッグクラウン ポインターデイト レディース 584 7550
40 61F 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or140d/OR-140D.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】いつだって夏は暑くて短い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「暑かったけど、短かったよね、夏」

といえば、1990年公開の映画、『稲村ジェーン』、
ラストシーンの名セリフ。

サザンの桑田佳祐さんが監督した唯一の映画で、
主題歌はあの名曲「真夏の果実」でした。

「忘れられたBig Wave」、「希望の轍」という
これまた大ヒット曲が挿入歌になっていた、
当時らしいサーフィン映画……だったと思います。

バブリーなOL時代を謳歌していた私ももちろん観ていますが、
実は、ストーリーを全く覚えていません。

というのも、私はサーフィンには全く興味がなく、
ただサザンが好きというだけの理由で観た映画だから。

私と同じ理由で観た人も多かったのか、
興行的には大ヒットした映画でしたが、専門家の評価や
上映後の口コミは散々だったようです。

あのビートたけしさんは、この映画を評して、
「30分もしないうちに眠くなる」と言ったとか。

この評価にカチンときたという桑田さんが、
「北野さんは若者のリアル、気持ちが理解できていない」
と反論すると、北野さんは後に、同じサーフィンをテーマにした
『あの夏、いちばん静かな海』を公開し、
専門家や映画ファンから高い評価を受けました。

でも、こちらの映画は、それほどヒットしていないんですよね。

桑田さんが北野さんとバトルしたなんていう曰くもある
『稲村ジェーン』の真価がどうであったにせよ、
今だに夏が来るたびに見たくなる、なんていう人も多く、
冒頭に書いたラストのセリフは、映画を観た多くの人の心に
深く刻まれているようです。

かくいう私も、毎年夏の終わりを感じると、
必ずこのセリフが思い出されて、「真夏の果実」の前奏と共に、
この夏だけでなく、昔の夏の出来事も、わーっと思い出されるのです。

ついさっき隣の部屋に取りに来た物を忘れることがあるクセに、
25年も前に見た内容さえ覚えていない映画のセリフを、
毎年必ず思い出すなんて、不思議なものですね。

でも、これこそが、“言葉の力”なのかな、とも思います。

暑くてダラダラ汗が出たり、体がぐったりしてしまって、
ああ、もういや!早く涼しくならないかしら?
と思っていたはずなのに、実際に暑さが和らいで過ごしやすくなると、
なんだか少し寂しいような、切ないような気分になってしまうこと、
あなたにもきっとありましたよね?

そんな、気分に、
「暑かったけど、短かったよね、夏」
というフレーズは、気持ち良いほどぴったりはまっているんですね。

それほど暑くなかった夏だって、決して短くはなかった夏だって、
終わりが来る時の気分にはやっぱり、このセリフが似合います。

「暑かったけど、短かったよね、夏」

サザンのヒットナンバーが良く似合う夏の思い出を、
これからも、増やしていきたいなと思う9月です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】物語のあるジュエリー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のメルマガで、ウォッチコレとも私ともとてもご縁の深い
ジュエリーデザイナー稚子さんが、大丸松坂屋百貨店の
「秋の大ジュエリーバザール」に作品を出展されることを
お伝えしました。

8月27日〜9月1日の日程で開かれた、心斎橋店での展示は
大盛況のうちに終了し、9月3日〜9月7日は、
大丸松坂屋百貨店 京都店7階に会場を移しています。

会場では、絵画のように額装されたオリジナルジュエリーが、
稚子さんの世界観と、ジュエリーに込められた物語が伝わるスタイルで
ディスプレイされていて、見ているだけで楽しくなります!

お近くにお住まいの方や、お出かけの予定がある方には、
ぜひ、稚子オリジナルジュエリーの実物を見て欲しいのですが、
遠方で行けなくて残念!という方は、出展されている作品の一部が
プリンセスジェムウェブサイトでもご覧いただけますので、
そちらでお楽しみください。

http://www.princess-jem.com/category/gallery/

実は、こちらのウェブサイトのジュエリーの中には、
ジュエリーに込められた想いを物語にして公開しているもの
もあります。

もうお気づきかと思いますが……

そう、ここに掲載されている物語は、稚子さんの想いを伺って、
私、Harukaが書かせていただいています。^^

例えば、、赤銅、K18YG、ダイヤを使ったブローチ、JOY SPRING
という作品には、憧れの女性ヴォーカリストに振り向いてほしくて、
トランペットを始めた天才トランぺッターの物語が秘められています。

彼は真っ赤なドレスのよく似合う美しいヴォーカリストに
恋をするのですが、あっという間に失恋してしまいます。

というのも、その女性(魅惑的なブローチでした)は
誕生してすぐに、すてきな方がお買い求めになってしまったから。

彼には気の毒ですが、再会は難しいでしょう。

でも、悲しげな横顔の彼を放っておけなかった稚子さんは、
彼のために、今度は、白蝶貝のドレスをまとったブロンド美女の
ブローチをつくりました。

失意のどん底にいた彼はいったいどうなったと思いますか?

プリンセスジェムウェブサイトの物語は、まだ、ほんの少しですが、
これからも順次掲載していきます。

遊び心あふれる稚子さんのオリジナルジュエリーは、
上質な素材と高い技術と細かな作業の融合で生み出されていますが
その奥に潜む世界観を知れば、その魅力がさらに深まり、
身につけた際の愛着も一層増します。

ぜひ、大丸松坂屋京都店7階で、稚子さんから直接お話をきいたり、
プリンセスジェムウェブサイトをのぞいたりしてみてください。

http://www.princess-jem.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】ショートストーリー「ジョイスプリング」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青年は今、失意のどん底にいました。

店の隅でキザなベーシストが彼女の細い腰を引き寄せ、
髪を撫でて唇を奪うのを目撃してしまったからです。

彼女の名はミリー。

大きく背中の開いた赤いドレスが良く似合う美しいヴォーカリストで、
青年の憧れの女性(ひと)でした。

ミリーに近づきたい一心で始めたトランペットは、
まだようやく音が出るようになったばかりだったけれど、
あまりにも早い失恋が逆に、青年の心に火をつけました。

食べることも眠ることも忘れて、トランペットに打ち込む日々……

どれくらい月日が過ぎたでしょう?

もう青年とは呼べない歳になっていた彼は、
長い孤独と引き換えに“天才トランぺッター”の名声を手に入れていました。

切ない音色が聴く人の心を締め付ける涙のトランぺッターとして。

ところがある日、いつものようにトランペットを鳴かせる彼の前に
ひとりの女性が現れます。

白いドレスを着たその可愛らしい女性は、ピアノの前に座ると、
彼のトランペットに合わせて曲を奏ではじめました。

その音色はとても優しく、なぜだか彼の心を穏やかにしました。

彼女のピアノに合わせるうちに、彼のトランペットに不思議なことが起こりました。

いつもならば、聴く人の涙を誘うはずの音色が、今日は何だか違うのです。

ふたりの素晴らしいセッションに耳を傾ける人たちは皆、
どんどん笑顔になっていきます。

彼はなんとも言えない心地よい気分でトランペットを吹き続けました。

彼の心に居座っていた、長く冷たい冬が今、立ち去ろうとしています。
まるで、新しくやってきた、春の喜びに追い立てられるように。


JOY SPRING :1954年に発表されたインストルメンタル曲。
名トランぺッターのクリフォード・ブラウンは海辺でこの曲を吹いて
彼女にプロポーズしたといいます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

4日間の九州旅行では、いろんなことを体験して、
面白いことをたくさん見つけて、皆さんにお伝えしたいと思います。

次回のブリリアントで、ぜひ、また聞いてくださいね!

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2015年9月18日の予定です。

これからもブリリアントタイムをご愛読お願いします。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle