━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆うれしい『誤算』◆ウオッチコレブリリアントタイム September24 vol.181
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2011☆ September24 vol.181

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。

10月も1週間が経ち、朝晩にはコートが必要なほど冷える日も
出てきました。

すっかり、秋らしくなりましたね。^^


秋といえば、先日、とても秋らしい場所に行ってきました。

大勢の人で賑わうその場所は、懐かしさと新しさが同居していて、
無料で楽しめる上、アンチエイジング効果まである場所でした。

その場所のお話をする前に……

まずは、今回も、ウオッチコレ新着情報からどうぞ。^^


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 9月24日〜10月6日

2.懐かしさと新しさとアンチエイジングと

3.うれしい『誤算』

4.ショートストーリー「順序の神」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 9月24日〜10月6日


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

■ラドー Ticino 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd091a/RD-091A.htm

■セイコー ダイバー 150M ボーイスサイズ 4205-0150 自動巻 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk678sp/SK-678SP.htm

■IWC フリーガーUTC Ref.3251-002 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc048sp/IWC-048SP.htm

■ラドー マンハッタン 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd090a/RD-090A.htm

■IWC アクアタイマー IW354805 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc047sp/IWC-047SP.htm

■ティソ 懐中時計 T83.8.450.82 ハンタータイプ 手巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts034p/TS-034P.htm

■セイコー ダイバー サードモデル 150M 6309-7040 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk676sp/SK-676SP.htm

■キングセイコー KS ハイビート 5626-7110 自動巻 OH済 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk675a/SK-675A.htm

■キングセイコー KS 5625-7000 自動巻 OH済み 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk674a/SK-674A.htm

■セイコー ダイバー サードモデル 6309-729A 自動巻 OH済 昭和52年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk673sp/SK-673SP.htm

■インターナショナル シャフハウゼン Ref.1410 C402 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/iwc046a/IWC-046A.htm

■オメガ シーマスター コズミック 136.022 Cal.613 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om437a/OM-437A.htm

■セイコー ブレスレット レディス 手巻 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk670a/SK-670A.htm

■オメガ シーマスター ポラリス チタン クオーツ 1980年代 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om436sp/OM-436SP.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.懐かしさと新しさとアンチエイジングと

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


私が先日行ってきた、懐かしさと新しさが同居していて、
無料で楽しめる上、アンチエイジング効果まであった場所というのは……

娘の高校の文化祭です。^^

何でも、高校の文化祭としては日本一長いらしいこのお祭りは、
前夜祭から後夜祭まで、連続6日間続き、
“勉学の秋”だというのに、勉強が本文であるはずの学生たちは、
この間、一切勉強などせず、朝から晩までお祭りを満喫します。(笑)

最後の2日間には土日が当てられていて、一般の人も見学できるため、
父兄やらOBやら生徒の友人やらで賑わい、どの出し物にも行列ができます。

ちらしやポスターが張り巡らされた校舎を、ハッピを着た生徒や、
仮装した生徒が歩き回り、あちこちで呼び込みの声が聞こえる校内にいると、
思わず自分が高校生だった30年前を思い出して、
懐かしい気持ちになりました。

けれど、それぞれ工夫を凝らした展示発表のブースでは、
PCを駆使した仕掛けが使われていたり、
入場待ちの行列の中には、携帯を操作する人が大勢いたりと、
自分の高校時代には、あり得なかった景色があります。

それは、ちょうど、現代の技術でリメイクされた昔のアニメを見るような
感覚でしょうか。


それでも、生徒たちが、少ない予算でいかに良い出し物をつくるか?
にかけていることは、30年前も今も変わりありません。

例えば、「ほう〜」と感心してしまったのは、天文部のプラネタリウム。

布を縫い繋いで作った丸いテントを、何台かの扇風機で風を送って
膨らませてドームを作り、鍋に穴を開けて作ったという映写機で
様々な星座を投影していました。

決して流暢とはいえなかった、星座にまつわる神話のお話も、
そんな工夫の上に成ったプラネタリウムで聞いているのだと思うと、
大きな拍手を送ってあげたくなりました。

大ヒットした書名と同じ「もしドラ」と看板にある部屋では、
「もしもドラえもんが本当にいたら……」の世界が展開されていました。

目玉になっていたタイムマシーンに、母友と3人で乗り込んで、

「体重制限は大丈夫ですか?」「年齢制限はありませんか?」

などとたずねると、男子生徒たちが、

「お母様方はスリムなので大丈夫です」「お若く見えるのでOKです」

なんて冗談を返してくれて、

「どの時代に行きたいですか?」

という問いに、

「では、バブルの頃に……」

と笑いながら答えるのも楽しくて、

「了解しました、イケイケだった青春時代ですね」

と出発した人力で動かすタイムマシーンは、
バブルの頃ではなく、3秒後の未来へ到着しました。(笑)

この頃にはもう、母親である慎みなど忘れ、
生徒たちと同じように、文化祭を楽しんでいたことは、
言うまでもありません。


そして……

実は、最後に行われた後夜祭の会場にも、
母友たちとこっそり忍び込んでしまいました。^^;


大盛り上がりの会場で、生徒たちの熱気に圧倒され、
骨折者が出たこともあるという激しいフォークダンスに驚きながら、
真っ暗な運動場で繰り広げられたファイヤートーチのファイナルまで、
しっかりと見届けてきました。

母友たちは、くるくる回る炎を見ながら、「青春ね〜」などとつぶやき、
この炎の演出を、真っ暗な教室の窓から眺めている生徒たちの中に、
何組ものカップルが生まれることを想像して、
「若いっていいわね」などと灌漑に浸ったのです。


半日たっぷり楽しんだ娘の文化祭で、若いパワーを吸い取ってきた私は、
その後なんだか、体が軽く感じています。(笑)


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.うれしい『誤算』

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


文化祭がらみのお話を、もうひとつ、聞いてください。

ブリリアントタイムでも少し前にご紹介したのですが、
この文化祭で、娘の所属する演劇部が、『誤算』という劇を上演しました。


これは、

2003年のウオッチコレメールマガジンに掲載したショートストーリー
http://www.watch-colle.com/Haruka/KakoRogu48.htm

『誤算』
http://ameblo.jp/teatime2011/entry-10788253442.html

を下敷きにして、30分の劇の脚本に書き直したものです。


初めて挑戦した脚本ということもあって、
どんな劇に仕上がっているのかとても気になっていましたし、
せっかく、演劇大会受賞歴のある優秀な部員たちが演じてくれるのに、
脚本がつまらないせいでお客様に楽しんでもらえなかったりしたら、
どうすればいいかしら?と、心配でたまりませんでした。

そして、公演当日。

部員たちの必至の宣伝が功を奏して、会場時間前からお客様が並んでくださり、
用意していたパンフレットを刷り増しした程、大勢の方が、
劇を見に集まってくださいました。


上演開始から、幕が閉じるまでの三十数分間は、あっという間で、
私個人の感想としては、予想以上に良く仕上がっていて、
手前味噌ながら、なかなか楽しめた劇でした。

主人公を演じたイケメン部長は、主演を重ねた演技力を
抜群のルックスが引き立てて、天才結婚詐欺師という役柄が
これ以上ないくらいにはまっていましたし、
癌で余命短い箱入り娘の役を演じた長い髪の華奢な少女も、
白いワンピースが良く似合っていて、これまたイメージぴったりでした。

定年間際の刑事役を演じた1年生は、
難しい老け役を見事にこなし、独白シーンで観客の涙を誘ってくれました。


娘の話では、上演後に集まったアンケートでも、
劇の評判はなかなか良かったとのことで、ほっと胸をなでおろしました。


そして、後日、この劇で主役を演じてくれたイケメン部長から届いた
一通のお手紙を読んで、脚本を通じて演劇部公演に関われてた喜びが、
さらに大きくなりました。


そこには、何度も脚本を読み込み、深く考えてくださった
脚本への思いや感想が、お礼のことばと一緒につづられていたのです。

部員の皆さんは、物語の登場人物たちが、それぞれに持つ“葛藤”に気づき、
表現しようとしてくれたようでした。

それから、最終的には、「キレイな劇だった」とお客様に言わしめたとも
書かれていて、これが嬉しさに輪をかけました。


私は、ショートストーリーでも、“読後感”をとても重視していて、
どんなテーマを扱ったとしても、最終的には、何かしらプラスの感情を
残せることを意識しているからです。


『誤算』も、決して完全なハッピーエンドではなく、
登場人物は皆、嘘をつきまくって、人を裏切りまくります。^^;

にもかかわらず、最終的に「キレイ」と感じていただけたというのですから、
これは、本当のところ、文字になっていない登場人物たちの“思いやり”
の気持ちを、それぞれの演技者が、ちゃんと表現してくれたからに違いありません。


だというのに、イケメン部長はお手紙の中で、それが「脚本家の力」だと
書いてくれたりしたので、舞い上がってしまいました。


自分の想像を、文章で思い通りの物語に仕上げる、
ショートストーリーが大好きですが、
自分の想像した物語が、皆の手を借りて豊に成長する脚本も、
とても素敵だなと感じています。


脚本版『誤算』を書いていた時は、ショートストリーとの勝手の違いに、
「脚本を書くのは向いてないかも……」と弱気になっていましたが、
もし、またどこかから、脚本執筆のご依頼があれば、
二つ返事でお受けしてしまいそうです。(笑)


これは、嬉しい“誤算”でしょうか。^^


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

4.ショートストーリー「順序の神」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


A:「ちぇっ、また失敗だよ!」

B:「残念だったな。でも、まあ、人生には良いことも悪いこともあるから……」

A:「知ったようなこと言うんじゃねえよ!俺はここんとこ、悪いことばっかり
   続いてて、ロクなことがねえんだよ」

B:「それなら、次は良いことがあるんじゃないのか?」

A:「適当なこと言うんじゃねえよ。お前は、良いことと悪いことが起こる順序
   でも知ってるって言うんかよ?」

B:「いや、知ってるわけじゃないけど…… ほら、よく、人生はトータルすると、
   良いことと悪いことが同じくらいあるっていじゃないか」

A:「そういや、そんな風にも聞くな……」

B:「なっ!だからさ、今度はきっと、良いことがあるって!」


順序の神:「本当にそうかな?」


AとBが言い合っているところに、白いひげを生やした老人が割り入った。


AB:「お前誰だよ?」

順序の神「わしは、順序の神じゃ」

AB:「順序の神?」

順序の神:「さよう。良いことと悪いことが起こる順序はすべて、私が決めておる」

A:「てめぇ〜ふざけたこと言いやがって!本当にお前が神なら、
   俺には次に良いことが起こるのか悪いことが起こるのかってえのも、
   みんなお前が決めるっていうのかよ?」

順序の神:「さよう。ただし、厳密にはわたしが決めるわけではない。
      この針を回して、どちらになるかを決めておる。
      ま、賭けみたいなもんじゃな。ハッハッ」

順序の神は、ルーレットを小さくしたような腕時計をはめた手を
得意げに差し出して見せた。

A:「ハッハッってお前……笑いごとじゃねえだろう!」

B:「まあ、まあ、落ち着いて」


今にも殴りかかりそうなAをBが落ち着かせると、順序の神はこんなことを言った。

順序の神:「なんじゃったら今ここで、これから先起こることが、
      良いことなのか、悪いことなのかを教えてやっても良いぞ」


そのことばに少し表情を変えたAに、順序の神は続けた。

順序の神:「ただのう、昔こんな男もおったことを、先に教えておいてやる」


AB:「どんな男なんだ?」

順序の神:「珍しい例なんじゃが、その男には、良いことと悪いことが
      ずいぶん片寄ってやってきたんじゃ」

AB:「片寄ってというと?」


順序の神: つまり、先に20回ほど良いことばかりが続いておったんじゃが、
      その後は、25回ほど悪いことばかりが続くことになった。
      男はその結果を聞くと、怒っていきなり走りおって、
      道路に飛び出したところにバイクが走りこんできて衝突じゃ。
      命に別状はなかったが、入院しなくてはならなくなった。
      その間に、男が手掛けていた仕事で問題が起き、
      その責任を取る形でリストラされてしまったんじゃ。
      ヤケ酒を煽るようになった男に愛想を尽かした奥さんが出て行って、
      母親のいなくなった娘は夜遊びをするようになった。
      ああ、悪いことはここまでで、とりあえず6回じゃな。
      それから……」

A:「神さん、もういいよ」

順序の神:「なぬ?もういいのか?この先が面白くなるんじゃが……」

B:「悪いことがその先まだ19回も続くんだろう?
   知らない奴とはいえ気の毒だよな」

A:「ああ、俺も悪いこと続きだと思ってたけど、そいつに比べりゃまだましだ」


順序の神:「じゃあ、お前さんはもう、この先起こる出来事が良いことなのか
      悪いことなのかを知りたいとは思わないということじゃな?」

A:「ああ、もし、そいつみたいにこの先何十回も悪いことばかり続く
   なんて言われちまったら、生きていく自信もなくなりそうだからな」

B:「そうだよ、未来がわからなければ期待して頑張れるし……」

A:「そうだな、わからなけば変えられそうな気もするしな。
   神さん、元気でな!せっかくだけど、俺は自分で何とかすらあ。」

順序の神:「おおそおか。それじゃあ、わしは、これまで通りひっそりと
      お前さんの順序を決めるとしようか。
      ああ、そうそう、言い忘れたが、25回悪いことが続いた男は、
      それで人生の悪いことを全部使い果たしてな、あとはずっと、
      良いことばかりの人生を送って……
      百歳を超える天寿を全うしたもんじゃから、ほら、こうして、
      順序の神として第2の人生を楽しんでおるんじゃ。ハッハッ」


順序の神は、すでに遠くなっているAとBの背中に向かって豪快に笑った。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!


先日、仕事の打ち合わせで大阪に行き、事務所近くにある、石清水八幡宮
という神社に行ってきました。

美しい竹林が印象的な神社だったのですが、なんと、この竹は、
あのエジソンと縁があるのだそう。

エジソンは、炭素白熱電球を発明していますが、
電球の命ともいえるフィラメントに、この神社の竹が最も適しているとして、
十数年間も使っていたのだとか。


エジソンと日本の神社という意外な取り合わせにちょっと驚きましたが、
お土産の扇子の骨であった竹をフィラメントの材料に使って試作したところ、
電球の寿命を飛躍的に伸ばすことができたエジソンが、
世界中に研究員を送って「究極の竹」を探し求めた結果、
この神社の竹が選ばれたのだそうです。


確かに、究極の竹林に囲まれたときは、なるほどの清々しさでした。^^

石清水八幡宮境内の隣には、立派なエジソン記念碑が建てられています。

ブリリアントタイムでは、
あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。

次回配信は、10月21日の予定です。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
 『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle