━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆クリスマスは嫌い◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.264
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年12月12日vol.264
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。^^
今日もブリリアントタイムを開封してくださって、ありがとうございます!

前回のブリリアントタイムを読んでくださった皆さまには、
もうご覧いただけたことと思いますが、初めての皆さまのために、
今回もご紹介しちゃいます♪

ジャーン!!

ウオッチコレフェイスブックページ「梅田のウオッチコレ」

https://www.facebook.com/watchcolle

時計好きさんにはたまらない、時計のスナップのオンパレードですよ!

いいね!、コメント、シェア、大歓迎!

ウオッチコレフェイスブックページ「梅田のウオッチコレ」の
タイムラインを、ぜひお楽しみください!


それでは、今回も、まずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年11月28日〜2014年12月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ユンハンス マックスビル デザイン 27.3701 001 手巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh017d/JH-017D.htm

◇ユンハンス マックスビル デザイン 027-5703 902 手巻き OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh016d/JH-016D.htm

◆ウォルサム マキシム 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/WT/wt028a/WT-028A.htm

◇ジン UX.GSG9 5000m防水 ラバーベルト クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SI/si028sp/SI-028SP.htm

◆ジン 603.EZM3 "ドイツ特殊部隊"制式ダイバーズウォッチ 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SI/si027sp/SI-027SP.htm

◇セクター 950 クロノグラフ チタニウム 自動巻 300m OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SC/sc025c/SC-025C.htm

◆ラドー シルエット レディース 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd123a/RD-123A.htm

◇オメガ デビル レディス 511.0375 Cal.625 手巻 OH済 1973年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om624a/OM-624A.htm

◆オメガ デビル 395.0875.2 GP Cal.1378 クオーツ 1991年製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om623d/OM-623D.htm

◇セイコー 5アクタス 6106-8440 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1131a/SK-1131A.htm

◆セイコー 5アクタス 6106-8450 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1130a/SK-1130A.htm

◇セイコー 5スポーツ 6119-6023 自動巻 OH済 昭和50年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1129a/SK-1129A.htm

◆セイコー 5アクタス 6106-8440 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1127a/SK-1127A.htm

◇ダンヒル ミレニアム SS/GP 青文字盤 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/DH/dh020d/DH-020D.htm

◆セイコー 5スポーツ 100m 7S36-01X0 23石 自動巻 日本製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1126sp/SK-1126SP.htm

◇セイコー 5スポーツ 100m SNZB33J2 23石 自動巻 日本製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1125sp/SK-1125SP.htm

◆セイコー ダイバーズ 200m 7S26-0030 自動巻 逆輸入モデル USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1123sp/SK-1123SP.htm

◇オメガ ジュネーブ 166.037 Cal.565 自動巻 1969年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om622a/OM-622A.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆整理収納アドバイザー直伝!お片づけの極意
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カレンダーが残り1枚になって、今年もあっという間だったなぁ……
なんて振り返りっていると、年内にやっておきたいことが、
あれこれ思い浮かんだりしませんか?

例えば、家の片付けなんかも、今年の内になんとかしたいことのひとつ。

実は、ママ友のひとりに、お片づけのプロ、整理収納アドバイザー
として活躍している友人がいて、先日、その友人の整理収納講座を
受けてきました。

かんたんな整理収納レベルチェックテストによれば、私は、
工夫して多くのモノを上手に収納するのが得意だけれど、
不要なモノまでとってあるタイプだそう。

確かに、3畳ほどしかない我が家の狭いキッチンには、
スペースにそぐわない量の調理グッズや家電製品が詰まっていて、
遊びに来た友人に驚かれることがよくあります。

例えば、コーヒー関係だけでも、コーヒーサーバー2台(つい最近まで3台)、
コーヒーミル、ミルクフォーマー2台、コーヒーストッカー2つがあって、
普通のコーヒーカップやマグカップの他に、陶器とステンレスの
エスプレッソカップセットも置いています。

他にも、オーブンレンジ、トースター、ホットプレート、ジューサー
はもとより、フライヤー、精米機、ワッフル&ホットサンドベーカー、
マルチブレンダー、ソーダメーカー、パン焼き機、たこ焼き機、パエリア鍋、
しゃぶしゃぶ鍋なども、いつでも使える状態でスタンバイしています。

書いていて、我ながら、よくこのスペースに全部収めているな、
とちょっと感心してしまいました。(笑)

でも、よく考えてみれば、一時期ハマっていたワッフルベーカーも、
今年は数えるほどしか使っていませんし、パン焼き機は過去2年、
パエリア鍋は、3年以上使っていません。^^;

キッチンだけでもこうなのですから、リビングや寝室まで見渡したら、
もう要らないもの、今は使っていないものが、山のように出てきそうです。

よく、片付けることを「整理整頓」といいますが、「整理」という言葉には、
「乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること」という意味と、
「無駄なもの、不要なものを処分すること」という意味があるそうです。

つまり、どんなに上手に収納できていても、無駄なモノや要らないモノが
たくさんあるようでは、整理できているとは言えないということ。

講座で教えていただいた、整理収納の理想は、
不要なものは潔く手放し、常に一定量を保つことでスペースに余裕を持ち、
最小限の片づけですっきりした部屋をキープできる状態とのこと。

となると、私が今すぐすべきなのは、不要なもの処分です。

でも、これがなかなか難しい!

整理収納講座の定義に沿えば、私には潔く処分すべきものも多いのですが、
実際には、3年以上使っていないパエリア鍋さえ、手放したくありません。

処分することを考えた瞬間、この鍋を買った旅行先のできごとや、
この鍋で作ったパエリアの美味しさが、思い出されてしまうから。

パン焼き機にしても、この機械にこねてもらったパン生地を、
小学生だった娘と一緒に形にしたことや、いろんな材料を入れて、
オリジナル食パンを作って楽しんがことが、思い出されてしまいます。

講座では、整理収納の基本を、「モノを減らして、分けて、収める」
と教えていただきましたが、私にとっては、この“減らす”ところが、
いきなりできません。^^;;

誰もがごく日常的にやっているはずの「片付け」ですが、
実はけっこう奥が深くて、本当に極めたいと思えば、
心理面からのアプローチまで、必要なのかもしれまぜんね。

そうそう、この整理収納講座では、こんなことも教えていただきました。

「講座を終えると、家に帰って、まず、引き出しや押入れから
片付けようとする方が多くいらっしゃいますが、やめてください。
整理整頓は、一番目に付くところからやってください。
自分にも家族にも効果がよく見えた方が、モチベーションが上がります」

なるほど!確かに。

なぜだか、奥まったところから取り掛かりたくなる片付けですが、
今年の年末は、誰の目にもつきやすくて目立つ場所から
取り掛かりたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇新語・流行語大賞から時代が見える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月には、毎年恒例のイベントがたくさんありますよね。

例えば、12月1日に大賞が発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」
もそのひとつ。

ノミネートされた言葉を見るだけで、その年がどんな年だったか
イメージできる、楽しみなイベントです。

ここ数年は、このメルマガでも、毎年、新語・流行語の話題を
取り上げてきましたが、今回は、今年の受賞ではなく、
過去の受賞を振り返ってみたいと思います。

追いかけるテーマは、“インターネット”。

今や、私たちの生活の一部として、なくてはならないものになった
「インターネット」も、実は、かつて新語・流行語として、
トップテン入りを果たしていました。

「インターネット」が入賞したのは、1995年。
サイトの解説には、こんなふうに書いてあります。

加入利用者数4000万人、約150カ国、
つまり地球上ほとんどの地域の人とコミュニケーションができる、
お化けのような情報交換システム「インターネット」。
コンピュータのグローバルネットであり、
文字どおり「国際化」は現実のものとなった。
その一方、「インターネットを使うには英語が必要なんだよなあ」
との嘆きの声も聞かれるが。

今では小さな子どもでも使っているインターネットも、
当時はまだ、英語ができなければ使いこなせないものだったのですね。

そんなインターネットも、1999年になると、私たちにとって
ぐっと身近なものになってきます。
そして、この年、トップテン入りした言葉は、「iモード」。

「i」は「internet(インターネット)」の「i」だが
「information(情報)」「interrated(統合)」の「i」ともいう。
1998年に発売されたアップル社のiMacが発祥だが、
翌年日本ではカメラや本などインターネットとは直接関係ないような
商品も巻き込んだ一大「i」ブームとなった。
その火付け役となったのが、NTTドコモが始めた、
インターネットに接続できる携帯電話新サービス「iモード」のヒット。

思わず「懐かしい」とつぶやいてしまったお父さん、
いらっしゃいませんか?^^

“インターネットに接続できる携帯電話新サービス”という言い方が、
とても初々しく感じられます。

そして、2000年には、この言葉が大賞を受賞します。

「IT革命」。

情報技術(Information Technology)分野での革命が、
経済の新たな成長を担うとともに、国家・社会・企業等の組織を
変えていく現象。
コンピュータの高性能化、低価格化と通信の大容量化、
高速化を二つの柱とするIT革命はインターネット利用を急速に普及させ、
電子商取引の比重を大きく高め、企業間および企業−消費者間の
直接取引を増やしている。
一方、IT革命の波に乗る者とこれに乗り遅れる者の
情報格差(デジタル・デバイド)が問題となっている。


翌年、2001年には、高速で大容量の情報を送受信できる回線
「ブロードバンド」が入賞し、インターネットはさらに進歩していきます。

高速インターネットもすっかり当たり前になった2005年、
トップテンに入ってきたのは、「ブログ」。

ウェブログ(Web-log)の略称。
従前よりは格段に容易に、また低コスト(ときに無料)で、
個人がウェブ上に日記や写真等を公開・更新できるため大人気。

と紹介されています。

2007年になると、インターネットができる個室を備えた
ネットカフェに寝泊りする人たちが報道されて話題になり、
「ネットカフェ難民」がトップテン入りしました。

そして、ツイッターが広く浸透した2010年には、
自分の現在を告げる便利なワード「〜なう」が受賞しています。

簡単な外来語だが、「NOW」でもなく、また「ナウ」でもなく、
ひらがなの「なう」だからこそ、ツイッターの上を浮遊する
いまの時代の気分が表現しやすいのかもしれない。

という解説文は、今読んでも納得させられます。

1995年の「インターネット」から、2010年の「〜なう」まで、
新語・流行語大賞を追いかけるだけでも、
わずか15年で日本の情報交換システムは目覚しく発展し、
インターネットが一部の知識層だけの難しいツールから、
誰でも使える便利なツールへと変わって行ったことがわかります。

今後もまだまだ発達発展し、さまざまな使い方がされていくであろう
インターネットは、これからも、きっと、いろいろな新語・流行語を
生み出していくことでしょうね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆クリスマスは嫌い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BGMに流れているマライアキャリーの歌声を聞きながら、
なーにが恋人たちのクリスマスよっ。と心の中でひとりごちた。

クリスマスは、嫌いだ。

考えてみれば、信者でもない日本人が、なぜ、よその国の神様の
誕生日を祝うのか?さっぱりわけがわからない。

だいたい、自分の親の誕生日さえロクに祝いもしないのに、
会ったこともない神様の誕生日にケーキなんか食べてどうする?

その上、プレゼントまで交換し合うなんて、どうかしていると思う。

大きなツリーを指さして、イチャつくカップルを横目で見ながら、
待ち合わせ場所の選択を誤ったと後悔した。

仕事で相談したいことがあると言われて、後輩と待ち合わせた駅ビルに、
こんなに大きなツリーがあるなんて、ちっとも知らなかった。

もちろん、私だって昔からクリスマスが嫌いだったわけじゃない。

かつては、あのカップルと同じように恋人に肩を抱かれて、
綺麗なイルミネーションを眺めたこともあった。

約束の時刻まで、あと5分。

大きなツリーとカップルに耐え切れなくなった時、
駆けてくる後輩の姿が見えた。

「お待たせして申し訳ありません」

息を切らせた後輩が、深々と頭を下げる。

それから、ゆっくり顔を上げると、今度は、
「でも、間に合って良かった!今日はありがとうございます」
と、満面の笑みを見せた。

その笑顔があまりに無邪気だったものだから、
つられて思わず、微笑んでしまった。

仕事の熱心さと礼儀正しさで、年長者の覚えが良い後輩は、
いわゆるイケメンでもあって、部の若い女の子たちにも人気があった。

もし私があと5つ若かったら、今の笑顔に惚れていたに違いない。

浮かれやすいクリスマスシーズンは、
うんと気をつけなくてはいけないというのに。

それは、3年前のクリスマスのこと。

5年間付き合った彼に、大切な話があると言われて、
プロポーズを期待したら、他の女との婚約を告げられた。

相手の女と出会ったのは、前年のクリスマスパーティーだという。

私は丸1年間二股をかけられた挙句、クリスマスに捨てられたのだ。

イルミネーションが真実を隠すクリスマスシーズンは危険だ。

次の年から、私は、クリスマスに関わる全てのものごとを
できるだけ見聞しないよう、関わらないよう気をつけて過ごした。

「さ、行きましょう!」

一時も早くツリーから離れようと、後輩を促して歩き出した瞬間、
流れていたBGMが一段と大きくなって、ツリーにライトが点灯した。

美しいイルミネーションで彩られたクリスマスツリーが、
目の前でキラキラと輝いている。

不意をつかれて驚いている私を、後輩がさらに驚かせた。

「先輩、ごめんなさい。仕事の相談なんて嘘です。
今日は、先輩と一緒にツリーの点灯を見たくて誘いました。
すぐにとは言いません。でも、これから、僕をただの後輩でなく、
男として見てください。今年のクリスマス、一緒に食事しませんか?」

クリスマスは嫌いだ。
それに、クリスマスシーズンは危険だ。
だから、うんと気をつけなくてはいけない。

でも……

後輩の、真っ直ぐな瞳に映るイルミネーションはあまりに綺麗で、
外国の神様の誕生日を、またお祝いしたくなるかもしれない。

クリスマスシーズンは、本当に危険。

〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

今年も残すところ3週間。

年内にやっておきたいことを総ざらいして、
できるかぎり完了できるようがんばるのと同時に、
2014年を振り返って反省しながら、
2015年の計画を立てたいなと思います。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年12月26日の予定です。

 

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle