━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆大晦日の音◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2012年 12月28日
☆゜'・:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:・'゜☆

ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.213 2012年12月28日

☆*:,。,:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:,。,:*

「ウオッチコレ!ブリリアントタイム」を開封してくださって、
ありがとうございます!Harukaです。^^

クリスマスの飾りも片付けきらない26日、スーパーに行ったら、
前日までのクリスマスムードはすっかり「お値下げ品」ワゴン
に移されて、陳列棚にはお正月用品がぎっしり並んでいました。

近所のコンビニの入り口には、「恵方巻き」のポスター
まで貼られていて、ちょっとびっくり。

世の中は本当にスピーディーです。^^;

そういえば、ファッション関係の仕事をしている友人は、
まだ暑い頃に、2014年秋冬の流行色について語っていましたっけ。

昔は「来年のことを言うと鬼が笑う」なんて言われましたが、
今や、鬼も「来年のことを言っているようじゃ遅い」と笑う
のかもしれませんね。

あなたも、残りわずかになった2012年を大忙しで過ごしている
ことと思いますが、ほんの少しだけ手を止めて、
一緒に息抜きしませんか?

それでは、今回も、ウオッチコレ新作情報からどうぞ♪


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'

2012年最後のブリリアントタイムは……

1.ウオッチコレ新着情報 2012年12月14日〜2012年12月27日

2.5分でスッキリ!超効くリフレッシュ法

3.短時間でぐっすり!常識を覆すあの人の睡眠法

4.ショートストーリー「大晦日の音」

*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

1.ウオッチコレ新着情報 2012年12月14日〜2012年12月27日

◆セイコー メカニカル SARB033 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk832d/SK-832D.htm

◆セイコー プレサージュ SARX005 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk831d/SK-831D.htm

◆セイコー 茶ツノ スピードタイマー 6138-0040 OH済み 昭和49年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk830a/SK-830A.htm

◆アエロ 限定 テーブルウォッチ 25795.J501 TABLE クオーツ
http://www.watch-colle.com/watch/AE/ae007p/AE-007P.htm

◆ロンジン アドミラル 1570 Cal.633 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg146a/LG-146A.htm

◆ルイエラール LE53230AA11.BDC29 パワーリザーブ 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LE/le039d/LE-039D.htm

◆セイコー シャリオ 2220-0180 手巻 OH済 昭和51年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk828a/SK-828A.htm

◆キングセイコー 5625-7113 自動巻 OH済 昭和49年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk827a/SK-827A.htm

◆チュードル オイスター デイト レンジャー 9050 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx169a/RX-169A.htm

◆オリス 7317 35mm GP 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or117d/OR-117D.htm

◆ビーバレル BB0032BK ピラーホイール式手巻クロノグラフ USED
http://www.watch-colle.com/watch/BB/bb018c/BB-018C.htm

◆シチズン トヨタ86 コラボレーションモデル CA0386-03E USED
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz134e/CZ-134E.htm

◆ロレックス パーペチュアルデイト Ref.15200 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx168sp/RX-168SP.htm


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

2.5分でスッキリ!超効くリフレッシュ法

慌ただしい年末は、時間がいつもにも増して早く流れ、
轟々と音を立てて過ぎてゆく気さえします。

年内に終わらせておきたい仕事はまだまだ残っているし、
年末だからこその嬉しいお誘いも目白押しです。

また、こういうときに限って、是が非でも掴んでおきたいチャンス
が巡ってきたりして、時間はいくらあっても足りません。

仕方ないので、睡眠時間を削ってやりくりするのですが、
そんな日が何日が続くと、疲れや眠さで作業の効率が落ちてきて、
ちょっと怒りっぽくなったりもします。^^;

そこで、必要になるのが、リフレッシュ。

それも、温泉にでかけれのんびり湯船に浸かって……
なんて時間のかかることはやっていられないのはもちろん、
暖かいお布団をかぶって少しお昼寝……
なんかしたら最後、目を開いたら翌日なんてことになりかねません。

そんな私が最近実践しているのは、Youtubeで“漫才”を見ること。

漫才、すごいです。
わずか4分で大笑いして、すっかりリフレッシュできるんですから!

そう言えば、「笑い」が持つ驚異の効能を研究して、
治療に取り入れている病院や、アンチエイジングに役立てている専門家
もいらっしゃいますよね。

ちょっと調べてみたら、笑いには、免疫機能を活性化させるホルモンや、
鎮痛作用と快感作用のあるホルモンを分泌させる力がある他、
腹式呼吸することになるため、自律神経を整える効果や、
横隔膜が鍛えられて肺の強化につながる効果まであるそう。

漫才で大笑いするのはやっぱり、とても効果的な
リフレッシュ方法だったんですね。

そんな“効く”漫才の中でも、今一番のお気に入りは、
怒涛のボケと突っ込みで、息つく暇さえ与えてくれないNON STYLEのネタ。

先日のお笑いコンテスト「THE MANZAI 2012」の動画では、
ボケと突っ込みの数が多すぎて、話が先に進まないという
驚きのネタを披露していました。

別のパターンの漫才もしているNON STYLEですが、
2008年に優勝した「M-1グランプリ」のネタでも、
わずか4分の間に51回もボケ倒していたとか。

落ち着いてよく考えればそれほど面白いわけでもないボケであっても、
絶妙の間とタイミングで繰り出されるため、笑えて笑えてたまりません。

お腹が痛くなるほど笑ったら、大きくひとつ深呼吸して、
仕事に戻るまでの時間は、ジャスト5分♪

今すぐ簡単に実践していただけるこのリフレッシュ法、
あなたも、ぜひ、お試しください。^^


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

3.短時間でぐっすり!常識を覆すあの人の睡眠法

睡眠時間を削るのは、忙しい時の常とう手段。

もしも眠らなくても元気でいられるなら、人生の長さは倍になるのに……
なんて思ったりもします。

と同時に、暖かいベッドの中でゆっくり眠る時間が至福のひととき
であることも間違いありません。

ならば、できるだけ短時間でギュッと眠って、スッキリ目覚める方法
はないものか?と思っていたら、あのGACKTさんが、ちょっと意外な睡眠法で
短時間睡眠を実践されているという記事を見つけました。

通常、睡眠に適した湿度は、50〜60%で、
温度は、冬場なら18℃程度だと言われています。

ところが、GACKTさんは、
「湿度80%、気温28度で寝苦しいくらいが
短時間で深い睡眠に落ちることができるベスト空間」
だとおっしゃって、独自の高温湿睡眠を実践しているのだそう。

「寝過ぎは厳禁!老けますぜ(笑)」ともおっしゃっています。

これまで、寝不足は健康と美容の大敵!と信じてきた私ですが、
心身ともに年齢不詳な感じの彼の言葉には耳を貸さずにいられません。

私はときどき、お風呂で居眠りしてしまうのですが、
湿度と温度が高いお風呂での居眠りはとても気持ち良く、
そんなに長い時間でなくても、たくさん眠ったような感じがしますから、
GACKTさんの睡眠法は意外にイイのかもしれません。

2時間半以上かけてのトレーニングを、週5回行っているという
ストイックなGACKTさんだからこそ可能な睡眠法とも言えそうですが、
一度真似てみたいなと思っています。

でも、家族と一緒のときにやろうとしたら、
ギョッとされてしまいそうですから、
1人で泊まる機会を待たなくてはいけませんね。(笑)


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

4.ショートストーリー「大晦日の音」

「そろそろ飯にするか……」

テレビをつけると、楽器を弾く真似だけをするビジュアル系バンドが、
飛んだり跳ねたりしながら歌っていた。

別に好きというわけではないが、カラオケに行くたび誰かが歌うから、
サビのところを覚えてしまった。

「女々しくて女々しくて!」

つい、一緒に口ずさみながら、カップ麺にお湯を注ぐ。

大晦日だからといって、特別なことは何もない。
年末年始も俺にとっては、テレビが特番ばかりになる連休といったところだ。

ビールとカップ麺でお腹が膨れてうとうとしていると、
突然の効果音で目が覚めた。

画面では、カラフルな衣装を着た女の子たちが
アクロバティックに踊りながら歌っている。

服の色が一緒なら見分けがつかないと思うのは俺だけだろうか。

風呂に入り、実家に電話をして、コンビニに行ってもまだ
歌合戦が続いていたが、男性アイドルグループが最後の曲を歌い終えると、
優勝チームが発表されて、蛍の光が流れ始めた。

今年ももう、終わっちゃうんだな。

だから何というわけでもないが、なんとなく残念にも感じられる。

テレビは華やかな歌合戦のフィナーレから、寺の情景に切り替わって、
スピーカーからは除夜の鐘が鳴り響いた。


あと、十数分で年が明ける。

俺は、去年の今頃も、今日とまったく同じように
独りでテレビを見ていたことを思い出した。

このままひとりで年を取っていくのは寂しいことだが、
そのうち、この寂しさにも慣れるのだろう。


ゴ〜〜〜ン。

ゆっくりと鐘が鳴って、静かに新しい年が明けた。

……と思ったが、テレビ画面ではなぜか、また、
楽器を弾かないビジュアル系バンドが歌っている。

「女々しくて女々しくて!」

つられて歌う俺の手には、さっき空にしたはずのカップ麺があった。

何かがおかしい。

だが俺は、もう一度風呂に入り、実家に電話をして、コンビニに行った。

コンビニで念のため日付を聞くと「31日です」と怪訝な顔をされた。

すでに一度過ごした時間をもう一度繰り返している気がするのは、
今年一年俺の毎日があまりにも変わり映えしなかったからかもしれない。

テレビでは男性アイドルグループが歌い終え、勝敗が決まって、
除夜の鐘をつく寺の風景が映しだされた。

やっと、年が明ける。

静かに響く鐘の音を聞きながら、そう感じた瞬間、
楽器を弾かないビジュアル系バンドの楽曲が流れ出した。


「女々しくて女々しくて!」

やばいぞ、明らかに間違っている。

ここで聞こえるべき台詞は、「あけましておめでとう」のはずだ。

俺は頭がおかしくなってしまったのだろうか?

不安な気持ちになりながらも、カップ麺を食べ、
カラフルな衣装が無ければ見分けがつかない女性グループの歌を聞き、
風呂に入って、実家に電話をして、コンビニに行った。

頭では、「そんなことをしている場合じゃない」と考えているのに、
体が自然とそう動いてしまう。

男性アイドルグループが歌い終え、除夜の鐘が鳴って、
今度こそ年が明けたはずなのに、テレビではやっぱり、
あのバンドの曲が流れていた。


「女々しくて女々しくて!」

カップ麺を持つ手がわなわなと震えた。

それから俺は、同じ時間を何度繰り返したかわからない。

このままではまずい、どうにかして状況を変えなければと思うのに、
実際には何をすればいいのかわからなかった。

それに、下手に何かすることで、さらに悪い状況になってしまったら……
そう思うと怖くて何もできなかった。


「女々しくて女々しくて!」

あの曲がまた聞こえてくると、諦めも手伝って
別にこのままずっと大晦日だっていいじゃないか。
そんな考えさえ浮かんできた。

だが、出来上がったカップ麺をすすりながら気を持ち直し、
うとうとしていたところを大きな効果音に起こされた時、
1つのアイデアがひらめいた。

そうか!

どうして、こんな簡単なことに気づかなかったのだろう?

俺は、カラフルな衣装のアイドルが踊っている画面に近づくと、
コンセントから電源プラグを引っこ抜いた。


起きている間中……風呂に入っている間やコンビニに行っている時でも、
つけっぱなしが当たり前だったテレビの音が無くなると、
驚くほどの静寂がおとずれた。

静けさの中で風呂に入り、音のしない部屋から実家に電話をかけると、
母親の話すいつもと同じ言葉がなぜだか心に染みた。

もしも正月を迎えることができたら、土産を買って実家に帰ろうと思った。

コンビニに行くと、店員が、レジを終えた客ひとりひとりに、
笑顔で「良いお年を」と声をかけていることに気がついた。

年末の最後まで安い時給で働かされているというのにだ。

部屋に戻って音のしないテレビを見た瞬間、
反射的にリモコンを探してスイッチを入れたが、
同時に、自分で電源を抜いたことを思い出した。

静かな部屋で一人座っていると、いろいろなことが思い出され、
様々な考えが浮かんでくる。

こんな時間を持ったのはどれくらいぶりだろう?

テレビや音楽の音にかき消されて聞こえなくなっていた大切な音が、
はっきりと聞こえるようになった気がした。

いろいろと考えていると、窓の外からかすかな鐘の音が聞こえてきて、
この辺りにも除夜の鐘をつく寺があったことを知った。

もうすぐ、年が明ける。

……いや、明けないかもしれない。

だが、もし、また時が戻ったとしても、
これまでとは違った気持ちで、大晦日の夜を過ごせるだろう。

テレビを消したこの部屋に聞こえるのがどんな音なのかも
少し楽しみだ。

ゴ〜〜〜ン。

音の無い部屋だからこそ聞こえる窓の外の鐘の音が、
もう一度、ゆっくりと響いた。

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

去年の今頃、私は6年間お世話になった会社から離れ、
寂しさと、翌年への不安でいっぱいでした。

でも、おかげさまで、たくさんの新しい出会いに恵まれ、
いろいろなお仕事をさせていただくこともできました。

とても長かったような、あっという間だったような
ちょっと不思議な1年でした。

毎年12月には、京都の清水寺で、「今年の漢字」が発表されていますが、
私の2012年を漢字で表すならば、「序」です。

2012年が、どんどん変わっていく人生の初めの部分であり、
来年から本格的になりそうなあれこれのプロローグだったと思えるからです。

来年の今頃、本編に入った物語の盛り上がりをご報告できることを願いつつ、
今年最後のブリリアントタイムを終わりにしたいと思います。

皆さま、今年も1年間読んでくださって、
本当にありがとうございました。<(_ _)>

どうぞ、良いお年をお迎えくださいね。


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2013年1月11日の予定です。

 


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ  *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人  
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp       │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle