━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆貼るだけ簡単!疲れ目と美肌に即効!?◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.255
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年月日vol.255
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。

毎日暑いですね!

……というご挨拶が、あと1ヵ月くらいは続くでしょうか?

ここ数年で、暑さにも寒さにも一段と弱くなった私は、
外出のときとても困っていることがあります。

それは、ちょっと外を歩いただけで、ものすごく汗が出ること。

涼しい(はずの)ノースリーブを着ていても汗だくで、
暑苦しいやら恥ずかしいやら。

遮熱効果の高い日傘をさして、そっとゆっくり歩いてみたり、
汗止めスプレーや冷却スプレーを使ってみたりもしましたが、
あまり効果がありません。

きちんとスーツを着込んでいても涼しげな男性を見かけたりすると、
駈け寄って「なぜ?!」と訊ねたい衝動に駆られます。

今のところ、唯一最良の対策は、暑い時は外を歩かないこと。

居眠り事故をして、夫に車での遠出を禁止されている今年の夏は、
タクシーの利用回数が増えてます。^^;


暑さに負けず、今日もウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年7月25日〜2014年8月7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆エポス ラウンド 3380RSL ETA2824-2 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep040d/EP-040D.htm

◇セイコー シャリオ 2220-0430 24石手巻 OH済 昭和51年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1042a/SK-1042A.htm

◆セイコー トム&ジェリー 5000-6030 手巻 OH済 昭和40年代
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1041a/SK-1041A.htm

◇ハミルトン カーキ 9797 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht092sp/HT-092SP.htm

◆シチズン ホーマー 0169 天鉄 昭和50年 21石手巻 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz163a/CZ-163A.htm

◇シチズン 4-652223 TA 6501 自動巻 OH済 昭和48年
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz162a/CZ-162A.htm

◆ティソ アンチマグネティック 6072-8 6076 手巻 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts051a/TS-051A.htm

◇セイコー ディズニータイム キングルーイ 手巻 OH済 昭和40年代
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1039a/SK-1039A.htm

◆セイコー クロノス J14058 GF 手巻 OH済 昭和35年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1037a/SK-1037A.htm

◇セイコー コーラスレディース 17石手巻 2118-0200 OH済 昭和43年
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1036a/SK-1036A.htm

◆セイコー 5アクタス 6016-8400 23石自動巻 OH済 昭和45年
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk1035a/SK-1035A.htm

◇レビュー メテオ 自動巻 OH済 1970年代 Revue Thommen
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt043a/RT-043A.htm

◆レビュートーメン GMT パワーリザーブ Ref.9218001 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt042d/RT-042D.htm

◇ホイヤー エドワードコレクション レマニアCal.1883 手巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt042d/RT-042D.htm

◆オリス 754 7628 4061M ビッグクラウン ポインターデイト 自動巻
 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or133sp/OR-133SP.htm

◇インターナショナル 18K Ref.807A C.8541 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc074a/IWC-074A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆貼るだけ簡単!疲れ目と美肌に即効!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中には、「○○するだけで痩せる!」だとか、
「○○ですぐ美肌になる!」なんていう広告がたくさんありますよね。

こういうのって、とっても胡散臭いし、
そんな簡単に痩せるわけないじゃない、と思うけれど、
ちょっと気になると思いませんか?

私は、かなり、気になります。(笑)

でも、気になるのは私だけじゃないはずです。

だって、Amazonでは常に、「○○だけダイエット」系の本が
ランキング入りしていますし、メディアは新しい“○○だけ”を
次々に取り上げます。

それに、どんなに胡散臭くても、そんな謳い文句がなくならないのは、
やっぱり、それが、本当に効く人もいるからなんだと思うんです。


……なんていう前振りをしたのは、まさにそんな“だけ”の施術で
とっても効果を感じて講習を受けに行ったお話しをしたいから。

実は、先日たまたま機会があって、
“耳つぼジュエリー”という施術を受けました。

それは、耳のつぼにチタン粒の付いたジュエリー付きシールを貼るだけ
という簡単な施術なのですが、これが意外にも良く効いてびっくり!

私が効果を感じたのは、目の疲れの緩和と、お顔のリフトアップ。

PC仕事で目を酷使ししている私は、毎日夕方くらいになると、
目玉を取り出して洗いたくなるくらいの疲れに困っていたのですが、
耳つぼジュエリーを貼った日は、夜になっても平気でした。

それに、翌朝メイクをしようと鏡を覗きこむと、
なんだか、お肌の調子が良いではありませんか!
フェイスラインもいつもに比べ、ピンと張っている気がします。


これはすごい♪と思い、すぐにネットで検索して、
耳つぼジュエリーを自分で貼れるようになる、
地元サロンの1Day講座を見つけました。


美人女性オーナーのサロンブログに付けられたタイトルは、

「40歳からの 名古屋市熱田区まつげエクステ&
耳つぼジュエリーサロンecruエクリュ」

“40歳からの”というキャッチコピーと、
42歳3時の母というオーナーのプロフィールが、
なんとなく親近感を感じさせます。(笑)

他にも似たような講座を受けられる所はいくつかありましたが、
問い合わせた時の感じも良かったので、予約して出かけました。

当日、汗だくで到着した私に、すぐに冷たい飲み物を
出してくれた心遣いは、さすが!

女性ってこういうちょっとしたことで、気分が良くなるんですよね。

アロマが香るアットホームなサロンで受けた3時間の講習は、
あっという間に感じられました。

途中、オーナーが丁寧にしてくれた耳マッサージで、
耳の形がふっくら丸く変わったのには、驚いて感動しました。

オーナーによれば、マッサージ前の耳は固く縮こまっていたため、
コリがほぐれて柔らかくなると、ふっくら丸くなるのだそう。

マッサージだけでも、なんだか体調が良くなった気がしました。

もちろん、習った通りに自分で貼った耳つぼジュエリーの効果も
しっかり感じることができて、次はどこに貼ろうかな?
なんて、しばらくの間楽しめそうです。

目の疲れだとかリフトアップだとかは、あくまでも主観的な感覚ですが、
キュッと引き締まった小顔のサロンオーナーが、
「私もいつもリフトアップのツボに貼ってます」と話すのを聞いて、
継続すればはっきりした効果を獲得できるのだと確信しました。

ディプロマをいただいたので、これからは私が他の方に施術してあげる
こともできます。

まずは、娘とパパを実験台にして、自分でもいろんな耳つぼを試して、
それから、友人知人に施術してあげたいなと思っています。

“○○だけ”の謳い文句を信じてみるのも、たまには悪くありませんね♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇全天候型!夢の国
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「夢の国」と聞いて、あなたはどんな場所を思い浮かべますか?

多くの人が思い浮かべるのは、あの偉大なネズミの国かもしれませんね。

でも、私が想像するのは、ネズミでなくネコの国。

大人気のネコ、キティちゃんがいる、サンリオピューロランドです。

ネズミの王国に比べ若干マイナーなこちらの国を
先に思い浮かべてしまうのは、娘がサンリオの大ファンだから。

実は、我が家では毎年のように、この国を訪れていて、
ちょうど先週も、遊びに行ってきたばかりなんです。

全天候型の屋内遊園地で、半日もあれば全部回ってしまえるこの国は、
元々、小さな子供向けの施設だと思われるのですが、
一部の大きいお友達にも熱烈に支持されています。

娘と私が遊びに行った日にも、本格的なカメラを構え、
一目でこの国の熱烈なファンと分かる成人男性たちが、
キャラクターイベントの開始を、先頭に並んで待っていました。^^;

小さい子供も大きいお友達も、それぞれに楽しめるのですから、
やっぱり、ここは夢の国。

何度か訪れるうちに、私もファンになってしまいました。

中でも私が気に入っているのは、キティちゃんたちが繰り広げる、
メルヘンシアターでのショー。

ショーは、「くるみ割り人形」や「オズの魔法使い」、
「不思議の国のアリス」といった良く知られた物語をアレンジして
40分にまとめたミュージカルで、宝塚歌劇団が監修しています。

圧巻なのはショーの後半のダンスパートで、
キラキラの衣装を着たキティちゃんたちが、舞台に作られた
電飾階段の上で、キレッキレのダンスを披露してくれます。

特に、キティちゃんのボーイフレンド、ダニエルのダンスは素敵で、
縫いぐるみのネコのくせに、身のこなしはイケメンそのもの!
ものすごくカッコ良くて、つい、見惚れてしまいます。

そしてフィナーレでは、宝塚トップスターたちと同じ、
大きな羽を背負ったキティちゃんたちが、華やかに登場します。

生身の人間のままでも、華麗に舞うのは難しいだろうなと思う
あの幅の狭い電飾階段の上で、キティやダニエルになった上、
大きな羽まで背負って踊るのは、大変なことに違いありません。

ストーリーは子供向けですが、けっして子供だましではなく
大人も十分楽しめるショーは、一見の価値ありですよ!

http://www.puroland.jp/dvd/

ピューロランドのショーが好きだという娘に、
どのダンサーのファン?と個人名を聞いてきた方もいらしたとか。

コアなファンというのはどこにでもいるものですね。

ピューロランドから戻って、ショーのDVDを見た娘が、
ショーの曲を歌う声が、今日もお風呂場から聞こえてきます。


どこに行っても暑い8月は、冷房が効いて快適な夢の国の
キティちゃんに会いに行ってはいかがでしょう?^^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆思考は実現化する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「積極的な思考を潜在意識に植えつければ、
望むものはすべて手に入るようになるんだよ!」

いつもの店で梅チューハイを飲みながら、先輩が熱く語っている。

起業準備中だという先輩の愛読書、『思考は現実化する』の一節らしい。

世界の大金持ちの考え方と行動を研究した自己啓発本のベストセラーで、
起業家なら必ず読むべき本だと先輩は言う。

先輩は酔いが回ってくるといつもこの本の話を始め、
「実は、俺、近いうちに起業しようと思ってるんだ」と語り出す。

酔いが冷めると忘れてしまうのか、先輩はまだサラリーマンのままだ。

「いいかぁ、良く聞けぇ。お前が、あー、なんだ、
お前が探し求めているチャンスは…… ウィッ!
あー、チャンスはだな、想像力の中にこそあるんだ!」

「はいはい、先輩、良く分かりましたから、もうそろそろ帰りましょう、
終電がなくなっちゃいますよ」

先輩ほどではないにしても、僕も今日はよく飲んだ。

タクシーに乗った先輩を見送り、ふぅ。とため息をついて時計を見ると、
終電まであと2分。

駅まで全速力でダッシュして、ドアの閉まりかけた電車に飛び込んだが、
思った以上に酔っていたのだろう。僕の記憶はそこで途切れた。


「本当に申し訳ない」

先輩が手を合わせて拝むようなしぐさで酔いつぶれたことを詫びている。

「お前、本当は何か話しがあって、俺と一緒に飲んだんだろう?
一緒にタクシーで帰っていれば……」

いや、別に話なんて…… それに先輩とは方向が違って遠いし……

そう言おうとしたけれど、
「タクシー代くらい、俺が出してやったのに」
と続けるのを聞いて、言葉を飲み込んだ。

それなら次は甘えよう。

先輩が向こうに行くと、今度は、半年前から付き合っている
経理課の奈々子が声をかけてきた。

「北川くん、どうして……?」

奈々子は目に涙を溜めている。

まずい!もしかして、T社の受付嬢たちとコンパして、
勢いでホテルに行ったことがバレたか?!

いや、えっと……あれは……

どう言い訳しようかと考えていると、

「私のことを考えてくれていたら、あんなことしなかったでしょ!」

と言い残して踵を返した。

やれやれ。

今日は仕事どころじゃないなと思っていると、
部長がやって来て言った。

「北川、お前が通い詰めていたK社から連絡があったよ。
この部署始まって以来の大口契約だ。これも、お前のおかげだよ。
それなのに……」

部長は感激しているのか、後半は涙声だ。

僕は思わずガッツポーズをした。
ロクに話も聞いてくれなかったK社に何度も足を運んだのは、
誰もできなかったK社との契約を取って出世の足がかりに
したかったから。

契約が取れる瞬間を具体的に想像しながら、
諦めずに営業したのが、ようやく実を結んだのだ。

先輩が言うように、思考は現実化するのかもしれない。

さて、仕事に取り掛かるか。

そう思ったが、その後も、僕に話しかける人が後を絶たない。

しかも、それは、社内の人間だけではない。

近所の人や、親戚や、中にはもう何年も会っていない
学生時代の友人までだ。

いったいどうなってるんだ?

そんな疑問に答えるように、長い付き合いの悪友が叫んだ。

「何で自殺なんかしたんだよ!?
悩みがあるならどうして言ってくれなかったんだよ!!」

えっ、自殺?!誰が?

彼は何を言っているんだろう?

だが僕に話しかけてきた人は皆黒い服だったと思いだし、
もう一度ゆっくりと、記憶の糸を手繰ってみた。

タクシーを見送った後、全速力で走った僕は、
ドアの閉まりかけた電車に……

!!

思い出した!

電車に飛び乗ったつもりが、ドアが閉まるのに間に合わず、
ちょうど走り始めた電車の前に飛び出すことに
なってしまったのだ。

そうか、そういうことだったのか。

線香の匂いの中で、僕はようやく全てを理解した。


―3年後―

「願望の設定は、あらゆるものの達成の出発点なんだ!」

「はぁ、そういうものですか」

「嘘だって繰り返しの洗礼にあえば、
自分でも本当のことのように思えてくるんだよ 」

酔いが回った先輩が、またあの本の話をしている。

まだ、起業はしていない。

聞かされている後輩は困惑気味だが、あのことがあって以来、
先輩は一緒に飲んだ後輩に、必ずタクシー代を渡すから、
それほど嫌がられることはない。

だが、そろそろお開きにしないと、明日の会議が辛いだろうし、
彼女を心配させることになる。

僕は先輩の耳元で「もう帰りましょう」と囁いた。

都内に買ったマンションに着くと、
「お帰りなさい」と言いながら、奈々子が飛びついてきた。

奈々子と先輩は、2ヵ月前に結婚したばかりだ。

先輩が早いスピードで出世して、可愛い奈々子を妻にできたのは、
はっきり言って僕のおかげだと思う。
営業のときもデートのときも、僕がずっと傍にいてあげたから。

だが、僕がこうしていられるのは、先輩から何度も聞かされた
あの本のおかげだ。

不可能を可能にする成功哲学を、今は僕も信じている。

僕は眠りについた奈々子の髪を撫でながら、
「ずっと一緒だよ」と囁いて、やわらかな頬にキスをした。

思考は本当に現実化する。

例え僕が死んで、体を無くしてしまったとしても。


〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先日娘が、19歳のバースデイを迎えました。
ついこの間まで、赤ちゃんだったような気がするのに、
あと1年で成人だなんて、なんだか不思議な気持ちです。

小さい頃は体が弱くて、病院にばかり行っていたけれど、
今ではすっかり健康になって、毎日元気に暮らす娘。

バースデイケーキのろうそくを吹き消す写真を
フェイスブックにアップしたら、友人の何人かが、
「ママ(私)にそっくり」とコメントしてくれました。

生まれた時は、パパの生き写しで、
ずっと「パパそっくり」と言われ続け、
私の遺伝子はどこに行ってしまったの?と思っていました。(笑)

今でも基本はパパの顔なのですが、最近ふとした瞬間に、
あ、私に似てる!と感じることが出てきて、
やっぱり私の娘だったんだ!と改めて感じています。

これからさらに成長する娘が、パパと私それぞれの、
良いところだけ似てくれることを願ってやみません。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年8月22日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle