━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■この思いを伝えたくて■ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2013年12月13日
■□■
□■ ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.238 2013年12月13日
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちは!Harukaです。^^
今日もブリリアントタイムを開封してくださって、ありがとうございます!

毎年恒例の今年の漢字が決まりましたね。
今年の漢字は、「輪」。東京五輪決定や、復興の輪が広がった
というのが理由だとか。

2位以下にラインナップした漢字を見ても、世の中に少し明るい兆し
が見えているのかな、と感じます。

ちなみに、私的今年の漢字は、「進」。
いろいろなことが、少しずつ前に進み始めた年でした。^^

それから、前回のブリリアントで話題にした新語・流行語大賞も
決定しましたね!

選ばれたのは、皆さんも、そして私も予想した言葉。

「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」

4つ全部が大賞というのにはちょっと驚きましたが、
どの言葉も、甲乙つけがたかったのがわかる流行り方でした。

流行語の賞味期限はそんなに長くないので、2013年のうちに、
積極的に使ってみようと思います。^^

それでは、早速……

このメールマガジン、いつ読むの?

今でしょ!!

今週も、まずは、お・も・て・な・しの気もちを大切にしている
ウオッチコレの新着情報からどうぞ♪


■□■ 目次 ■□■

1.ウオッチコレ新着情報2013年11月29日〜2013年12月12日
2.この思いを伝えたくて
3.密会の深層心理
4.ショートストーリー「神様の悪戯」
編集後記……雷門獅篭さん、ありがとう♪

■□■1.ウオッチコレ新着情報2013年11月29日〜2013年12月12日■□■
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

■ラドー ダイヤスター 636.0308.3 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd112d/RD-112D.htm

■グッチ トリコロールライン ラウンド レディス クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/GC/gc024d/GC-024D.htm

■オメガ コンステレーション 168.019 Cal.564 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om577a/OM-577A.htm

■オメガ デヴィル ST711.2026 Cal.625 手巻 OH済 1976年
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om576a/OM-576A.htm

■オリエントスター ダイナミック WZ0011EH 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on155d/ON-155D.htm

■セイコー マーベル 14020 手巻 OH済 昭和31年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk959a/SK-959A.htm

■セイコー KSバナック 5246-6030 自動巻 OH済 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk958a/SK-958A.htm

■ボールウォッチ エンジニア2 オハイオ40mm NM2026C-S5J-BK 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BW/bw004sp/BW-004SP.htm

■モーリス Cal.10 1/2 CD 17石 手巻 OH済 1950年代 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot180a/OT-180A.htm

■ラドー ゴールデンホース Ref.11674 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd111a/RD-111A.htm

■セイコー クロノグラフ 6138-8020 自動巻 OH済 昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk957c/SK-957C.htm

■セイコー ブライツ アナンタ SAEH001 自動巻 クロノグラフ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk956c/SK-956C.htm

■エポス 3292TBL クロノグラフ 自動巻 デッドストック
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep039c/EP-039C.htm

■エポス 3292TSM クロノグラフ 自動巻 デッドストック
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep038c/EP-038C.htm

■パティックフィリップ カラトラバ 3445 18KWG Cal.27-460M
自動巻 OH済 1970年代 
http://www.watch-colle.com/watch/PP/pp020a/PP-020A.htm

■□■2.この思いを伝えたくて■□■
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
実は、先日、娘とバトルをしてしまいました。


娘は高校3年生で、一応進学を希望しているので、本来であれば、12月のこの時期は、かなりデリケートな時期
であるはずです。


ところがうちの娘と来たら、勉強に没頭する様子もなければ、焦る様子も、考えている様子もなく、ヘラヘラと過ごしている……ように見えるのです。


もちろん、娘が彼女なりにがんばっていることも、考えていることも、焦っていることも知っていますが、何せ、それが表に出ない。


ここの部分は、物事に動じない、というか動じていてもそう見えない
夫譲りなのかもしれません。


心の状態が表に出ないのって、良いときもあるのですが、逆の場合もありますね。


一人娘の将来に影響する高校卒業後の進路について、母は娘に全面協力(場合によっては夫を敵にまわしてでも)するつもりで、毎日ものすごく考えているのに、当の本人がのほほんとしている(ように見える)のですから、独り相撲の気分になって、つい、声を荒げてしまうのです。


いったい、どうするつもりなの?!
って。^^;


いいんですよ、娘の人生なんだから、娘が好きなように選んで歩いて行けば。


でも、なーんにも考えていないうちに時が来てしまって、仕方なく一番手近にある道を選んでなんとなくそちらに歩いて行く。みたいな事にはなって欲しくないんです。


パパの遺伝子のおかげで私よりずっと優秀だと思う娘の持つ可能性は、今ならまだ本当に無限大だと思うから。


そして、その無限の可能性の中から、娘が娘にとって一番好ましい未来

つかみ取るために、精一杯努力して欲しいと思うんです。


その努力が必ず報われるとは限りませんが、自分で選んだ道のためにこれ以上できないくらい努力した、という事実は、
生涯彼女の財産になるはずです。


私は、子供の頃、スイミングクラブに通っていて、
水泳選手として県大会での
優勝経験もありました。


水泳は楽しかったし、クラブの中でも上位の方でしたから、
中学高校と進学しても、
そのまま水泳を続けるつもりでした。

でも、父は、体が小さく闘争心の弱い私が水泳選手としてやっていけるのは、子供のうちだけだと考えていたようです。


6年生になった時、小学校卒業と同時にスイミングクラブをやめるよう
言われました。


父に泣いて抗議しましたが、私はそのうち、2つ年年下の、
闘争心あふれる女の子に、
どんなにがんばっても勝てなくなり、
諦めがつきました。

私を諦めさせたその女の子は、最初に私と対戦して負けたとき、2つも年下だったというのに、「悔しい!」と言ってわんわん泣いたのです。

その後めきめき速くなっていったその女の子にとうとう負けてしまった私は、
彼女とは違い、「
小さいのにすごいなあ」と感心してしまいました。


今になって思えば、そんな私がアスリートには向いていないことは
間違いありません。(笑)

私は卒業と同時にスイミングクラブをやめて、水泳は趣味になりました。


それでも、4年間本気で水泳に取り組んだという経験は大きく、中学でも校内ではダントツの速さでした。

ここだけのお話ですが、水泳を始めるまで1か2しかとれなかった
体育の成績が、
水泳を始めてからは、常に4か5だったことも、
目に見える大きな収穫でした。


水泳選手にはなれなかったけれど、なりたいと思って頑張った事実は、35年経った今でも、いろいろな意味で役立っています。


なんて、ちょっと話がそれちゃいましたね。


でも、そんな自分の経験もあるからこそ、
娘には、
「できるかできないか?」より先に、「何がしたいのか?」
を真剣に考えて
欲しいのです。


そして、卒業までのあと何ヶ月かを、そこに向かって精一杯
がんばってほしいのです。


考えるのもがんばるのも中途半端なまま、春になってしまうことだけは
決してないように……。


娘とはけっこう仲良しなので、毎日たくさん話をしていますが、
肝心なところがちゃんと伝わっているか?
がイマイチわかりません。^^;


そのため、何度も同じことをと伝えようとして、
また、ちゃんと伝わってるかどうかを確認しようとして、うるさがられてバトルになります。^^;;

母のこのもどかしい気持ち、大人のあなたならわかってくださいますか?


■□■3.密会の深層心理■□■
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
娘と夜中にバトルしたり、仕事が立て込んで睡眠不足になったり、
気になることがいくつか重なったりして、ちょっと心が弱っていたら、
昔好きだった人の夢を見ました。

そういえば、昔から、体や心が弱ったときにはよく、
昔(その時点で)好きだった人が夢に現れます。

その夢はとてもリアルで、目が覚めた後でも、一緒にいる空気の感じや、
その人の体の温度や、声や表情の細かなところまで思い出せるのが、
普通の夢と違うところ。

人は、夢でストレス解消している、なんて聞きますが、
そんな夢を見た翌朝は、心や体が軽いので、本当なのかもしれません。

夢に出てくるのはなぜか、今好きな人ではなく、
昔好きだった人だというのが、ちょっと不思議ですが。(笑)

リアルな夢に癒された翌朝、こんなにリアルな夢を見るのは
私の深層心理に何かあるのかもしれないと考えました。

そこで、ネットの夢占いサイトで、夢の意味を調べてみました。

この「夢カルテ」というサイトは、見た夢の内容を文章で書いて
診断してもらえる便利なサイト。

http://yumekarte.jp/

私の夢は、ジャニーズのコンサート会場で、昔の彼と密会する
という内容(笑)で、彼は一緒に来ている仲間からうまく離れて、
1人で来ている私と会います。
なぜか高低差の大きい会場で、私と彼は階段やエスカレーターで
お互いを見つけたりすれ違ったり追いついたりしました。
ジャニーズのコンサートなのに、歌は全然出てきません。
もちろん、メロドラマのようなシーンもありませす。(笑)

もっと細かなところまで書いて出て来た夢占いの結果は、こんな内容。

***占い結果ココから***

この夢は、周囲と自分を比べたり、意識する表れです。

周囲と自分の差を意識したり、特別な相手に対する負けたくない
という感情、あなたの気持ちが上昇の傾向にあるようです。
特にライバルや気になる相手に対する感情は、
極端に強いものである場合があります。

その意識は向上心であって、決して悪いことではありません。
競争心があなたを成長させる原動力になるなら良いことです。
ただ、他人より遅れをとってしまうことへの過剰な意識や不安、
ライバルへの度が過ぎる競争心は問題があります。

他人との優劣にこだわりすぎると、少し劣っただけで卑下し
自信を失い、優ると相手を見下す傲慢さが現れたりと、
本来のあなたの良さが出ないばかりか、マイナス面が目立ち、
損するばかりで得することは何もありません。

もし過剰な競争心があるなら気持ちを抑圧する必要があります。
競争心と向上心を適度に保つことが、あなたをステップアップさせる
秘訣です。

今は意欲や向上心を最大限引き出し、おおいに発揮させる時といえます。
ライバルや周囲など身近な相手を対象にするより、
もっと上の大きな高い目標を掲げてみてはどうでしょう。

学業や仕事のスキルアップを目指したり、これまで気後れして
踏み出せなかったことにチャレンジするのもいいかもしれません。

あなたが持つ今のプラスの状態を眠らせてはいけません。
常に上を目指し、挑戦していきましょう。

***占い結果ココまで***


うそ?!
この夢にはそんな意味があったの?

と、まず驚きました。

寒くなってきたし、娘の気持ちを分かってやれないもどかしさがあったので、
てっきり寂しさや人恋しさで昔の彼が出て来たのだと思ってたんです。

でも、改めて考えてみれば、当たっているかもしれません。

本来、競争心は強くない方だと思いますが、今は、
負けたくない
というか、認められたい、認めさせたいと思う相手も
すぐに思い浮かびます。

この夢占いの結果に、そうか、そうだったのか!と
すっかり納得してしまいました。


当たるも八卦当たらぬも八卦の占いではありますが、
「夢占い」と、「手相」は、自分次第で変わっていくところが
面白いと思っています。

目が覚めてもはっきり覚えているような夢を見るのは、
夢が私に何かを知らせようとしているからかもしれません。

夢のメッセージに耳を傾け、大きな目標を掲げて、
スキルアップをめざし、新しい一歩にチャレンジしようと思います♪

■□■4.ショートストーリー「神様の悪戯」■□■
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

最近時間が経つのが早い。

今日だって、さっき仕事を始めたばかりだというのに、もう昼だ。

昼飯を食べに行きたいところだが、午後からは会議の予定だし、
夜は彼女と約束があるから、これだけは終わらせておかないと……。

俺は昼飯抜きを決めてもう一度PC画面に目を向けた。

それにしても、時間の経つのは早いなあ。

*****

ああ、ちっとも時間がすぎない。

さっきからもうずっと、課長のお小言を聞いている。

課長のねちねちと同じことを繰り返すあの話し方、
どうにかならないものかしら?

「……ということだ。わかったか?」

わかったわよ、同じ話、3回以上聞いてるものと思いながら、
「はい、承知しました。申し訳ございません」とまた頭を下げて、
ようやく、課長のデスクを離れることができると思ったその時、

「ところで、昨日の書類の件だが……」

とまた話が始まった。

うそでしょ?!まだ続くの?!

それにしても、ホントに時間が過ぎるの遅い!

*****

「コラッ!またそんな悪戯して」

下界を見ながら笑っているところをパパに見つかってしまった。

「ごめんなさい!……でも、面白いんだもん。
人間ったら、ちっとも気が付かないんだよ。
こんなふうに、ほら、時間の進み方を変えてもみんな従うんだ」

「いや、みんな気づいてるよ。でも、人間は我慢強いんだ」

「え!気づいてるの?!」

「そうさ、お前のような悪戯っ子が悪さをしていることなど、
賢い人間たちはお見通しだけど、子供だから許してくれてるんだ」

「どうしよう!?人間、本当は怒ってるかな?」

「ああ、怒ってるかもしれないなぁ」

「パパ、僕、いたずらした時間を元に戻すよ!
そうすれば、人間も許してくれるよね?」

*****

会議室にもノートPCを持ちこんだ甲斐あって、
書類も何とか完成し、予約時間に間に合わせることができた。

いつものことだが、彼女と一緒に過ごす時間もまた、
飛ぶように過ぎていく。

テーブルにはすでに、デザートが並んでいる。

いつものデートなら、このままコーヒーを飲み終えて、
次の約束をして別れるところだが、今日はそうするわけにはいかない。

どうしても彼女に伝えなければいけないことがあるから。

俺はポケットの中小さな箱を確かめて、小さく深呼吸をした。

「どうしたの?急に深刻な顔をして……」

彼女が不思議そうに訊ねる。

ワインを飲んだ彼女の顔は、頬が少し赤らんで、
いつもにも増して可愛く見えた。

彼女の潤んだ瞳に見詰められると、心臓がバクバク鳴り始めて、
頭の中が真っ白になった。

しばらく何も言えないでいると、ウェイターがやってきて、
そろそろ閉店の時間だと告げた。

彼女は残りのコーヒーを飲みほして、俺が立ち上がるのを待っている。

ポケットの小箱を渡して、たった一言伝えるだけだというのに、
どうしても、時間が足りない!!

ああ、神様!どうか俺にゆっくり流れる時間をください!


*****

今日も1日、本当に長かった。

課長のお小言がようやく終わって、さあランチと思ったら、
今度はお局に捕まって、高いだけでちっとも美味しくないイタリアンに
付き合わされた。

もちろん、自腹だ。

お局の自慢話を散々聞かされて戻ったオフィスの午後も、
やっぱり、まったり長かった。

もうすっかり慣れちゃったけど。

オフィスを出てウィンドウショッピングしながら
彼と待ち合わせたレストランに向かうと、
いつも遅れて来る彼が、珍しく先に着いていた。

待つのが当たり前だったから、ちょっと嬉しい。

彼と一緒だと楽しくて、時間が飛ぶように過ぎる。
オフィスで過ごす時間も、こんなふうに過ぎればいいのに。

たくさん笑ってふと気づくと、テーブルにはデザートが並んでいた。

このコーヒーを飲み干したら、彼との楽しい時間もお終い。
でも、今日はなんだか彼の様子がおかしい。

急に黙り込んでしまった彼の様子が気になって、聞いてみた。

「どうしたの?急に深刻な顔をして……」

彼の顔をじっと見ても、何を考えているのかわからない。

どうしたのだろう?と思っていると、ウェイターがやってきて、
閉店の時間だと告げた。

私は残りのコーヒーを飲みほして、
彼が立ち上がるのを待った。

彼と別れて家に帰ったら、次のデートまで1週間、
また、長い長い時間が始まる。

ああ、神様!どうか私に飛ぶように過ぎる時間をください!

*****

「それで、お前はどうしたんだい?」

「パパ、もちろん、うまくやったよ。
人間、僕のいたずら許してくれるよね?」

*****

彼にプロポーズされてから、私の毎日はすっかり変わった。

長くて退屈だと感じていたオフィスの時間も、
結婚退社までの期間が決まると、飛ぶように過ぎて行った。

課長のお小言も、お局の自慢話も、結婚準備のことを考えていると
いつのまにか終わっている。

もう少しスリムになって、ウェディングドレスを綺麗に着たいから、
スポーツジムにも通い始めたら、夜もあっという間に過ぎる。

時間が速く過ぎる毎日って、こんなにも充実してるのね。


*****

一世一代のプロポーズが成功して、俺の毎日はすっかり変わった。

精神的に落ち着いたからなのか、時間の流れが緩やかに感じられ、
仕事にもじっくり取り組める。

退職と結婚の準備で、何かと忙しくなった彼女は、
週に1度のデートに遅れてくることもあって、
彼女を待たせるプレッシャーからも、すっかり解放された。

あと数か月、独身時代を満喫したら、彼女と2人の生活が始まる。

時間がゆったり過ぎる日々は、なんて充実しているんだろう。

■□■編集後記……雷門獅篭さん、ありがとう♪■□■
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

カレンダーは最後の1枚になって、今年も残り3週間とちょっと。

私が今年やりたかったことの1つに入れていた、
趣味のホームページのリニューアルは、
先月無事完了しましたが、実はまだ、トップの扉絵が仮のままでした。

でも、先日、お願いしていたマンガ家さんから
トップページのイラストが届いて、
ついに、「ティータイムをご一緒に」のリニューアルが完成しました!

扉絵を描いてくださったのは、名古屋のマンガ家で落語家、
加えて最近は、ラジオのレギュラー番組や、大学講師もされている
大忙しの雷門獅篭さん。

http://thundergate.jp/chicago/

10年くらい前に、彼が『名古屋式』という本を出版した際、
ほんのちょっとだけお手伝いさせていただいたのがご縁で
お話しするようになり、母娘してすっかりファンになりました。

以降、ずっと、彼を応援しながら、時々お願い事をしたりしてます。^^;

以前にも1度、HP用の似顔絵を描いていただいたのですが、
今回リニューアルするにあたって、月日を重ねた私の似顔絵を、
再びお願いしてみました。

すると……

こんなに綺麗に描いてくださいました♪

http://happyteatime.jp/

実物とのギャップが激しすぎるかも?とも思いましたが、
大丈夫!つりあがった目と大きな口がそっくりだから、
ちゃんとママだとわかる、と娘に言われました。

喜んでいいものか、やや複雑です。


ともあれ、ホームページも無事リニューアルし、
今年の目標がまた1つ達成しました。^^

あと3週間で、残りいくつ達成できるか?
最後まで投げないで、頑張ってみようと思います。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2013年12月27日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle