━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆良く当たる占い◇ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.241
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年1月24日vol.241
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓

こんにちは!Harukaです。^^

毎日寒いですね!

でも、気象庁のデータによれば、日本の冬の平均気温はここ100年、
だんだん上がっているそうです。

http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/win_jpn.html

それなのに私の体感的には、どんどん寒くなっているような
気がするのはなぜでしょう?

あ、今あなたが咄嗟に思いついた答えはたぶん、
私も気づいていることなので、心にしまっておいてください。(笑)


とにかく、PCの前に居る時、とても寒いので、
先日、足元にムートンを敷きました。

それでもまだ寒いので、昨日、押し入れから
古い温風ファンヒーターを引っ張り出しました。

PCの足元に置いてスイッチを入れると、暖かくて快適!

……と思ったのもつかの間、
温風に直撃されるふくらはぎが熱さでジンジンしてきました。

ずっと温風が当たっていると低温やけどしそうなので、
定期的に片足ずつ上にあげて冷ましながらPC仕事をしています。

↓こんな感じ。(昨年秋から立ってPC仕事しています)
http://happyteatime.jp/wp-content/uploads/2014/01/flamingo.jpg


優しい暖かさだというパネルヒーターの購入を検討しています。
もし、お使いの方がいらしたら、ぜひ使い心地を教えてください!

それでは今回もしばらくの間、ブリリアントなお時間を
ご一緒してくださいね。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2014年1月10日〜2014年1月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇シチズン デュアルタイム クオーツ GP USED
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz146d/CZ-146D.htm

◆ベル&ロス ヴィンテージ 123 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/B&/b&002sp/B&-002SP.htm

◇セイコー KS 5626-7110 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk968a/SK-968A.htm

◆VSOE ベニス シンプロン オリエント エクスプレス 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot185d/OT-185D.htm

◇VSOE ベニス シンプロン オリエント エクスプレス 自動巻 青 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot184d/OT-184D.htm

◆VSOE ベニス シンプロン オリエント エクスプレス 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot183d/OT-183D.htm

◇モーリス Cal.10 1/2 CD 17石 手巻 OH済 1950年代 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot182a/OT-182A.htm

◆ロンジン レディス 8412 Cal.410 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg154a/LG-154A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆大笑いの理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新しい年の最初の月の過ごし方は、その1年がどんな年になるのかを
方向づけると思っています。

例えば、1月をたくさん笑って楽しく過ごせたならば、
その年はずっと、笑いながら楽しく過ごせると思うのです。

そんな私は、先週、今年は大笑いして過ごせるかも?と思える
楽しい時間を過ごしました。

その場所は、大須演芸場。

そこは、48年の歴史を誇る名古屋唯一の演芸場で、
経営難などから何度も閉鎖の危機に陥りながらも、
その都度奇跡的な復活を遂げて今に至っています。

2005年に、落語家で漫画家の雷門獅篭さんとご縁があったのを機に、
ときどき足を運ぶようになりました。

ここ何年かはすっかりご無沙汰だったのですが、
この大須演芸場が1月末で閉鎖になることを知り、
最後にもう一度出かけていったのです。

その日は、雷門獅篭さんの独演会で、演目の1つは、偶然にも、
初めて大須演芸場に行った時に聴いたのと同じ落語でした。

当時、まだ小学生だった娘と一緒に聴いて、
涙が出るほど笑ったことを思い出しました。

あれから9年の年月が経ち、再び聴くその演目は、
獅篭さんの芸に磨きがかかったこともあり、
やっぱり、たまらなく面白くって、はしたないと思いながらも、
大笑いが止まりません。

どんなに可笑しかったかを、ぜひ、お伝えしたいのですが、
この落語、ひと様にお話しするには、ちょっと遠慮が必要なんです。

例えば……もし、あなたが今お食事しながらこれを読んでいるとしたら、
ここから先は、お食事が済んでから読まれることをお勧めします。

それから、品のないお話しが嫌いな方も、
ここから先は読み飛ばして、Essay2にお進みください。

まだ読まれている方……想像力を働かせてお読みください。(笑)

「勘定板」というその演目は、地方にはそれぞれ方言がある
というお話から始まります。

時は江戸時代、奥州のとある海岸地域では、お手洗いの設備がなく、
海に浮かべた板の上で用を足して、これを沖に流して波にさらわせる
という生活をしていたそうです。

その地方では、こうして用を足すことを、「勘定する」と言い、
そのために使う板を、「勘定板」と呼んでいました。

そんな奥州から江戸見物にやってきた田舎者の旅人が、
江戸の旅館で女中や番頭と繰り広げるやり取りが、
落語「勘定板」です。

旅館で部屋に通された田舎者が、まだ何もしていないうちから、
「勘定したい」と言い出して、これを、「宿泊費を払いたい」のだ
と勘違いした番頭や女中との会話がたまりません。

会話の中に、人前では口にしづらいあの名詞は出てきませんが、
頭の中には最初から最後まで、あの名詞が浮かびっぱなし。

この落語の面白さは、小学生の男の子が喜ぶような、
単純で決して上品ではない面白さなので、
大人の女性が大笑いするのは、ちょっとはしたないかもしれません。

でも、獅篭さんの熱演に、決して口にできないような想像が膨らんで、
こらえきれませんでした。

本当に、面白かった♪


松本深志落研OB会うぇぶ運営委員会さんのサイトで、
このお話しを見つけたので、ご興味のある方はご覧ください。

http://home.a05.itscom.net/hotaru/page067.html

それから、もしこのお話が面白くて、誰かに教えてあげたくなっても、
Harukaのオススメということは、内緒にしておいてくださいね。(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇良く当たる占い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年は私にとって変化の年になりそうだと、
昨年末から感じています。

本当にそうなのか確かめたくなって、
ネットで四柱推命占いを探して、占ってみました。


すると、ワクワクするような嬉しい言葉が現れました。

それは、例えば、こんな言葉。

“あなたは今年、新たな幸運のスタート地点に立っています。
昨年まで頑張ってきた人にとってはとくに収穫は大きいでしょう。”

さらに、こんな言葉も。

“今年は対人面でも華やかな1年となりそうで、
普段出会うことのないような人にも出会うことが出来ます。
自信を持って積極的に行動するあなたは、
きっと他の人からはまぶしいくらいに見えるでしょう。”

気になっている仕事運では……

“自分から外へ外へと出て行く年になります。
今までの努力や実力が正当に評価され、
今まで以上の活躍が期待されます。
芸術の道を志している人には、世に出るチャンス到来です。
仕事の面でも業績を上げられ、
会社勤めの人は昇格の話も出るでしょう。”

とあり、もう絶好調な感じです。

“しかし、調子に乗りすぎてはいけません。
その反対もあるということです。
つまり、努力を怠ったり、
何か心のどこかに悪巧みをしていたりすると、
それも形となって現れてくるからなのです。
何はともあれ、せっかくの正当評価を得られる年なのですから、
積極的にチャンスをものにして下さい。 ”

なんていう戒めもあったものの、運勢の強い年に違いありません。

良い占い結果にすっかり気を良くしたところで、
出かけなくてはいけなくなり、途中書きのメルマガを置いて
車に乗りました。

すぐに戻るつもりだったのですが、思いがけない出来事が起こり、
帰りは夜になってしまいました。

つい今朝方、出かける前に見ていた今年の運勢は、
あんなに良かったはずなのに、こんなことが起こるなんて……。

ちょっぴり腑に落ちない気持ちで、
もう一度、その四柱推命サイトを見てみたら、
最初に但し書きがあることに気づきました。

“2014年の節分までは前年運です。
2014年運とは2014年立春から翌年節分までです。”

ということは、今はまだ2013年の運勢です。

そこで慌てて2013年の運勢を見てみると、
いきなりこう書かれていました。

“今年はどちらかと言えば、
くたびれる人生ドライブ(旅)になりそうです。
それは思いがけない突発的な事柄に
多く出会うことになるからです。 ”

確かに2013年の立春以降は、良いことも悪いことも、
突発的に訪れました。

2012年にスタートして、長く続けるつもりだったお仕事から、
突然離れることになったかと思えば、
1度切りだと思っていたお仕事が年単位の契約に変わり、
突然お話をいただいて、絵本の文章を書くことになりました。

今日、私の身に起こったことも、まさにそうです。

四柱推命、おそるべし。

すごい!と思ったので、あなたにもシェアします。
よろしければ、あなたの未来をよくするための、
参考にご覧ください。

http://www.moonlabo.com/cgi-bin/cln/cln_uranavi.cgi?OpDv=2014

で、今日私の身に起こったことは何かって?

では、それを、次のショートストーリーでご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆110
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ガシャン!!

大きな音にハッとして見ると、
ぐしゃりと潰れたボンネットが、
トラックの荷台ににめり込んでいた。

フロントガラスの向こうに広がっているのは、
これまで見たことがない光景。

ぶつかった時の大きな音は聞こえたのに、
衝撃は全く記憶にない。

私はその光景を、まるでテレビの中の出来事のように感じ、
なぜそれを見ているのかを、すぐには理解できなかった。

車が追突したのだと分かるまでには、しばらく時間があったと思う。

先方の運転手さんにお詫びした後、すぐに電話した夫は、
意外なことに私を叱らなかった。

相手の運転手さんも穏やかで、怒っている様子もなく、
まるで、先輩社員が新入社員に仕事を教えるように、
控えておくべき事柄を教えてくれた。

運転手さんと連絡先を交換し終えて、
保険屋さんに電話していると、パトカーが到着して、
2人の警察官がこちらにやってきた。

その光景を見たとき、また
テレビを見ているようだと思った。

優しい口調の警察官は、なんだか近所のおじさんみたいで、
「ごめんなさい」と「ありがとう」を交互に言ううち、
手続きが済んだ。

トラックは走り去り、レッカー車が到着して、
私も事故現場を後にした。

東京から来たばかりだというレッカーのお兄さんは、
私と車を運びながら、体が無事で良かったと言い、
東京の警察はレッカーを待たずに帰ってしまうと教えてくれた。

もしも私がひとりで残されていたら、
どんなに心細かったかわからない。

実は、私には、ガシャン!!という音を聞く直前の記憶がない。

それは、多分、私が一瞬居眠りをしたから。

つまり、この事故は100%私が悪い。

それなのに、被害者のトラック運転手さんも、夫も、
保険屋さんも、警察も、レッカーのお兄さんも、
事故車を運び込んだディーラーさんも、皆本当に優しかった。

おかげで私は、事故直後からずっと落ち着いていられたし、
手続きをスムーズに終えて、自宅に戻ることができた。

……と思っていたのだけれど、
本当のところはやっぱり動揺していたようだ。

夜会社から戻った夫が、娘にこんなことを言った。

「ママがわざわざ電話してきて、警察の電話番号を聞いてきた」

そう、落ち着いていたはずの私は、事故現場で動揺して、
子供でも知っているあの番号、110番を思い出せなかったのだ。


〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

今日は思いがけない事故で、人生初の110番と人生初のレッカーを
体験してしまいましたが、そういえば、突然の思いがけない出来事は、
つい数日前にもありました。

夫の転勤が決まったのです。

結婚して初めての転勤で、初めての単身赴任。

私の生活も、春には激変しそうです。

四柱推命が、「思いがけない突発的な事柄に多く出会う」と教える
運勢が、あと10日ほど残っていますが、
夫の転勤やレッカーされるほどの事故以上に突発的な事柄など、
さすがにもうないですよね?^^;

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年2月7日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle