━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 〓知っていると幸運が増える17の事柄〓ウオッチコレ!ブリリアントタイムvol.240
〓〓 Watch-Colle 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム◇◆ 2014年1月10日vol.240
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓Brilliant Time 〓〓〓〓


新年、あけましておめでとうございます。<(_ _)>

今年もブリリアントタイムを開封してくださって
ありがとうございます!

ライターのHarukaです。

2002年にスタートしたウオッチコレメルマガは、
今年13年目を迎えます。

創刊と同時に小学生になった私の娘も、この春高校卒業で、
創刊当時はまだなかったスマートフォンでこのメルマガを読み、
ショートストーリーにダメ出しをしてくる^^;ほど
大きく成長しました。^^

こんなに年月を重ねてもまだ、こうして書いていられることと、
今日もメルマガを読んでくださるあなたがいることに、
心から感謝しています!

新春の清々しい気もちで、2014年、最初のブリリアントタイム、
スタートです♪

今年も、隔週、しばらくの間、Harukaとブリリアントなお時間を
ご一緒してくださいね。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆What's New◇ウオッチコレ新着情報2013年12月27日〜2014年1月9日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇セイコー スピリット SCVS001 メカニカル 6R15-00A0 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk966d/SK-966D.htm

◆シチズン クロノマスター AD Cal.5440 33石自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz145a/CZ-145A.htm

◇ラドー 14KWG レディス 21石 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd114a/RD-114A.htm

◆オメガ スピードマスター 3511.50 自動巻 OH済 1990年代 
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om579c/OM-579C.htm

◇オメガ デビル 511.0509 Cal.625 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om578a/OM-578A.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Essay1◆枯木に春が来て花開く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普段は仏壇に手を合わせ、クリスマスをケーキでお祝いし、
お正月になれば初詣に行くのが一般的な日本人。

もちろん、私もそんなひとりです。

信仰心の篤い方には節操がないと叱られそうですが、
相手は心の狭い人間なんかとは違うので、
「自分だけを信じなさい」なんていうはずないと考えています。

そういえば、昨年公開されたアカデミー受賞作、
「ライフオブパイ 虎と漂流した227日」の中に
こんなシーンがありました。

主人公のパイ少年が、複数の宗教の教えに次々と興味を持ち、
それらの戒律を全て守ろうとするものだから、生活が大変になって、
母親が困惑し、どれか1つにさせようとします。

ところが、父親は、全部信仰してみる息子を認めて見守るのです。

短いシーンでしたが、漂流生活を生きぬいたパイの性格や
少年期の家庭環境を物語る、とても印象的なシーンでした。


さて、そんなわけで(どんなわけ?という突っ込みはナシで笑)
今年のお正月もまた、氏神さまに初詣に行ってきました。

このあたりには、市内で一番有名な神社もあって、
そちらは、三が日を過ぎてもまだ付近の道路が渋滞するほど
混んでいるのですが、地元密着型の氏神さまは、
いつでもゆっくりお参りできます。

でも、3年前、神社の歴史に詳しい方から、
この氏神さまは、実はものすごいパワースポットで、
お参りすれば高いご利益がいただけると聞いたのです。

当時、ちょうど高校受験を控えていた娘は、
この氏神さまによくお参りして、見事、希望校に合格しました。

そして、一昨年と去年は、私も絵馬を書いて奉納し、
夫に笑われた願い事も、しっかり叶ってしまいました。^^

今年の初詣では、さらに思い切った願い事を奉納してきたことは、
いうまでもありません。

見事願いが叶ったら、なんて書いたかお教えしますね♪

そして、そんなパワースポットの氏神さまで引いたおみくじは、

私がこの神社で初めて引いた“大吉”で、
こんなふうに書いてありました。

このみくじにあう人は、
古く悪いしきたりを改め
新しく時代に適した姿を求める相で
再生の喜びが運を導き
枯木に春が来て花開くようである

大吉だったのも嬉しかったのですが、
この文章に強く感じるものがあって、
読んだ瞬間心の中で、思わずガッツポーズしました。^^


ちなみに、“吉”を引いた娘のおみくじの「受験」の項目には、
「今後の努力により叶う」とあって、
娘は、「神様がこれまでの不勉強は許してくれたから
これからがんばる!」と喜んでいました。

お正月のおみくじは、このように自分に都合よく、
解釈すれば良いのです。(笑)

信じて嬉しくなったり、安心したりする気持ちが、
背中を押してくれるのですから。^^

氏神さま、いつもありがとうございます!
春に願いが叶ったら、必ずまたお礼にまいります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Essay2◇知っていると幸運が増える17の事柄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なんでもかんでも信じるわけではありませんが、
「占い」や「おまじない」がわりと好きです。

少女向け占星術雑誌を年間購読していたこともありましたし、
とても落ち込んだ気持ちを街角の手相占いに救われて、
また元気になれたこともあります。

さすがに買ったことはありませんが、雑誌によく出ている
“幸運を招くネックッレス”や、“お金の貯まるお財布”を、
欲しいと思ってしまうこともあります。(笑)

「ジンクス」も同様で、
“赤いワーゲンが走っているのを見ると良いことがある”
というのは、子どもの頃からずっと信じつづけている鉄板。

運用(?笑)を重ねるうちに、ワーゲンの速度が速ければ速いほど
幸運が大きいとか、自分に向かって走ってくるとよりラッキーだとか、
赤が鮮やかでピカピカに磨かれた車だとさらにすごい!とか、
ハッピーの度合い設定までできました。

最強なのは、ピカピカに磨かれた真っ赤なワーゲンが、
向こうからこちらに向かって、ビューン!と高速で走ってくること。

一般道路で、向こうから車が高速で突っ込んでくる、
なんていう状況は、そんなにあるものではないので、
まだ、この最強シチュエーションに出会ったことはありませんが、
ちょっと速めのスピードで走る赤いワーゲンを見つけたりすると、
これからどんな良いことが起こるのだろう?とワクワクします。

元々は何の根拠もなかったはずの赤いワーゲンのジンクスは、
今や私にとって、“幸運の予告”にも近いパワーを持っているのです。

こういうラッキージンクスが、もっとたくさんあったら、
2014年がうんと楽しくなるかもと思い、調べてみたら、
けっこうたくさんありました!

ブリリアントタイムを読んでくださるあなたにも、
知っていると幸運が増えるラッキージンクスを
シェアしますね。^^


★木曜日にくしゃみが出たら、何か良いことがある。(イギリス)

★右の掌がかゆくなったら、お金が入ってくる前触れ。(ドイツ)

★猫(黒猫以外)が後をついてくると良いことがある。(ヨーロッパ)

★朝、蜘蛛を見つけると何か良いことがある。

★朝一番のお茶に茶柱が立っていたら良いことがある。

★立っていた茶柱が倒れたらそちらの方向からお金が入る。

★朝、家を出てすぐに白猫を見かけた日は幸運になる。

★白猫が目の前を横切ったら3日間幸運が続く。

★爪に白い星ができたら、プレゼントをもらえる。

★新しい靴を買った翌日に雨が降ると恋が叶う。

★左の靴ひもが自然にほどけると好きな人から告白される。

★眉毛がかゆくなったら嬉しい恋のハプニングがある。

★猫の貯金箱をプレゼントされると、近いうちに恋が実る。

★お金持ちから財布をプレゼントされるとお金持ちになれる。

★恋人と東京タワーのライトが消える瞬間を見ると幸せになれる。

★知らないうちにイヤリングを片方だけ落としたら恋が始まる。

★レクタングルの時計をプレゼントされると仕事運が上がる。

明日から、あなたにこんな出来事が起こったら、
「おっ!近いうちに何か良いことがあるな」と予感して、
楽しみにお待ちくださいね♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇Short Story◆本当の幸せ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな恰好で来るんじゃなかった。

会場に着いた途端、そう後悔した。

ホテルのレセプションにいる女性たちが皆、
思った以上に着飾っていたから。

受付を済ませて辺りを見回すと、同じゼミだった加奈子と博美が
手を振っている。

知り合いを見つけて、少しほっとしたが、
2人と話しをするうちに、また気持ちが沈んでいった。

開業医と結婚した加奈子は専業主婦だったが、
綺麗にネイルした細い指には、
雑誌でしか見たことのないハイジュエリーが輝いていた。

艶やかなクロコダイルのバッグは、
先週衝動買いしたばかりだという。

忙しい夫は、家も子供も彼女に任せ切っている代わりに、
ねだれば何でも買ってくれるらしい。


「あら、素敵なジャケットね」

そんな加奈子が、博美の着ている鮮やかな色の
カシミヤジャケットを褒める。

「先月パリで見つけて一目惚れしたの。
加奈子と違って自分のお金で買ったのよ」

そう言って笑う博美は、大手デパートのバイヤーとして
今もバリバリ働いている。海外出張も多いようだ。

そういえば博美は学生時代から語学が得意だったっけ。

家事も半分負担してくれるというご主人は
7つ年下のイケメンだ。

子供がいないから週末は雑誌で探したレストラン
に行く事が多いと聞いて、
私がファミレス以外で外食したのはいつだっただろう?
と考え込んだ。

「洋子はお母さんらしくなったわね」

「家事を全部しながらパートにも出てるなんて偉いわよ」

加奈子や博美に悪気が無いのは分かっているが、
私にはそれが、「生活感が漂っている」だとか、
「家事とパートしかできない平凡な女」だと
言われたように感じられた。

自分でも卑屈だと思う。

でも、セレブ感漂う加奈子とキャリアウーマンの博美を前にすれば、
普通の主婦はみんな卑屈になるだろう。

ひきつりながらも笑顔をつくって2時間過ごし、
二次会を断って家に戻ると、どっと疲れが出て眠たくなった。


夢の中で私は、医者の妻になっていた。

ドラマで見たような広いリビングのソファで
外国のファッション雑誌をめくっている。

ウォークインクローゼットには、その雑誌に載っている洋服
があふれ、買っただけで一度も履いていない靴もたくさん
置いてある。

なんて贅沢……。

メールの着信音に顔をあげた私は、
息子からの、「今日は友達の家に泊まる」という連絡を読む。・

しばらくすると、傍らに放りだしてあったブランドバッグを掴み、
左ハンドルの愛車に乗ってアクセルを踏んだ。

戻ってきた車のトランクには、一流ブランドのショッピングバッグが
いくつも詰め込まれている。

私は荷物を残したままの車を車庫に入れると、
薄暗い寝室の大きなベッドに倒れこんだ。

バッグの中でスマートフォンが鳴っている。

今日も帰れないという夫からの連絡だ。

私の頬に、涙が一筋流れていた。


バッグの中でスマートフォンが鳴っている。

寝室で眠っていたはずだったのに、

目を開けるとそこは外国のホテルだった。

慌てて電話に出ると男がフランス語でまくし立てた。

電話での交渉は嫌いだが、これも仕事だから仕方ない。

……ん?仕事?

なんとか話をつけて時計を見ると、飛行機の時間が迫っていた。

急いで支度してチェックアウトを済ませ、
タクシーで空港にかけつけた。

間にあってよかった。

でも、この狭い座席にこれから半日
座っていなければいけないと思うと気が滅入る。

留守にした1週間、家事をひとりでこなした年下の夫は、
機嫌が悪いに違いない。
週末はどこか目新しいレストランに連れて行って、
美味しいものを食べさせてやらなくてはいけない。

正直、面倒くさいと思う。

心も体もくたくたで、仕事なんてやめてしまいたかった。

でも……私から仕事を取ったらいったい何が残るというの?

その時、飛行機がガクンと揺れた。

「ママ!ねぇ、ママったら、そんなところで眠ったら
風邪引いちゃうよ!」

揺り起こされて目に入ったのは、我が家の見慣れた小さなリビング。

確かさっき飛行機に乗ったはず……。

「飛行機はもう着いたの?」

「ママ、何寝ぼけてるの?
もしかして、同窓会でお酒飲んで酔っ払った?」

ああ、そうだった。

今日は同窓会で加奈子や博美と会ったんだっけ……。

それにしても、リアルな夢だった。

飛行機が揺れた感覚までまだ体に残っている。

溌剌としていた博美も本当は、
あの夢のように忙しさで疲れてるのだろうか?

それに、羨ましいほど幸せに見えた加奈子も
ベッドで泣いたりするのだろうか?

そんなことを考えていると、玄関で夫の声がした。

「今帰ったよ!」

聞きなれた夫の声だが、今日はなぜだか
いつもより優しげに聞こえる。


「お帰りなさい!」

思わず声が弾んだ。

「同窓会は楽しかったか?」

靴を脱ぎながら話しかけた夫が、
私の顔を見て動きを止めた。

「ママ、ほっぺによだれのあとが付いてるぞ、
さては、酔っぱらってうたたねしていたな」

夫が笑いながら言う。

え?と鏡を覗き込むと、目の下からツーっと一筋
頬紅を溶かして流れた涙のあとがついていた。

まさか……?

「まあ、たまには少しくらい飲んでくるのもいいか。
ママは毎日がんばってくれてるもんな。
なあ、優奈もそう思うよな?」

「うん、思う思う!
ママ、たまにならヨダレ垂らしてうたたねしてもいいよ!」

「もうっ、失礼ね!ママはヨダレなんて垂らしてません!」

私がムキになると、夫と娘が楽しそうに笑った。

リビングでテレビを見る夫と娘が一緒になって、
夫の軽口にムキになる私をはやし立てる。

夫がいて、娘がいて、小さな部屋に笑い声が響く。

楽しいな……。

優雅でもなく、かっこよくもない普通の主婦の生活だけれど、
もしかしたらこれが、本当の幸せなのかもしれない。

〓〓 Many thanks 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

今回のブリリアントタイムはいかがでしたか?

それから、お気づきになった方もいらっしゃると思いますが、
毎年恒例のメルマガデザインチェンジをしました!

読みやすさを考えたシンプルなラインを使い、
タイトル部分を去年より分かりやすくして、
目次は思い切って無くしました。

デザインでも内容でも、あなたのご意見ご感想を、
いただけたら嬉しいです。

2014年も、ウオッチコレとブリリアントタイムを、
どうぞよろしくお願いします。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2014年1月24日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle