━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆◆「タイムイズマネー」な世界◆ウオッチコレ!ブリリアントタイム 2012年 2月24日
☆゜'・:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:・'゜☆

ウオッチコレ!ブリリアントタイム vol.191 2012年2月24日

☆*:,。,:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:,。,:*

ブリリアントタイムを開封してくださってありがとうございます!

こんにちは、Harukaです。^^


余所の家の常識が、自分の家とはあまりに違っていて、
「えーっ?!」ってなること、ありませんか?

先日、十数年ぶりに連泊した実家では、
この「えーっ?!」の連続でした。

私が実家にいた頃は、お店をやっていた両親は、
店を終えて片付けをしてから遅い夕食をとるような生活でした。

ところが、10年程前にお店を閉めて引退した後は、
生活サイクルがどんどん変わり……

と、ちょっと長くなりそうなので、続きはた本編の後で。^^

ますは、ウオッチコレ新着情報から、
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね!


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'

今回のブリリアントタイムは……

1.ウオッチコレ新着情報 2012年2月10日〜2012年2月23日

2.「タイムイズマネー」な世界

3.人生をちょっと楽しくする方法


*:・'゜☆。,:*:・'゜☆゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*:・'


1.ウオッチコレ新着情報 2012年2月10日〜2012年2月23日

◆ホイヤー カレラ Ref.73653 レマニア Cal.7736 手巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg050c/TG-050C.htm

◆セイコー ダイバーサードモデル 6309-7290 自動巻 OH済 昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk735sp/SK-735SP.htm

◆セイコー 5スポーツ 復刻 7S36-0110 自動巻 OH済 1997年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk734a/SK-734A.htm

◆シチズン セブンスター デラックス 自動巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz116a/CZ-116A.htm

◆オメガ シーマスター クロノメーター Cal.564 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om456a/OM-456A.htm

◆セイコー メカニカル SARB033 黒文字盤 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk732d/SK-732D.htm

◆グランドセイコー クロノメーター セカンド 43999 手巻 OH済 昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk731a/SK-731A.htm

◆オメガ シーマスター ジャックマイオール1998 2506.70 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om455sp/OM-455SP.htm

◆インターナショナル シャフハウゼン C89 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc052a/IWC-052A.htm

◆ラドー フローレンス 153.3678.2 クオーツ レディス USED
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd094d/RD-094D.htm

◆セイコー SAGA047 ブライツ ワールドタイムソーラー 電波時計 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk730e/SK-730E.htm

◆セイコー マーベル 14022 14KGF 手巻 OH済 昭和30年代
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk728a/SK-728A.htm

◆エニカ シェルパ グラフ バルジュー72 手巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/EN/en011c/EN-011C.htm

‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


2.「タイムイズマネー」な世界

コーヒーは「4分」。バスの運賃は「2時間」。

これは、“時間”が通貨となっている近未来を描いたSF映画の中の物価です。

予告を見て公開を待ちわびていた映画『TIME/タイム』を、
先日、見てきました。


「時は金なり」なんていう言葉がありますが、この映画の世界では、
まさに、時=お金。

遺伝子操作により25歳からは歳をとらなくなった人間は、
25歳になった瞬間に余命1年を与えられ、この余命(時間)を
やり取りして生活しています。

余命は腕に埋め込まれたデジタル式のボディ・クロックで確認でき、
腕を合わせることで、人に与えたり、人から奪ったりできます。

買い物は、専用機に腕を入れると、余命がピピッと読み取られて
精算されるという具合なので、皆、命を削りながら生活しているわけです。

主人公はスラム街に暮らす貧困層の青年、ウィル。
ここでは、誰もがわずかな時間=余命しか持っていません。

仕事をすればその分だけ余命が増えるのですが、
工場の生産ノルマは厳しく、街の物価や金利はすぐに上昇します。

つまり、昨日と同じだけ働いても同じだけの“時間”が
得られるわけではありません。

そんな世界ですから、時間を取り合うバトルが行われ、
時間を奪うギャングも横行しています。
ここでは、わずか1週間の余命でもギャングの標的になるのです。


冒頭でウィルは、母のバースデイを祝うシャンパンを買うために
睡眠時間を削って残業します。

そんな息子に母は、「これでランチを食べて」と“30分”を
分け与えてから仕事に出ます。

スラム街では、毎朝余命が24時間を切っているのもありふれたことで、
1日中働いて、ようやく次の1日を生き延びるのです。

そんな毎日でも、困っている人に自分の時間を分け与えてしまうウィルは、
ある日バーでギャングに狙われたひとりの男を助けます。

男は富裕層が暮らすエリアからやってきたお金持ちならぬ時間持ちで、
ボティ・クロックにはまだ100年以上の時間が残っていました。

ギャングから逃げ切って、疲れて眠ってしまったウィルに、
男は自分の時間のほぼ全てを譲ります。

富裕層エリアで、すでにウイルの何倍も生きていたこの男は、
有り余る時間に意味を見いだせなくなった自殺志願者だったのです。

100年の時間を得たウィルが向かったのは、何重ものゲートを超えた
向こうにある富裕層エリア。

スラム街とは何もかもが違う富裕層エリアで、
ウィルは大富豪の娘シルビアと出会い、
この世界のとんでもない秘密を知ります。

その頃、スラム街では、時間監視局員(タイムキーパー)のレオンが
100年の時を失くした男の死に不審を抱いて、ウィルに目をつけていました。


古来からずっと望んでやまなかった、“不老不死”の身体を手に入れた人間は、
どんなふうに暮らしているのか?

そんな世界を描いた『TIME/タイム』は、
とてもスリリングで、サスペンスに満ち、
魅力的なヒロインとのラブロマンスもある一級の娯楽作品でした。

しかも、今の世の中と自分の生き方についても考えさせられる映画でした。

印象的なシーンもたくさんあります。

富裕層エリアにうまく入り込んだウィルが、ヒロインシルビアを
紹介されるシーンもその1つ。

大富豪が、「母と妻と娘です」と言って紹介する3人の女性は、
皆同様に若くて美しいので、外見だけでは、誰が母で誰が娘だか全くわかりません。

「25歳から歳をとらない世界」のイメージを強烈に印象付けるシーンでした。

もうひとつ、誕生日の朝、息子に「ランチ分の時間」を分け与えて
仕事に出たウィルの母が一日働いた仕事帰りのシーンにも息を飲みました。

帰りのバスに乗ろうとすると、昨日まで“1時間”だったはずの運賃が、
“2時間”に値上がりしています。

ローンの支払いを済ませてしまったため、母の余命は1時間半ほどしかなく、
家まで歩いて帰れば2時間かかってしまうのです。

いくつか先のバス停には、100年以上の時間を得たウィルが、
花束を持って母が乗っているはずのバスを待っているというのに。

母に残された選択肢は「走る」ことだけしかありません。

バスに母が乗っていなかったのを心配したウィルもまた走ります。

走って走ってようやくウィルと出会えた母は……

まだ公開中の映画なので、このくらいにしておきますね。

余命=時間=お金がないために、常に走り、イライラし、
感情的で、ざわついていて、でも情に厚い貧困層の人たちと、
何百年という時間を持て余して、いつもゆったりと行動し、感情を出さず、
退屈しているけれど、それでもなお莫大な時間を手放そうとはしない富裕層。

そして、貧困層と同程度の時間しか持たないにも関わらず、
この社会の仕組みを守るために必死で働くタイムキーパー。

夢の不老不死を実現した未来の社会が、
実は、どの層の人たちにも満足をもたらしていないという皮肉。


ここでご紹介したのは、ほんのさわりの部分ですから、
素敵なシーンは他にもたくさんありますし、
一番の見どころは、この社会の秘密を知った貧しいウィルと富豪の娘シルビアが、
どんな行動を起こすのか?というストーリーそのものとも言えそうです。

思い切った設定で、ファンタジックでもある『TIME/タイム』の世界ですが、
ある意味、私たちが実際に暮らしているこの資本主義の世の中を、
そのまま描きだしているようにも感じられました。

美女好き、ゴージャス好きな私にとっては、
シルビアの美しさや大富豪のパーティーシーンも目の保養に。^^

いろいろな角度から、とても楽しめた映画でした。
ご興味のある方は、ぜひ、劇場へ足を運んでくださいね。

もし、朝起きると余命が24時間だったとしたら……
もし、25歳の容姿のまま、永遠に生きられるとしたら……

あなたなら、今日、何をしますか?


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★


3.人生をちょっと楽しくする方法

2月18日から26日まで東京ドームで開催されているイベントを
ご存じでしょうか?

「世界らん展日本大賞2012」です。

私は、朝のテレビ番組で、会場レポートをしているのを見て知りました。

「蘭」といえば、綺麗で香りの良い高級な花で、
いろんな品種があって、お祝いや贈り物によく使われる……
という程度が私の蘭の知識です。

ですから、らん展のものすごい混雑ぶりや、
蘭を見るための長い行列には、ちょっと驚きました。

主催者展示の目玉であるボルネオの「青い蘭」の見学は
ピーク時で90分待ちという人気ぶり。

番組でレポートされていた蘭ファンたちもなかなかです。

立派な一眼レフを構えて一心不乱に蘭を撮影する、
「撮り鉄」ならぬ「撮り蘭」の蘭マニア。

蘭だけを描き続けているという蘭好きな画家さん。

咲かせることが難しい蘭を育てて、綺麗に花が咲いたときには、
「勝った!」と思うのだと熱く語る蘭栽培マニア。

インタビュアーに声をかけられて、
答える間も惜しそうに、「はやくいろんな蘭が見たい」と、
目線がもう、向こうにある蘭たちに向けられていた中学生。

皆、「たかが蘭」なんで言ったりしたら叱られそうな熱さでした。


この展覧会で、昨年大賞を受賞したのは、人の背丈ほどの大きさの株で、
丸く綺麗に咲き揃ったとても見事な真っ白い蘭だったのですが、
そのお世話の話も驚きでした。

暑さに弱いその蘭は、なんと、夏になると、標高の高い山の上に
避暑に出かけるのだそです。

デリケートな“日本一”を傷つけたり、弱らせたりしないよう、
細心の注意を払いながら山を登るのは、さぞ大変に違いありません。

目を輝かせて蘭を語る蘭ファンの方々を見ていたら、
これまでは、ただ綺麗な花という認識しかなかった蘭にも、
なんだか興味が沸いてきました。


どんな分野のことがらでも、それが大好きな、
いわゆる“マニア”のお話を聞くと、
その魅力が少しわかるような気がします。

そして、マニアのお話を聞いて、魅力がわかるものが増えれば、
好きなものややりたいことも増えて、
人生がちょっと楽しくなるような気がします。


今、このブリリアントを読んでくださってりあなたは、
どんな興味や趣味をお持ちですか?

あなたの大切な趣味のこと、メールで教えてくださったらとても嬉しいです。


‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★゜+.*・‥…━━━★

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!!

さて、実家の「えーっ?!」なお話の続きです。

リタイヤして悠々自適な生活を始めた両親は、生活サイクルだんだん変り、
ついには、午後10時就寝、午前4時起床で、
夕食は午後4時頃という超朝方の生活になっていました。@@

午後3時頃、「お風呂が沸いたから入りましょう」と言われた時には、
一瞬、ここは温泉旅館なの?という錯覚に。(笑)

少し忙しかったりすれば、遅いランチを食べているような時間に、
明るいお風呂に入っていると、下校する小学生の声が聞こえたりして、
なんとも不思議な気分でした。

また、そのお風呂の熱さといったら、
昔ビートたけしの番組でタレントたちが入っていた熱湯風呂かと
思うくらい。

足をちょっとつけただけで、「ムリ!」と思うようなお風呂が、
実家では当たり前なんです。^^;
シャワーは母より5度下げて使い、何度もかけ湯をして体を慣らした後
ようやく湯船につかっても長くは持ちませんでした。

何年か前に禁煙をして、最近はお酒の量もグッと減らした父が、
甘いジャムをたっぷり塗ったトーストを、おいしそうに食べているのも、
昔の父からは考えられない「えーっ?!」な姿でした。

実家で暮らしていた頃も今も、あまり変わりないつもりでいましたが、
時は確実に流れていて、いろいろなことが少しずつ変わって、
いつしか、「えーっ?!」と驚くくらいに違っていたのだな、と
なんだかしみじみしてしまいました。

それでも、両親の私を思ってくれる気持ちは、昔も今も変らなくて、
もっと親孝行しなくっちゃ!と感じています。


┌───┐ ブリリアントタイムでは、
│\〆/│ あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。
└───┘ ⇒ webmaster@watch-colle.com

                         
※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。
 
 
次回配信は、2012年3月9日の予定です。


『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ *. │   
  URL http://www.watch-colle.com/  人     
『ティータイムをご一緒に』 by Haruka   ̄Y ̄  
  URL http://happyteatime.jp  │ *

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle