━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆オリンピックが4年に1度の理由◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2012年 8月10日
☆゜'・:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:・'゜☆

ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.203 2012年8月10日

☆*:,。,:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:,。,:*

こんにちは!Harukaです。^^

立秋を過ぎても窓の外では暑さが続き、
ロンドンではメダルを競う熱い闘いが続いていますが、
皆さま、いかがお過ごしですか?

オリンピックが開催されるのは、4年に1度。

想像できないほどの努力を続ける選手たちにとっての4年は、
置かれている状況によって、あっという間の4年にも、
永遠のような4年にも思えるに違いありません。

そういえば、オリンピックはなぜ4年に1度なのかご存じですか?


その理由は……

と、その前に、今回もまずは、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'

今回のブリリアントタイムは……

1.ウオッチコレ新着情報 2012年7月27日〜2012年8月9日

2.オリンピックが4年に1度の理由

3.今ここにない未来は……

4.ショートストーリー「帰郷」


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

1.ウオッチコレ新着情報 2012年7月27日〜2012年8月9日

◆オリエントスター クラシック WZ0031DG 自動巻 USE
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on117d/ON-117D.htm

◆ルイエラール 94205 AA02 GMTデュアルタイム ビッグデイト 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LE/le038c/LE-038C.htm

◆オメガ コンステレーション レディス Cal.671 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om494a/OM-494A.htm

◆オメガ シンボル 18KYGベゼル クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om493d/OM-493D.htm

◆テクノス ボラゾン2 5面ガラス 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/TC/tc009a/TC-009A.htm

◆ラドー バルボア レディス 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd099a/RD-099A.htm

◆グランドセイコー 6146-8000 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk784a/SK-784A.htm

◆オリエントマーカス グロンホルムコレクション WV0041FT 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on116d/ON-116D.htm

◆オリエントスター レトロフューチャー WZ0061FH 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on115d/ON-115D.htm

◆ユニバーサル ジュネーブ 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv039a/UV-039A.htm

◆ゼニス クラスエリート 90/01.0040.680 Cal.680 自動巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/ZN/zn022d/ZN-022D.htm

◆オメガ シーマスター コズミック 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om495a/OM-495A.htm

◆ハミルトン H64512352 カーキ キングスクーバ クオーツ クロノグラフ USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht060c/HT-060C.htm

◆ハミルトン H326160 ジャズマスター バルジュー7750 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht059c/HT-059C.htm


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

2.オリンピックが4年に1度の理由


オリンピックが4年に1度だけ開催されるその理由は……

10代後半から20代前半にピークを迎える人間の運動能力から考えて、
出場のチャンスが3回程度得られるのに、ちょうど良い間隔だから。

2年〜3年に1度では、出場チャンスが多すぎてドラマが生まれず、
5年〜6年に1度では、タイミングが合わずにチャンスを逃す選手が多いから。

世界の祭典オリンピックには、やっぱりドラマが欲しいですものね!

……なんていうのは大ウソです。ごめんなさい!^^;


本当の理由は諸説あるそうです。


大昔、オリンピックは、ギリシャ神話の女神アテナ(金星の神)
を祝福するために行われており、金星と地球が一直線に並ぶのが、
ちょうど4年に1度だから。

という説や、

「美」と「完璧」と「循環」の象徴である金星が、その軌道上に8年周期で
黄金比(1:1.618)を内包する五芒星を描くため、その半分を基準とした。


という説もありますが、最も有力だと言われているのは、

古代ギリシア人は、太陽暦と太陰歴の両方を使っていて、
現在の太陽暦の8年と、太陰暦の8年3カ月がほぼ等しいことから、
古代ギリシア人にとって8年という周期には重要な意味があったため、
8年に1度祭典が開かれるようになり、後に半分の周期になった。

という説です。


8年を半分にしちゃった理由は見つけることができなかったので、
私のウソ説もあながち……なんて思ったりもします。(笑)

4年に1度開催の理由は、説得力の点でちょっぴり期待外れでしたが、
オリンピックを見る側とってはなかなか絶妙です。


きっと、4年に1度だからこそ、生まれるドラマもあるでしょう。

三冠を期待されつつも、個人メダルを逃した平泳ぎの北島康介選手は、
メドレーリレーの際、個人決勝時より1秒以上早いタイムでチームに貢献し、
見事銀メダルに輝きました。

その気迫の裏には、次のオリンピックまでの長い4年を思う
さまざまな気持ちがあったに違いありません。

また、「康介さんを手ぶらで帰らすことはできない」と頑張った
他のリレーメンバーの脳裏にも、“4年”の長さがよぎったはずです。


もしも毎年オリンピックが開催されれば、選手の気持ちはもっと軽くなり、
10年に1度なら、諦めがつきやすそうですが、
4年に一度だから、さまざまな気持ちが煽られるのだと思います。


闘いを終えた選手たちが目指すそれぞれの4年後には、
きっと、またたくさんのドラマが生まれるのでしょうね。

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


3.今ここにない未来は……


真夜中のテレビで見るオリンピックは、まさに今行われている現実の勝負で、
筋書きもなければ演出もないのに、とてもドラマチックですよね。

見始めてしまったら最後、勝負の行方が気になって、つい見入ってしまいます。

つい見入ってしまうといえば、最近お気に入りのドラマもそう。

私はいつも、ドラマをアイロンがけしながら見ているのですが、
このドラマにはつい夢中になって、途中で手が止まってしまいます。^^;

次回の放映がこんなに待ち遠しいドラマは久しぶりです。

私が毎週釘づけになっているのは、
「リッチマン,プアウーマン」というドラマで、
29才で資産250億のIT社長と、高学歴なのに就職が決まらない女子東大生が
主人公です。

学歴を否定する実力主義の社長が、
会社説明会に来た内定が1つもとれていない女子東大生に向かって、
「日本の教育の失敗例だ」と言い放つ出会いのシーンは衝撃的でした。

「……いや、犠牲者と言うべきかな。言われた通りに勉強してきたのに、
どこからも要らないという人間になってしまう」

社長が続けるそんな言葉は、高校生の娘を持つ親として、
ちょっと考えさせられました。^^;

この社長は、共同経営者と共に古い学生会館の一室から立ち上げた会社を、
わずか8年で時価総額3,000億円の企業へと成長させたという設定なのですが、
創業時を振り返るエピソードはとても素敵!


2人の若者が部屋の壁に、思いを込めて決めた社名と、
「今ここにない未来は自分で創る お前ならできる!!」
というメッセージを書いて記念写真を撮るんです。

会社が物凄く儲かって、新しいオフィスをつくるときには、
その壁の落書きをドリルでくりぬいて持っていきます。

新しいきれいなオフィスの壁に埋め込まれた落書きの周りには、
大きくなった会社の社員たちの決意の落書きが、たくさん書きこまれています。


「今ここにない未来は自分で創る お前ならできる!!」

これ、めちゃくちゃカッコイイ言葉だと思いませんか?

バブルを経験している女性は、未来に希望を持つのが好きなので、
こういう言葉にしびれるんですよね。(笑)

いかにもドラマな設定も、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグさんや、
グリーの田中良和さんの例もある昨今、完全な空想というわけでもありません。


才能もお金も魅力的なルックスも兼ね備えたIT社長には
悩みなどまったくないかと思いきや、
実は、幼い頃生き別れになった母を探し続けていたり、
「人の顔と名前が覚えられない」という病気だったりします。

そんな病気本当にあるの?という疑問も、
この設定がストーリーを面白くしているので、OK!ということで。(笑)

いろいろあって、結局IT社長の元でのインターンシップを叶えた女子東大生は、
社長の仕事ぶりを目の当たりにして、尊敬以上の気持ちを持つようになり、
常識も人の気持ちも顧みなかったIT社長は、
平凡で無個性でも、真面目に一生懸命に努力する女子東大生に調子を狂わされ、
だんだん女子東大生のことが気になってきます。

そこに、ナンバー2に徹していた秀才肌の共同経営者の陰謀と、
IT社長に思いを寄せる美人な共同経営者の妹が絡んで……
と、来週の放映も楽しみで仕方ありません。


IT社長を演じる小栗旬さんには、これまでぜんぜん興味がなくて、
最初はスーツがあんまり似合ってないとか、髪型がちょっと……
なんて感じていましたが、
ドラマにどんどんのめり込んで、毎週じっと見つめるうち、
だんだん好きになってきてしまいました。*^_^*

「今ここにない未来は自分で創る お前ならできる!!」

これから当分の間、この言葉と小栗旬くんの笑顔が、
私のビタミン剤になりそうです。^^


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


4.ショートストーリー「帰郷」


生ぬるい風が吹く夏の夜、故郷に向かう2人の男が話をしていた。


「お前、家に帰るのは久しぶりなんだって?」

「ああ、こうして長く離れていると、家族も俺のいない生活に慣れて
俺の帰りなんか待たなくなるんだよ」

「えっ、そうなのか?」

「ああ、妻なんてもともと他人だしな。
最初はさみしく思ったものだが、俺ももう慣れたね。
だが、今年の夏は息子が嫁を連れて実家に戻ってくるとかで、
妻も俺の帰りを望んで準備してるんだよ。

それはそうと、この間はお前も大変だったな。
凄い事故だったそうじゃないか」

「ああ。妻と旅行した帰りの高速で、居眠り運転していたトラックが、
目の前に突然、こう、ぐわぁと迫ってきてね。
耳をつんざくような轟音と妻の叫び声が重なって、
熱いし、痛いし、苦しいし、そりゃあ恐ろしい経験だったよ」

「ハハ……当事者の言葉は生々しいな。
でも助かって良かったじゃないか」

「ああ、奇跡的だったと思うよ、怪我だけで済んだなんて。
だが、あの事故で時計が壊れてしまってね。
結婚したばかりの頃、妻が贈ってくれたものだったんだ。
大切にしてたから心残りでね……」


生ぬるい風が吹く夏の夜、顔に大きな傷のある女が
夫の好きな料理を用意していた。

料理が出来上がると、足を引きずりながら和室に運び、
棚に飾って提灯に明かりを灯した。

窓を開けて宙を見つめた女の目には、涙が浮かんでいる。


「あなた、大切にしていた時計が直りましたよ。
早く……早く帰ってきてね」

握りしめた女の手の中では、風防が割れてベルトに血の染みた時計が
カチカチと時を刻んでいた。


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!

夏が始まったと思ったら、もう、お盆。

同じように暑い毎日も、7月の空気と8月の空気には、
大きな違いがあるように感じませんか?

夏が折り返し地点を過ぎた感じが、なんとなく焦る気持ちや、
かすかな寂しさを感じさせるのは、
夏休みがあった子どもの頃の名残でしょうか。


この夏は、七夕祭りと盆踊りに行って、すいかやかき氷は食べたけれど、
海にもまだ行っていないし、花火も見ていません。

8月のうちに、夏らしいことは、あといくつくらいできるでしょうか?


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2012年8月24日の予定です。


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人     
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp  │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle