━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆春分の日はどうして毎年違っているの?◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.245
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年3月21日vol.245
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。

3月も、残すところあと10日。

あんなに厳しかった寒さもずいぶん和らいで、
朝起きてすぐに暖房をつけることもなくなりました。

窓から入ってくる朝の空気も何だかまろやかで、
やっぱり、春っていいですね!^^


クション、クション、クッション!!


そう、この、鬱陶しい花粉症さえなければ……。


クッシュン!ズズ……。

手放せないティッシュを片手に、
今日もブリリアントタイムスタートです♪

まずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。^^

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年3月7日〜2014年3月20日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ロンジン コンクエスト クラシック 復刻版 L1.611.4.750 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg156d/LG-156D.htm

◇ジラールペルゴ ジャイロマチック 14KYG 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/GP/gp011a/GP-011A.htm

◆チュードル クロノタイム 79260 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx191c/RX-191C.htm

◇チュードル サブマリーナ 75090 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx190sp/RX-190SP.htm

◆ロレックス オイスター パーペチュアル 77080 ボーイズ
自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx189d/RX-189D.htm

◇ハミルトン H64512352 カーキ キングスクーバ クオーツ
クロノグラフ USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht083c/HT-083C.htm

◆オリス ビッグクラウン ポインターデイト 754 7543 4064 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or130d/OR-130D.htm

◇ウォルサム クッション型 元箱つき 手巻 OH済 1928年製
http://www.watch-colle.com/watch/WT/wt027a/WT-027A.htm

◆セイコー マチック GP 15031DE 自動巻 OH済 昭和37年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk982a/SK-982A.htm

◇セイコー エンジェル GP 1004-0010 レディス 手巻 OH済 昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk981a/SK-981A.htm

◆セイコー ビーナス 31001 レディス 手巻 OH済 昭和39年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk980a/SK-980A.htm

◇ルイエラール Collection 1931 50201 手巻 レギュレーター USED
http://www.watch-colle.com/watch/LE/le043c/LE-043C.htm

◆ドクサ 9824B Cal.M47 手巻 OH済 スイス製 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot196a/OT-196A.htm

◇デンコ 17石手巻 OH済 スイス製 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot195a/OT-195A.htm

◆ウィルカ 412 レディス ア・シルト1456 手巻 OH済 スイス製 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot194a/OT-194A.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆春分の日はどうして毎年違っているの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日、3月21日は春分の日で、国民の祝日です。

でも、この春分の日は、年によって3月20日だったり21日だったりして、
はっきりと決まっていませんよね?

どうしてなの?って思いませんか?

例えば、今年は21日金曜が春分なので、3連休になりますが、
もしも20日木曜が春分だったら、連休にはなりません。

さらに、2015年の春分の日は21日で土曜日に重なってしまい、
休日が1日減ることになりますから、
大問題!という方もいらっしゃるかもしれません。(笑)


では春分の日が、20なのか21なのかはどう決めるのだろう?と思ったら、
国民の祝日に関する法律が、春分の日は「春分日」を採用する
と定めているそう。

ん?春分日って何?春分の日とどう違うの?と調べてみたら、
国立天文台のサイトに、春分日は、太陽の通り道である黄道と、
赤道の延長線が交わる2つの点のうちの1つを指す「春分点」を
太陽が通過する瞬間(春分)を含む日のこと、とありました。

ちなみに、もうひとつの交点は「秋分点」で、
その上を太陽が通過する瞬間(秋分)を含む日が秋分日です。

では、なぜ、春分日は毎年違うのかと言えば、
地球が太陽のまわりを回るのにかかる日数は365日ちょうどではなく、
平均すると約365.24219日だからだそう。

0.24219日を時間に換算すれば、6時間弱ですから、
春分は毎年約6時間ずつ遅くなっていき、春分日の日付が
ずれることがあるのです。

とはいえ、どこまでもずれ続けるわけではなく、
1年が366日あるうるう年には、前年より約6時間遅くなると同時に、
日付が1日前に戻ります。

それで春分の日は、3月20日だったり21日だったりするだと
分かりました。

はっきり決まらない春分の日ってなんだかアバウト!
なんて思っていましたが、実際は、1年に0.24219日のズレを、
むしろ厳密に計算するからこそ決まっていなかったのですね。

ついでに、もうひとつ。

春分と言えば、太陽が真東から昇って、真西に沈むことから、
「昼と夜の長さが同じ」日なんて言われています。

でも、本当は、どの年も、昼の方が夜よりも、若干長いのだそう。

その理由は2つあって、1つめは、日の出が太陽が顔を出した瞬間のこと
を指すのに対し、日の入りは太陽が沈み切った瞬間を指すから。

なるほど、それなら確かに、太陽1個分、昼の時間が長くなります。

そして2つめは、太陽の光が大気中で屈折するせいだそう。

これは「大気差」という現象で、実際には地平線の下にある太陽が、
見かけでは、地平線の上に浮き上がってみえるのだとか。

この大気差が、日の出と日の入りの時、それぞれ太陽1個分くらいずつ、
昼を長くしているのです。

つまり、昼と夜の長さが同じ、と考えられている春分も、
本当のところ、2つの理由で、太陽3個分ほど昼の方が長いようです。

理科は子供の頃から苦手でしたが、こんなふうに調べてみるのは、
ちょっと面白いですね。

今度は、小学校の社会分野の疑問を調べてみましょうか?(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇カンヌグランプリのあの人が大切にしているもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日東京に行って、ふたりの素敵な男性とお会いしてきました。^^

おひとりは、カンヌ国際広告映画祭でグランプリに輝いた、
日清カップヌードルのCM、『hungry?』シリーズや、
資生堂椿のCMなど、記憶に残る多くのCMを作った、
エグゼクティブプロデューサーの町田和幸さん。

ご縁をいただいて、とある会員制の講演会に参加させていただきました。

町田さんがお話ししてくださったのは、
26年間のCM制作で知ったお仕事にとって大切な4つの事柄について。

その4つのうち3つは、以下の通り。
当たりまえといえば当たり前です。

1.スケジュール
2.予算
3.クオリティー

そして、町田さんは、次の4つめの事柄を、
それまでの3つにも増して大切であり、
この4つめが人生を変えたとおっしゃっていました。

その4つめというのが……

4.マインド

町田さんのおっしゃるマインドというのは、
「関わっている全ての人の気持ちを上げること」だそう。

食事(仕事中の)がまずい、顔が濃い、まじめ過ぎ、などと
理不尽なダメだしをされ、無理難題を投げかけられて、
いらいらしたりカッカしたりすることも日常茶飯事のCM作成現場で、
関わる全ての人の気持ちをあげることは、簡単でなかったはずです。

それでも、例えば、3日間寝ないで集めた資料をあっさり却下され、
気持ちが萎えたスタッフに、楽しく仕事するにはどうしたらいいか?
をよく考えて、ちょっとした話をすることで、
やる気を倍増させることができたのだそう。

まるでオセロゲームの白黒が一転するように、
スタッフが変るのを、何度も目の当たりにしたことが、
人間にとって何が大切なのか?を気づかせてくれたと
おっしゃっていました。

町田さんのマインドの根底には、
「良いものを作りたい」、「全ての人を幸せにしたい」
「(関西出身なので)人を笑わせたい」
という気持ちがおありで、そのための手段が仕事であるのだと
笑顔でお話ししてくださいました。

もちろん、そうした真面目なお話しの合間には、
思わずクスリと笑ってしまうCM業界の裏話や、暴露ネタも
お伺いすることができました。

例えば、あの『hungry?』のCMには、グランプリCMと並行して制作
されながら、ついに陽の目を見ることがなかった別バージョン
があったそうです。

それから、あの……

と、もっとお話ししたいところですが、
オフレコのお約束なので、ここでは伏せておきますね。


そんな講演の中で、私にとって強く印象に残ったのは、
町田さんが何気なく話された、「車のCMをつくるために、
運転免許を取り、エンジンのことまで研究した」というエピソード。

本当に良いものをつくりたい、車に乗る人の身になってつくりたい
という強い気持ちが、一見あまり関係なさそうで、
実践するには時間がかかって面倒なことを、
実践して当たり前のなことに変えていたのですね。

そんな町田さんだからこそ、世界で話題になる素晴らしいCMを
つくることができたのだと分かりました。


……と素敵な町田さんについてお伝えしていたら、
すっかり長くなってしまいました。

もうひとりのとっても素敵な男性のことは、
またいつか別の機会に。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆行列
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長い長い行列の最後尾に加わった初老の男が、前の若い男に声をかけた。

「この行列は、またずいぶんと長いですね」

若い男が同意する。

「本当に。先頭はいったいいつから並んでいることやら……」

初老の男が首を傾けて行列の先を眺めながら言った。

「これから並んで間に合うでしょうか?」

若い男は首をひねりながらのんびりと答えた。

「さあ、どうでしょう?私はダメ元で並んでいます」

ふたりの男は、長い行列の先に何があるのかを知らない。

そして、何があるかを知らないのは、
行列に並んでいる他の人たちも皆同じだ。

西暦20XX年。

進歩を極めた世の中は、人間をあらゆる仕事から解放した。
人がやりたくないと思うことは、全てロボットがやってくれるし、
完璧なコンピューターシステムが生活の中の無駄な時間を
徹底的に排除した。

なんて素晴らしい時代だろう!

人々はひととき、完璧な時代に生きる喜びを堪能した。

だが……

人間というのは奇妙なもので、せっかく解放されたというのに、
あえて面倒や無駄を求める人たちが現れ始めた。


“ウエイティング”と呼ばれるその趣味は、
今や日本の5人に1人が楽しんでいると言われるほど大流行していた。

人々はその先に何があるのかもわからない行列に並んで、
見えない何かに辿りつけるかどうかというドキドキ感と、
時間を無駄に浪費する贅沢を、心から楽しんでいる。


〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

本編でお伝えできなかった、もうひとりの最高に素敵な男性というのは、
映画評論家でライターの、前田有一さんです。
http://movie.maeda-y.com/

最後に1つだけ、感激のエピソードを聞いてください。

その日は、ぜひ、前田さんにお会いしたいという女性社長と一緒に、
マネージャーの男性が運転する車で、待ち合わせのレストランに向かって
いました。

ところが、不案内な東京で、間違って同じレストランの別店舗
に行ってしまったため、お忙しい前田さんを、
30分以上待たせてしまいました。

マネージャーは青くなり、暑くもないのに汗だくです。

女性社長は綺麗な顔を曇らせて、本当に申し訳ないと繰り返します。

私もとても焦りながら、前田さんにお詫びして状況をお伝えすると、
携帯に、こんなメールが返ってきました。


「昔から美人は遅れてこなきゃいけないと相場は決まっています。
なぜなら待つのが楽しいから。しかも今回は複数」

何て素敵な男性でしょう!

こちらから、お目にかかりたいとお願いして、
とても忙しい中、お時間を作っていただいたにも関わらず、
30分以上も待たせてしまっているというのに、
こんなにも思いやりとユーモアのあるメールをくださるのですから。

女性社長がこの心遣いを絶賛したのはもちろんのこと、
無事到着してもなかなか汗が治まらなかったマネージャーまで、
対面する前から前田さんに心を鷲づかみにされていました。

前田さんは、私の尊敬するライターさんであると同時に、
たくさんの人にご紹介したい、自慢の友人です。^^

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年4月4日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle