━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■チェロ奏者殺人事件■ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2013年 5月31日

■□■
□■ ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol. 224 2013年5月31日
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちは!Harukaです。
今日もブリリアントタイムを開封してくださって、ありがとうございます!

先週は、気持ち良い天気の日が多くて、「やっぱり風薫る5月だわ」
なんて思っていましたが……
私の暮らす東海では、先日、例年より11日も早い梅雨入りが発表されて
しまいました。

沖縄と奄美を除いて、今年の梅雨入りは、九州から関東までどこも
例年よりだいぶ早いよう。

どうしても雨が降るとテンションが落ちる私としては、
梅雨入りが早い分、雨明けも早く来て、カラッと晴れる7月が
うんと多くなれば良いのにと思います。

実は、朝から雨がぱらついて、どんよりしたお天気だった梅雨入り当日、
ふと思い立ったことをすぐに決めて、その日のうちにやってしまいました。

それをしたのは、4年ぶり……いえ、5年か、もしかしたらそれ以上
かもしれません。

その間ずっと、考えもしなかったことなので、
もしもあの日雨が降っていなかったら、していなかったようにも思います。

私が突然決行してしまったことは……

と、その前に、今日もウオッチコレ新着情報からお楽しみください♪


■□■ 目次 ■□■

1.ウオッチコレ新着情報2013年5月17日〜2013年5月30日
2.私たちは「今、決めた!」と思わされている?!
3.知覚のタイムマシン
4.ショートストーリー「チェロ奏者殺人事件」
編集後記…… もう何でもできそうな気分

1.ウオッチコレ新着情報2013年5月17日〜2013年5月30日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■オメガ スピードマスター 5th Ref.145.022 Cal.861 手巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om544c/OM-544C.htm

■エポス 3283WL レクタンギュラー 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep035d/EP-035D.htm

■オリエントスター 55th記念モデル WZ0021EH 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on134d/ON-134D.htm

■オリエントスター クラシック WZ0111FD 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on132d/ON-132D.htm

■セイコー ミリタリークロノ 7T27-7A20 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk900sp/SK-900SP.htm

■キングセイコー 5625-7000 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk899a/SK-899A.htm

■キングセイコー 5625-8001 GP 自動巻 OH済 昭和50年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk898a/SK-898A.htm

■キングセイコー 44-9990 手巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk897a/SK-897A.htm

■セイコー ダイバー 7S26-0350 自動巻 オレンジモンスター USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk896sp/SK-896SP.htm

■セイコー スピードタイマー 6138-0040 自動巻 ツノクロノ OH済
 昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk895c/SK-895C.htm

■セイコー クロノグラフ 6138-0030 自動巻 青ベゼル OH済 昭和49年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk894c/SK-894C.htm

■セイコー ベルマチック 4006-7010 自動巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk893c/SK-893C.htm

■リトモラティーノ クラシコ ラージ クロノグラフ QCAL22SS
 クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/RL/rl196d/RL-196D.htm


2.私たちは「今、決めた!」と思わされている?!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
冒頭で、私は、5年もの間考えつきもしなかったことを、
「ふと思い立ってすぐに決めて、その日のうちにやってしまった」
とお伝えしました。

でも、先日読んだ『Newton別冊 時間とは何か』のコラムによれば、
本当は、やり始めてから「決めた」のかもしれないのです。

『「決めた!」……それは本当に今?』と題されたそのコラムには、
阪大生命機能研究科教授によるもので、カリフォルニア大学で行われた
実験結果に基づいています。

このコラムには、人は行動を行うタイミングを
自分の意思で決めていると思っているがそうではなく、
実際には、「しよう!」と決めるより先に、脳が体に信号を送っている。
と書かれていました。

つまり、私たちは脳の指令により体が行動する準備を始めてから、
「しよう!」と決意しているというのです。

もっとも、行動のための信号を送るのも自分の脳だと考えれば、
脳が信号を出して準備をしてから「しよう!」と思うことは当たり前で、
もしも、先に「しよう!」と決めてから、脳が体に信号を送るとしたら、
「しよう!」と決めるのは“脳ではない”ことになってしまいます。

どうやら、この「自分の意思」についての考え方は、
学者さんたちの間でも論争になっているらしく、
脳とは独立して存在する「精神」や「心」が意思決定をしている
と考える方もいて、はっきりとした結論が出ていないそう。

ともあれ、自分では意識していない間も脳が活動していることは確かで、
そんな時の脳は、自分の置かれた状況や思考・行動を把握して
チェックしている可能性があるのだとか。

自分が、今、「決心した」と思ったことが、実は、先にさまざまなことを
把握してチェックした脳に、“思わされている”ことだとしたら、
ちょっとシャクな気もします。

といっても、そうして私の意識を操っているのも、私の脳、
つまり“私自身”なのですが。(笑)


3.知覚のタイムマシン
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
『Newton別冊 時間とは何か』からもうひとつご紹介させてください。

この事実をうまく利用すれば、自分の目標達成などにも
役立てられるかもしれません。

私たちが意識している「今」はというのは、実は、ほんの少しだけ過去
のことなのだそうです。

なぜなら、私たちが受けた刺激(音・光・触感など)が脳で処理されて
私たちが意識できるまでには、ほんの少し(0.01秒〜0.3秒程度)だけ
時間が必要だから。

今、聞いた音は0.1秒前の音であったり、今見ているのが0.2秒前の風景
であったりするというわけです。

そんな私たちは、ある条件の元で、「過去」と「未来」を入れ替えて
感じとってしまう場合があるそうです。

それはまるで、知覚のタイムマシン。

こんな実験があります。

被験者にディスプレイに映し出される数字を認識してもらう実験です。

まず最初に、ディスプレイの左側に数字の「1」を表示し、
その0.01秒後に右側に「2」を表示します。

この時どんな風に見えたかを、被験者に聞くと、もちろん、
「1→2」の順に見えたと報告します。

ところが、ディスプレイに数字を表示する前に、右側を一瞬光らせ、
その0.1秒後に、先の実験と同じように、左側に数字の「1」を表示し、
その0.01秒後に右側に「2」を表示すると……

被験者は、「2→1」の順で見えたと報告するというのです。

なぜ、そんなことが起こるのかというと、先にディスプレイの右側を
光らせた実験では、被験者の注意が右側に引きつけられたため、
右側に起こる変化が他の変化よりも早く認識できるようになったから。

「2」が表示されたのは「1」よりも後であるはずなのに、
認識までのタイムラグがうんと縮まったことで、
「1」よりも先に見えてしまったのです。

これは、周囲のできごとのうち、あやしい影などの重要な情報を
一刻も早く伝えるために脳が持っている仕組みなのだとか。

もともとは、人間が身の危険を避けて生き延びるための脳の働きですが、
その人にとって重要なことは、そうでないことよりも素早く認識できる
ということになります。

だとすれば、何かについて常に意識し、それが自分にとって
とても重要であると脳に教え込めば、そのことがらに関する情報を、
それまでよりも素早くたくさん、認知できるかもしれません。

そいうえば、先日、私は、せっかくMacBookを手に入れたので、
これをより活用するため、ワードプレスによるHP作成を学びたいと
考えていました。

すると、フェイスブックの友人のタイムラインで偶然、
翌週に開催される「ワードブレス1日講座」を見つけました。

普段であれば、ザッと目を通す程度のタイムラインですから、
個人的な投稿ではない講座のCMなど気づかないと思うのですが、
「ワードプレス、ワードプレス」と考えていたせいで、
目に留まったのだと思います。

必要だと思っていことが、すっと目の前に現れたような気がして、
不思議だなと思っていたのですが、私が意識している以上に、
私を理解している私の脳が、サポートしているのかもしれません。(笑)

私の周りの状況をいち早くチェックして、
過去と未来を入れ替えてさえしまう脳とは、
ぜひ、もっと、上手く付き合っていきたいものです。


4.ショートストーリー「チェロ奏者殺人事件」
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

ある夜、とあるマンションの下で、白いシルクのブラウスと、
黒いタイトスカートを身に付けた女性の死体が発見された。

マンションの向かいのビルで残業をしていた会社員が、
「マンションの一室で、男が窓を押し上げて、女を外に落とした」
と証言したことから、女性が殺された可能性が浮かびあがった。

捜査に来た刑事は、女性の寝室の窓を押し開けて下を覗き、
「ここから落ちたんじゃあひとたまりもないな」とつぶやいた。

ところが、検死の結果、女性は墜落によって死亡したのではなく、
それより前に死んでいたことが分かった。

容疑者とした捕らえられたのは、その夜女性のマンションを訪れていた
女性の元交際相手だった。

女性は、ある楽団に所属するチェロ奏者で、本来であれば、
その夜の定期演奏会で演奏するはずだった。

元交際相手は、楽団のメンバーでもあり、
「女性を迎えに行って一緒に演奏会会場に行く予定だったが、
体調が悪いので今日はやめたいと言われて一人で会場に向かった」
と言い、「自分は女性を殺していない」と訴えた。

しかし、女性は、定期演奏会で演奏する際の規定通り、
白のブラウスと黒のスカートを身に着けていたことから、
楽団員の証言は嘘だ、ヨリを戻せと迫った挙句に殺してしまった
に違いないと言う男がいた。

この男は小さな暴力団の幹部で、女性はこの男の愛人だった。

女性のベッドの脇にある飾り棚の引き出しには、
男から預かっていた拳銃が入っており、
実は、この拳銃こそが、女性を殺した凶器だった。

「凶器はお前の拳銃だ」

刑事にそう言われた男は、

「俺の女を銃で殴り殺したのは、あの楽団員に間違いない。
舐めたまねしやがって……」と凄んで見せた。


刑事は部下を傍に呼ぶと、こう耳打ちした。

「犯人は暴力団の男だ。会社員は男に脅されて嘘の証言をしたんだろう。
もちろん、楽団員の証言に嘘はない」


******

あなたは、なぜ、刑事が犯人を確定できたのか分かりますか?

今回のショートストーリーは、最近読んだドナルド・J・ソボル著の
『2分間ミステリ』で使われていた謎解きを3話分まとめて入れ込んで、
1つのオリジナルストーリーにしたものです。

『2分間ミステリ』は、2003年の初版以来18刷もされている人気の本で、
本当に2分もかからず読めてしまう短いお話の中に、
簡単なものからちょっとした専門知識を要するものまで
さまざまな謎解きが含まれています。

ショートストーリーでもミステリや謎解きができることを
教えてくれたドナルド・J・ソボルをリスペクトして、
こんなストーリーを書いてみました。

刑事が犯人を確定できた理由や会社員が嘘をついていて、
楽団員は嘘をついていない理由が気になる方は、
ぜひ、メールをくださいね♪

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。

■編集後記…… もう何でもできそうな気分
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

そうそう、私がふと思い立って、その日のうちにやってしまったのは、
髪の毛のカットです。

久しぶりの思い切ったショートカットで、
一番長いところでは20センチ以上、バッサリと切っちゃいました。

去年も一昨年もその前も、暑い時でも我慢して大事に伸ばしてきた
はずなのですが、本当に、ふと、「ああ、もう切っちゃお!」
と思った瞬間、美容室に電話していました。(笑)

首の後ろが涼しくなったことと、シャンプーの手間が減ったこと、
朝、ブローする時間が短くなったことは素敵なのですが、
前髪も一緒に短くしたのが失敗だったようで、
娘に、「昭和のアイドルみたい」と言われてしまいました。^^;

確かに、イマドキな感じはしないヘアスタイルで、
ちょっと田舎くさい感じもするような……^^;;

でも、たくさん切った髪は伸びるのが早いといいますし、
あまりに評判が悪ければパーマやカラーで違う雰囲気にするとか、
なんならもう一度切り直して、ベリーショートにしちゃう
という手もあります。

傷まないよう細心の注意を払って、大事に大事に伸ばしていた時には、
パーマは極力避けたいと思っていましたし、
カラーも髪にダメージを残さないよう、十分な間隔をあけていました。

でも、一度バッサリいっちゃえば、あれこれといじることにも、
もう抵抗はありません。

トレッドヘアーとか、金髪カラーリングとかでも、
今ならチャレンジできてしまう気分です。(笑)

 
次回配信は、2013年6月14日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle