━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ウオッチコレ◆感動の使い心地、さすがは“ダイヤモンド”!◆ブリリアントタイムvol.267
━◆◇━ Watch-Colle ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【ウオッチコレ!ブリリアントタイム】  2015年1月23日vol.267

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Brilliant Time ━◇◆━

こんにちは!Harukaです。
今日もウオッチコレブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

このメールマガジンは、時計とウオッチコレを愛する皆さまに
ひと息ついてお楽しみいただくためのメールマガジンです。

書かせていただくのは、私、主婦ライターのHarukaです。

同じ台詞を前回も読んだような……
と思ってくださったあなた、
ちゃんと読んでくださっていて、ありがとうございます!

今年は、初めて読んでくださる方のために、
しばらく、このご挨拶で始めようと決めました。^^

さて、前回、今年初めてのメルマガで、楽しみを作るために
古いハガキを利用して懸賞応募を始めたとをお話ししたのを
覚えてくださっていますか?

その懸賞応募で、当たっちゃいました!\(^o^)/

……というご報告はまだできないのですが、
懸賞応募がきっかけで、3年くらい前からずっと欲しかったけれど、
少し贅沢なので迷っていたあるものを、とうとう買ってしまいました。

日本人ならほとんどの方が毎日使っているその品物は、
数えきれないほど種類があって、100均でも売っていますが、
私が欲しかったのは、その20倍ほどする高価なもの。

でも、買って大正解でした!

どうして大正解だったかぜひ聞いて欲しいのでが、
その前に、まずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

やっぱり新年ですね。
新着情報がアップされてすぐに売れてしまう時計が続出しています。

このメルマガでは、執筆時点で在庫のある時計だけを
リンクしていますから、売り切れてしまった新着情報も見たい方は、
ウオッチコレウェブサイトをご覧くださいね。

http://www.watch-colle.com/

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

時計好きなあなたのためのウオッチコレFacebookはこちら。

https://www.facebook.com/watchcolle


━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今回の目次】
------------------------------------------------------------------
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年1月9日〜2015年1月22日
【2】感動の使い心地、さすがは“ダイヤモンド”!
【3】一流スタイリストに聞いたファッションで一番大切なもの
【4】ショートストーリー「母と娘」
------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ウオッチコレ新着情報 2015年1月9日〜2015年1月22日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆タグホイヤー プロフェッショナル WG1220-K0 ボーイズ クオーツ
SS/GP USED
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg072sp/TG-072SP.htm

◆コルム アドミラルカップ SS クオーツ OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/CR/cr015d/CR-015D.htm

◆キングセイコー 5626-6000 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1160a/SK-1160A.htm

◆セイコー ロードマーベル 5740-8000 23石手巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1158a/SK-1158A.htm

◆セイコー メカニカル SARB033 6R15-00C0 自動巻 OH済 2011年製造 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1157d/SK-1157D.htm

◆セイコー マチック 15007DE 17石自動巻 OH済 昭和36年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1156a/SK-1156A.htm

◆オメガ シーマスター 120M 2511.80 クオーツ 1993年製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om628sp/OM-628SP.htm

◆ツェッペリン LZ127 トランスアトランティック 7696-4 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/ZP/zp004c/ZP-004C.htm

◆チュードル プリンス オイスターデイト 75204 自動巻 OH済 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx207a/RX-207A.htm

◆ロンジン チューラー レディース 手巻 OH済 1970年製
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg168a/LG-168A.htm

◆エドックス 懐中時計 手巻 GP フェルサ製17石ムーブメント USED
http://www.watch-colle.com/watch/ED/ed008p/ED-008P.htm

◆セイコー ゴールドフェザー J14060E 14K GF 25石手巻 OH済 昭和39年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1155a/SK-1155A.htm

◆セイコー マチック 15007D GP/GF 30石自動巻 OH済 昭和39年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1154a/SK-1154A.htm

◆セイコー マチックP 5106-7000 GP 33石自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1153a/SK-1153A.htm

◆セイコー 5スポーツ 7019-6000 21石自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1150a/SK-1150A.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】感動の使い心地、さすがはダイヤモンド”!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先回のメルマガで、「そうだ!楽しみをつくろう♪」と題して書いた
懸賞ですが、今日までに41件応募済みです。

当選者の多い懸賞を狙えば当たりやすいのかもしれませんが、
1番の目的は、“楽しみをつくること”なので、
当たることを想像するだけでちょっとワクワクするような、
大物懸賞ばかりに応募しています。(笑)

例えば、極上の宿に宿泊して最高のコーヒーを飲む、だとか、
無重力空間に連れて行ってくれる、だとか、
スマホ10台とSIM10枚を自由に使おう、なんていう賞品です。

どれも、当たったらどうしよう?!って
想像するだけでワクワクする賞品だと思いませんか?^^

探してみると、本当に色々な懸賞があるものですが、
そんな中で、先日見つけたのが、こんな懸賞。

「クイズに答えて、女を磨く!あなたを最高に輝かせる
Pinkの旅プレゼント」

従来の商品ラインナップにピンク色バージョンが追加されたことを
記念してのキャンペーン。

賞品は、「ワイキキの抜けるような青空の中に浮かぶ
“太平洋のピンクパレス”ロイヤルハワイアンホテル3泊5日」や、
「プチパリ‘ホーチミン’で贅沢姫旅
“ピンクアフタヌーンティー”プラン4泊5日」。

もう、タイトルと画像だけでワクワクしてくる懸賞です。

そして、このプレゼントキャンペーンを行っていたのが、なんと、
私が前からずっと欲しかったものを扱っているPHILIPSでした。

PHILIPSでは、Pinkの旅プレゼントのクイズキャンペーンと一緒に、
「買っても当たる!選べるPinkグッズ」キャンペーンも展開していて、
購入時のレシートを送ると、ピンクゴールドダイヤモンドペンダントや、
ピンク色のデロンギコーヒーメーカーが当たります。

これはもう、神様が「そろそろ買ったら?」と肩を叩いてくれている
としか思えず、とうとう、ずっと欲しかった、
“ソニッケアーダイヤモンドクリーン”という歯ブラシを
買ってしまいました。

ダイヤモンドクリーンは、歯ブラシとしてはかなり贅沢で、
PHILIPSソニッケアーブランドでもハイエンドモデルの
音波式電動歯ブラシです。

パッケージを開けた瞬間から夜の歯磨きが楽しみになり、
一度磨いた後はさらに、毎日の歯磨きが楽しみになりました。^^

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシ。

磨いた後のツルツル感とか、スッキリ感が、
これまでの歯ブラシとは比べものにならないくらい良いんですよね。

どうしてもっと早く買っておかなかったんだろう?
と軽く後悔してしまうくらう。

……って別に私はPHILIPSの回し者ではありません。(笑)

こうして、3年も迷っていた買い物を思い切ってできたのも、
懸賞応募でワクワクしようと思ったおかげです。

新しいことをスタートすると、思いがけないオマケも
ついてくるものですね。

でも、どうやらこの感動の磨き心地は、
誰にでもあてはまるわけではないようです。

というのも、ブラシ部分を付け変えて娘にも使わせてあげたところ、
「手で磨いた方がいい」と、信じられない事を言うではありませんか!

小さい頃から“歯”に関する事柄が好きで、
図書館にあった歯の本をみんな読破しちゃった娘は、
歯磨きも丁寧で、虫歯も全くありません。

奥歯がほとんど治療済みの私と違って、
普段から納得の手磨きができていたのかもしれません。

それにしても、手で磨いた方のがいいだなんて、
私のダイヤモンドクリーンに対する冒涜だわ!と少々憤慨しつつ、
今日も私は、感動の歯磨きタイムを過ごしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】一流スタイリストに聞いたファッションで一番大切なもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、日本におけるパーソナルスタイリスト創始者、政近準子さんの
ファッション講演に行ってきました。

実は、昨年通っていたパーソナルカラーの講座で、
政近準子さんの一番弟子である男性とご一緒していたんです。

たまたま、少し前に『「似合う」の法則』という政近さんの著書を
読んでいたこともあって、その男性とお話が弾み、
チャンスがあればぜひ一度、政近さんともお会いしてみたいな
と思っていたところ、名古屋での講演会にお誘いいただきました。

手足が長くて、頭の小さいスリムな体に、一見して普通の人ではない
と感じさせる、個性的でオーラのあるファッションを纏った政近さんは、
私より2つ年上。

「ただの派手はおばちゃんだと思っている方がいるかもしれませんが……」
とスタートした講演は、想像以上に面白くて、ぐいぐい引き込まれました。

政近さんは、“ファッションはギフト”という理念から、
TPPOSに基づいたスタイリングを提唱しています。

T:Time(季節、日程、時間)
P:Place(場所)
P:Person(相手)
O:Occasion(目的、場合)
S:Social(関係性、背景)

そして、これまでの日本のファッションに足りなかった、
PersonとSocialがとても重要であることを、
実例を挙げながら、丁寧に教えてくださいました。

ソーシャルメディアの発達で、自分の画像がすぐに拡散される現代において、
ファッションは公共であり、自己満足を超えた配慮が必要だというのです。

ご自身で派手なおばちゃんと言ってしまうくらい、
強いインパクトのあるファッションイメージがある政近さんですが、
お子さんの授業参観や、服育という子ども向けイベントでは、
穏やかな印象の主張しすぎないファッションを選ばれているそう。

スクリーンに写しだされたその時の写真と、
目の前にいる政近さんの印象の違いに驚きました。

テレビ番組出演時、スタジオのセットや共演の方の衣装に合わせて
コーディネートを考えるのも当然と、例に写しだされた画像は、
スタジオセットやアナウンサーの方々と調和しながら、
政近さんらしさもある、見事なスタイリングでした。

ハート模様のシャツを着た元総理大臣の鳩山さんや
サラリーマンのお父さんのようなセーターを着た安倍総理を例に、
日本の政治家のファッションへの無頓着ぶりを
バッサリと切るのも面白く、つい、声を立てて笑ってしまうことも。

言いにくいことでもハッキリと、でも、愛を感じさせるように
お話することができるのは、重ねられてきたたくさんの経験と
日々続けているであろう努力の賜物に違いありません。

講演の内容もさることながら、政近さんのお上手なお話の仕方と、
お仕事に対する真摯な姿勢に、大きな魅力を感じました。

後半は、カラーでご一緒した男性が檀上に立ち、
聴講者も参加する、実践的講義や、グループに分かれての
ワークショップもあり、とても楽しめた講演会でした。

そして、一番最後に政近さんが語った、
「ファッションで一番大切なもの」が、また深かったんですよね。

ご興味のある方は、ぜひ、政近さんのブログ等をご覧くださいね。

会場で、未読の著書『人生は服、次第。』を買ってサインをいただき、
Facebookでも、お友達になってもらっちゃいました。^^

なんだか、今年は、素敵な方との出会いが多そうな予感がします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】ショートストーリー「母と娘」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「お母さん、元気だった?」

振り返った母が驚いた顔をする。

「あれ、まぁ、来るんならそう言ってくれれば
美味しいものでも用意したのに」

「そう言うんじゃないかと思って、わざと連絡しないできたの。
ほら、今年はお正月にも来られなかったでしょ、
お母さんの顔が見たくなっちゃって」

「奈々子も一緒かい?」

「ううん、奈々子はお友達のところ。
遠くてなかなか来られないし、彼女も会いたい人がいっぱいいるみたい」

「そうかい……」

「そんな露骨に残念な顔しないでよ、
かわいい娘がこうして遊びに来てるんだから充分でしょう?」

ふざけてすねた真似をして見せると、母は慌てて笑顔を作った。

「お前が来てくれれば充分だよ。
そうだ、珈琲、飲むかい?
この前父さんが良い豆を買ってきてくれたんだ」

「うん、飲む!そういえば、お父さんは?」

「さっきちょうど買い物に出ちゃったんだよ、
お前が来るって分かってたら、待ってたのに……」

「いいわよ、たまには女ふたり水入らずも悪くないわ」

「あっちはどうだい?寂しくないかい?」

「そうね……まだ慣れないこともあるけど、思ったよりいい感じよ、
お母さんこそ、膝の痛みはどう?ここのところ寒いから心配で……」

「大丈夫だよ、父さんが毎日マッサージしてくれるんだ」

「そう、よかった。お父さん、優しくなったわね」

あんなに頑固でいつも威張っていたお父さんが、
母の足をマッサージするようになったなんて驚きだが、
老夫婦が仲良くやっていてくれることはありがたい。

遠く離れてしまった私では、母の役に立てないのだから。

「あ!お母さん、これ、買ってくれたの?」

本棚に私の本があるのを見つけて、思わず声が弾む。

「ちゃんと読んだよ、ずいぶん時間がかかっちゃったけどねぇ」

昔から本なんか読まなかった母は、
目が悪くなってから新聞のチラシさえ見ないようになった。

そんな母が、活字ばかりの分厚い本を読んでくれていたなんて。

「当たり前じゃないか、お前の書いた本なんだから、他の本とは違うよ。
お父さんなんて、50冊も買って、知り合いに配ってたんだから」

そんなことしてくれたんだ、知らなかった。
思わず涙が出そうになる。

「でも、もう新しい本は出せないんだねぇ」

母がポツリと言った。

「そんな顔しないで!1冊出せただけでも幸せよ!
それに、ほら、けっこう売れてるし、これで……」

そこで思わず言葉に詰まった。

そうだ、この原稿をコンクールに出したのは、
賞金を娘の奈々子に残すためだった。

そして、もしも、出版された本が売れて少しでも印税が入れば、
それも奈々子のものになる、そう思って必死で仕上げた作品だった。

それなに、あんな事故が……。

「あ、もうこんな時間、お母さん、私、そろそろ行くわ」

「もう行くのかい?もう少ししたら父さんも帰ってくるのに」

「ごめんね、ゆっくりしていられなくて……」

「私もそっちに行こうかなぁ?」

「何言ってるのよ、そんなの絶対にダメよ!お父さんが悲しむわ」

「そうだよねぇ、父さんをひとりにはできないよねぇ……」

「お母さん、お父さんのことお願いね!私には奈々子もいてくれるから」

「また……またいつか来るね。珈琲、美味しかったわ、ご馳走さま!」

私は、振り返らずに母から離れた。


******

「母さん、帰ったよ」

寛は自分でドアの鍵を開けて中に入ると、
今度は、内側からしっかりと鍵をかけた。

妻がひとりで外に出ていってしまわないように。

「母さん、ただいま」

妻の傍まできて、もう一度声をかける。

「あぁ、お帰りなさい。今ね、あの子が来てたの」

「そうかい、あの子は元気だったかい?」

「とても元気そうだったよ、あっちの生活も悪くないって」

「奈々子も来たのか?」

「いいえ、あの子だけ。珈琲を煎れてあげたら、美味しかったって」

「そうかい、良い豆を買っておいて良かったな」

妻の座る迎い側には、珈琲の入ったカップが置いてあった。

「母さん、もう少し暖かくなったら、
ふたりであの子たちのお参りに行ってやろうな」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

新しい年を迎える度に、何度も「どうにかしなくちゃ!」と
考えることがあります。

それは、自分の手書き文字の残念さ。

昔は、もう少し綺麗な字を書いていたように思うのですが、
全てPCに頼るようになって、年々劣化している気がします。

最近では、年賀状のメッセージさえ、
恥ずかしくて手書きできなくなっていました。

私が手書きすると、字があまりに残念なせいで、
同じ文章をパソコンで打った時より、おばかさんに見えるのです。

そして、先日、講演の後で、政近さんが、
美しい筆文字でサインされているのを見て、
やっぱり、もう一度、字を練習しようと決めました。

「文字は人を表わす」なんていう言葉があります。

文字が綺麗でなくても、素敵な人はたくさんいると思いますが、
文字も綺麗に書けた方が、より素敵に見えるのは間違いありません。

まずは、クセがついてしまったでたらめな書き順から、
直していこうと思います。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2015年2月6日の予定です。

 

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle