━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆贅沢な時間の使い方◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2012年 6月1日
☆゜'・:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:・'゜☆

ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.198 2012年6月1日

☆*:,。,:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:,。,:*


こんにちは!Harukaです。^^

ここ数年、大学、中学、高校と、同窓会のお誘いが多かったのですが、
先日、ついに、OL時代の仲間からも、同期会の連絡がありました。

結婚まで、わずか7年間のOL生活でしたが、
懐かしい思い出がいっぱい!

入社してからの数年は、ちょうどバブルの真っただ中で、
同じ支店の同期メンバーもたくさんいて、
テニスだスキーだ飲み会だと、本当によく遊んだな……

なんて、脳内時間旅行をしてしまいました。(笑)

でも、不思議ですね、

もう15年以上1度も思い出したことがなかった
かつての仲間のことを、「同期会」と聞いたとたんに
鮮明に思い出してしまうのですから。


みんなどんなふうに変ってるのかな?

来月の同期会が今から楽しみでなりません。

それでは今日も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ♪

*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'

今回のブリリアントタイムは……

1.ウオッチコレ新着情報 2012年5月18日〜2012年5月31日

2.贅沢な時間の使い方

3.スポーツを楽しんでいると54.6%の人が忘れてしまうもの。

4.ショートストーリー「もう一度会いたい」


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

1.ウオッチコレ新着情報 2012年5月18日〜2012年5月31日

◆シチズン ジェット JT1407051 自動巻 OH済 昭和37年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz123a/CZ-123A.htm

◆オメガ シーマスター 2250.80 ボーイズ 自動巻 OH済 USE
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om470sp/OM-470SP.htm

◆オメガ コンステレーション 168.019 Cal.751 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om469a/OM-469A.htm

◆オメガ シーマスター アクアテラ 36mm 2504.30 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om468sp/OM-468SP.htm

◆インターナショナル 18K Cal.853 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc054a/IWC-054A.htm

◆オメガ シーマスター デヴィル Cal.562 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om467a/OM-467A.htm

◆ダンヒル ロンデニウム クオーツ メンズ USED
http://www.watch-colle.com/watch/DH/dh019d/DH-019D.htm

◆セイコーマチック ウィークデーター 0206-8990 26石 自動巻
 OH済 昭和39年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk765a/SK-765A.htm

◆セイコー ドルチェ SACK005 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk764d/SK-764D.htm

◆ハミルトン カーキ メカニカル H694190 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht056sp/HT-056SP.htm

◆オリス ビッグクラウン ポインターデイト 574 7400B 自動巻
 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or102d/OR-102D.htm

◆ブライトリング クロノマット フレッチトリコロール A13050.1
 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br017c/BR-017C.htm

◆セイコー SBTM113 チタン ソーラー電波 未使用刻印入 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk762e/SK-762E.htm

◆セイコー クオーツ GP 5Y31-8000 昭和55年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk761d/SK-761D.htm


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

2.贅沢な時間の使い方

6月10日は何の日か、時計好きなあなたならもちろん、ご存知ですよね?

ブリリアントタイムではもう恒例ですが、今年もやっぱり、
6月10日の「時の記念日」にちなんで、時計にまつわるお話を少し。^^

「時の記念日」は、東京天文台と生活改善同盟会が1920年(大正9年)
に制定したもので、
「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」
という目的があったといいます。

ダイヤピッタリに運行されている電車が象徴するように、
今でこそ世界一と言っても良いほど時間に正確な日本人ですが、
正確な時を刻む時計がなかった頃は、けっこうアバウトだったよう。

例えば、江戸時代には、夜明けを明け六つ、
日暮れを暮れ六つと呼んで、その間をそれぞれ、
五つ、四つ、九つ、八つ、七つと6等分して時間を決めていました。

江戸時代末、安政4年に出版された「西洋時辰儀定刻活測」には、
「明け六つは大変測りにくいが明るい星がぱらぱら見え、
手のひらの内で細い筋は見えないが、太い筋が3筋ほど見えるときである」
とあり、なんともおおらかです。(笑)

それでも、江戸末期頃の江戸城には「土圭(時計)の間」があり、
大きな時計が掛けられていて、係が時報の太鼓を打っていたそうです。

秀忠の時代には、太鼓から鐘に変り、昼夜を通じて時を知らせるように
なったといいます。

他に寺院の鐘なども鳴らされていて、時計を持たない庶民でも
だいたいの時刻は知ることができたようですから、
そのだいたいの時刻に合わせて生活していたのでしょうね。

長い間そんなふうに過ごしてきた日本人ですから、当然、
正確な時計ができたからといって、急に生活を変えられるわけが
ありません。

明治36年に発行された、少年工芸文庫版第十五編「時計の巻」には、
「わが国の人々の、近ごろ時計を備える者の多くなったのは
誠に喜ぶべきことでございますが、実際は、何の為めに時計を備えるか、
其の真意の知れぬには閉口です」
なんて書かれています。

時計があっても集会に1時間も2時間も遅れてくる人が多いだとか、
田舎者は、汽車の出発時刻より2時間も早く来てあくびをして待っている
などと例を挙げ、
「時計は自ら時間を知るためのものでなくて、ただ他人に見せびらかすもの
になってます。こんな人々に買われた時計こそ、よい災難です」
と辛らつです。^^;

今でも時計は、自己表現だったり、ステイタスだったりして、
ある意味、“他人に見せるもの”でもあると思いますが、
集会に2時間も遅れてくる人や、2時間前から電車を待つような人は
稀でしょう。(笑)

むしろ多くの人は、分単位の時間を気にしながら毎日を送っています。

さまざまな事柄がスピーディーに行われるようになり、
人や物の移動にかかる時間も、世の中の変化の速さも、
昔の比ではありません。

そういえば、以前、いたずらざかりの兄弟を育てているママ友が
忙し日常を綴るブログに、「追いつけない日々」というタイトル
をつけていたのを見て、上手いこと言うな、と感心したことがありました。

家事や子育てと仕事を両立しつつ、ブログなど趣味の時間も持とうとする
忙しい母親は、いつも時間に追われているどころか、
すでに時間に追い抜かされていて、もう「追いつけない」くらい
という気持ちだったのでしょう。

もちろん、そんな気分は、会社員にも学生さんにもあると思います。

かつて、「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」
と考えて、「時の記念日」を制定した方々は、もう十分に合理化された
今の日本を見てどんなふうに思うのでしょうね。

今年の時の記念日には、時間の大切さを十分に踏まえた上で、
あえて、おおらかに時間を使ってみるのも面白いかもしれませんね。

「待ち合わせは暮れ六つね」なんて約束をして、
先についてしまった方は、だんだん暗くなる空を眺めながら、
あくびでもしてのんびりと待つ。

……なんて、ちょっと贅沢な時間の使い方だと思いませんか?^^


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

3.スポーツを楽しんでいると54.6%の人が忘れてしまうもの。

今月10日、「時の記念日」に、東京銀座の和光「時計塔」が竣工80年を
迎えることを記念して、セイコーホールディングス株式会社が、
「時間に関する調査」を行いました。

今年はオリンピックイヤーでもあるため、
テーマは、「オリンピックとスポーツを楽しむ時間」です。

20代〜50代のビジネスパーソン1,240名から集めた回答によれば、

・ロンドンオリンピックは、約2/3が楽しみにしている。
・楽しみにしている競技は、1位サッカー、2位陸上競技、3位体操。
・楽しみにしている理由は、日本の選手がメダルを取れそうだから。
・出られるなら出てみたい競技は、1位陸上競技、2位サッカー。
・オリンピックの開催間隔は、約8割が「ちょうど良い」と考えている。

ということです。

私が興味深かったのは、「スポーツを楽しむ時間」に関するアンケートです。

「ふだんスポーツを(見たり実践したりして)楽しむ時間を持っているか?」
という質問に、「持っている」と答えた人が15.6%おり、
「多少は持っている」と答えた40.2%を合せると、
過半数がスポーツを楽しんでいることがわかりました。

そして、スポーツを楽しんでいると答えた人の約半数51.0%は、
スポーツを実践するのではなく、観戦する人たちでした。

それから、そんなスポーツエンジョイ派に、
「スポーツを楽しんでいて忘れてしまったことがあるもの(無形に限る)」
を尋ねたところ、「疲れ」の34.5%や「悩み」の35.7%を大きく超える
54.6%の人が答えたのが、なんと、「時間」でした。

現代人の多くが毎日気にしながら生活していて、
忘れたくても簡単には忘れることができない「時間」ですが、
スポーツを楽しんでいる間は、忘れてしまうことができるようです。


こうしたアンケート結果を踏まえた最後の質問、
この1年(2011年4月〜2012年3月)を代表する「時の人」は誰?というもの。

結果は、子役の「芦田愛菜」ちゃん(71人)や、
大阪市長の「橋下徹」さん(145人)を抑えて、
ワールドカップで大活躍したなでしこジャパンの「澤穂希」選手が
トップになりました。

確かに、澤選手の最後まで諦めずにプレーする姿には、
震災の悲しみに沈んでいた日本中が勇気づけられ、
あの試合を、多くの人が「時」を忘れて応援していましたっけ。

うんうん、そういえば、そうだったなあ。

……なんて。

つい去年の出来事なのに、なんだかもうだいぶ前のことのように感じるのは、
現代の時の流れが速すぎるせいでしょうか。

それとも、私が年齢を重ねたことで、
時の流れを早く感じるようになってしまったからでしょうか?^^;

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

4.ショートストーリー「もう一度会いたい」


会いたい会いたい会いたい。

たまらなく会いたい。

あの人に、もう一度。

昔読んだ本には、例え体が滅びても魂は生きると書いてあったのに……

魂で触れあって、寄り添っていられると思っていたのに……

あれからどれくらいたったのかしら?

あなたと会えなくなってからの時間は、永遠にも感じられて、
今が何年何月何日なのか、思い出すことさえできない。

どうして死んでしまったの?

あなた、私をひとりにしないで!

私はこれからどうすればいいの?

ねえ、あなた……
もう一度、あなたに会いたい!


こんなことなら……

こんなことなら、あなたに振られたからといって
自殺なんかするんじゃなかった。


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

先日、美脚になるための運動を教えてくれるトレーナーの方から、
足が太くなったり、カタチが悪くなったりする
ちょっと意外な理由を聞きました。

それは、“足の親指”がちゃんと使えていないことだそう。

もしよろしければ、あなたもちょっと試してみてください。

あなたは、足の親指だけを前後に動かすことができますか?

普段、ちゃんと親指で地面を蹴っていない人は、
これがうまくできません。

私も、はじめはできなくて、
自分の指が自分の思い通りにならないことに愕然としました。^^;

それで、歩くとき親指で地面が蹴れていないと、
ふくらはぎに力が入って、へんな形に筋肉がついてしまうんだとか。

美脚に足の指が関わっていたなんて!と目からウロコです。

それから、踵が浮くスリッパのような履物で歩いている場合も
足指で地面を蹴られなくなるので、脚は太くなりやすいのだと、
トレーナーさんは付け加えました。

私はこれまでずっと、自宅では常にスリッパを履いていましたが、
自宅に戻ってすぐ、ゴミ箱に捨てちゃいました。(笑)

┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2012年6月15日の予定です。


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人     
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp  │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle