━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆食欲の秋でも太らない食べ方◆ウオッチコレブリリアントタイム November4 vol.183

 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2011☆ November4 vol.183

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。

ついこの間まで、半そでを着ていたような気がするのに、
11月に入るとさすがに、陽射しのある昼間でも空気の温度が違いますね。

ウオッチコレ!ブリリアントタイム2011の配信も、
残すところ5回となりました。


1年って本当に……

今、「あっという間ですね」と続けたくなって、ちょっと戸惑いました。

そいえば、1月14日に配信した今年初めのブリリアントタイムでも、
冒頭のご挨拶で、「あっという間」と書いてるんですよね。^^;


考えてみれば、私は、よく、この“あっという間”という言葉を使います。

本当にそう感じることが多いというのが最大の理由ですが、
もう少し深く探ると、もしかしたら、そこには、
その期間内にしたいと思っていたことをやり切れなかった言い訳
の気持ちも、含まれているのかもしれません。

“あっという間”だったから、やれなかったけど仕方ないよね、って。


残すところ2か月を切った2011年。

最後の日には、今年もやっぱり“あっという間”だった
と感じるに違いありませんが、その後に、「でも、充実していた」
と続けられるように、残り2か月間を過ごしたいと思います。


それでは、今回も、ウオッチコレ新着情報からスタートです♪


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 10月21日〜11月3日

2.食欲の秋でも太らない食べ方

3.書きたいのに書けないあなたへ

4.ショートストーリー「午前2時のスーパー」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 10月21日〜11月3日


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆フォルティス B42 647.10.11M 自動巻 メーカー保証残あり USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft054sp/FT-054SP.htm

◆セイコー 2201-6010 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk693a/SK-693A.htm

◆セイコー オートマチック 7S26-0050 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk692d/SK-692D.htm

◆セイコー オートマチック 6R15-00C0 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk691d/SK-691D.htm

◆ロレックス オイスターパーペチュアルデイト レディス 6517 Cal.1130
 自動巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx148a/RX-148A.htm

◆チュードル オイスター プリンスデイト コンビ 74033 自動巻 OH済 1980年代
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx147a/RX-147A.htm

◆インターナショナル シャフハウゼン 18K C852 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc049a/IWC-049A.htm

◆ティソ スタイリスト トノー 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts035a/TS-035A.htm

◆ミューレ グラスヒュッテ Terrasport I M1-37-48LB 40mm 自動巻 新品
http://www.watch-colle.com/watch/MG/mg002sp/MG-002SP.htm

◆ミューレ グラスヒュッテ Terrasport I M1-37-33LB 44mm 自動巻 新品
http://www.watch-colle.com/watch/MG/mg001sp/MG-001SP.htm

◆セイコー ランドマスター SBCW001 AGS チタン 1995年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk689sp/SK-689SP.htm

◆セイコー アルピニスト 4S15-6000 ブラック 自動巻 1998年 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk688sp/SK-688SP.htm

◆ジン 103.B.SA.WH.R クロノグラフ 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SI/si021c/SI-021C.htm

◆シチズン ツノ クロノグラフ 4-901177K 自動巻 昭和45年
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz105a/CZ-105A.htm

◆ダンヒル ベビーファセット クオーツ レディス USED
http://www.watch-colle.com/watch/DH/dh018d/DH-018D.htm

◆ロンジン グランドクラッシック L4.682.4.11.2 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg126d/LG-126D.htm

◆ロンジン ウルトラクロン 8353.1 Cal.431 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg125a/LG-125A.htm

◆セイコー ロードマチック 5601-9000 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk687a/SK-687A.htm

◆セイコー エンジェル 1004-0050 レディス 手巻 OH済 昭和40年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk686a/SK-686A.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.食欲の秋でも太らない食べ方

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


食欲の秋ですね。

2時間ほど前に昼食を食べて、「腹いっぱい!」と言っていたはずの夫が、
ボリボリと軽快な音を立てながら、ポテトチップスを食べています。^^;

昔はかなり痩せていて、結婚してから10キロ増えても、まだ、
服を着ていれば細身に見える夫ですが、
お腹まわりの貫録だけはやっぱり隠しきれません。

そういう私も、ここのところ、何を食べても美味しく感じて、
食事の量も間食の回数も、めっきり増えているような……。


でも、そんな私たちを体重増加から救ってくれそうな、
興味深いダイエット法を発見しました。


「体内時計ダイエット」です。


人間の身体には、眠気や体温、ホルモンの分泌など、
さまざまな生理現象をコントロールする「体内時計」が備わっている、
というのは、皆さんよくご存じのこと。

ところが、この体内時計(サーカディアンリズム)は、
なせだか、もともと25時間周期になっているらしく、
時計もなく光も当たらない場所で暮らすと、毎日1時間ずつ
感覚がずれていくんだそうです。


それを、1日24時間に合わせて都合よく刻ませるためには、
毎朝しっかりリセットさせることが大切で、
できるだけ早起きして朝日をたっぷり浴びるのが重要なのですって。

さらに、起きて1時間以内に朝食をとれば、内臓にある時計遺伝子にも
ダイレクトに働きかけて、リセットが完了するそう。

リセットさせた体内時計をうまく利用すれば、
甘いものをたっぷり食べても太りにくいだけでなく、
快眠快便、体調良好、肌はピチピチ、気力充実という
嬉しいおまけまでついてくるのだとか。


さて、では、24時間周期に合わせた体内時計を、
どうダイエットに活かすのかというと……

脂肪の合成を促す働きがあるBMAL1(ビーマール1)
という時計遺伝子が少ない時間を狙って食事をするんだそうです。

このBMAL1は、例えば7時頃起床する人の場合、
深夜2時頃一番増えて、お昼14時頃最も少なくなるのだそう。

深夜2時の量が100%だとすれば、日の出前後にあたる6時は40%。
その後徐々に下がっていって、14時から15時辺りでは、ほぼ0%
になります。

18時までは緩やかな増え方で、20時ならばまだ20%ですが、
その後は勢いよく増えて、22時には40%午前0時には60%を
超えてしまいます。


つまり、昔からなじみのある、いわゆる“おやつの時間”というのは、
体内時計にも合っている食べても太らない時間だったのですね。


食欲の秋でも太りたくなければ、夕食も、BMAL1が少ない
18時頃までにとるのが理想で、
少なくとも20時までには済ませておくのが鉄則でだそう。

いつも遅かった夕食を、19時までにとるよう徹底しただけで、
半年で5キロも痩せたという例もあるといいますから、
明日からでもすぐ試してみたくなります。


そんな体内時計ダイエットの7か条は、以下の通り。

1.朝は早起きして朝日を浴びる。
2.朝食はしっかり食べる。
3.ランチはたっぷり食べてもOK。
4.夕食は午後8時までに済ませる。
5.夕食は低脂肪に抑える。
6.できる範囲で運動をする。
7.夜更かししない。

仕事の都合などで、8時までに夕食をとるのが困難な場合は、
夕方5時頃にある程度カロリーをとって、
夜食べる量を極力減らすようにする代案を実行するのが良いようです。


この秋は、体内時計を味方につけて、
美味しいものをたくさん食べても太らない生活を楽しみましょう!


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.書きたいのに書けないあなたへ

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


「説明はいらない、記憶を描写せよ」

そんな文句を見て、思わずズキン!となりました。

というのも、先日、娘に、「ママの文章は説明文っぽい」
と言われたばかりだったから。^^;

この文句が書かれていたのは、
ベテラン記者で、名コラムニストで、文章表現の先生でもある
近藤勝重さんの本の帯です。


実は、仕事で、「自分でもよくわからないことを調べて説明する文章」
を書くことが多くなり、それにつれて、自分の書きたいことを書く文章まで
なんだか説明調になっているような気が、自分でもしていました。

そんな矢先に見たこの文句にグサリとやられ、
すぐさま買って読んでみました。

アマゾンの書評でも「文章が書けるようになった!」などと
評判の良いこの本のタイトルは、

「書くことが思いつかない人のための文章教室」

ああ、私のことだ!と感じる人も多いのでしょう、
けっこう売れているようです。

まがりなりにも文章を書いてお金をいただいているプロとして、
「思いつかない」なんて言うのは恥ずかしいのですが、
そんな状況に陥って、うんうん唸ることがあるのも事実。

文章のプロ中のプロは、私のような情けないプロにも役立つ
素晴らしい教えをくれるに違いありません。

本は、「文章を書く」ことに関するよくある質問を
各章の冒頭に掲げ、先生がそれに答えていく構成です。

例えば、最初の質問は、

「いい文章とはどんな文章を言うのでしょうか。
 こうすればいい文章が書けるという作文技術があれば教えてください」

これに対し、先生は、

いい文章=「独自の内容」+「伝わる表現」

だと答え、文章について多くの著書を残した井上ひさしさんのお話を
引き合いに出しています。

この本は、各章に「練習問題」がついている実践型で、
ここでは、憲法を守ろうとする「九条の会」で活動していた井上さんが、
平和や九条について多くの人たちに伝えるため、
プロとしてことばの使い方にも苦心していた事に触れ、
こんな問題が出されています。

【問題】
井上ひさしさんは、「平和を守る」という表現は
「とても美しいけれども残念ながら使い古されてしまった言葉だ」
という思いから、独自の表現を考えたのだそうです。
「平和を守る」に置き換えた言葉は、いったいどんな言葉だったのでしょう。


問題の後には、書き込んで答えられるスペースが取ってあり、
ページをめくると回答を読むことができます。

解答は、一番最後に載せますので、よろしければ一緒に考えてみてくださいね。


他にも、「思う」ことではなく「思い出す」ことを書く。だとか、
説明は必要最小限にして、説明だけで済ませるな。だとか、
納得、共感、驚き・不思議を意識することで、独自の視点を持つだとか、

なるほどと納得させられる教えが続いています。


もちろん、この本を読んだからといってすぐに、
名文が書けるわけではないでしょうが、
「書けない」と“うんうん”唸る時間を、
“うんう”くらいに減らすことができるかもしれません。

各章に出てくる実例もなかなか興味深く、
読み物としても単純に楽しめます。

仕事や勉強や趣味で書く文章を、書きたいのに書けないと
お感じの方がいらしたら、秋の夜長の読書リストの
一冊にいかがでしょうか。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

4.ショートストーリー「午前2時のスーパー」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


「ああ、楽しかった」

こんなに遅くまで遊んできたのは、何年ぶりだろう?

年下のイケメンと子連れ再婚を果たした友人を冷やかそうと、
仲間が集まったパーティーで、おおいに盛り上がって2軒はしごした。

終電にどうにかすべりこんで、駅からタクシーを拾い、
家に着いたのは、深夜1時を回る頃。

普段なら夜の外出には、露骨に眉をしかめる夫も、
よく知っている彼女のお祝いだからと、特別に許可をくれた。

シンと静まり返った我が家は電気が消えて、
夫も娘も寝ているようだ。

ワインがまわった頭でソファに倒れこみ、
さっきの会話を思い出すと、また、笑いがこみあげてくる。

前の旦那さんのときには、家事は嫌いよ!って言ってたくせに、
イケメン旦那を喜ばすために、若い子に交じって料理教室通いした
なんていうんだから、いくつになっても恋の力は偉大だ。

でも、卵焼きもロクに焼けなかった以前の彼女のままだったら、
今日のお祝いパーティーもなかったはず……

……あっ!

そういえば、卵切れてたっけ。

昨日は買い物に行くのをやめて、
冷蔵庫の中身をさらえてお鍋にしたんだっけ。

出かける前に買い物に行こうと思っていたのに、
すっかり忘れてしまっていた。

夫と娘の明日のお弁当はどうしよう?

飲んで深夜に帰った挙句、翌日お弁当が作れないなんてことになったら、
夫はもう二度と夜の外出を許してくれなくなるかもしれない。

困ったと思ったら酔いも冷めて、少し頭を働かせると、
隣町のスーパーが。夏から24時間営業になったことを思い出した。

そうだ、今から買い物に行こう。

上着を着直し、バッグを持ってそっと玄関を出る。

真っ暗な深夜の町に自転車を飛ばして、隣町のスーパーへと急いだ。

人気のない道は、見知らぬ場所のように感じられて、
長く暮らしている町とは思えないから不思議だ。


なんだかちょっと怖くなってきたとき、スーパーの灯りが見えてきて
ほっとした。

スーパーの中に入ると、意外にも人が多くて驚いたが、
普段は来ない時間のせいか、店内の雰囲気はだいぶ違う。

深夜2時という時間でも、こんなに人がいるなんて……


必要なものを急いでカゴに入れ、1つだけ動いているレジに並んだ。

良かった、これで明日のお弁当もちゃんと作れるわ。

安心したその瞬間、レジの列に見知った顔があることに気が付いた。

あれは確か…… そう、娘の小学校の同級生のお母さん。

そして、すぐ次の瞬間、そのお母さんが一昨年事故で亡くなったことを
思い出した。

なんだ、人違いか。

と思ったその時、彼女が私の方を見て、微笑みながら会釈した。

!!

反射的に会釈を返しながら、心臓の鼓動が早くなる。


彼女は、誰?

どんなに思い出そうとしても、同級生のお母さん以外には、
該当しそうな人がいない。

忘れよう。あちらも人違いしただけよ。


レジでお金を支払って、慌てて品物をバッグに詰めていると、
肩をポンと叩かれた。

恐る恐る振り返ると、去年まで良く行っていた
クリーニング店のおばあちゃんが、ニコニコと笑っていた。

「ひっ!」

震える手で荷物を掴み、店を走り出て自転車に乗ると
全速力で家に向かった。

家のドアを開けて中に入ると、へなへなと腰が抜けて、
しばらく立ち上がることができなかった。


だって、クリーニング店のおばあちゃんは、
去年ガンで亡くなっているんだもの。


例えどんな事情があっても、もう二度と、深夜のスーパーに
行くことはないだろう。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

電車通学している娘は、学校の帰りに、
駅から時々メールをくれます。

昨日来たのはこんなメール。

「本日限りキャラメルポップコーン屋さんがいる。
めっちゃいいにおい たべる?」

そう、駅には美味しそうな出張販売が時々現れ、
娘を立ち止まらせているんです。

時間はちょうど夕食前。

空腹はピークを迎えている頃なので、
私は、つい、こう返信してしまうのです。

「たべる!」

美味しいおやつの誘惑に、なかなか抗えない弱い母です。^^;


そうそう、井上ひさしさんの「平和を守る」の言い換え表現は、
「普通の人々の暮らしが穏やかに続く、少しでもよりよく続く」
でした。^^

あなたは、どう書き換えましたか?


ブリリアントタイムでは、
あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。

⇒ webmaster@watch-colle.com


※いただいたメッセージは、ブリリアントタイムで
 ご紹介させていただく場合がございます。
 ご紹介を希望されない方は、その旨お知らせくださいね。

次回配信は、11月18日の予定です。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
 『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle