━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume339
volume338
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■1日中座りっぱなしで仕事をしているあなたへ■ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2013年 6月28日
■□■
□■ ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.226 2013年6月28日
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちは!Harukaです^^
今日もブリリアントタイムを開封してくださって、ありがとうございます!

最近、私は、iPhoneで動画を見る機会がとっても多くなったのですが、
その時、とても便利に使っているのが、シーツをお洗濯したときに、
物干し竿に止めるちょっと大き目の選択ばさみです。

片手にすっぽり収まるくらいの大きさで、
パチンと留めるところが物干し竿にぴったりくるよう丸くなっています。

実は、これが、iPhoneを立てるのに、笑えるくらいにぴったり!なんです。

物干し竿を挟むところにiPhoneを横から滑らせる感じで挟めば出来上がり、
縦にも横にも置けて、ちょうど良い傾斜で画面を見ることができます。

挟まっているため、安定性もバッチリで、
軽くて小さいので携帯性もなかなかですし、
本来の目的、お洗濯時にも役立ちます!(笑)

iPhone立てを買おうと、ネットであれこれ検索していたら、
娘が、教えてくれました。

あまりに調子が良いので、ブリリアントを読んでくださっている皆さんにも
お伝えしたくなりました。

ぜひ一度、お試しくださいね。

それでは今回も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

■□■ 目次 ■□■

1.ウオッチコレ新着情報2013年6月14日〜2013年6月27日
2.1日中座りっぱなしで仕事をしているあなたへ
3.ショートストーリー「慶子の選択A」
4.ショートストーリー「慶子の選択B」
編集後記…… オンデマンドで映画三昧

1.ウオッチコレ新着情報2013年6月14日〜2013年6月27日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

■オメガ デビル レディス Cal.484 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om552a/OM-552A.htm

■ラドー コンウェイ CONWAY レディス 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd103a/RD-103A.htm

■セイコー 5アクタス SS 6106-8520 自動巻 OH済 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk909a/SK-909A.htm

■セイコー セルフデーター 15022DE 自動巻 OH済 昭和38年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk908a/SK-908A.htm

■ルイエラール コレクション1931 ムーンフェイズ 43203 PVDR01
 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LE/le042c/LE-042C.htm

■ルイエラール ヘリテージ 2カウンタークロノグラフ 73255 AA01
 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LE/le041c/LE-041C.htm

■オメガ デビル レディス Cal.485 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om551a/OM-551A.htm

■セイコー 5アクタス SS 7019-8010 自動巻 OH済 昭和49年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk907a/SK-907A.htm

■キングセイコー 5621-7000 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk906a/SK-906A.htm

■チュードル 9050 プリンス オイスターデイト 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx179a/RX-179A.htm

■インターナショナル Cal.852 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc065a/IWC-065A.htm

■ティソ クロノグラフ T461 クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts044c/TS-044C.htm


2.1日中座りっぱなしで仕事をしているあなたへ
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

薄着の季節になる度に、“ダイエット”を口にしている私は、今、
10日間1クールの糖質制限ダイエットを、2クール終えたところです。

1クール目で1.5キロ、2クール目で1キロマイナスしましたが、
まだ去年より1キロ以上重く、目標は、あと2キロ以上減らすこと。

たかが2キロ。されど、2キロ。

これがなかなか減りません。><

しかも、問題は、増加した体重だけではなかったんですよね。^^;

数年前に買って、似合うと褒められたことも度々あった
お気に入りのワンピースが、今は何だか似合っていない気がします。

なぜだろう?と考えて、体の形が変わっているのだと気づきました。

ノースリーブの膝丈ワンピースから伸びる手足や、腰回りの感じが、
以前より、“ゆるい”んです。(-"-)

サイズ的には合っているので、ものすごく太くなったというわけ
ではないと思うのですが、なんだかスッキリ見えません。

これが年を取るということなのかな?

と、がっかりしかけたところで、
「人間、使っているところは衰えない」とも言うのを思い出しました。

事実、70代なのに贅肉なんてひとかけらもないバレエの先生や、
筋肉がきれいについて引き締まった脚をした60代のランナーを
スポーツクラブで見ています。

体のラインがたった数年で何だかゆるくなっちゃったのは、
ちゃんと使っていない証拠だと反省しました。

そして、ここからが本題です。(前振り長くてごめんなさい!笑)

国外の興味深い情報を翻訳して伝えている「lifehacker」で、
「デスクワークが健康全般に及ぼす影響」という記事を見つけ、
こんな一文にドキッ!としました。

“座りっぱなしでいると体脂肪の調節機能が大きく変化し、
体重の増加につながります。”


私は1日の大半をPCの前に座って過ごしていますから、
自分の体で、この文章を証明している気がします。


記事ではさらに、座りっぱなしでいる長期的な弊害として、
“心疾患や特定のガンリスクの上昇など”も指摘しています。

体重が増えるくらい別にかまわないというデスクワーカーでも、
ちょっと気になるのではないでしょうか。


オーストラリアの心臓・糖尿病研究所に勤めるNeville Owen博士
によれば、

「座っている時は、特に下半身にある大きな筋肉への負荷が
まったくなくなります。
そのような筋肉は、正しく機能していない状態にあるのです」

だそうで、

「このように身体を動かさないと、新陳代謝の変化が誘発され、
科学者がバイオマーカーと呼ぶ、ガンと密接なつながりを持つ
多数の生物学的指標が作り出される 」

ということです。

私の下半身はすでに正常じゃなくて、こんなにゆるんでしまったのかも
と、遠い目になりました。

でも、記事は、リスクだけ指摘しているわけではありません。

ちゃんと、解決法も明示しています。

それは、デスクワーカー、特に、一日中コンピューターの前に座って
仕事している人たちにとって、大変シンプルで効果的な方法……

つまり、こんな呼びかけでした。

「少なくとも30分に一度はコンピューターから離れろ」

コーヒーを飲んだり、ストレッチをしたり、歩き回ったり、
肩を動かすだけだって良いそうです。

もし、あなたも私と同じように、デスクワークの時間が長く、
最近、太りやすくなった気がしたり、将来の健康が心配だったり
するのなら…・

今から一緒に席を立って、軽くストレッチなどいかがですか?^^


3.ショートストーリー「慶子の選択A」
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

貴志のプロポーズを受けたとき、慶子には他にもうひとり
付き合っている男性がいた。

本当のことを言えば、より好きなのはもうひとりの方。

にもかかわらず貴志のプロポーズを受けたのは、
もうひとりの男性は、当分結婚する気がないと知っていたから。

慶子は夏がくれば、36になる。
一番好きな男性がその気になる日を待っていたら、
40を超えてしまうかもしれない。

遠すぎて霞んでいる理想の結婚よりも、
少し妥協すれば今すぐ手に入る結婚を選んだのだ。


結婚式の準備をしたり、新婚旅行の行き先を考えたりするのは、
想像以上に楽しかったし、
結婚さえしてしまえば、もうひとりの男性のことは、
自然に忘れられると思っていた。

ところが、華やかな結婚式を終え、
絵ハガキのように美しい南の島から戻って、
味気のない日常が始まると、心がにわかにざわめきだした。

隣でいびきをかいている男が、うとましく思える日さえあった。

そうなると思い出すのが、選ばなかった方の男性。

もしも、「待つ」という選択肢を選んでいたら……
そんなことを考えることが増えた。

その日も酔って遅く帰った夫は、着替えもしないでベッドに入って、
大きないびきをかきはじめた。

はぁ……。

慶子はため息をついて窓の外を眺めた。

都内にあるマンションの窓からは、遅い時間でも灯りが見える。

あの人もまだ起きているかな……

そんなふうに考えた瞬間、強い目まいが襲ったかと思うと、
目の前が真っ黒になった。


しばらくして目が見えるようになると、窓の外の灯りが増えていた。
まるで高層階の窓から見る夜景のようだ。

美しく煌めく夜景から、室内に戻した慶子の視線の先には、
キラリと輝く一粒のダイヤがあった。

えっ!まさか……?

ダイヤを差し出しているのは、緊張した表情の貴志だ。

う……そ……。

そんなことがあるはずはない。

でも、慶子は今、間違いなく、
夜景の綺麗なレストランで、貴志からプロポーズされている。


「返事は今すぐでなくてもいい、考えてほしいんだ」

貴志が真剣な眼差しで口にする言葉も、
あの日聞いたのとそっくり同じだ。


なぜこんなことになったのかはわからないが、
慶子にはもう一度、選択し直すチャンスが与えられたようだ。


もしも今、「ノー」と答えれば、未来を変えられるかもしれない。


心臓がドクンドクンとなって、さまざまなシーンが脳裏を駆け巡り、
いろいろな感情が心をかき回した。

どうしよう……どう答えればいいんだろう?


******


「裕貴、早く起きなさい!遅刻するわよ」

中学生になった裕貴は、この頃夜更かしが過ぎるせいで、
朝、なかなか起きられない。

妹の優花は、ちゃんとひとりで起きているというのに。

何度呼んでも食卓に来ない裕貴の部屋まで行って、
力づくで布団をはぎ取ると、ようやく片目だけを開けた。

「もう!早く起きなさいってば!」

ボリボリと頭をかきながら起き上がる息子は、
最近ますます夫に似てきた。


今でもときどき、選ばなかった彼との生活を想像してしまうことはある。

でも、これは、慶子自身が2度も選択した生活だ。

不満がないわけではないけれど、良かったと思うことの方がずっと多い。

何より、もし結婚がもっと遅かったら、
かわいい子ども達を授かれなかったかもしれない。

もしも、もう一度選択のチャンスが与えられても、
やっぱり、この生活を選ぶだろう。

肉の付き方がパパにそっくりな息子の背中に、
いびきだけは勘弁してね、と小声でつぶやくと、
食卓から「クッション!」とパパのくしゃみが聞こえた。

4.ショートストーリー「慶子の選択B」
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

知り合って3か月目でプロポーズしてくれた男性に、
慶子は翔平と付き合っていることを言っていなかった。

隠していたわけではないが、やはり心のどこかで、
言わない方が良いと思っていたのだろう。

翔平が当分結婚する気がないことは知っていたけれど、
本当のことを言えば、今すぐにでも結婚したかった。

慶子は夏がくれば、36になる。
翔平がその気になる日を待っていたら、
40を超えてしまうかもしれない。

翔平が慶子を愛していることは間違いないし、翔平との結婚が理想だけれど、
少し妥協すれば今すぐ結婚することもできるのだと、
その男性のプロポーズに心が揺れた。

ウェディングドレスは年を重ねる毎に似合わなくなることを、
友人の式に出る度思い知らされていた。

だから1ヵ月でも若いうちに結婚式を挙げたかった。

でも……
華やかに式を挙げて、絵ハガキのように美しい南の島から戻ったら、
始まるのは、ありきたりな日常。

例え3年……いえ、5年待ったとしても、長く続く日常生活は、
本当に好きな人とでなければ、耐えられないに違いない。

そう思ったから、慶子はその男性のプロポーズに「ノー」と答え、
翔平を待つことを選んだ。

ところが、2年経ち、3年経ち、丸4年が過ぎ去っても、
翔平は“結婚しよう”と言い出さなかった。


そうなると思い出すのが、選ばなかった方の男性。

もしも、あのプロポーズに、「イエス」と答えていたとしたら……
そんなことを考えることが増えた。

その日は翔平の仕事でデートがキャンセルになったので、
部屋でひとり缶ビールを飲んでいた。

はぁ……。

慶子はため息をついて窓の外を眺めた。

都内にあるマンションの窓からは、遅い時間でも灯りが見える。

あの人は今頃、別の家庭を持っているだろうか?

そんなふうに考えた瞬間、強い目まいが襲ったかと思うと、
目の前が真っ黒になった。


しばらくして目が見えるようになると、窓の外の灯りが増えていた。
まるで高層階の窓から見る夜景のようだ。

美しく煌めく夜景から、室内に戻した慶子の視線の先には、
キラリと輝く一粒のダイヤがあった。

えっ!まさか……?

ダイヤを差し出しているのは、緊張した表情の男性だ。

う……そ……。

そんなことがあるはずはない。

でも、慶子は今、間違いなく、
夜景の綺麗なレストランで、男性からプロポーズされている。


「返事は今すぐでなくてもいい、考えてほしいんだ」

男性が真剣な眼差しで口にする言葉も、
あの日聞いたのとそっくり同じだ。


なぜこんなことになったのかはわからないが、
慶子にはもう一度、選択し直すチャンスが与えられたようだ。


もしも今、「イエス」と答えれば、未来を変えられるかもしれない。


心臓がドクンドクンとなって、さまざまなシーンが脳裏を駆け巡り、
いろいろな感情が心をかき回した。

どうしよう……どう答えればいいんだろう?


******


「あなた、早く起きて!今日はボブたちとセーリングの約束でしょ」

CEOになった翔平は、ここのところ毎晩パーティが詰まっていて、
部屋に戻れるのはいつも深夜だ。

どんなに遅く帰っても、
慶子は、翔平を、シャワーを浴びて朝食を食べられる時間に起こす。

「毎朝パリッとして出かけられるのは慶子のおかげだよ」

翔平がウインクしながら言う。

子どもが欲しいと思った時期もあった。

せめて30代のうちに結婚していれば……
そう考えることが、今でもある。

寂しくないわけではないけれど、良かったと思うことの方がずっと多い。

何より、いくら子どもを授かれたとしても、妥協した結婚では
夫のことをこんなに愛せなかったに違いない。

もしも、もう一度選択のチャンスが与えられても、
やっぱり、この生活を選ぶだろう。

「おっと忘れ物だ」

ドアを開ける寸前、こちらに戻って来た翔平は、
慶子をギュッと抱きしめると、長いキスをした。

編集後記…… オンデマンドで映画三昧
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

実は、数か月前から、UULAという音楽や動画の
配信サービスを契約しています。

1コインの定額制で、ミュージックビデオや映画、ドラマが見放題なんです。

基本はiPhoneで見るのですが、ソフトバンクのスマートTVという
システムと組み合わせると、配信されている全てのコンテンツを
自宅のテレビで見ることもできます。

私は、DVDで映画をレンタルするTUTAYAディスカスも契約しているので、
TUTAYAが配信しているタイトルも、iPhoneやテレビで見ることができます。

契約したときは、iPhoneの小さな画面なんかではあまり見ないかも、
と思っていたのですが、今のところ、自分でも意外なくらい、
iPhoneで見ています。

どこにでも持ち運べて、スタートもストップもすぐにできるため、
キッチンで食器を洗っているときや、洗濯物を干しているとき、
ドレッサーの前でメイクをしているときなんかにも、
ミュージックビデオや映画を流しておけるんです。

画面は確かに小さいですが、音量は十分だし、
ちょっと残酷なシーンなんかは、小さい画面の方がかえって、
抵抗なく見られたりもします。

それで、以前から気になっていたけれど、怖くてひとりで見られなかった
「バトルロイヤル」もiPhoneで見ました。

小さな画面でも見ても十分に怖いくらい血が飛び散りまくって、
物語の理不尽さと残酷さに涙ぐみながらも、
あり得ない設定なのに妙にリアリティのある心理描写に感心して、
大きな画面で見直したくなりました。

今週は他にも、花魁の世界を色鮮やかに描いた「さくらん」だとか、
芥川賞受賞作を映画化した「蛇トピアス」だとか、
クラブの女王と目立たない少女の友情を描く「ディアフレンド」だとか、
ガンになった青年と親友の行動を綴った「50/50」だとか、
トラと一緒に227日間も漂流して生還した少年の物語「ライフ・オブ・パイ」
なんかを見ました。^^

iPhoneとオンデマンドのおかげで、今まで家事をするだけだった時間に
映画三昧できるよになって、なんだか特した気分です♪

あ、でも、やっぱり、映画はキャラメルポップコーンを食べながら、
映画館で見るのが、一番素好きなのは変りません!(笑)


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2013年7月12日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle