━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆10年ぶりのワクワク!そして……◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2012年 6月15日
☆゜'・:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:・'゜☆

ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.199 2012年6月15日

☆*:,。,:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:,。,:*


こんにちは!Harukaです。^^

もう10年くらい前のことですが、ネットで出会ってメールをやり取りし、
遠く離れていたにも関わらず、お互いの家を行き来して
家族ぐるみのお付き合いをするほど仲良くなった友人がいました。

その友人とした、たくさんの話の中に、
ものすごく印象強かった言葉があって、
以来、ずっと、そうしようと決めていたことがあります。

それは……

とその前に、今日もまずはウオッチコレ新着情報から、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'

今回のブリリアントタイムは……

1.ウオッチコレ新着情報 2012年5月31日〜2012年6月14日

2.10年ぶり、5年ぶり、3年ぶり

3.5年ぶりのメンテナンス

4.10年ぶりのワクワク!そして……

*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


1.ウオッチコレ新着情報 2012年5月31日〜2012年6月14日

◆インターナショナル Cal.852 自動巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc057a/IWC-057A.htm

◆インターナショナル Cal.402手巻 OH済 純正メッシュブレス 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc056a/IWC-056A.htm

◆オメガ デヴィル 359.0875.2 クオーツ 1980年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om473a/OM-473A.htm

◆オメガ シーマスター コズミック 166.022 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om472a/OM-472A.htm

◆グランドセイコー 8J55-0A10 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk770d/SK-770D.htm

◆タグホイヤー フォーミュラ1 WA1214 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg054sp/TG-054SP.htm

◆オメガ コンステレーション 396.1090.1 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om471d/OM-471D.htm

◆ロンジン ウルトラクロン 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg137a/LG-137A.htm

◆ロンジン グランドクラシック オートマチック OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg136d/LG-136D.htm

◆ロレックス パーペチュアルデイト Ref.15200 自動巻 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx160sp/RX-160SP.htm

◆ブライトリング スーパーオーシャン A17360 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br018sp/BR-018SP.htm

◆インターナショナル 18K Cal.8531 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc055a/IWC-055A.htm

◆セイコー ロードマチック 5606-9000 自動巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk767a/SK-767A.htm

◆オリエントスター クラシック WZ0021EJ 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on106d/ON-106D.htm

◆カレライカレラ パンサー レディス クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot170d/OT-170D.htm

◆モーリスラクロア マスターピース カランドリエ レトログラード
 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ML/ml011c/ML-011C.htm

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

2.10年ぶり、5年ぶり、3年ぶり

今年50歳になった松田聖子さんが、3度目の結婚を決めたというニュースを
聞きました。

前の結婚は1998年のことで、「ビビビッと来た」と会見して、
「ビビビ婚」なんでいう風にも言われていました。

ついこの間のことだったようにも思うのに、もう14年も前のことなのですね。

こんなふうに、ふと気づくと、「ああ、もうそんなにも経っていたんだ」と
驚くことってありますよね?

実は、私も、この2週間の間に、10年ぶりと5年ぶりと3年ぶりの出来事を
体験しました。

どの出来事も前回はそんなにも前だったっけ?!と、
時の経つ早さに驚いています。

まず、3年ぶりの驚きだったのは、メガネ。

私の目は、左が遠視、右が弱視で、どちらにも乱視が混ざるという
ちょっとややこしい状態です。

それでも、両目を合わせれば裸眼で十分運転免許がとれる視力
が出ているので、日常生活にはそれほど困っていませんでした。

ただし、左右の視力の差が大きいため、何かを集中して見る作業、
例えば、本を読んだりPCで仕事をしたりするときには、
専用のメガネを使っていました。

ところが、最近、PCで作業をすると、なんだかとても目が疲れて、
時には頭まで痛くなります。

また、資料の本が見にくくて、読むのに前より時間がかかる
ようになった気もします。

ご経験のある方は、もうお気づきでしょうか?

そう、これ、老眼だったんですね。

眼科の先生によれば、
「40歳を超えればいつ老眼になってもおかしくない」
のだそう。

老眼と断定されてちょっとショックを受けている私に先生は、
ときどき、私はまだ老眼じゃないと頑張る人がいるけれど、
見えにくいと肩もこるし、頭も痛くなるし、目つきまで悪くなるから
さっさと合うメガネを作った方がいいのだと、笑いながら言いました。

でも、「老眼」というと、おじいちゃんやおばあちゃんがなるもの
というイメージがあります。

処方箋を書いてもらって出かけたメガネ屋さんでも、
自分は「老眼鏡」を作りに来たのだと思うとなんだかフクザツでした。

だいたい、「老眼」なんていう呼び方が良くありませんよね?

平均寿命が80歳を超えていて、50歳でも美しいまま再々婚を果たす女性
がいる時代だというのに、40歳で「老」なんて言われちゃったら、
後半の人生が楽しみにくくなってしまいます。

いろいろなことが早いスピードで移り変わっている世の中なのですから、
こういう時代に合わない言葉こそ今すぐにでも見直すべきだと、
声を大にして言いたくなります。

ただ自分の「老眼」に抵抗したいだけなのですけれど。(笑)

とはいえ、そのメガネをかけると、びっくりするくらい文字は見やすく、
仕事も捗るのは、まぎれもない事実。

我慢していた疲れ目や頭痛も、うんと減らせるかもしれません。

ということで、3年ぶりに新しいメガネを作りました。

老眼鏡ではない仕事用のメガネをつくったのは、
まだほんの少し前だったように感じるのに、
3年も経っていたなんて、時の経つのは早いですね。

気付かないうちに“老”いてしまった目は仕方ないけれど、
目以外はできるだけ“老”いないように努力して、
50歳で花嫁になる聖子ちゃんのように、
年齢に縛られない女性でいたいと思います。


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

3.5年ぶりのメンテナンス

3年ぶりにメガネを作って、目の疲れからくる頭痛も肩こりも
すっかり解消したはずでしたが……

実はまだ、こめかみのあたりから肩までがズンと重く、
ちょっと忙しくて疲れたりすると、それが痛みに変ります。

原因は、「歯」でした。

歯医者さんでレントゲンを撮ると、5年前に治療した左の奥歯の
銀歯をかぶせたその下に、小さな穴が開いているというのです。

歯磨きは丁寧にしている方だと思うし、
歯科検診だって定期的に受けています。

第一、その歯は、何回も歯医者に通ってバッチリ治療を済ませたはず……

それでも、知らないうちに治療した歯の隙間から少しずつ、
虫歯菌が忍び込んでいたらしいのです。

歯って、一度しっかり治療すればOKだと思っていたのですけれど、
そうではなかったのですね。

かぶせてあった銀歯を取って、あのウィ〜ンとうなる歯医者の道具で
歯を削られてしまいました。

気付くのがもう少し遅かったら、虫歯が神経に届いてしまって、
さらに痛い思いをする羽目になってしまうところでした。

耳元であのウィ〜ンを聞くのは5年ぶり。

その音で、5年前の物凄い痛みが、まるで昨日のことのように思い出されて、
また、月日の流れの早さを実感じながら、ウィ〜ンが終わるのを待ちました。

目が楽になって、歯の痛みがスッキリ取れると、
ちゃんと頭痛もなくなりました。^^


例えば、自動車は、長く乗っていると国がメンテナンスを要求して、
頻繁に車検を受けなければいけなくなります。

でも、人間はいくら長くやっていても、国はメンテナンスを要求
したりしません。

長く大切に乗りたい車を頻繁にチェックしてメンテナンスするように、
長く大切に使いたい体も、ちゃんとチェックして
メンテナンスしなくてはいけませんね。^^;


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

4.10年ぶりのワクワク!そして……

老眼だの虫歯だのイタいお話が続いちゃってごめんなさい!

でも、10年ぶりに経験したのは、ちょっとワクワクしたできごとです。

先日、知人が、私の地元で開催しているサーカスの入場券をくれました。

知らない名前のサーカス団でしたが、多国籍の団員で構成されていて、
世界各国で興行しているようです。

せっかくなのでちょっとだけ贅沢に、特等席のプレミアムバルコニーシート
を予約して、家族で見に行きました。

前に家族でサーカスを見たのは、まだ娘が幼稚園の頃でしたらか、
なんと、10年ぶり!!

真っ青な空に映えるショッキングピンクのテントの前には
小さな店が出て、おやつやジュースと記念のお土産を売っています。

こういう所で食べるおやつは、不思議と美味しく感じるんですよね。(笑)

私たちも、チュロスやフランクフルトを買って、テントの中に入りました。

“プレミアム”というだけあって、その席は、舞台を真正面から見られる
一段高い場所に作られていて、コンパートメントになっています。

ゆったりと置かれた椅子には肘掛けがついていて、
テーブルも備えられています。


しばらくすると、ピエロたちが席まで挨拶にやってきて、
袋に入ったお土産(外で売っていたグッズ)をくれました。

どうやら、これは、プレミアム席だけの特別サービスのよう。

特別扱いされるのが大好き!な私は、この時点でもうご機嫌。(笑)

自分の座席を探す観客を呼びとめて、ちょっかいをかけているピエロたち
を見ているだけでワクワクが増してきます。

いよいよショーが始まり、次々と繰り広げられる演目も、
もちろん、それぞれ楽しみましたが、
何より私を満足させたのは、物事に感動しやすい娘の喜びよう。

「わあ!」「すごい!」「楽しい!」と目を輝かせるので、
私も一層楽しくなります。

テレビでならば、もっとすごい出し物をいくらでも見たことがありますが、
音と光を体感しながら、生で見るステージはまた違うのでしょうね。

演劇部で裏方をした経験もある娘は、舞台を照らすピンスポット操作の
上手さにまで感動していました。(笑)


土曜日は出勤することが多くて、唯一休める日曜日は家で過ごしたがる
出不精のパパも、想像以上に喜ぶ娘を見て、
たまには家族で出かけなければと思ったに違いありません。


彼氏でもできれば娘の方が忙しくなって、親なんかと一緒には
出掛けてくれなくなってしまうのでしょうけれど。


翌日、本棚の隅にある10年前のサーカスのパンフレットの横に、
新しく買ったサーカスのパンフレットを並べました。

少し色褪せた10年前のパンフレットを見ると、
興奮してはしゃいでいた小さな娘の可愛い表情が思い出されます。

また10年の時が流れて、このサーカスのパンフレットも色褪せる頃、
もう娘は同じ家に居ないかもしれません。

その頃には「おばあちゃん」になっているかもしれない私は、
このパンフレットを見ながら、きっと、16歳だった娘の笑顔を思いだして、
思わず微笑んでしまうのだと思います。


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


最後まで読んでくださってありがとうございました!


冒頭の続き、仲良くなった友人から聞いて強く残っているのは、

「〜であるかのように振る舞う」

という言葉です。

友人は、なりたい自分の理想があるなら、
その理想像であるかのように振る舞うことで、だんだんと理想に近づき、
しまいには、本当にその理想像のようになると言ったのです。

当時、まだごく普通の主婦だった私とは違い、
責任のある仕事をしながら、いろいろと勉強もしていた友人でしたから、
強い説得力を感じて、強烈な印象があったのだと思います。


それから、何かある毎にこの言葉を思い出し、

私は「〜であるかのように振る舞えているか?」と自問しました。

振る舞えていることもあったし、振る舞えていないこともあったけれど、
最近、新しく知り合った方の言葉や、久しぶりに会った友人の言葉を聞いて、
少しずつあの頃の理想に近づけているのかもしれないと感じています。

今はちょっと疎遠になってしまった友人ですが、
彼女が教えてくれた言葉や、彼女と過ごしたたくさんの時間は、
今も私の中で輝き続け、今の私の生き方にも大きく影響しています。

ふと気づくと過ぎ去ってしまっている10年の月日は、
どんなに短く感じられたとしても、経験してきた出来事全てが、
今の自分をつくっているのだと思います。

10年後の自分が、今よりもっと理想の自分に近づいているように、
「〜であるかのように振る舞う」ことを続けていこうと思います。

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2012年6月29日の予定です。


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人     
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp  │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle