━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆思いの丈を……◆ウオッチコレブリリアントタイム January 14
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2011☆ January 14

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★


あけましておめでとうございます! Harukaです。

……すこし遅いですけれど。(笑)


2011年も、あっと言う間に2週間経ってしまいましたね。


あ…… もちろん、ちっとも“あっと言う間”ではなかったと
感じている方もいらっしゃると思います。

以前読んだ「時間」の本では、
大人が時間をあっと言う間に過ぎると感じる理由のひとつが、
「新しい出来事の体験が少なくなる」から。
と書いてありましたっけ。

今までにない新しい体験は、緊張や興奮を伴って
心と体に強い印象を残しますから、
そんなすごいことをした時間を後から振り返ったとき、
脳は、“長かった”と判断するのだといいます。


このお正月に、初めての体験をたくさんされた方は、
けっこう長い充実したお正月だったと感じているのではないでしょうか。


そしてもうひとつ、「時間」の感じ方を変えるのが、
「熱中の度合い」。

何かに熱中しているとき、夢中で取り組んでいるときも、
時間はあっという間に過ぎ去るようです。

3時間も話し込んだ長電話も、相手ができたばかりの恋人だったりすれば、
あっと言う間にしか感じられないことは、皆さん、きっと経験済みですよね。

といっても、こちらは、その時間を過ごしている最中と直後の感覚です。

しばらく時を経た後で、その時間を思い出してみれば、
やっぱり、心や体に強い印象を残した、けっこう長くて充実した
時間だったと感じられるようです。


今年のブリリアントタイムは、

恋人との電話のように

“夢中であっと言う間に読めてしまう”

そして、後から思い出した時には、

“けっこう長くて充実していた”

と感じていただけるメールマガジンを目指します!


今年も1年、各週金曜のお昼には、

ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪

━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 1月1日〜1月13日

2.思いの丈を……

3.ツイッター始めました

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 1月1日〜1月13日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆オメガ シーマスター Cal.565 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om381a/OM-381A.htm

◆オメガ シーマスター コズミック 166.023 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om380a/OM-380A.htm

◆オメガ 18KWG レディス Cal.530 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om379a/OM-379A.htm

◆セイコー ファイブ 5126-8040 自動巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk590a/SK-590A.htm

◆ユニバーサル ジュネーブ 角型 Cal.1-42 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv029a/UV-029A.htm

◆ロレックス オイスターパペチャル 6618 レディス 自動巻 OH済 1969年
http://www.watch-colle.com/watch/RX/rx120a/RX-120A.htm

◆ウォルサム アメリカーナ Cal.HT824 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/WT/wt016a/WT-016A.htm

◆オメガ 30mmキャリバー Cal.284 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om378a/OM-378A.htm

◆オメガ デビル GP Cal.625 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om377a/OM-377A.htm

◆オメガ スピードマスター ムーンフェイズ 3575.20 手巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om376c/OM-376C.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.思いの丈を……

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


それは、2002年早春の頃。

当時、趣味のホームページを立ち上げたばかりだった私は、
そのページを通じて、ネットの世界のいろいろな方と
知り合う喜びを覚え始めていました。

その数年前にヘソクリをつぎ込んで初めて買ったノートPCは、
当時最新の機種で、最後まで一度も使うことのなかった機能も満載の
ハイスペックなモデルでした。

けれど、なんだかすごいものを手に入れたという高揚感とは裏腹に、
そのすごいものでいったい何をすればいいのかわからず、
しばらくの間は、年賀状作成マシーン&幼い娘の電子お絵かきボード
と化していました。(笑)


今ならば、初めてPCを手にした人でも
その日からすぐに楽しめるコンテンツは、ネット上に山盛りですが、
当時はまだ、そんなものはほとんどなくて、ネットの世界を楽しめるのは、
いわゆるオタク的な知識を持った人だけ、という感じでした。


そして、誰かにメールをしようにも、
PCどころか、携帯だって、友人たちは持ってなどいません。

そこで、メールフレンドを募集できるというメルマガに頼って、
まずは、メールができる相手を探す。
というところから始めました。


同じ経験をお持ちの女性なら、わかると思いますが、
当時はそんな状況でしたから、メールを操っている人も
圧倒的に男性が多く、「メールフレンドを募集してます」
なんてメッセージを入れようものなら、主婦であろうと子持ちであろうと、
何百通という応募メールがすぐに届く状況でした。


今思えば、全てがまともな応募メールではなかったかもしれませんが、
「メール」というものに初めて触れた当時の私は、
そのモテっぷりにとても驚き、喜び、
結婚早まっちゃったかしら?と勘違いしそうになるほどでした。^^;


その時メールフレンドになった数少ない女性応募者のうちの一人とは、
その後も長く、家族ぐるみのお付き合いをすることになりました。

そして、PCを使いこなしていたあるメールフレンドが、
「ホームページ」というものの楽しみ方を教えてくれました。


無料レンタルスペースを使って、見よう見まねで、
最初のホームページを開設した日から、
私の人生は、大きく変わったのかもしれません。


海外の方や、著名な方を含め、もし、ネットに触れていなければ、
決して親しくなることなどなかった数多くの方たちとの
大切な関係がいくつも生まれたのですから。


ウオッチコレの店長、中本さんも、そのひとり。


どういう経緯で辿りついたのかはもう覚えていませんが、
私は当時、まだ楽天市場の店舗のひとつとして開設されていた
ウオッチコレのホームページをたまたま見つけ、
綺麗な時計やジュエリーの数々をため息まじりに眺めていました。


ウオッチコレさんのHPには、当時から、ちょっと珍しい時計や、
アンティークの美しい時計、精巧な機械式の超高級時計がいっぱいでした。

私は特に、綺麗なアンティークの時計やジュエリーが気に入って、
何度も何度もクリックしては、目の保養をしていました。


そして、そんな自分のことを、ちょうど開催中だった
プレゼント企画の応募メールに書き添えて送ったのです。


すると、すぐに中本店長からお返事が届き、
何度かメールをやり取りするうちに、
「オウッチコレのメルマガを書いてください」
という、嬉しいオファーをいただいて、
2002年の4月から、ウオッチコレメルマガがスタートしました。


どこにでもいる普通の主婦が、高級時計やジュエリーを扱うお店の
メールマガジン執筆を依頼された。

それが、どんなに心躍ることだったかを、
ご想像いただけるでしょうか?


子供が幼稚園でどうした、だとか、
どこそこのスーパーでタマゴが特売しているなどという
いつものありふれた話題に囲まれて暮らしていた私にとって、
「メルマガ執筆の依頼」という出来事は、
まるで宝石のように輝いたのです。


このメルマガのスタートと同時に書き始めたショートストーリーも、
7年8か月経った今では、280作以上になりました。


メルマガにショートストーリーを掲載することにしたのも、
中本店長の提案です。


これまで書いてきたショートストーリーの中には、
雑誌に載せていただいたストーリーや、
声優さんの朗読で音声化していただいたストーリー
フラッシュアニメになったストーリーもあります。


もちろん、その都度、大喜びしたことを覚えています。


特別なことなどなにもできない普通の主婦が、
7年8か月もの間、メールマガジンを書き続けてこられたなんて、
ちょっとした奇跡じゃないかと感じています。


そして、何より、今読んでくださっているあなたを始め、
読者の皆さまに支えられていることはもちろん、
長い間、何を書いても文句ひとつ言わず、

「Harukaさんの好きなように書いてください。
私は、一番の読者ですから」

と言い続けてくださった中本店長のおかげです!


ウオッチコレのメルマガなのに、
ウオッチコレの店長さんのことを褒めてはおかしいでしょうか?

でも、今日だけ許してくださいね。


2011年、年の初めに、このメルマガを読んでくださっている
ウオッチコレファン、時計ファンの皆さまに、
どうしても、私の気持ちをお伝えしたくって……。

「時計」って、いつも身近にあるものですよね?

そして、社会生活をする私たちにとって、
それは、 単に時を刻み教えるだけの道具ではなく、
自分らしさ示すものだったり、思い出を閉じ込めたものだったり、
コミュニケーションのきっかけになるものだったりします。

だからこそ、「時計」を手にするときには、
「どんなふうにして手にしたのか?」も大切になってくると思うんです。


例えば、素敵な気分で、気持ちよく、手にした時計であったならば、
時間を見る度に、良い気分を思い出せると思うんです。


このページには、ウオッチコレでお買いものしてくださった
お客様の気持ちがたくさん綴られています。

http://www.watch-colle.com/koe/1.htm


これをご覧いただいたら、きっと、私がこんなふうに伝えたくなる
中本店長のお人柄も、お分かりいただけると思います。


えっと…… 

だから、時計をウオッチコレで買ってください。
という宣伝ではありません。


中本店長は、メルマガスタート当初から、ただの一度も、

「お店を宣伝してください」

とは言ったことがありません。


それどころか、

「宣伝は必要ありません」、
「メルマガも読みたい方にだけ読んでいただければいいんです」

などと、普通じゃないことばかりおっしゃいます。

私はずっと、その言葉に甘えてきました。


だから、メルマガを書くことは、私にとってとても楽しくて……

……ああ、やっぱり、それでも今、こうして読んでくださっている
あなたに心から感謝です!


なんだか、取り留めが無くなってきてしまいました。


ようするに、私がお伝えしたかったのは、

・いつも一緒に過ごす時計は、素敵な気持ちで手にしてください。
・ウオッチコレと中本店長は、とても素敵です。
・私は、あなたと中本店長に心から感謝しています!

ということ。


宣伝はしなくていい、と言われているし、
これは宣伝ではないけれど、
宣伝せずにはいられないほど、ウオッチコレは素敵です!


8年前私を釘づけにしたWebサイトはもちろんのこと、
大阪にあるお店にも、ぜひ、いらしてみてくださいね!


http://www.watch-colle.com/index.html


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ツイッター始めました

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

お正月、地元の氏神様にお参りに行きました。

参拝者の姿もまばらな、とても小さな神社なのですが、実は、ここ、
日本に2つしかないという北向きのお社を持つ珍しい神社なんです。

そして、神社評論家の某氏が書かれた本によれば、
なかなかのパワースポットだそう。


そんな神社でおみくじを引いたら、こんなことが書いてありました。

物事を更新するかはじむるによし
すこしの苦労があっても
よき人の助けもあり
神仏に念じ慎み心正しければ
運は開け幸せ来る


そこで、今年は、新しいことをどんどん始め、
古くなって放りっぱなしだったものを更新したりすることにしました。

パワースポットの氏神様が「よし」とおっしゃるんですもの、
百人力です。^^


ということで、まずは、ツイッターを始めてみました。

http://twitter.com/harukateatime#

アイコンが7年前の似顔絵イラストのままですが、
気に入っているので許してください。^^;


それから、ブログを更新しました。

http://ameblo.jp/teatime2011/


自分でももう忘れてしまっている昔のショートストーリーを
ちょっぴり手直しして掲載しています。


ツイッターにも、ブログにも、
ショートストーリーへのご感想をいただけて、
本当に嬉しいです。

氏神様、始めてみて良かったです。ありがとうございます!


長い間放りっぱなしだった、ホームページも
近いうちに更新予定です。


始めることも更新することも、少しの手間はかかりますが、
やってみると、やっぱり、とても気持ちのいいものですね。^^


氏神様のお墨付きの、「スタート&リスタート」を
2011の私のテーマにして頑張ります♪


2011年、あなたのテーマは何ですか?

「メールで」でも、「ブログコメントで」でも、
「ツイッターのつぶやきで」でも、教えてくださったら嬉しいです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

2011年最初のブリリアントタイムはいかがでしたでしょうか?


私の今年のテーマは、「スタート&リスタート」なので、
このブリリアントタイムの誌面でも、
これまでとは違うことのスタートや、
もう一度リスタートをやっていこうと思います。

以前やっていたウオッチコレのお客さまや、
読者の方へのインタビュー記事掲載や、
時計に関する対談企画なんかも、
またリスタートしてみたいです。

他にも、ブリリアントタイムでこんなことを読みたい!
ウオッチコレについて、こんなことを知りたい!
こんな企画があったら面白いと思うよ!

などのご意見やアイデアがありましたら、
ぜひ、メール、ブログ、ツイッターで、
Harukaまでお寄せください!


あなたからのメッセージを心よりお待ちしております。

⇒ webmaster@watch-colle.com


メールを下さった方には、Harukaから心をこめてご返信を差し上げます。

また、場合によっては、ブリリアントタイム誌上で、
ご紹介させていただきたいと思いますので、
ご紹介を希望されない方は、その旨お書きくださいね。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle