━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆大切な人との時間◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.261
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年10月31 日vol.261
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。^^
今日もブリリアントタイムを開封してくださってありがとうございます!

今日、10月31日は、今や日本にもすっかり定着したハロウィン。

元々は古代ケルト人の収穫祭であったのが、アメリカの民間行事となり、
かぼちゃのランタンを飾り、子どもが仮装してお菓子をもらい歩く風習
になったというのは良く知られているお話しです.

でも、ここ数年の日本では、大人が本気で仮装する日という、
日本独自のハロウィンが出来上がりつつあるそうです。

先日ニュースで見た週末の夜の東京には、定番の魔女やゾンビだけでなく、
団体の日本エレキテル連合だとか、“肉”だとか、なんだかよくわからない
仮装の人もたくさんいて、すごいことになっていました。

面白そうな物事は、なんでもちゃっかり取り入れて、
ジャパニーズ風味にアレンジしてしまう日本人は、
もしかしたら、世界一楽しみ上手な民族なのかもしれません。

もし、ブリリアントの読者の方で、今夜は仮装パーティー!
という方がいらしたら、ぜひ、どんな仮装をしたのか、
私に教えてくださいね♪

今週も、まずはウオッチコレ新着情報からお楽しみください!

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年10月17日〜2014年10月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆オメガ シーマスター 166.067 Cal.565 自動巻 OH済 1970年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om619a/OM-619A.htm

◇オメガ ジュネーブ 166.13 Cal.1012 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om618a/OM-618A.htm

◆オメガ 162.0060 23石Cal.1020 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om617a/OM-617A.htm

◇シチズン ホーマー 昭和52年 国鉄北釧 No.142 手巻 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz170a/CZ-170A.htm

◆シチズン セブンスター 4-720121Y 23石手巻 OH済 昭和44年製造
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz168a/CZ-168A.htm

◇セイコー クラウン J14031 GP 手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1109a/SK-1109A.htm

◆キングセイコー 5626-7110 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1108a/SK-1108A.htm

◇グランドセイコー SBGF015 8J55-0A10 クオーツ 1996年製 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1107a/SK-1107A.htm

◆チュードル オイスター プリンス 7964 デカバラ 自動巻 OH済
1965年製
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx203a/RX-203A.htm

◇チュードル プリンスデイト 74000N 自動巻 OH済 1980年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx202a/RX-202A.htm

◆チュードル 7934 オイスター デカバラ 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx201a/RX-201A.htm

◇オメガ デビル ST511-0509SP Cal.625 17石手巻 OH済 1975年製造
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om616a/OM-616A.htm

◆オメガ 14772 SC-61 Cal.285 手巻 OH済 1961年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om615a/OM-615A.htm

◇オメガ コンステレーション 166.017 自動巻 Cal.564 OH済
1970年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om614a/OM-614A.htm

◆セイコー ベルマチック 4005-7000 27石自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1105a/SK-1105A.htm

◇ジラールペルゴ Cal.091-759 2針 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/GP/gp012a/GP-012A.htm

◆インターナショナル レディース 自動巻 OH済 1970年代 IWC
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc075a/IWC-075A.htm

◇セイコー トモニー 5018-502A 手巻 OH済 1970年代製造
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1103a/SK-1103A.htm

◆セイコー メカニカル SARB033 23石自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1102d/SK-1102D.htm

◇キングセイコー 5246-6030 自動巻 OH済 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1101a/SK-1101A.htm

◆セイコー ダイバー 150m サードモデル 6306-7001 自動巻 OH済
昭和53年製造
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1100sp/SK-1100SP.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆リフレイン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、お仕事で、ご高齢のご婦人と1時間ほどご一緒する機会が
ありました。

部屋に入ってきたそのご婦人は、にこやかにご挨拶されると、
ゆっくりと椅子に腰かけ、関西風のイントネーションで、
お話をはじめました。

色白でキメの細かい肌と、つぶらな瞳が、
若い頃はさぞかしお綺麗だったのだろうなと感じさせます。

足腰もしっかりされていて、腰かけた姿もシャンとしているので、
おいくつくらいなのだろう?と思っていると、
私の気持ちを見透かしたように、「私、いくつだと思う?」
と問いかけられました。

「おいくつなんですか?」と問い返すと、

微笑みながら、「大正14年生まれなの」と言います。

ということは……89歳?

とてもそんなお歳には見えないので、「お若く見えますね!」
「20ぐらいお若く見えます」と伝えると、少女のようにはにかみながら
「うふふ」と可憐に笑われました。

お世辞ではなく、本当にそれくらい若々しく見える方だったのです。

「京都出身でこんなしゃべり方だからかしらね?
若い頃は姉妹みんなで西陣の帯を織ってたのだけれど、
大東亜戦争で帯はぜいたく品だからって、機織りを取り上げられて、
それで名古屋の知り合いの工場で働くことになったの」

えっと……大東亜戦争は、太平洋戦争のことでしたっけ?
どうやら本当に、お歳を召した方のようです。

私たちは先生に教わりながら、切り抜いた紙を折ったり貼ったりして
花のブローチを作っていたのですが、老眼の私には、
小さなパーツが見えません。

ご婦人は、「小さくてできないわ」と言いつつも、
先生にお手伝いしていただきながら、着々と作業を進めています。

メガネもかけないまま、この作業ができるなんてやっぱりお若い、
なんて思っていると、再び、ご婦人が、「私、いくつだと思う?」と
問いかけてきました。

首をかしげるしぐさをすると、
「大正14年生まれなの」と言われます。

「お若く見えますね!20ぐらいお若く見えます」と伝えると、
嬉しそうに「うふふ」と笑って……

「京都出身でこんなしゃべり方だからかしらね?
若い頃は姉妹みんなで西陣の帯を織ってたのだけれど、
大東亜戦争で帯はぜいたく品だからって、機織りを取り上げられて、
それで名古屋の知り合いの工場で働くことになったの」

と再び、名古屋に来た経緯を教えてくれました。

それから、ご婦人は、2つのブローチを作り終わるまでに、5〜6回、
そして、立ちあがってお別れのご挨拶をしながらもう1回、
同じ会話を繰り返し、にこにことされたまま、お部屋に戻って
行かれました。

ご婦人が何度もリフレインされた内容は、
彼女の人生のターニングポイントだったのかもしれません。

長い月日が流れた今も、初めて会う他人には、
何度でも話したくなるような……。

もしも、私があと40年、歳を重ねられたとしたら、
彼女のように始終笑顔でいられるかしら?

そして、その時は、いったいどんなお話しをリフレインするかしら?

ふと考え込んでしまった、ご婦人との出会いでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇大切な人との時間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“「大切な人」に会いたくなる脅威の体験型コンテンツ”として、
Facebookやツイッターで数多くシェアされているサイトをご存知ですか?

セイコーウオッチが開設したそのサイトのタイトルは、
Precious Moment」。

忙しさの中で気づけなくなってしまっている時間について、
改めて考えさせられるサイトです。

娘、息子、母、父、妻、夫、彼女、彼氏、友達
の中から大切な人を選び、それぞれの名前や年齢、誕生日を入れると、
あなたとその大切な人が過ごしてきた貴重な時間(Precious Moment)
が次々に表示されます。

夫や娘、父や母と当たり前のように重ねた月日を、
時間に換算して改めて目にするのは、何とも言えない気持ちです。

チクタクという時計の音とともに過去に戻る時間は、
大切な人と初めて会った時の気持ちや、特別な思い出や、
ごく普通の一日の、何でもないけれど愛おしい出来事を、
次々に思い出させます。

そして、未来に進む時計に、大切な人との残り時間を想像させられた時、
ちょっぴり、ドキッとするのです。

まだだっぷりあると思っている大切な人との時間は、
案外、残り少ないのだと気づくから。


時間の長さは変えられない。でも……

最後に現れるこのメッセージの続きは、
ぜひ、あなた自身でご体感ください。

Precious Moment

http://www.seiko-watch.co.jp/preciousmoment/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆特別な日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その店は、住宅街の奥の路地裏にひっそりと建っていた。

入口の洒落たドアには、金色の文字で店の名前が書かれている。

昨日、飲み屋で意気投合した男が教えてくれた店だ。

男が言っていたあり得ない話の真偽を確かめるため、
今日は仕事を早々に切り上げてやってきた。

ずいぶんわかりにくい場所だったが、確かに店はあった。
だが、まだ、男の話が本当だと決まったわけではない。

恐る恐るドアを開けると、「いらっしゃいませ」という声がした。
女だったら惚れてしまいそうな低く魅力的な声だ。

カウンターに腰かけると、端正な顔立ちのマスターに、
「何になさいますか」と訊ねられた。

喉がカラカラだったのでビールを注文し、ぐっと一杯のみ干して、
ようやく人心地がついた。

落ち着いて店内を見回すと、客は俺一人だ。

趣味の良い内装だが特別高級というわけでもない、
どこにでもありそうな普通のバーだ。

2杯目のビールをちびちびと飲みながら、
俺はどうやって確かめようかと考えを巡らせた。

本当に、ここは男が言っていたような店なのか?

3杯目のビールグラスを空にして、やっとマスターに話しかけた。

「あのう……」

ちょうどその時、さっきまでダンディでクールだったマスターが、
突然オネエ言葉でまくしたてた。

「ああ!もう我慢できないっ!アンタも仲間なんでしょう?
最初からずっと待ってたのに、ちっとも切り出さないんだからぁ!
明日仲間が行くからよろしくって電話貰ってたから知ってたのよぉ」

そう言いながら頬の肉をグイッと引っ張ると、
端正な顔立ちのマスクが外れて、
ただれた皮膚と眼球の落ちかけた目が現れた。

俺は思わず立ち上がって、「マスター!?」と叫んだ。

「大丈夫よ!今日は特別な日なんだから、本当の姿を見せてもいいの」

眼球が留まっている方の目を閉じてウインクをすると、
手を伸ばして俺の髪を鷲づかみにし、頭の皮をずるりと引きはがした。

俺の頭がふっと軽くなって、半分むき出しになった頭がい骨と、
ぱっくりと割れて血が固まりかけた額の大きな傷が現れた。

「それより、早く街に繰り出しましょうよ!」

そうか!その言葉で俺はようやく、今日が何の日だったか気付いて、
マスターと顔を見合わせながら、あの合言葉を言った。

「Trick or Treat!」
「Trick or Treat!」


〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先日、少し急いで電車に乗った後、バッグに結んであった
お気に入りのスカーフが無くなっていることに気づきました。

結び方が甘くって、走っている間にほどけてしまったのでしょう。

落としたのはきっと駅の構内かホーム。

3年前に一目惚れして買った時計がモチーフのスカーフは、
私が所有している数少ない高級品のひとつで、
ちょっとした思い出のある品物でした。

もう戻ってこないだろうな……。

ちょうど時計柄だったこともあって、昔のことはきっぱり忘れて、
新しい時間を生きなさい、という神様のお告げだと、
考えることにしました。

1日外で忙しく過ごし、スカーフのことはすっかり忘れていた
帰りの電車を降りるとき、目の前に4つ折りの千円札が
落ちているのに気付きました。

千円札を拾って駅員さんに届けたその時、
ふと、今朝スカーフを落としたことを思い出し、
駅員さんに訊ねると……

「ああ、届いてますよ!」という嬉しいお返事。

戻らないと思っていたスカーフは、汚れもなく綺麗な状態のまま、
私の手元に戻ってきました!^^

もしも、千円札を拾わなかったり、駅員さんに届けなかったりしたら、
スカーフのことは忘れたまま、諦めていたに違いありません。

拾って届けてくださった方、本当にありがとうございます!!

世の中、まだまだ捨てたもんじゃありませんね♪

そして、神様は、大切な思い出は無理に忘れなくてもいいよと、
私に微笑んでくれたのかもしれません。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年11月14日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle