━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ■大幸運に恵まれる人生の春♪■ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2013年 2月8日
■□■
□■ ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.216 2013年2月8日
■─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ウオッチコレブリリアントタイムを開封してくださって、
ありがとうございます!

こんにちは、Harukaです。^^

実は先週末大阪で、久しぶりの“変人会”に参加しました♪

変人会っていったい何?というお話しの前に、
今回も、まずはウオッチコレ新着情報をご覧くださいね。


■□■ 目次 ■□■

1.ウオッチコレ新着情報2013年1月25日〜2013年2月7日
2.変人会にいらっしゃいませんか?
3.大幸運に恵まれる人生の春♪
4.ショートストーリー「死んでる場合じゃない」
編集後記……チャンスは年1度だけ、8分で完売したチョコGet!

■1.ウオッチコレ新着情報…… 2013年1月25日〜2013年2月7日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

■セイコー オートマチック 2418-7010 OH済 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk847a/SK-847A.htm

■キングセイコー 5625-7000 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk846a/SK-846A.htm

■セイコー ロードマーベル 5740-8000 手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk845a/SK-845A.htm

■ユンハンス マックスビル デザイン 27 3701 303 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/JH/jh010d/JH-010D.htm

■オメガ デビル 395.2378 Cal.1478 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om530d/OM-530D.htm

■チュードル オイスター デイト レンジャー 9050 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx171a/RX-171A.htm

■セイコー マーベル 66-9997 17石手巻 OH済 昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk844a/SK-844A.htm

■モバード キングマチック Cal.7750 クロノグラフ 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/MV/mv011c/MV-011C.htm

■ユニバーサル ジュネーブ 3124.2.4 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv042a/UV-042A.htm

■オリス クラシックモダン 644 7476 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or118d/OR-118D.htm

■セイコー ロードマーベル GF 5740-1990 手巻 OH済 昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk840a/SK-840A.htm

■セイコー ロードマーベル J14038 手巻 OH済 昭和36年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk839a/SK-839A.htm

■セイコー SBDJ003 プロスペックス ダイバースキューバ ソーラー USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk841sp/SK-841SP.htm


■2.変人会にいらっしゃいませんか?
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

私が先日参加した“変人会”というのは、

ちょっと変わっている(と周りから言われがちな)ウオッチコレに縁ある
メンバーが集って、美味しいものを飲んだり食べたりしながら、
おおいに盛り上がって楽しむ会のことです。

主催は、もちろん、ウオッチコレ店長中本さん。^^

めずらしい高級時計を持ちこんで、横柄な態度で高く買い取ってもらおう
とするお客様に対して、にっこり微笑んで近所の質店を紹介したり、
お店を宣伝しますよとオファーしてくる業者さんを、
宣伝なんてとんでもない!と追い返してしまうのですから、
商売人としては、かなり、変わってます。(笑)

このメルマガでも、10年以上前から変わらず、
ウオッチコレの宣伝なんてしなくていいし、私の好きなことを書いていい
などという他ではあり得ないことを言いづづけてくださっていることは、
読者の皆さまもよくご存知の通り。^^

今回参加したのは、その中本さんと、中本さんの奥様と、
画家でジュエリー作家の稚子(わかこ)さん。

ブリリアントタイムを初期の頃から読んでくださっている方は、
覚えていらっしゃるでしょうか?

稚子さんは、以前、ウオッチコレでも取り扱っていた
オリジナルジュエリー「プリンセスジェム」のデザイナー兼作家さん。
モデルさんもされていた華やかな美女です。

当時から、デザインと質にこだわったジュエリーを作成されていましたが、
その後、「現代の名工(卓越した技能者)」にも選ばれている先生の
数少ないお弟子さんとして技術を磨き、
希少な石を驚くほど繊細な細工で彩った、
すごいジュエリーを作られるようになりました。

先日の変人会では、白蝶貝のスカートを纏った売価250万円の
マリリンモンローブローチを始め、
思わず「大っきい!」と声が出てしまったアメジストの指輪や、
虫眼鏡が欲しいくらい細かな細工を施した金の馬のブローチなどなど、
総額はいったいいくらなの?とドキドキするようなジュエリーたちを、
見せてくれました。

しかも、本来ならばカギ付きの専用ケースに入っていてしかるべき
高級ジュエリーだというのに、稚子さんはそのジュエリーたちを
お菓子の箱から次々と取り出すではありませんか!

上質な素材も高級な作品も見慣れているし作りなれている稚子さんは、
そうしたすごいジュエリーも、すっかり持ち歩きなれているようです。^^;

それにしても、7年ぶりくらいにお会いしたというのに、
ちっとも老けていないどころか、より可愛らしくさえなっているし、
相変わらずスリムです。

3年程前にお会いしてやっぱりその若々しさに驚いた中本さんの奥様も、
年齢マイナス20歳と言っても過言ではないスタイルをされています。

私だってそれほど太っているわけではないと思うけれど、
おふたりとご一緒して、やっぱり減量が必要だと感じさせられました。^^;

とはいえ、美味しいものをたくさん飲み食いしながら楽しく過ごす
のが変人会ですから、食べることを遠慮したりはしません。(笑)

いったい何人で食べるつもりなの?と尋ねられそうなほど大量のオーダーを
ずっと話し続けながら、4人でペロリと平らげてしまいました。

そんなに食べて話してもまだ足りない変人会のメンバーは、
ホテルのティールームに席を移して、さらに話に花を咲かせたのですが、
この時、稚子さんがオーダーしたのは、直系12〜3センチはありそうな
丸いケーキ。

あれだけの食事をした後に、大きなケーキをにこやかに食す稚子さんの
ほっそりとしたウエストを見て、
「どうすればそんなに食べても太らないでいられるのか?」を、
聞きだして本にまとめたくなりました。(笑)

そうそう、そんな稚子さんは、ご自宅の和室の襖に、
外国の石造りの扉や、その向こうに広がる海を描き、
まるでお城の窓辺にいる気分で、午後のティータイムを
楽しんでいらっしゃいます。

それから稚子さんの首元には……

と、ちょっぴり変わった魅力あふれる稚子さんのお話はつきません。

そういえば、ウオッチコレにはたくさんの時計ファンが集うのですが、
とあるファンの方は、毎朝、6時前には必ず新着情報をチェックして
くださるのだそう。

中本店長は、この方のために、午前4時に起床して新着情報をアップ
することを、楽しんでいらっしゃるようです。

10年以上お付き合いしていますが、中本店長が4時起きとは
知りませんでした!
しかも、それを、楽しんでいらっしゃるなんて。
さすがは、変人会リーダーです♪

ウオッチコレファンのあなた、あなたも一度、
変人会にいらっしゃいませんか?^^

■3.大幸運に恵まれる人生の春♪
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

すぐには信じられないお話ですが……

近々私には、「人生最大の転機」がやってくるのだそうです。

なぜなら、私を守護してくれているらしい21体の守護霊団が、
私の人生を大きく変えるために行動に出たからなんですって。

そんなメールをくれたのは、とある占い師の方。

別の占い師の方からは、こんなメールが届きました。

私の目の前には、運の良い要素のみが集まり、塊となった「極(きょく)」
という名前のものが舞っていて、恋愛から対人関係まで威力を発揮する
「極愛運」、金銭全面に作用する「極金運」、自分の病魔だけでなく
家族や恋人、友人の病魔までも遠ざける「極健運」という3つの
“極運”全てが尋常ではない高まりを見せているのだそうです。

また別の占い師の方によれば、

類まれな成功を収める人は必ず手にしている「泰成華(たいせいか)」
というものが、天界から私の頭上に向かって、まるで桜吹雪が舞うように、
絶え間なく降り注いでいるのだそうです。

この極上のスピリチュアル要素の結晶である「泰成華」は、
人生における“春”の到来を報せるものなのだそう。

こんなメッセージががどんどんと届くのですから、
私のこれからの人生は、なんだかもう、大変な幸運に恵まれて、
笑いが止まらない状態になりそうです。

……なんて。(笑)

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
たぶん、これは、占い系ダイレクトメールの一種。

実は、少し前、ちょうど風邪をひいて体も心も弱っていたとき、
スマートフォンの無料アプリの広告にあった「無料占い」を、
試してみたんです。

すると、どうでしょう。

その直後から毎日のように、何人もの占い師から、
“私の並外れた幸運”を報せるメールが届くようになりました。

どのメールも、私に向かってやってくるとびきりの大幸運を、
確実にゲットするために、スピリチュアルな力を持つ自分が
お手伝いしますと申し出ます。

中には、今自分が持っているスピリチュアル能力と、
その能力を活用してとんでもない幸運を得る方法を、
まるごと全て譲ってくれるという占い師さんまでいました。(笑)

今のところ、まだ、どなたにもお手伝いをお願いしてはいませんが、
もし、お手伝いをお願いしたくなって、占い師の方に連絡するためには、
1通につき1,500円の利用料が必要になるようです。

なるほど。(笑)

それにしても、こうしてメールを書いている間にも、
人生の春を呼ぶという金色の毛並を持った「金兎(きんうさぎ)」が
私の足元に訪れている。
というメールが届きました。

メールが届く理由や、その内容がこうである理由が分かっていても、
悪い気はしません。

むしろ、これほどまでに何度も言われ続けると、
もしかしたら本当に、今私の運勢はとんでもなく良いのかもしれない。
とさえ思えてきます。^^

この占いサイトにアクセスして、退会ボタンを押してしまえば、
こうしたダイレクトメールも届かなくなると思います。

でも……

今のところ、こうした占い以外のDMは届きませんし、
メール内のURLクリックで、あやしいサイトに飛ばされてしまう
ようなこともありませんから、次はどんな幸運予測が送られてくるのかを、
もうしばらく楽しんでみようかなと思っています。

■4.ショートストーリー「死んでる場合じゃない」
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

バレンタインの直前に失恋した。

デパートで3時間も並んで、ベルギーから来日している有名ショコラティエの
1粒550円もするチョコレートを買い終えた直後のことだった。

2年10か月も付き合ったというのに、最後は電話一本だなんて……。

私は昔からいつもこうだ。

高校2年の春、初めてできたカレと別れたのはクリスマスイブだったし、
遠距離恋愛していた恋人の浮気を知ったのは、バースデイの前日だった。

そう言えばあの時は……
納得できる理由も聞けないまま電話を切ってしまったせいか、
忘れていたはずの苦い想いや、悲しい気持ちがぶり返してくる。

過去にも何度も味わった、苦しくて切ない日々が蘇る。

またあんな時間を過ごすなんて……
だめだ、耐えられそうにない。

……。

……そうだ!もう死んじゃおう。

ふと思いついたのは、自分でも思いがけないアイデアだったけれど、
これを実践すれば、もう辛い時間を過ごさなくていいのだと思うと、
不思議な心地良さが感じられた。

ちょうど、このビルには屋上庭園がある。

エレベーターに乗って屋上庭園に行くと、
人目を盗んで柵を乗り越え、いつでも飛び下りられる体勢をつくった。

ほんの少し我慢すれば、もう二度と辛い目にあったりはしない。

1・2・3!

ギュッと目をつぶって飛び出すと、体がふわりと浮いた気がした。

ドン?

すぐにそんな音が聞こえて、記憶が無くなるはずだ。

……。

……。

……?

死の直前、時間は湾曲して流れの早さを変えると聞いたことがあるけれど、
それにしても、長い。

いくらなんでも、もう地面に激突していい頃だ。

おそるおそる目を開けてみると、周りは白いもやに包まれ、
都会の景色も、近づいているはずの地面も、どこにもなかった。

私の体は、何もない空間に浮いていた。

「君はそんなに簡単に死んじゃうんだ」

「あなた、誰?」

「僕は、神様。……まだ半人前だけどね」

「神様?にしてはイケメンね」

「ありがとう、よく言われるよ」

きっとここは、天国に違いない。
私の好みのど真ん中なルックスの神様がいる場所なんて、
夢の中か天国以外に考えられない。

「まだ死んでないよ」

私の考えを見透かすように、イケメンの半人前神様が言う。

「君、まだ死んでないから」

「どういうこと?」

「さっき言ったでしょ、僕はまだ半人前の神様だから、
一人前の神様になるためには、死ぬにはまだ早すぎる人間を、
100万人助けて、世の中の役に立つようなことをさせなきゃいけないんだ」

「それで私は何人目なの?」

「聞いて驚くなよ、記念すべき100万人目さ!」

「マジで?」

「ああ、マジで」

「じゃあ、あなた、もう一人前の神様になれたってこと?」

「いや、そうじゃない。ここからが大変なんだけど、
助けた人間が寿命を全うするまでの間に、
しっかり世の中の役にたってくれなくっちゃノーカウントなんだ。
実は、君の前に助けた2999人は、あんまり世の中の役に立てなかった。
だから、僕はまだ半人前。
僕が人間を助けることより難しいのは、助けた人間が強い心で生き抜いて、
世の中の役に立ってくれることなんだ」

「じゃあ、私に、強い心を持って世の中の役に立て、と?」

「そう!」

イケメン半人前神様は無邪気な笑顔で大きくうなづく。

その笑顔が本当に好みのど真ん中で、さっき失恋したばかりということさえ
忘れそうになる。

「ってことは、私が世の中の役に立てるよう、あなたは何かサポート
してくれるの?」

「もちろん!君が生きている限り、ずっと見守って応援してるよ!」

胸を張って答えるイケメン神さまは、思い出したように続ける。

「ああ、ただ、僕のこと、君の方からは見えないかもしれないけど……」

「なーんだ。がっかり。あなたが人間で、私の恋人になってくれるなら、
どんなことでも頑張れるのに」

こんなあり得ない状況の中だと、普段なら決して言えないような台詞も
スラスラと言うことができる。

「僕はいつも君の傍にいるよ。見えないけど、感じてよ」

そう言いながらイケメン半人前神様は、私の右手首をぐっと掴む。

彼が指を離すと、右手首には腕時計をはめたように
くっきりと赤い痕が残った。

「ちょっと痛かった?ごめんね。これ、僕が傍で応援しているしるし」

いたずらっぽく言う顔が可愛くて、どきどきした。

「君が死ぬまで頑張ってくれるなら、僕も一緒に頑張れる。
もし、君が世の中の役に立って寿命を全うしてこの世を去る時には……
あ、いけない!時間だ!」

ドン?

さっきまで感じられなかった重力が突然体に戻った気がした。

「大丈夫ですか?」「しっかりしてください!」

肩を揺さぶられて目を開けると、そこは屋上庭園だった。

体のすぐ横にある柵の向こうに、よく晴れた空が見えた。

私、どうしてここにいるんだっけ?

柵のところに、チョコレート店の紙袋があるのを見て思い出した。

柵を超えようとして、貧血でも起こしたのだろう。
ふふ。それにしても、失恋のショックでイケメンの半人前神様に
救われる夢を見るなんて……。

「すみません。もう大丈夫です」

起き上がろうとして手をついたとき、右手首に鈍痛が走った。

見るとそこにはまるで時計をはめたようにくっきりと赤い痕が。

まさか!?


でも…… もし、あの不思議な夢が本当の出来事だったとしたら、
私はいつでもイケメン半人前神様に護られていることになる。

そして、彼の神様昇格は、私の命の使い方にかかっていることになる。

彼は最後に、いったい何を言いかけたのだろう?

……。

……そうだ!

私がちゃんと世の中の役に立って、天寿を全うしてこの世を去る時には、
彼に美味しいチョコを贈ろう。

失恋ぐらいで死んでる場合じゃないな。
さあ、頑張って生きなくちゃ!

■編集後記……チャンスは年1度だけ、8分で完売したチョコGet!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

バレンタインデーを目前に控えたこの時期ですから、
最後はやっぱり、チョコの話題で。^^

実は私、一昨年からずっと欲しかったチョコがありました。
そのチョコが販売されるのは年に1度だけで、限定数は500個。

一昨年、そのチョコのこををはじめて知った時は、
もう販売日を過ぎていて、昨年は、当日ウェブサイトにアクセス
しましたが、すでに売り切れていました。

そこで、今年は、前もって販売ページのURLをお気に入りに登録し、
販売開始時刻の午後12時になると同時にアクセス。

初めて購入することができました!嬉しい\(^o^)/

でも、せっかくだからもう1セット……
と再度販売ページにアクセスすると、時すでに遅し。
表示は「好評につき完売致しました」に変わっていました。

PCが示す時刻は、12:08。

はやっ!!

さて、私がようやく手に入れることができたチョコは、
神奈川の地ビールメーカー、サンクトガーレンが発売する、
パティシエ柳正司氏のオリジナル“チョコグラス”。

サンクトガーレンで人気の「チョコビール」を注いて、
飲みながら食べるとき、最も美味しいようカカオ豆を厳選し、
1個1個手作りで仕上げられた、バレンタインにもピッタリの一品で、
チョコビールとセットになっています。

チョコグラスを作っている工房の画像を見ると、
めちゃくちゃ手がかかっているのがわかりますから、
500個作るのでも大変だろうな、と感じます。

そして、そんな希少なチョコグラスを、ようやく手にできたので、
私はかなりごきげんです♪

このチョコグラスは、250個がWebですでに完売済みですが、
残り250個のうちのいくつかは、タカシマヤの一部店舗催事場で
2月9日(土)に販売されるそうです。

バレンタインの晩、チョコグラスにチョコビールを注いで、
ふたりの愛に乾杯!なんていかがでしょう?


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2013年2月22日の予定です。

□□□『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ 
□□  URL http://www.watch-colle.com/   □
□  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka □□  
   URL http://happyteatime.jp    □□□


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle