━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆死ぬかと思った◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.248
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年月日vol.248
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。

ゴールデンウィーク真っ只中、皆さまいかがお過ごしですか?

とは言っても、カレンダー通りのお休みならば、飛び石になる
今年の連休は、安近短がキーワードだとか。

我が家のGWはといえば、単身赴任したばかりの夫の帰宅と、
娘が初バイトで着ぐるみショーの舞台に立つのが2大イベント。

安近短のレジャーさえ予定のない地味目なGWです。^^;

それでも、小説を4冊ほど読んで、読書の楽しみを思い出しました。

後半は、DVDをたくさん借りて、映画三昧なんていうのもいいな
と考えています。

風薫る5月、これから始まる金色に輝く4日間を、
あなたはどんなふうに過ごしますか?

それでは今回も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年4月18日〜2014年5月1日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆サンドス フラッグ フォンテンメロン 67 17石手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot208a/OT-208A.htm

◇プレシマックス GP ETA.1080 17石手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot207a/OT-207A.htm

◆コルゴール GP ETA.2990 21石手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot206a/OT-206A.htm

◇オリエントスター マスターシップ WZ0051ER 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on165d/ON-165D.htm

◆オリエント 万年カレンダー 2EU01001CW 21石自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on164d/ON-164D.htm

◇セイコー スピリット 7N43-9080 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk996d/SK-996D.htm

◆ロンジン 18金 Cal.L847.3 17石手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg157a/LG-157A.htm

◇セイコー チャンピオン J15017 手巻 OH済 昭和38年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk995a/SK-995A.htm

◆ローマー ST372 17石 手巻 OH済 スイス製 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/RM/rm001a/RM-001A.htm

◇スイス製 グランディア FEF350 21石 手巻 OH済 1950年代 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot204a/OT-204A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆人生時間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「人生時間」という言葉をご存知ですか?

私は、先日、地元紙朝刊のコラムで初めて知りました。

それは、人の一生を1日24時間に例えるもので、
年齢を3で割った数字を当てはめて考えます。

例えば、15歳なら15÷3=5で、午前5時、つまり人生の夜明け前、
60歳なら60÷3=20で、20時、午後8時ですから、
夜も少しずつ更けていく頃ということになります。

午後8時といえば、まだバリバリ仕事している方も少なくありませんが、
仕事を終えて、のんびりしたり、自分の時間を楽しんでいる方も
いらっしゃるでしょう。

なるほど、60歳はそんな年齢かもしれないな、と感じます。

人生時間だなんて、上手いこと言うな、と感心してしまいました。


それならば、1日が終わる24時は何歳に当たるかしら?
と考えてみたら、24×3で、72歳。

確かにそれくらいの歳になれば、人生という1日を
一通り終えた感があります。

もっとも、24時を過ぎても眠らない人は多いように、
多くの方の人生時時計の針も2周目に突中します。

2012年のデータでは、日本人の平均寿命は女性が86.41歳、
男性が79.94歳ですから、人生時間の終焉は、86.41÷3=28.8で、
午前4時48分。

今ごろの季節ならば、朝日が昇る頃でしょう。


さて、それでは私の人生時間は……と計算してみたら、
ちょうど午後4時でした。


実は、ここ数年、目が急に悪くなったり、
体力的に無理が効かなくなったりして、
心身の衰えを感じていたんですよね。

人生も折り返し地点を過ぎて、未来の選択肢も減った気が
していました。

ちょっと体調が悪かったりすると、
人生の終焉について本気で考ちゃったりもして。(笑)


でも、午後4時なら、外はまだ明るい時間。

勉強だって、パーティーだって、どこかに出かけることだって、
まだ何でもできる時間です。


長い人生を見通して、今の自分を考えることはなかなか難しいですが、
人生を1日に置き換えてみると、ぐっとわかりやすくなりますね。


そういえば、熊本には、90歳で100mを23.15秒で走り、
世界記録を更新を果たした守田満さんという方がいらっしゃいます。

彼女の人生時時計は、18歳の少女と同じ午前6時。

テレビニュースで取材されて、走る喜びについて語る彼女の笑顔は、
希望溢れる18歳の少女そのものでした。

人生時間の時計の針が2周目に入ってからだって、
本人次第でいくらでも素敵に過ごせるのかもしれませんね。


暗くなるまでまだ3時間以上ある午後4時。

これから何をしましょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇ダンスは上手く踊れない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学生時代から、ずっと、踊ることが好きでした。

ジャズダンス、フラメンコ、ZUMBA、ベリーダンス、バレエ……
と、いくつかのダンスも習いました。

……なんて書くと、まるで踊れる人みたいですが、違います。

文字通り、踊ることが好きなだけで、踊れるかどうかは、また別問題。

自分で言うのも残念ですが、踊りはあまり上手くありません。

……というよりも、リズム感も反射神経も振付の覚えも悪く、
むしろ、踊りには向いていないタイプです。^^;

それでもやっぱり、好きなんですよね。

徳島では阿波踊りを雨の中びしょ濡れになって踊ったし、
郡上八幡の徹夜踊りでも朝まで本気で踊り明かしました。

最後まで踊った人にだけ貰える夜明けの牛乳がおいしかったな。

バブルの頃はもちろん、ディスコでも踊っていました。
お立ち台には上がれませんでしたけれど。(笑)


そんな私が、昨年始めたのが、フラダンス。

週1度、45分だけのレッスンでできることは知れていますが、
面白くてハマっています。

他のダンスに比べると、動きが比較的ゆっくりなので、
表面的な動きだけならば、先生をすぐに真似られるのが良いところ。

独特なメロディラインに乗って両手を胸の前でひらひらさせれば、
気分は一気にフラガールです。(笑)

先日、そのフラダンスの発表会に参加しました。

発表会用に皆で揃いのドレスを誂え、ロングヘアーのカツラをかぶり、
花の冠と花の腕飾りをつけました。

わずか数分の発表のために、前々から準備するプロセスもまた、
女心をくすぐるんですよね。

メイクもいつもより濃いめで、なんだかコスプレに近い感じでしたが、
人間って、恰好が気持ちにも影響するんですね。

直前まであやしかったハンドモーション(手の振り)が、
本番だけ、自信を持ってできました。^^


舞台から降りた瞬間から、来年はどんな衣装にしましょう?
なんて、仲間(最年長は70代!)と盛り上がりました。

私が踊れないくせに踊り好きなのは、もしかしたら、
それぞれの衣装を纏う楽しみが、変身願望を満たしてくれるから
なのかもしれません。

リズムにうまく乗れなくて、振付も覚えられなくて、
ちっともうまく踊れなくても、ダンスを踊るのはやめられません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆死ぬかと思った
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

死ぬかと思った。

勢いよく飲んだオレンジジュースの一口の中のほんのいくらかが、
本来入ってはいけないであろうところに、なぜだか入っていったのだ。

ゲホッ!!ゴホッ、ゲホゲホ……

むせた、だけではない。

喉が詰まった感じがして、突然息ができなくなった。

どんなに大きく息を吸っても、酸素が喉で通せんぼされているみたいに
肺に全く入ってこない。

苦しい!尋常じゃなく苦しい!!いったいどうすればいいの?!

左手で喉を押さえ、右手を宙にさまよわせながら、
意味もなく部屋の中を歩き回る。

へっ!!ひゅっ!!!ひょっ!


大きく息を吸い込む度に喉の奥から変な音が漏れる。

ヘンでも何でも、喉から音が出るということは、
いくらかの空気が通っているはずだ。


それでも、自分の感覚では、全く息ができていないのだ。

く、る、しい……

首を絞められて死ぬときは、きっとこんな感覚だろう。
オレンジジュースに毒が入っていたとしても、
やっぱりこんなふうかもしれない。

ひっ!ひゅっ!!

ダメだ。

もう、ホントにダメそうだ。

目から涙があふれてきた。

オレンジジュースなんて、もう二度と飲まない。
いや、飲みたくてももう二度と飲めないかもしれない。

このまま死んだら家族はどう思うだろう?
友達に笑われるかな?
毒さえ入っていないオレンジジュースで死ぬなんて。

こんなことになるなら、昨日、掃除しとけば良かった。

せっかくお取り寄せした玉華堂の極ぷりん、食べたかったな……


へーっ!!ひゅうっ!

いよいよ……と観念しかかった次の瞬間、喉から漏れる音が変わって、
少しだけ肺に酸素が入った。

生への扉がにわかに開いたのを感じ、もう一度急いで息を吸った。

ひー!!ひゅー!!

やっぱり、ほんの少し息ができる。

ひょー。へー。ひぃー。

深呼吸を繰り返すと、喉を通る空気の量が少しずつ増えていった。

助かった!!

ようやく普通に息が吸えるようになると、
さっきまでの自分の姿がおかしくてたまらなくなった。

ふふ……あはは、はははは!

大きく口を開いて泣きながらもがいていた自分を思い出して、
今度は涙が出るほど笑った。

息ができなかった時間は、実際はそれほど長くなかったはずだが、
永遠にも思える長さに感じられた。

事故なんかに遭って死が近づくと、一瞬がものすごく長く感じられる
というのは、本当だ。

けれど、その間に一生の思い出が走馬灯のように巡るというのは、
必ずしも正しくはない。

だって私が最後に考えたのは、冷蔵庫のプリンだったもの。

それにしても、苦しかったな。

ひとしきり笑って、息もすっかり元通りになって落ち着くと、
テーブルのグラスに残っているオレンジジュースが目に入った。

そいえば、喉が渇いたな。

グラスに手を伸ばして、ジュースを一気に喉に流し込んだ瞬間、

ゲホッ!!ゴホッ……

〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

冒頭で読んだとお伝えした小説のラインナップは、
人気作家の、百田尚樹さん、湊かなえさん、嶽本野ばらさん×2冊。

中でも面白かったのが、図書館で資料を探していて、
たまたま手に取った嶽本野ばらさんの「ハピネス」。

余命1週間の女子高生が、その間に実現できるささやかな夢を叶えながら
最後の瞬間までを生きるお話しです。

女子高生が選んだ人生最後の1週間の過ごし方と、
それを手助けする両親や恋人の姿が、ユニークに描かれます。

大学生になったばかり娘を持つ親として、女子高生の母に共感したり、
もしも自分が余命1週間だったら……と、主人公の気持ちになったり
しながらあっという間に読みました。

獄本さん独特の感性は好みが分かれるところだと思いますが、
一見リアリティが無いように見える物語の中に、
幸せの本質が描かれているように感じられる描写があって、
何度かドキッとさせられました。

幸せについて、気軽に、でも真剣に考えて見たい方にオススメです。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年5月16日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle