━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■1,000円の時計を欲しがる夫■ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2013年 2月22日
■□■
□■ ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.217 2013年2月22日
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今回もウオッチコレブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

こんにちは、Harukaです。

外の空気は冷たくて、まだまだ冬まっただ中ですが、
デパートには綺麗なカラーが並びはじめ、春気分が盛り上がります♪

今年の春夏の流行色は、エメラルドグリーンに代表される
美しいグリーン系と、あじさいのようなパープルやブルーだとか。

もう1ヵ月もしたら、街にもそんなカラーがあふれだすのでしょうね。

でももうしばらくは、暖かい部屋の中でメルマガでも読みながら、
春が来るのを待ちましょうか?^^

それでは、今回も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。


■□■ 目次 ■□■

1.ウオッチコレ新着情報2013年2月8日〜2013年2月21日
2.1,000円の時計を欲しがる夫
3.時計が10時9分を指している理由
4.ショートストーリー「time goes by」
編集後記……声が出なくなるくらいまで

■1.ウオッチコレ新着情報2013年2月8日〜2013年2月21日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

■ロンジン 23Z 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg148a/LG-148A.htm

■ロンジン レディス Cal.5601 手巻 OH済 メッシュベルト 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg147a/LG-147A.htm

■オメガ ジュネーブ 1360.049 Cal.613 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om532a/OM-532A.htm

■セイコー ベルマチック 4006-7000 自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk849a/SK-849A.htm

■セイコー 2410-3000 角型 手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk848a/SK-848A.htm

■オメガ デビル Cal.620 手巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om531d/OM-531D.htm

■ロレックス オイスターデイト 6694 Cal.1225 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx173a/RX-173A.htm

■オリエンスター クラブマン クロノグラフ WZ0011DS 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on123c/ON-123C.htm

■ロイヤルオリエント クラシック WE0031EG 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on122d/ON-122D.htm

■チュードル 7934 オイスター デカバラ 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx172a/RX-172A.htm

■復刻版 タカノ シャトー 17石 手巻 城を描いた文字盤 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot176a/OT-176A.htm


■2.1,000円の時計を欲しがる夫
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

インターネット上のよろず相談室「YaHoo!知恵袋」で見つけた
とある質問に、思わず目が留まりました。

質問者は、50歳男性の奥様。

「50歳夫は1000円の時計をほしがります・・・(>_<)」

という奥様によれば、ご主人が愛用の時計を壊してしまい
新しいものを買いたいと思っているといいます。

ご主人が愛用していたという“雑貨屋で買った1000円の時計”は、

「値段のわりに故障もなく狂いもせず電池交換もなしに
毎日せっせと時を刻んでくれました。
とってもシンプルなもので、とても気に入っていたのです。」

とのこと。

ところが、

「知恵袋で『40代 時計』などで検索すると、皆さん高級な時計ばかり
身につけられているようで、考え込んでしまいました。
『いい年をした営業マンが安い時計をしていたら仕事にひびくことも
あるのではないか・・・』と。
ちなみに安い時計と安いスーツでも、夫は日本一の営業マンです
(と私は思ってます(^_^;)・・・)」

とおっしゃって、こんな質問をされていました。


「そこで夫に『この際だから一生ものの時計を買いましょうか』
と言ったのですが、夫の答えは『もし一生ものの時計を買ったとしても、
普段使いの安い時計も欲しい』とのことです。
つまり、普段は高い時計はつけないと言うのです・・・。

しかし、たとえ本人が安い時計がいいと言っていても、
私は妻として夫に1000円の時計をさせておいてよいのでしょうか。

また、予算10〜20万(へそくりギリギリ)で買えるこの年代向けの
時計がありましたら合わせて教えてください。」


ブリリアントを読んでくださっている
時計好きな皆さまなら、どう回答されますか?

確かに、私も自分の夫には、それなりに信頼のあるブランドの
時計を身に着けて欲しい気もします。

でも同時に、本人が気に入って、大切にしているのであれば、
例えおもちゃの時計だって、素敵な時計だとも思うのです。

そこで、この奥様の質問に、どんな回答が寄せられているのかを、
興味深く読みました。

たくさんの回答の中から、この優しい奥様がベストアンサーに
選んだのは、こんな回答。


「そもそも、時計の価値感なんて人それぞれですから、
旦那様が選んだ時計が一番の『相棒』なんですよ。
100万円の時計に、それなりの価値を見出だす人もいれば、
馬鹿らしく感じる人もいると思います。
(中略)
旦那様にとっては、奥様が自分の為に高額な時計を買ってくれる
気持ちがあることを理解することで、
愛されてる、大事にされてると、感じることの方が重要だと思います。」


なるほど!最後に大切なのは、時計そのものよりも、
時計を通じて伝わる“愛”の方という回答を選ばれたのですね。

ちなみに、奥様とご主人は、いろいろな時計を見て回って、
結局、1,000円の時計を買ったそう。

でも、奥様の気持ちはしっかりご主人にも伝わって、
ご主人は、

「頑張って『仕事に振り回されない、
休みの取れる生活』が出来るようになったら買ってもらうよ」

と言っているのですって。

「その日を目指して夫を支えて行きます」

と締めくくっていた奥様には、いつかご主人とお二人、ウオッチコレで、
一生ものの素敵な時計を選んでほしいなと思わずにいられません。

■3.時計が10時9分を指している理由
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

「YaHoo!知恵袋」つながりで、もうひとつ。

「知恵ノート」という役立つ話題を書き込むカテゴリーの記事です。

私は、10年以上も時計屋さんのメルマガを書きながら知らなかったのですが、
皆さんは、カタログなどに載っている時計がたいてい、
「10時9分頃を指している理由」をご存知ですか?

知恵ノートの記事によれば、基本的な3針モデルの時計の場合、
メーカーによって合わせる時刻が決まっているのだそうです。

* セイコーは 10時8分42秒
* シチズンは 10時9分35秒
* カシオは 10時8分37秒
* オリエントは 10時10分35秒 ( 10時8分35秒 )

へぇと思ってウオッチコレ新着情報の時計を見てみると、
確かに、それぐらいの時間を指している時計も少なくありません。

http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg147a/LG-147A.htm

http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk849a/SK-849A.htm

http://www.watch-colle.com/watch/ON/on122d/ON-122D.htm


カタログの時計が10時9分頃を指している、
その理由は、ズバリ「見栄え」だそう。

このくらいの時刻だと、針が上向きで恰好よく、
長針・短針・秒針が重ならないため確認しやすく、
文字盤にあるブランド名が隠れないからなんといいます。

ほぼ同様の理由で、海外ブランドの時計には、
1時50分頃を指しているものもあるそうで、
確かに、ウオッチコレのロレックスも、1時53分を指していました。

http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx173a/RX-173A.htm

知恵ノートの記事は、他にもこんな逸話を記していました。

アメリカ大恐慌時代、ある時計メーカーは出荷する全ての時計を
8時20分に合わせていましたが、ひとりの販売員が、
まるで泣き顔のように見える文字盤を全部10時10分に変えました。

泣き顔から笑顔になった時計の話は町中に広まり、
時計店の売上は飛躍的に伸びたということです。


なるほど!だから時計のカタログには、
笑顔がたくさん並ぶようになったのですね。

この逸話の真偽は定かでないとしても、
ちょっと素敵なお話しです。^^

ところで、この「YaHoo!知恵袋」には、
質問する人と、それにこたえる人、自分の知恵を披露する人
がいるのですが、あるジャンルについてたくさん答え、
その答えが指示される割合の高い方が「カテゴリマスター」
として認定されています。

時計関連の質問をいろいろ見ていたら、
「大阪で時計の修理をしたい」とか、「中古の時計が欲しい」
だとかいう質問で、複数のカテゴリマスターさんが、
ウオッチコレを推薦する回答を書いてくださっていました。

ウオッチコレのURLや店舗の住所や、地図まで記載してくれていて
なんだか嬉しくなっちゃいました。^^

ウオッチコレを推薦してくださった皆さん、
ありがとうございます♪


■4.ショートストーリー「time goes by」
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

東京駅からはタクシーを使う予定だったが、
昨日降った雪の影響で、都心の道路は渋滞していた。

環状線に乗るのは久しぶりだ。

連絡通路を抜けてホームに降りると
会社勤めしていた頃の記憶がふっと蘇った。

それほど遠い過去でもないのに、まるで何十年も昔のように思われるのは、
あの頃と今の生活が大きく変わっているからだろう。

何度も踵を修理したパンプスをはいて、
書類とパソコンの入った鞄を持って、このホームで電車を待った。

その時いつも隣にいたのは……

懐かしい記憶に心が向かい始めたその時、
視線の先に見つけた見覚えあるコートに、息が止まりそうになった。

まさか?!

それは今まさに、思い出の中で微笑んでいた人が着ていたコート。

仕事の面白さと厳しさと、他にもたくさんのことを教えてくれた
憧れの上司だった人。

でも…… どうしたんだろう?
あの頃とは様子が変わっているのが、遠目にさえはっきり分かる。

当時の部長は、真っ直ぐに前を見る瞳が自信に満ちていて、
スッと伸びた背中がとても綺麗だった。

あの背中に腕を回して、あの瞳に見つめられたいと
どれほど望んだことだろう。

それなのに、今の部長ときたらうつむき加減で、
首をすくめるようにして背中を丸め、
肩の後ろには長くそうしていたことが分かる贅肉がついている。

「いつか偶然再会したら、その時はきっと笑顔で」

最後にそう言った部長の顔が、はっきりと思い出された。

資格試験に合格して、退職して独立することを告げた夜、
祝杯の酔いに力を借りて、隠し続けた邪な想いを告白した。

初めての告白は見事に玉砕し、部長の前で声をあげて泣いた。

憧れのままでいればよかった。
気持ちなんか伝えなければ良かった。

そんな後悔をエネルギーに変えて、一生懸命頑張った。

外見も中身もしっかり磨いて、いつ“偶然”が起こっても
困らないようにしようと思っていた。

東京に来る度に緊張し、期待し続けたその偶然が
今、ようやく起きようとしている。

でも……

どうしよう?

もう一度部長と話したい気持ちと、
変わってしまった部長を見たくない気持ちが交差する。

部長の背中から目が離せなくて、じっと見つめるうち涙が出てきた。

固まったように動けなくなっていると、誰かが後ろから肩を叩いた

「久しぶりだね、元気だった?」

え!?

振り返るとそこには視線の先に居たはずの部長が。

驚いている私を真っ直ぐに見る部長の瞳は
相変わらず自信に満ちていて、にっこりと微笑んで言った。

「綺麗になったね」

涙目で部長の顔と視線の先のコートの人を交互に見ている私に気づいて、

「あの人を僕と間違えたの?相変わらずだなぁ」

と可笑しそうにする。

「だって、あんな珍しいコート……」

「君は昔から早とちりなんだから。僕もここにいて良かったよ。
でなければ、君はあの人が僕だと思い込んだまま……」

言葉の終わりは笑い声になる。

あんな告白をしてしまって、恥ずかしいくらいに泣いて別れた後、
何年も会っていなかったというのに、
まるで昨日も一緒に仕事していたような気がするのが不思議だ。

自然に会話を続けながら、ホームに滑り込んできた電車に
部長と一緒に乗り込んだ。


Time goes by.
However, an important thing does not change.

■編集後記…… 声が出なくなるくらいまで
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

OL時代の同僚で、ずっと仕事を続けていた友人が、
一昨年会社を辞めて、しばらくのんびりしていましたが、
最近、再就職を決めました。

再就職のお祝いをしよう!と出かけたのは、
ふたりとも大好きなカラオケ。

実は彼女は最高のカラオケ友達なんです。

同じ年で選曲の趣味も合い、歌の下手さ加減も
ちょうどどっこいだから。(笑)

一日中一緒にカラオケにいて、交互に歌い合っても
いっこうに飽きません!

その日も、ランチタイムから空が夕焼けに染まるまで、
ランチやスイーツを食べながら、5時間以上歌い続けました。

楽しかったなあ。^^

今度は声が出なくなるくらいまで、歌い続けたい!なんて思ってます。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2013年3月8日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle