━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆大人のためのタイムマシーン◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.256
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年8月22日vol.256
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。
今日もブリリアントを開封してくださって、ありがとうございます!

有給休暇などと合わせて、10連休という方もいらした今年のお盆。
皆さま、いかがお過ごしでしたか?

10連休もの長いお休みだと、いろんなことができそうですが、
3ヵ月ほど前のブリリアントvol.249で、“船旅”のご紹介をしたことを
覚えている方はいらっしゃるでしょうか?

http://www.watch-colle.com/Haruka/bt249.htm

実は、この時、船旅の魅力を教えてくださった方から、
とっても素敵なお知らせが届きました!

そのお知らせというのは……

と、その前に、今回も、まずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年8月7日〜2014年8月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆オリエント ウィークリーオリエント AAA H116906 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on177a/ON-177A.htm

◇オリエント ロイヤルオリエント スイマー FW91007 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on176a/ON-176A.htm

◆オメガ スピードマスター マーク40コスモス 352050 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om605c/OM-605C.htm

◇オメガ シーマスター クロノメーター Ref.168.024 自動巻 Cal.564
OH済 1968年製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om604a/OM-604A.htm

◆オメガ デビル レディス 511.0503 SP Cal.625 手巻 OH済 1970年代製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om602a/OM-602A.htm

◇ジン UX UX.S.GSG9 クオーツ ラバーベルト USED
http://www.watch-colle.com/watch/SI/si026sp/SI-026SP.htm

◆オメガ 14757 61SC Cal.600 ラウンド 手巻 OH済 1960年代製
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om601a/OM-601A.htm

◇セイコー クロノグラフ 6139-7030 自動巻 OH済 昭和51年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1052c/SK-1052C.htm

◆セイコー クロノグラフ 6139-6060 自動巻 OH済 昭和50年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1051c/SK-1051C.htm

◇ローマー 6341 MST 17石 手巻 OH済 スイス製 1950年代 
http://www.watch-colle.com/watch/RM/rm002a/RM-002A.htm

◆エポス ラウンド 3380RSL ETA2824-2 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep040d/EP-040D.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆夫と暮らす最大のメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

我が家では、今年の春から夫が単身赴任しています。

21年目を迎えた結婚生活で、夫と長く別れて暮らすのは初めてのこと。

ずっと実家暮らしのまま結婚した夫は、ひとり人暮らしの経験もなく、
家で過ごすのが大好きな出不精さん。

今の若い男性と違い、買い物以外の家事は一切しませんし、
汗っかきで、ベッドにもタオルやバスタオルを持ちこみ、
1日に何度も着替えるので、洗濯物は2人分です。

食卓にお皿がたくさん並ぶ食事を好むので、
夕食の後片付けも時間がかかります。

そんな夫がひとり暮らしをしたら、どんな生活をするのだろう?
と赴任前は想像がつかず、心配でもありました。

それと同時に、そんな夫がいなくなれば私の家事時間は減るはず!
という楽しみもありました。

いざ別居生活が始まってみると、案の定、私の家事労働時間は激減し、
仕事の量を増やしたり、習い事をしたりする時間ができました。

心配だった夫自身の生活も、ふたを開けてみれば何の問題もなく、
しっかりと自炊して、掃除や洗濯もしていました。

しかも、メールで送られてくる夕食の写真は、
ちゃんとバランスがとれたメニューをワンプレートにしていて、
時には、私と娘の食事よりもずっと豪華だったりします。

惚気るわけではありませんが、夫は元々、私なんかよりずっと器用で、
頭も良く、スポーツから工作まで、何でもできる人でした。

家事だって、本気でやれば、私よりずっと上手いに決まっています。

そんな夫が、10日間の夏休みで、戻ってくることになったので、
もしかしたら、夫の手料理を食べられるかもしれない。だとか、
家事に目覚めた夫が、家でも洗濯や掃除をしてくれるかもしれない。
なんて、淡い期待を抱きました。

が、こちらに戻ってきた夫は、赴任前の夫とまったく同じで、
私の家事労働は、夫がいない時の3割増しになりました。^^;

これならいっそずっと別居していた方が……
とも思いかけたその時、襲ってきたのは、大きな台風。

私の住む地域では、雨の被害こそなかったものの、
電車が止まって出かけられなくなり、
傘をさしたら瞬時に壊れるほどの、強い風が吹き荒れました。

窓の外がピカピカ光って、ゴロゴロと鳴った雷が、
隣に落ちたんじゃないかと思うくらい大きな音でドッカーン!と響き、
ちょっと……いえ、かなり、怖かったのです。

ところが、悲鳴をあげる私とは対称的に、はのんきにテレビを見ていて、
その、全く動じない姿に、なんだかとても安心しました。

そんな夫を見ていたら、
いざという時には、必ず、この人が娘と私を守ってくれる。
と感じられたから。

そう言えば、過去にも何度か、同じように感じたことがあります。

本当のところは、いざという時など一生来ない方が良いですし、
実際にいざとなったとき、本当に夫が娘と私を守れる保証もありません。

だから、夫が必ず守ってくれる、というのは、
雷で気弱になった私の、単なる思い込みでしょう。

それでも、やっぱり、私はその時、
夫が傍にいてくれることに、とても安心したのです。

結婚前の強い恋愛感情は、いつまでも続くものではありませんし、
傍に居れば面倒なこともたくさんある夫。

夕食の後はすぐゴロ寝でテレビを見て、洗い物も手伝ってくれないけれど、
実は怖がりで心配性で、芯の弱い私にとって、
「いざという時は夫が必ず守ってくれる」と思える安心感は
かけがえのないものなのです。

もしかしたら、夫と一緒に暮らす最大のメリットは、
この安心感なのかもしれません。

ただ……

台風が行ってしまって、青空が戻ってくると、
連日ゴロ寝でテレビを見ている夫に、安心感よりも、
このままボケてしまうのでは?という不安を感じたりもしています。^^;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇大人のためのタイムマシーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すべての、子ども経験者のみなさんへ。

そんなキャッチコピーが“大人向け”であることことを語るアニメ映画、
「STAND BY ME ドラえもん 3D CG」を観てきました!

実は、我が家はみんなドラえもん好き。

マンガのドラえもんはもちろん、「ひみつ道具事典」も熟読し、
大人ファン向けの定期刊行雑誌だってコンプリートしています。

娘に至っては、小学生の頃、のび太くんのことを、
「理想の男性」だと言っていたほど。(笑)

周りからは変った理想だと言われていましたが、
良く考えてみれば、案外娘は男を見る目があったのかもしれません。

だって、一見ダメ男に見えるのび太くんは、
未来から来た高性能ロボットに全力サポートされながら、
空を飛んで雲で遊び、ジャングルや雪山や宇宙空間を冒険し、
過去や未来まで行き来してしまうスーパーボーイなのですから。

さて、そんなのび太くんのダメ男ぶりと魅力がよく分かる、
選り抜きの傑作エピソードを上手にまとめて1本にしたのが、
この、STAND BY ME ドラえもん。

子ども経験者なら1度は目にしたことがあるあのシーンやこのシーンが、
最新のCG技術を駆使した3D映像で目の前に広がります。

マンガやアニメではわからなかった質感と、
新鮮なアングルで見る名場面は想像以上に感動的! 

思わず「わぁっ!」と声が出ていたようで、
後から夫に、声がうるさかったと叱られました。^^;

のび太くんの部屋の畳の目だとか、ジャイアンの服の布地だとか、
細かなところにもリアリティがあって、そんなところまで手を抜かない
日本のクリエイターってすごいな、と本編とは関係のないところにも
感心してしまいました。

街中で見かける涙ぐむドラえもんのポスターには、
「いっしょに、ドラ泣きしません?」と書かれていて、
映画の内容が感動的であることは、見る前から想像がつきます。

実際、「雪山のロマンス」、「のび太の結婚前夜」や、
「さようならドラえもん」などが原作となっている後半は、
ドラ泣き必至の展開です。

でも、私は、映画がスタートして間もなくから、
なぜだか何度も涙ぐんでしまいました。

誰も泣いていないようなシーンでうるうるしてしまった感覚を
うまく説明するのは難しいのですが……

同じエピソードをマンガで読んだときの状況が思い出されたことや、
当時はまだ小さかった娘がすっかり成長して一緒に映画を観ていることに
時の経つ早さを感じたことや、良く見知ったあのドラえもんが、
最先端3GCGになっているという感激がないまぜになったのだと
思います。

もちろん、後半、結婚前夜のしずかちゃんがパパと会話するシーンで、
いつか来るであろう娘のその日を想像したことは、いうまでもありません。

劇中、何度か登場するタイムマシーンが、映画を観ていた私のココロも
過去や未来に連れて行ってくれたようでした。

STAND BY ME ドラえもん。

http://doraemon-3d.com/

夏の終わりに、感情の時間旅行を楽しんで、
“あの頃”の気持ちを思い出したい大人の皆さまに、熱烈おススメです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆エラーランプ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ピー。

「くそっ、また紙詰まりか……」

舌打ちしながらエラーランプを睨んで、用紙カセットを開けた。

排紙ローラーのカバーをあけて、ローラーの辺りの探ったが、
紙はどこにも詰まっていない。

いくら安かったからって、やっぱり中古なんか買うんじゃなかった。

プリンターがまともに動いていれば、仕事はとっくに終わっていただろう。

いらいらしながらあちらこちらいじり、
もう嫌になって諦めかけたそのとき、ようやくランプの点滅が消えた。

やれやれとカバーを閉じると、プリントが再開した。

ところが……

プリントアウトされた紙には、PC画面に映し出された図面資料とは、
全く違う長文が印刷されている。

ったく、今度は何のエラーだよ?

悪態をつきながら文章を読み始めた俺は、自分の目を疑った。

そこに書かれていた内容が、あまりに衝撃的だったから。

半月ほどして、またエラーランプがつき、
印刷が再開したときには、小躍りしたい気分になった。

プリンターはそれからも時々、エラーランプを点滅させ、
俺はそれを待ちわびるようになった。

エラーの後にプリントアウトされた紙には何が書いてあったのか?って?

それは誰にも言えない。

もしも、誰かに話したりしたら、気が狂ったと思われかねないから。

だが、そこに書いてあった内容のおかげで、
俺はわずか1年で、自宅でスタートした個人事業を法人化して、
事務所を構えて社員を持ち、安定した利益を得られるようになった。

もちろん、寝る時間も惜しんで働いたことは言うまでもないが。

あれから12年が過ぎ、会社は今や知らない人のいない企業になった。

10年を過ぎた頃から、エラーランプは点滅していないが、
あの中古レーザープリンターは、今も社長室の奥にある。

やっとここまで来たか。

ゆったりとした椅子に腰かけ、起業からの日々を振り返っていると……

ピー。

あのプリンターから久しぶりのエラー音が聞こえた。

今度はいったいどんな内容がプリントアウトされるのだろう?と
期待に胸を膨らませていると、プリンターの液晶表示に、
困り顔の男が映った。

「くそっ、また紙詰まりか……」

舌打ちしながらエラーランプを睨んで、用紙カセットを開けているのは、
まぎれもなく、12年前の自分。

そうだったのか!

その時俺は、ようやく気付いた。

エラーランプが消えた後でプリントアウトされた文章を
書いたのが誰だったのかということに。

あの文章に書かれていた俺の性格や生活態度が、
まるで見えているように詳細だった理由も、
そういう俺がどんな心得で、どう仕事をすれば、会社が上手くいくのかも、
その人物なら的確に書くことができる。

やれやれ、大切な仕事が1つ増えてしまったが、
こればっかりは部下に任せるわけにもいかない。

俺はパソコンに向かうと、長い文章を書き始めた。

〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

冒頭でお伝えした、船旅の魅力を教えてくださった方からの
とっても素敵なお知らせというのは、出版のお知らせです。

「心をリフレッシュする魔法の船旅」
〜大型客船で行く楽ちんクルーズ乗船記〜[Kindle版]
https://www.amazon.co.jp/dp/B00MEGSDWK

実は、この方、前に私が出版のお手伝いをしたお話しをメルマガに書いた際、
自分もいつか本を出したいとメールをくださっていました。

そして、今回はこうして、出版をお知らせくださったのです。

有言実行は、私が一番カッコイイと思うこと。

外に向かって宣言したプレッシャーを、良い方向の力に変えて、
言葉にしたことを成し遂げられるのは、誠実で、責任感ある人だけです。

すごく嬉しかったので、すぐにiPadにDLして読ませていただきました。

本には、300枚を超える写真があり、
実際に乗船した人だからこそわかるクルーズ情報と、
ワンポイントアドバイスが満載!

乗船客はみんな、自分の部屋のあそこに、そんなことをしてるんだ!
と初めて知り、
クルーズ船ではあの日用品を毎日アートにしてくれるのね!
と真似をしてみたくなり、
そんなところまで見せてくれるツアーもあるの?!
と驚きました。

それから、ワイングラスのオレンジジュースは有料だけれど、
ある簡単な方法で同じオレンジジュースを無料で飲むこともできる
というお話など、へぇ!な情報もたくさん。

窓を開けて波の音を聞きながら眠るという、船旅ならではの至福体験を
いつか必ずしてみたいと思いました。

船旅をお考えの方にとって、とても役立つのはもちろんですが、
しばらく船旅できる余裕はなさそうな方にとっても、
船旅した気分を味わえるとっても楽しい本でした。^^

5万字に及ぶ情報がぎっしり詰まった本ですが、
豊富な写真と読みやすい文章で、すらすらと読めてしまいます。

仕事の合間にもできるわずか2コインの船旅を、
ぜひ、味わってみてください。

お盆も仕事をしていたような忙しい方には特にお勧めです!

体は地上に残したままのエアクルーズでも、
けっこうリフレッシュできますよ♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年9月5日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle