━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■みんな同じスーツの理由■ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2013年 4月5日
■□■
□■ ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.220 2013年4月5日
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

こんにちは!Harukaです。
ウオッチコレブリリアントタイムを開封してくださって
ありがとうございます!

先日、夫の仕事のお手伝いで、地元にある某大学に行ってきました。
その日はちょうど入学式で、初々しい新入生がキャンパスに大勢いました。

ひとつ気になったのは、その学生たちが皆、
同じような黒いスーツに身を包んでいたこと。

もうずいぶん昔のことですが、
私が入学したときには、皆それぞれに違っている華やかなスーツを
着ていた気がします。

首をかしげている私に、一緒に仕事をしていた友人が
皆が同じスーツを着ている理由を教えてくれました。

その理由は…… 

でもその前に、今回も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。^^

■□■ 目次 ■□■

1.ウオッチコレ新着情報2013年3月22日〜2013年4月4日
2.みんな同じスーツの理由
3.なるほど!なネーミング
4.ショートストーリー「お誕生日おめでとう!」
編集後記…… これ以上は、ヤバイ!

■1.ウオッチコレ新着情報2013年3月22日〜2013年4月4日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今回は、Webにアップされてすぐに売り切れてしまった商品が多くて、
ご紹介できる時計が少なくなってます。ごめんなさい!
ウオッチコレWebでは、売り切れた商品もご覧いただけます。


■エポス クロノグラフ 3264BK 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep031c/EP-031C.htm

■フォルティス フリーガープロフェッショナル 595.18.158.1 自動巻
 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft058sp/FT-058SP.htm

■オメガ シーマスター 120m 2501.81 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om541sp/OM-541SP.htm

■リトモラティーノドーディッチ D3DB60GS ボーイス クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/RL/rl191d/RL-191D.htm

■リトモラティーノドーディッチ D3DB30SS ボーイス クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/RL/rl190d/RL-190D.htm

■リトモラティーノ ドーディッチ ボーイス レッド クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/RL/rl189d/RL-189D.htm

■セイコー クロノス J14021 手巻 OH済 昭和35年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk864a/SK-864A.htm

■セイコー チャンピオン 15009AE 19石 手巻 OH済 昭和36年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk862a/SK-862A.htm


■みんな同じスーツの理由
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

友人によれば、大学の入学式で皆が同じスーツを着ているのは、
そのスーツを、就活にも利用するためなんだそう。

就職が決まるまで、長ければ1年近く着ることになる就活用スーツは、
連日の着用に耐え、動きやすく、手入れもしやすく、
目立ちすぎないだけでなく、
上司が着ているスーツより良いものであることはご法度
なんていう条件まであるんだとか。

そうやって絞り込んでいくと、自然と皆同じようなスーツに
落ち着いてしまうんだそう。

ちなみに、鞄は書類が楽に出し入れできるかっちりしたもので、
床に置いた時自立するのが必須条件。

靴も先がとがっているものはNGで、
女性の場合、ヒールの高さが高すぎても低すぎてもダメなのだそう。

なるほど、そんなふうに選んでいけば、
皆同じ格好になるのもうなづけます。

その、無難が一番!な就活ルックを入学式にも着用しているのは
軽い驚きでしたが、どうせ必要なものだから、最初から揃えて使う
という考え方は、合理的なのかもしれません。


そういえば、最近、東京芸大の学生さんが作成した
『就活狂想曲』というショートムービーが話題になっているのを
ご存知でしょうか?

Youtubeでは、40万回以上再生されて、制作されたご本人も、
ブログで驚きのコメントを書かれていました。

http://www.youtube.com/watch?v=M6rb6kknj3A

日本で就活を経験したことのある人なら、
売り手市場であったバブル世代でさえ“そうだな”と思える作品です。

Anncey 2012(フランス) 学生作品部門入選
Anima Mundi 2012(ブラジル) 学生作品部門選外入選
DoGa CGアニメコンテスト(日本) 佳作
CINANIMA 2012(ポルトガル) 学生部門入選
TBS Digicon6 Awards(日本) 優秀賞
文化庁メディア芸術祭(日本) 審査委員会推薦作品

と日本だけでなく外国のコンテストでも受賞していますから、
他国の人たちにも、何か考えさせるものがあるのでしょう。

今時の就活について少し調べてみたら、
「人と違う目立つスーツでは書類選考(写真)の時点でアウト」
だとアドバイスする方や、
「就活に個性はいらない」と言い切る人事担当の方もいて、
娘に昔から「人と同じでなくてもいい」と教えている私は、
なんだか複雑な気持ちになりました。


4月の初めは、あちこちで入社式のニュースを聞きますが、
来年の入社を目指す熱い闘いはすでに始まっています。

日本の就活のあり方がどうかということは別にして、
就活を頑張るひとりでも多くの学生さんが、
誇りと夢を持てる仕事に就けることを、心から願っています。

■なるほど!なネーミング
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

先ほどは、ピカピカの大学1年生たちが入学式から
就活スーツに身を包んでいるのに驚いたお話しをしましたが、
今年最終学年を迎える学生さんは、その就活スーツを脱ぎ捨てる日を、
夢見て毎日頑張ることになると思います。

そして、そんな努力を実らせた学生さんたちが、
晴れてなるのが、新入社員。

公益財団法人日本生産性本部では、新入社員を対象に就労意識をテーマ
にした調査を長年行っています。

調査結果と共に発表されることが恒例となっているのは、
その年毎の新入社員の特徴を時代を象徴する物事になぞらえた
「新入社員タイプ」のネーミング。

この発表によれば、平成25年度新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」。

一見どれも均一的で区別がつきにくいが、部屋の隅々まで効率的に動き回り
家事など時間の短縮に役立つ(就職活動期間が2か月短縮されたなかで、
効率よく会社訪問をすることが求められた)。
しかし段差(プレッシャー)に弱く、たまに行方不明になったり、
裏返しになってもがき続けたりすることもある。
能力を発揮させるには環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要。

というのがその理由だそう。

思わずクスリと笑った後、なるほどと頷かされます。

ついでに調べてみると、昨年24年度新入社員は、困難な就職活動
(過去3番目に低い内定率)の中で頑張った「奇跡の一本松型」。

発表が見送られた大震災の前年、22年度は、
性急に関係を築こうとしても直前まで心のバーが開かない「ETC型」。

21年度は、環境問題(エコ)に関心が強く、節約志向(エコ)で
無駄を嫌う傾向があり、折り目正しい。
小さくたためて便利だが、使うときには広げる(育成する)必要がある
「エコバック型」。

20年度は、育成の方向を定めてそっと背中を押し、ブラシでこすりつつ、
周りは働きやすい環境作りに腐心する。
しかし、少しでもブラシでこするのをやめると、減速したり、
止まってしまったりしかねない「カーリング型」。

といった具合で、よく考えられたネーミングに唸ってしまいます。

面白いので、私が就職した昭和61年を調べてみたら……

期待したわりには変わり映えせず、同じ材料を繰り返す「日替わり定食型」。
とのことでした。

ううむ。(笑)

昭和48年度から平成25年度まで、全ての「新入社員タイプ」を
一覧にされている個人ブログを見つけたので、
自分の入社年度のネーミングを探してみるのも面白いかもしれませんね。

http://sizen.yamagomori.com/04_yume/freshmantype.html


いつの時代にも共通しているのは、先に働いている先輩方にとって、
新入社員は“自分たちとはちょっと違う存在”だということ。

時代はどんどん変わっているというのに、
その中で生きる人間は同じことを繰り返しているというのは、
なんだか面白いことですね。

■4.ショートストーリー「お誕生日おめでとう!」
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

〜桜の花びらが舞う病院出入り口で〜

「渋井さん、退院おめでとうございます。
それからゆかちゃんもお誕生日おめでとう!」

「ありがとうございます」

深々と頭を下げながら、渋井は目頭に熱いものが込み上げてくるのを感じた。

「渋井さん、こんなおめでたい日に泣いたりしちゃいけませんわ」

そういう令子もまた、大きな瞳を潤ませていた。

妻を事故で亡くした渋井が、末期癌を宣告されて入院してきたのは
僅か十ヶ月前のこと。

幼い娘のゆかを抱え、自覚症状を堪えて仕事と家事に明け暮れるうち
癌は手術ができないほどに進行していた。

令子の勤務する病院は、癌研究所と提携しており、
反対する家族を持たない渋井は、開発が最終段階に入った新薬の
被験者に選ばれた。

そして、いくつかの副作用に苦しみながらも、
末期癌からの奇跡的な回復を果たし、
娘の誕生日を期に退院することができたのだ。

それにしても凄い薬が出来たものだ。
この薬は今後も多くの命を救うに違いない。

令子は、手を繋いで遠ざかっていく親子の後ろ姿を見送りながら、
看護婦としての喜びを感じ、素晴らしい薬を開発した研究者に
恋にも似た気持ちを抱いた。


〜とあるマンションの一室で〜

「おめでとう!」

ワイングラスをカチリと合わせて、夏樹と良太は特別な日を祝っていた。

「とうとうあなたの薬が認可されるのね」

「ああ、長い道のりだったけれど、君がいつも応援してくれたおかげさ」

「これで大勢の癌患者の命が救われるのね」

「そう、そして僕らはお金持ちにもなる」

良太はいたずらっぽくウインクして見せた。

愛と尊敬のこもった夏樹の瞳を見詰めながら、
良太は遠い少年の日を思い出していた。

もしも、あの日あの人に出会わなかったら、
今の自分はなかったに違いない。

―18年前

霧雨の中を走りながら、良太の頬を悔し涙が伝った。

「誕生日なんて嫌いだ!」

今日は良太の誕生日……ということになっている日。

良太の通う学校では、毎朝のホームルームで、
その日誕生日の生徒に皆でおめでとうを言うことになっていた。

物心ついた時にはすでに施設で生活していた良太は、
自分の本当の誕生日を知らない。

良太の誕生日は、施設の園長先生が決めてくれたのだが、
それを知った裕輔が、良太を皆の前でからかったのだ。

「やーい、誕生日なし野郎!」

良太は裕輔を突き飛ばして、霧雨の中に飛び出した。

良太に両親と過ごした記憶は無いが、
父親の膝に抱かれた幼い自分の写真を持っていた。

二人は、蝋燭が一本立った丸いケーキを前にして笑っている。
良太の誕生日をお祝いしていた証拠の写真だ。

母親は良太を生んですぐに亡くなり、
父親も良太が2歳になる前に病に倒れて帰らぬ人となった。

「僕は、誕生日無し野郎なんかじゃない!」

霧雨はいつしか大きな雨粒に変わり、良太はぐっしょり濡れていた。

体が芯から冷えて身震いした時、
ケーキ屋のウインドウの横にいることに気付いた。

ケースに並ぶたくさんのケーキの中には、
あの写真と同じ丸いケーキもあった。

良太は雨と涙で濡れた瞳のまま、その丸いケーキに見入った。

入口に背を向けて計算をしていた真由美が、強まった雨音に振り返ると、
ぐしょ濡れになった男の子がウインドウに張り付いていた。

「まあ!」

反射的にドアに駆け寄り、外を覗いて男の子に声をかけた。

「ぼく、そんなに濡れてどうしたの?お母さんは?」

良太は突然の声に驚いて立ち尽くした。

けれど、優しそうなそのお姉さんの目が、想像の中の母親と重なって、
また涙がどっと出た。

真由美は奥からバスタオルを持って来ると、良太をふわりと包み込み、
店の中に招き入れた。

暖かいココアでようやく落ち着いた良太は、
これまでのことを全部真由美に話した。

静かに頷きながら良太の話を聞いていた真由美は、
聞き終えると店のドアに「本日閉店」の札を出してカーテンを引いた。

ケースの中から丸い大きなケーキを取り出すと、
チョコレートプレートに「良太くんお誕生日おめでとう」と書いて乗せた。

真由美が火を灯してくれた7本の蝋燭を吹き消した時、
良太は悲しみも悔しさも、みんな一緒に消えていった気がした。

雨上がりの道を真由美に送られながら、
良太はまだ誰にも言ったことのない“将来の夢”を話した。


「……良太、どうしたの?」

「あ、いや、なんでもないよ」

良太は心の中であの人にも乾杯を言ってから、
グラスを置いて夏樹を抱き寄せた。

〜飾り付けをしたリビングで〜

「おめでとう!広隆」

真由美は蝋燭の火の向こうで頬を膨らませる息子の顔を見ながら、
ふと、学生時代にアルバイトしていたケーキ屋での出来事を思い出した。

あの日、一緒に誕生日を祝った男の子もこれくらいだったろうか?

“人が死ななくなる薬”を作るのが夢だと言っていた彼は、
今頃どうしているだろう?

子供らしい夢だったが、素晴らしいと思ったのを覚えている。

広隆にもそんな大きな夢を持つ男の子になってほしいと思う。

真由美は、ケーキを前に目をキラキラと輝かせている息子に向かって、
もう一度言った。

「お誕生日おめでとう!」

■編集後記…… これ以上は、ヤバイ!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

「ヤバイ!」という言葉が、「すごい!」という意味にも使われることに、
最近、ようやく慣れてきた私ですが、タイトルの「ヤバイ!」は、
本来の意味の「ヤバイ!」です。

何がヤバイのかというと…… 体重。

じわじわとすこ〜しずつ増えていた体重が、
去年の春に比べて3キロ弱、ベスト体重に比べて4.5キロも増えていることに
気づきました。

差し迫ってヤバイのは、手持ちのジーンズとスカート。

ベルトをしないとずり落ちそうだったジーンズが、
ベルトなしでもピッタリになり、
体にゆるく沿うラインが気に入っていたスカートが、
食い込むくらいにぴったりとしたスカートになってしまいました。^^;;

以前よりたくさん食べているというわけではないし、
スポーツクラブにも、ちゃんと毎週行っているのに……。

年齢を重ねるほどに、脂肪が付きやすくなるというのは、
本当のようです。><

と、いうことで、「食べる順爆発ダイエット」を始めることにしました!

最近人気のこのダイエットは、食物繊維→タンパク質→炭水化物の順に
一品ずつよく噛んで食べることで、血糖値の急上昇を防ぎ、
脂肪を溜めにくい体にするというダイエット法。

食べる順番を守るだけなので、あまり空腹を感じないで食べる量を
減らせるそう。
しかも、月に1度程度「爆発の日」という、炭水化物も甘いものも
普段の2倍くらい食べて良い日があるという、食いしん坊に嬉しい
ダイエットです。

ご飯とおかずを一緒に食べないため、薄い味付けを好むようになり、
素材そのものの味を楽しめるようになるというおまけもつくそう。

夏までに最低3キロ、できれば5キロ落とすのが目標です。

秋になったら履く予定で、ワンサイズ下のスリムジーンズを
用意しました。(笑)

もし、このダイエットをしている(したこと)がある方がいらしたら、
ぜひ、教えてください!

アドバイスや励ましのメッセージもお待ちしています!


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2013年4月19日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle