━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆44時間もかけた夫のすごいプレゼント◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2012年 8月24日
☆゜'・:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:・'゜☆

ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.204 2012年8月24日

☆*:,。,:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:,。,:*

こんにちは!Harukaです。^^

暑い暑いと言い続けた8月も残すところ1週間。
学生の皆さんは、後回しにした宿題に追われる頃でしょうか。(笑)

学生と言えば、先日、JRの同じ路線で通勤通学する夫と娘から、
最近の女子高生の驚くような行動を聞きました。

もちろん、すべての女子高生がそうしているわけではありませんし、
もしかしたらこの界隈だけのローカルな流行(?)かもしれませんが、
私にとっては意外過ぎて、最初、夫と娘が協力して私を騙そう
としているのかと思いました。

その女子高生たちは、電車の席が空いていても座らないで、
なんと!……

と、この続きは、メルマガの最後で。^^


それでは、今日も、お待ちかねのウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'

今回のブリリアントタイムは……

1.ウオッチコレ新着情報 2012年8月10日〜2012年8月23日

2.44時間もかけた夫のすごいプレゼント

3.スーパースピード!

3.ショートストーリー「時を戻して 〜会社員のマクベス〜」

*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

1.ウオッチコレ新着情報 2012年8月10日〜2012年8月23日


◆オメガ デヴィル 懐中時計 Cal.1035 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om501p/OM-501P.htm

◆オメガ デヴィル 懐中時計 Cal.1035 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om500p/OM-500P.htm

◆オメガ デヴィル レディス Cal.625 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om499a/OM-499A.htm

◆オメガ コンステレーション Cal.564 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om498a/OM-498A.htm

◆セイコー ベルマチック 4006-7000 自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk791c/SK-791C.htm

◆セイコー スポーツマチック カレンダー 15037D 自動巻 OH済 昭和38年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk790a/SK-790A.htm

◆ロレックス デイトジャスト Ref.1601 Cal.1570 自動巻 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx163a/RX-163A.htm

◆ティソ レディス 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts038a/TS-038A.htm

◆セイコー グランドクオーツ 9943-8030 昭和53年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk788a/SK-788A.htm

◆グランドセイコー セカンドモデル 43999 Cal.5722A 手巻 昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk787a/SK-787A.htm

◆セイコー スカイライナー 6100-8000 手巻 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk786a/SK-786A.htm

◆エポス ラウンド 3319SL 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/EP/ep028d/EP-028D.htm

◆グランドセイコー SBGW001 手巻 9S54 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk785d/SK-785D.htm


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

2.44時間もかけた夫のすごいプレゼント


「プレゼント」を貰うのは、誰にとっても嬉しいことですよね?

欲しかった物や好みの物だった場合はもちろん、そうじゃなかった場合でも、
自分のために一生懸命選んだり、作ったりしてくれたと思うだけで、
とても嬉しくなるものです。

とくに、私たち女性は。

先日、ネットで、こんなプレゼントを貰ったら、嬉しくって気絶するかも?
と思うくらいの、素敵なプレゼントのお話を見つけました。

結婚2周年の記念に、夫が妻に贈ったのは、「キッチン」

と言っても、ただの新しいキッチンではなく、
夫が自らリフォームしたキッチンです。


ネットには、その経過が写真で示されているのですが、
40年ほど経っているという古いキッチンの壁をサンディングし、
床を剥がして貼り替え、
戸棚の扉と、キッチンカウンターを新しくして、
きれいに片づけた後には、床のワックスがけまでしてあります。

しかも、このすべての作業を妻が留守にしている44時間の間に、
妻には内緒でやってしまったというのですから驚きです!

つまり、サプライズプレゼントなわけです。

コンクリートの壁から古いタイルをはがし、
やすりをかけてなめらかにするだけで8時間。

手のかかるところは、お父さんや弟さんも手伝ってくれたといい、
床を貼り直すのには徹夜したとか。


そりゃあ、プロのリフォームや新品のキッチンには敵いませんが、
出来上がりはとても、素敵で、何より、夫が妻を喜ばせようと、
44時間もの間頑張り続けたのだと思うと、
他人事なのに、涙ぐみそうになりました。


こんなプレゼントを貰った奥様は、どんなふうに喜ぶのでしょうね。


でも、このプレゼントのお話を紹介している記事には、
こんなコメントも。

「これは奥さんも喜ぶかと思います。
たった44時間でここまでするというのは、賞賛に値するのではないでしょうか。
しかしながら、他の夫たちの敵には回ったかもしれません」


なるほど、確かにここまでできる男性は稀ですから、
こんなことしちゃう夫のお話など面白くない男性も多いでしょうか。^^;

でもやっぱり、こういう夫もいることを、
私の夫にも知ってほしいと思います。

夫にメールをする時に、さりげなく記事のURLを入れてみましょうか。(笑)


リフォームまでは無理だとしても、
奥様が留守の間に、換気扇をピカピカにするとか、
床のワックスがけをするなんていうプレゼントでも、
私はすごく嬉しいです。


大切な“時間”を使うプレゼントは、
お金で買えるプレゼントより、嬉しいと思う女性は少なくありません!


……もっとも、費やしてくれる金額によっては逆転しちゃう可能性も
なきにしもあらずというのが本音ではありますけれど。^^;


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

3.スーパースピード!

ひと目見た瞬間から恋に落ち、こっそりと結婚して、万難を排して愛し合い、
最後は誤解が原因で、2人とも死んでしまう。

と言えば……

そう、シェイクスピアの有名な戯曲、『ロミオとジュリエット』です。

実は、娘の夏休みの英語の宿題に、シェイクスピアを3作品読んで、
設問に答えたり、レポートを書いたりしなさい。というのがありました。


シェイクスピアはまだ一冊も読んだことがない娘が頭を抱えているので、
少し助けてあげようと、映画や舞台のDVDを一緒に見ました。

何本か見た中で、娘が一番気に入ったのが、『ロミオとジュリエット』

私にとっても、久しぶりに見た『ロミオとジュリエット』の舞台は面白くて、
すっかり見入ってしまいました。

見終わって、改めて考えてみると、このロミオとジュリエットのお話って、
ものすごく短い時間の中で、繰り広げらているんですよね。

2人が出会ってから死んでしまうまでの間は、わずか4日。

日曜の夜にパーティーで出会った2人は、月曜の午後にはもう
こっそり結婚してしまうという、超スピード婚!

しかも、ジュリエットに出会う寸前まで、ロミオは別の女性に恋煩い
していたわけですから、変わり身の早さも尋常じゃありません。


他の大人たちの方もまた然りです。

例えば、ジュリエットの両親は、仮死計画をカムフラージュするために、
ジュリエットがそれまで嫌がっていた許嫁との結婚を承諾するやいなや、
翌日にはすぐ結婚式を挙げさせようとします。


何でもスピーディーになっているなんて言われている現代ですが、
結婚を承諾したすぐ翌日に式を挙げるなんて話は聞いたことがありません。

とにかく、『ロミオとジュリエット』の登場人物は皆、
直感で動いているような勢いがあって、熟慮するということがないのです。

そして、あり得ないスピードで展開する物語は、
最後までその勢いを落としません。

仮死状態のジュリエットを見て、死んでいると誤解したロミオは
その場ですぐ毒を飲んで自殺し、それを見たジュリエットもまた、
すぐさま剣を刺して死んでしまいます。


立ち止まってゆっくり考えてから行動する、
なんていうことは、どちらかと言えば苦手な私でさえ、
彼らの行動の早さには、驚かされるばかりでした。

……なんて。(笑)

何世紀もの時を超えて多くの人に愛され、
恋愛悲劇の最高傑作とも評されるロミオとジュリエットですが、
ちょっぴり視点を変えてみると、突っ込みどころが満載です。


とはいえ、これでもかとちりばめられた愛の言葉も
同じくらいたくさんでてくるオトナ向けな言い回しも
思わず考えさせられる教訓的な台詞も、やはり魅力的で、
何度見ても新しい感動があります。


舞台や映画を観たことで、英語の本も理解しやすくなったらしい娘は、
夏休み中に宿題を終えるべく、今夜も必死になっています。(笑)


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

3.ショートストーリー「時を戻して 〜会社員のマクベス〜」


カチカチカチカチ……

規則正しく時を刻む針は、俺にあの日のことを思い出させる。


その日、同僚といつもの店で飲んでいると、
占い師だというコスプレをした女が来て、頼みもしない予言を始めた。

「あんたは社長になる器だ」「すぐに課長に昇進する」
「それから、そっちの男の息子は……」

その時は少し頭のイカレた女だと思って相手にもしなかったんだが、
翌日会社に行くと、「課長が痴漢で捕まった」という噂でもちきりだった。

驚いていると、部長に呼ばれて、突然の辞令を言い渡された。
課長昇進だ。

にわかにコスプレ女の話が信憑性を帯びてきたので、
その晩、女房に話しをした。

偶然だと笑い飛ばされれば、忘れてしまえると思ったのだが、
女房は真顔になって、「部長はもうお年よね?」などと聞く。

確かに部長は、今年役職定年で、減給されて働き続けるか、
退職金を貰って辞めるかを選択することになっている。

女房が予想した通り、土地持ちの部長はあっさりと辞めて、
俺は部長になり、間もなく重役の一員になった。

こうなってくると、社長就任もあながち冗談じゃない。

ただ、社長はまだ若いし、仕事もできる。

社長が亡くなりでもしない限り、
俺に社長の椅子が回ってくる可能性は少ない。

だが女房は、「じゃあ、社長が事故で亡くなればいいんじゃない?」
と言ってにやりと笑った。

瞬間、背筋がゾクッとしたのを覚えている。

社長の運転手がいつも飲んでいるドリンク剤に薬を混ぜておいたら、
期待どおりのタイミングで事故を起こしてくれた。

軽く細工しておいた車は全焼。
社長は運転手を道連れにして、あっけないくらい簡単に
この世から居なくなった。

ところが……

俺はすぐさま罪の意識に苛まれるようになり、
ゆっくりと眠ることができなくなった。

会議のときにはいつも、前社長もテーブルにつき、
車のドアを開ければ常に、あの運転手が座っている。

空に向かって怒鳴りだす俺を、社員達は気味悪がり、
悪い噂も手伝って、退職者が続出した、。
安定していた業績も、みるみるうちに下がっていった。

最初は俺の社長就任を喜んでいた妻も、じきに後悔しはじめ、
今では、精神を病んでいる。

病院のベッドの上で、白い壁をぼんやりと眺め、
俺の声が聞こえているのかどうかもわからない。

社長であることどころか、生きていることすら嫌になった俺に、
会社が買収されることになったという知らせが届いた。


その時、ふとあの時コスプレ女が口した、もう1つの予言を思いだした。

女は、俺と一緒に飲んでいた同僚を指さして、
「それから、そっちの男の息子は……お前の後で社長になる」


会社の買収元企業取締役には、かつての同僚の息子が名を連ねていた。


カチカチカチカチ……

女房がぼんやり眺める白い壁で、時計が規則正しく時を刻んでいる。

あの時計の針を巻き戻して、間違いを犯す前に戻ることができたら……

もう何度、繰り返したかわからないその考えを、
俺はまたいたずらに繰り返している。

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!


夫と娘が電車で見かける女子高生たちは、
電車の席が空いていても座らないで、
なんと!……
電車の中で集まって地べたに座っているのだそうです。@@ なぜ?!

そういえば、何年か前に、駅の構内で地べたに座り込んで
飲み食いする若い子が増え、「ジベタリアン」なんて呼ばれてましたっけ。

それが今度は、電車内に現れたようです。^^;

地べたに座った彼女たちは、話をしたり、曲を鳴らしたりしながら、
メイクをしたり、携帯をいじったりしているのだとか。

「メイク」とさらっと書いちゃいましたが、
これ、制服を着た女子高生のお話です。

制服汚れたらやだなーとか、
メイクするとこ見られるのはずかしいな(しかも制服で!)とかいうのは、
もう、昔の感覚なのでしょうか……^^;

私は電車に乗る機会が少ないので、まだ見かけたことがありませんが、
電車内もマイルーム状態にしてしまう、くつろぎ上手な彼女たちが
実際は、どんな様子なのか興味深々です。

もし、見かけることがあったら、
まじまじと見つめてしまうかもしれません。(笑)


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2012年9月7日の予定です。


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人     
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp  │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle