━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆人生を考えさせる900円の宝石◆ウオッチコレブリリアントタイム December30 vol.187
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2011☆ December30 vol.187

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。

今年も残すところあと2日!

皆さんは、もう、今年中にやっておきたいことを、
すべてやってしまいましたか?

思い残すこと、やり残したことのある人は、
例え完了できないとしても、取り掛かってしまいましょう!

私は今、去年までとはちょっと違う気分の年末を迎え、
新しい年をスタートするための準備に追われています。

これまでは、期日までに完了できると思えることや、
うまくいくことがが予想できることにしか、手を出さない方でしたが、
これからは、例え途中までしかできないとしても、
とにかく、やってみよう!と思っています。

なぜなら、もしも躊躇わずに手を出していれば、
違った道が開けていたかな、と思えるできごとがあったから。

過ぎてから気づいたことを、
過去にもどってやり直すことはできませんが、

これからの人生に役立てることは可能です。

来年からはちょっぴり冒険するのも悪くないかもと思うHarukaと、
今回もしばらくの間、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね!


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 12月16日〜12月29日

2.ショートストーリー「レクタングル」

3.人生を考えさせる900円の宝石

4.ショートストーリー「幸せな時」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 12月16日〜12月29日


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


◆オリス ポインターデイト レディス 28mm 574 7464 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or099d/OR-099D.htm

◆セイコー メカニカル SARC007 6R20-00C0 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk712d/SK-712D.htm

◆オリエントスター キングマスター WZ0041FA 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on095d/ON-095D.htm

◆オメガ シーマスター プロダイバーズ300 2531.80 自動巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om447sp/OM-447SP.htm

◆カルティエ サントス ラウンド W2007K1 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/Cti/cti012d/Cti-012D.htm

◆ハミルトン ジャズマスター H32519.535 自動巻 パワーリザーブ USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht050d/HT-050D.htm

◆グランドセイコー SBGR001 9S55-0010 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk711d/SK-711D.htm

◆オリス ポインターデイト 574 7403 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or098d/OR-098D.htm


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.ショートストーリー「レクタングル」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


「メシでもいこうか」

部長にランチを誘われるのは、よくあるいつものことだった。

なのに言いようのない不安がよぎったのだから、
女の勘は捨てたもんじゃない。


「実は……」

長い前置きと、してもしなくてもいいような話の後、
ようやく入った本題の要旨は、退社勧告だった。


退職金2割増しを条件に、12年勤めた会社を去る気はないかと
たずねられたのだ。

今時リストラなんて珍しくもなんともないから、
イタリアンまで奢られながら、言い難そうに伝えられるだけでも
ありがたいと思うべきだろう。


会社が人員整理を始めていることは、社でも少し前から噂になっていた。

課長クラスの人員削減が本社命令で、人選は各部の部長に一任されていて、
肩を叩かれれば、降格が退社を選ばなければならないという話だった。


頭が切れて気配りができて、ルックスまで良い部長は皆の憧れで、
そんな部長から辞めるようにと勧められている自分は、
役立たずの烙印を押されたダメ人間のように感じられた。


大勢の人がいる場所で、今にも泣き出しそうな女を前にして、
部長は、今、どんな顔をしているのだろう?

表情を見たかったけれど、顔を動かしたら涙がこぼれそうで
できなかった。

こみあげてくる感情の波を押えようと、自分で自分の手をギュッと掴むと、
手のひらに冷たい金属が食い込んだ。


「レクタングルは仕事運を上げるそうよ」

そう言って、母がプレゼントしてくれた、入社祝いの時計。


そういえば、大事なプレゼンで成功した時も、
プロジェクトリーダーになった時も、
このレクタングルを着けたいたっけ。

同期で一番早く課長になったあの日だって……

今日もこうして着けているというのに、どうして今日に限って……

手のひらでレクタングルが温まっていくのを感じながら、
とうとう堪えきれなくなって涙が落ちた。

もう、顔を上げることはできなかった。


どうして私が辞めなくちゃいけないの?
降格すれば残れるの?

大声でそう叫んで抗議することができたら、どうんなにいいだろう?

でも、そんなことをしたってみじめになるだけだ。

私は、うつむいたままレクタングルを外すと、
こっそりと床に落とした。


退職を承諾する返事をすると、
最後まで部長の顔は見ないで席を立った。


*****

大きく膨らんだお腹に手をやりながら、
私は、最悪だと思った出来事が、
実は最高の幸せの始まりだったことを思い出していた。


「あの日が人生の分岐点だったわね、きっと。
だって、もしあのままずっと仕事を続けていたら、
今の幸せはなかったと思うもの」

「仕事が恋人って感じだったからな、あの頃の君は」

「あなたがクビにしてくれたおかげよ」

「クビにしたなんて人聞き悪いなあ」

部長……いえ、夫が笑いながら言った。


細いリングが光る左手の手首には、
あの日夫が拾い上げてくれたレクタングルが、
今も時を刻んでいた。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.人生を考えさせる900円の宝石

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


イタリアンデザインならではの比類ない創造性と
エモーショナルなインパクトを伝統的なスイスの熟練技術と
融合して生まれました。

プレシャスで革新的な素材使いと独特なデザインから
生み出される本物のラグジュアリーが、
クラシックとコンテンポラリーを融合した
グラマラスで魅力的なスタイルを演出します。

この2つの文章は、それぞれ、あるハイブランドの
時計とジュエリーについて説明しているものです。


プレゼントされて喜ばない女性はいないと思う、
そのブランドは、BVLGARI。

こういうブランドが似合う女性になりたいと、
憧れていますが、実際に持っているのは、まだ、香水だけです。^^;


でも、そんなブルガリに、私にも手が届く“宝石”がありました。

それは、「ブルガリ・チョコレート・ジェムズ(宝石)」

お値段は、1粒900円。

板チョコなら9枚、チロルチョコなら45個分に相当するお値段は、
私がこれまで食べたことのあるチョコレートの中で一番高級ですが、
私でも買うことができるブルガリの宝石です。


そこで、クリスマスイブに、家族でこの宝石をいただきました。^^


イタリアの味と香り――ホワイトトリュフ、シチリアのピスタチオ、
パッチート・ディ・パンテレリアというほのかな甘みが印象のワイン、
ヴィンテージバルサミコ、豊潤なクリーム――これらを包み込む
艶やかなチョコレートこそ、そのエレガンスの証といえるでしょう。


チョコレートは、こんなふうに説明されていますが、
どんな味なんだかちっとも想像できません。

そこで、とにかく食べてみると……

「美味しい……のか?」(笑)


なんとも複雑なお味のするチョコレートを、
一瞬で「美味しい!」と理解するには、私たち家族は、
高級チョコレートの食経験が少なすぎるようでした。


3種類のチョコレートを食べて家族それぞれの感想は、
私が、「味はともかく、どれも香りがとんでもなく良い」で、
夫が、「よくわからん」。

娘も「う〜ん」と言うばかりで、すぐ「美味しい」と言いません。


でも、後でふつうのチョコレート菓子を食べながら、

「このお菓子がなんか甘いだけの食べ物に感じる!」

と言ったことが、とても的を射た感想で、
高級と普通の違いを的確に表していたのかもしれません。

ブルガリのチョコと普通のチョコの差は、つまり、“深み”。

味や香りは好みがあるし、高級ならば美味しいというものでもないけれど、
厳選された素材とかけられた手間暇は、一瞬で伝わる深みを生むのでしょう。

そう考えると、一目では大きな違いの判らない時計やジュエリーも、
そして人だって、「一流」と「普通」の間には、
この“深み”の差が、歴然と横たわっているような気がします。


すでに、人生の後半戦に入っている私ですが、
人としての深みをどれだけ持てているかしら?
と考えると、微妙な気持ちになってきます。^^;


これからは、このブルガリチョコレートジェムズのように、
出会う人に“深み”を感じさせることができる人になれるよう
意識しながら毎日を過ごさなくては、と考えさせられました。


たったひと粒のチョコレートで、私にこれからの人生を
考えさせてしまったブルガリって、すごい!

いつか“深み”のある人間になれたとき、
ぜひ、身に着けていたいブランドです。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

4.ショートストーリー「幸せな時」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


「メシでもいこうか」

いつもと同じように誘ってみたが、これから話さなくてはいけないことを
考えると気が重かった。

早期退職の勧告だ。

彼女は今年34歳、十分に若々しくて美しいから、
その気になればいつだって結婚できそうだし、
恋人にだって不自由などしない女性に違いない。

だか、浮いた噂も聞かないし、第一、あれだけ仕事に熱中していたら、
男と遊ぶ時間などなさそうだと思う。


部下に手を出すわけにはいかないと思っていたから、
ランチ以外には誘ったことがなかったが……


いつもと違う空気に気づいた彼女が、
怪訝そうに話の行く先を伺っている。

いたずらに話を伸ばすのはやめて、本題に入らなければいけないな。


「実は……」

彼女の視線が横に流れた。

唇をかみしめて、涙をこらえているのだろう、
時折深く呼吸して、肩が小さく揺れていた。


一瞬動きを止めた後、顔をさらにうつむかせて……

ああ、とうとう泣かせてしまった。

俺だって、できることなら、ずっと彼女の上司でいたいし、
優秀な部下を手放すのは、辛い。


だが、この選択が、間違っているとは思わない。

うつむいたままの彼女は、テーブルの下でごそごそと手を動かして、
何かを床にそっと落とした。


「承知しました、退職いたします」

小さな声でそう言うと、
ほとんど手のついていないパスタの料金をテーブルに置いて、
最後まで俺の顔を見ずに立ち去った。


彼女が落としていったのは、いつも着けている腕時計だった。


腕時計を拾い上げて、ポケットに入れた瞬間、
この時計が彼女との関係を続けさせてくれることを予感した。


*****

「あの時計を見せたときの、君の驚いた顔ったらなかったな」

「気づかれないように、こっそり捨てたつもりだったのよ」

「でも、こいつのおかげで、はじめて夕食に誘うことができたんだ。
上司でさえなくなった俺に、君を誘う口実をくれた、
こうして、今君が傍にいるのも、君がこいつを捨ててくれたからだ」

俺の話をにこやかに聞く妻が、あの日の腕時計を着けた左手を
膨らんだお腹の上に乗せた。

「あの日が人生の分岐点だったわね、きっと。
だって、もしあのままずっと仕事を続けていたら、
今の幸せはなかったと思うもの」

「仕事が恋人って感じだったからな、あの頃の君は」

「あなたがクビにしてくれたおかげよ」

「クビにしたなんて人聞き悪いなあ」

笑いながら話す俺の左腕では、妻と同じデザインの時計が、
幸せな時を刻んでいる。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!


昔から直感が働く方で、ふと思い浮かんだ情景を、
しばらくして、実際に体験したり、
何かの話題を話していると、その話題に関連する人から
突然連絡が入ったりして、驚くことがよくありました。

前回のブリリアントで、2012年は“変化”の年
なんて書いたのですが……

実は、その後、来年の生活に大きな変化が起きそうな
できごとがありました。

6年間続けてきた仕事を、年内で終了することになったんです。


そして、長いようで短かった6年間を振り返りながら
思い出にふけっていたら、2年前に退職した元同僚から
突然メールが届いて、また、驚いてしまいました。


変化にバッチリ対応できる身軽で柔軟な心と身体は、
まだ準備が進行形ですが、
この変化をプラスに変える2012年にしたいと思っています。

あなたの2012年は、どんな年になりそうですか?

今年も1年間、ありがとうございました。

2012年、1月13日(金曜日)に配信する、
新生Harukaのブリリアントタイムに、ぜひご期待くださいね。

ブリリアントタイムでは、
あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。

⇒ webmaster@watch-colle.com


※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。

次回配信は、1月13日の予定です。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
 『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle