━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ニュース◆ウオッチコレブリリアントタイム 11月5日号
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    11月5日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。

秋らしくなってきましたね、なんて書いたのは、
まだ、ほんの半月前のことでしたが……

我が家には、すでに冬が来ています。

夏が暑すぎたせいで、よけいにそう感じるのでしょうか?
何日か前から、もう、寒くて寒くて仕方ありません。

外は良く晴れて、気持ちいい青空が広がっているというのに、
肌を刺すような空気の冷たさが、ちょっと窓を開けるだけで
部屋の中にまで入ってきます。

でも、うっかり暖房を入れてしまったら、
上の方から暖まった部屋の、まったりとした空気にやられて、
つい、居眠りしてしまいました。

それも、何度も繰り返し。^^;

仕事にならないので、暖房するのは諦めて、
エコな暖をとることにしました。


今、私は、腰にダウンケットを巻きつけ、
膝まであるダウン入りのルームシューズを履いて、
湯気の立つ甘いココアを飲みながら、PCに向かっています。

下半身と、身体の中からぬくぬくが拡がって、ちょっと幸せです。^^

でも……

トイレに立ったとき、鏡に映った自分の姿を見て、ふと、
富山の田舎に住んでいたおじいちゃんを思いだしてしまいました。

おじいちゃんってば、夏だというのに、毛糸の帽子をかぶり、
どてらを着て、こたつに入ってたんですよね。

驚いて、父に、「なぜ?」と尋ねると、

「歳をとると寒く感じるようになるんだよ」と教えてくれました。


はっ!! 

腰に蒲団を巻きつけている私って、もしかして……


人生には認めたくない現実もいろいろありますが(笑)、
今日も元気にメルマガをお届けしたいと思います!


これからしばらくの間、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね。

━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 10月22日〜11月5日

2.時計は時計でも、目に見えない時計はなーんだ?

3.ショートストーリー「ニュース」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 10月22日〜11月5日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆セイコー クオーツ 6030-5190 クッション型 GP 昭和55年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk572a/SK-572A.ht
m

◆セイコー メカサス SCFF005 自動巻 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk571sp/SK-571SP.htm

◆セイコー SBDC015 プロスペックス フィールドマスター 限定 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk570sp/SK-570SP.htm

◆ラドー ダイヤスター オリジナル 114.0391.3 クオーツ ダイヤモンド USED
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd075d/RD-075D.htm

◆ユニバーサル ジュネーブ 手巻 1970年代 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/UV/uv025a/UV-025A.htm

◆オメガ コンステレーション 166.058 Cal.1001 自動巻 OH済 1970年代 
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om364a/OM-364A.htm

◆ハンティングワールド HW003 SLRD 自動巻 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot137sp/OT-137SP.htm

◆シチズン センターセコンド 手巻 OH済 昭和20年代製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz082a/CZ-082A.htm

◆シチズン セブンスター 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz081a/CZ-081A.htm

◆シチズン オートマチック Cal.6501 カレンダー 昭和49年製 
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz080a/CZ-080A.htm

◆セクター 600TC チタン クオーツ クロノグラフ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SC/sc007c/SC-007C.htm

◆スント ヴェクター オレンジ SS015708000 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot136sp/OT-136SP.htm

◆セイコー マジェスタ 9063-5010 角型 GP クオーツ 昭和58年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk569a/SK-569A.htm

◆セイコー 2ndダイバー 植村直己モデル 6105-8110 自動巻 昭和50年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk568sp/SK-568SP.htm

◆セイコー オートマチック 7S26-0050 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk567sp/SK-567SP.htm

◆キャンディーノ 1.302.0.165 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot135d/OT-135D.htm


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.時計は時計でも、目に見えない時計はなーんだ?

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

答えは、「生物時計」です。

そう、海外旅行をしたときなんかに時差ぼけを引き起こす、
あなたの体の中で、一日のリズムを刻んでいるあの時計のことです。

生物時計は、何の刺激もない状態で、約24時間のリズムを刻み、
だいたいは、外の時計と合っていますが、さまざまな刺激が原因で、
少しズレることもあるんだそう。

そこで生物時計は、毎日時間をリセットしているのですが、
そのリセットに一番大きく貢献するのが朝の光なんですって。

では、光が、生物時計の針をどんなふうにリセットするのか
といえば、こうです。

明け方から午前中の時間に光があたると、生物時計の時間は進みます。

つまり、外の時間(実際の時間)より生物時計(体の感じている時間)が
先を行くことになります。

例えば、実際の時間が朝7時で、生物時計も同じく朝7時だとします。

このとき、強い光に10分当たって、生物時計が1時間進むとすると、
実際には、まだ、朝7時10分なのに、体は1時間10分が経過した
8時10分の状態になります。

そういえば、温泉なんかに旅行にいって、
早朝に目が覚めて、旅館のまわりをちょっと散歩なんかすると、
もうすっかり日中モードになって、朝ご飯もモリモリ食べられたり
しますよね?

旅館のご飯がおいしすぎるから、たくさん食べられてしまうのか
と思っていましたが、あれは、生物時計が実際の時間よりも
先に進んでいたからだったんですね。


そして、面白いことに、
夕方から夜の早い時間帯に光を浴びると、
朝とは逆に、生物時計の時間は、実際の時間より遅れるんだそうです。

つまり、朝10分光に当たって1時間進んだ生物時計が、
夕方1時間光に当たると、1時間遅れて元に戻り、
また実際の時間と同じになる、ということです。

生物時計は、光に当たることで、午前中早く進み、
午後遅く進むようになるのです。


仕事をしていても、午前中はあっという間に過ぎてしまうのに、
夕方も4時頃をまわると、終業までのあと数時間が、
ものすごく長く感じる、なんていう方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

そんな気分になる理由のひとつには、体内時計の存在があったんですね。


この生物時計のお話は、先日読んだ、『時間の分子生物学』という本
の中に出てきたものです。

この本には他にも、生物時計を活用して時差ぼけを乗り越える方法や、
大切な用事があるとき、目覚まし時計が鳴る直前に目が覚める理由など、
興味深い話題がいっぱいです。

「時計と睡眠の遺伝子」という副題もついていて、
睡眠に関しての理解も深まりますから、
ご興味のある方は、お読みになってみてはいかがでしょうか?

講談社現代新書からの発行です。


ずいぶん寒くなっちゃったけど、11月と言えば秋の夜長で、
秋の夜長と言えば、やっぱり“読書”ですものね。^^

あなたのお奨めの本も、ぜひ、私に教えてください!


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ショートストーリー「ニュース」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

姑が、事故で死んだ。

結婚してからずっと、姑には嫌がらせをされていた。

同居していなかったのはせめてもの救いだが、
何だかんだと理由をつけて、週のうち半分はこの家にやってきた。
そして、残りの半分は電話をかけてくるのだから、
姑と話さない日は、無かったと言ってもいい。

表面的には、嫁を気遣うもの分かりの良い姑を演じながら、
その裏で、ねちねちと、私に嫌味を言い続けた。

夫は、あの女の自慢の息子で、特別な感情を持っていたのだろう。

その息子を奪う妻など、それがどんな女であっても、
許せなかったに違いない。

外面がよく、実の息子の前でさえ、優しい姑を演じ続けるあの女に、
誰もがすっかり騙されていた。

私自身でさえ、姑が被る優しさの仮面を、
時折、本物だと信じそうになってしまうほどだった。


死ねばいいのにと密かに願っていた。


それが突然現実になったのだ。

とても驚くと同時に、思わず笑みが込み上げてくるのを感じた。

しかし、事故の詳細を告げるアナウンサーの声に、
口元の笑みが凍りついた。


アナウンサーは、姑が、嫁の運転する車に乗っていて事故に遭った
と言っている。

対向車線からはみ出してきた居眠り運転のトラックが衝突して、
助手席の姑は即死。
運転していた嫁は、奇跡的に軽傷で済んだと伝えている。


これはいったいどういうこと?

私は、今、ここにいる。

第一、姑は、私の運転など全く信用しておらず、助手席に乗ったことはない。
一緒に出かけるときは、いつもタクシーを利用していた。

やはり、何かの間違いなのだろう。
嫁だと伝えられている人物は、だれか他の人に違いない。


誰にすべきなのかわからないが、
とにかく誰かに連絡しなくては、と電話機に手を伸ばしたとき、

テレビから流れているのが、
時々見ている夕方のニュースショーだということに気付いた。

今はまだ、午前中だというのに。


さっきからずっと感じていた微かな違和感の理由はこれだったのだ。

なぜか少し安堵した後、混乱が襲ってきた。

生放送のニュース番組が再放送などするわけがない、
それも、本来の放映時間より、半日も先に。

それに、アナウンサーは事故が起こった時刻を午後3時頃と伝えていた。


チャンネルを変えてもみたが、同じニュースを見ることはできなかった。

それどころか、もう一度チャンネルを戻すと、
そこには、いつも通り、朝のワイドショーが映っていた。


さっき見た、あのニュースはいったいなんだったのだろう?

混乱するばかりの頭を抱えて立ちすくんでいると、
玄関のインターホンが鳴った。

ドアの向こうに立っているのは、姑だった。

招き入れて、いつものように始まった姑のぐちを聞きいた。

昼食の支度をし、一緒に食べ、片付けをした。

とめどない噂話と、定期的に挟まれる私への嫌味を聞き、
うんざりした気分と反比例する笑顔を作って耐えていると、
姑が言った。


「今日は買い物に行きましょう。あなたの車を出して頂戴」

聞き間違いかと思ったが、確かに私の車に乗ると言った。


時計の針は、午後2時30分を指している。


もしかして……


ほんの一瞬戸惑ったが、嫌味を言いながら支度を急かせる姑を見やると、
私は車のキーを手にとって、微笑んで答えた。

「はい、お義母さま」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後までお読みくださって、ありがとうございました!

前回のブリリアントで、「隣人が思わず双眼鏡で観察してしまう」ほど
いろんな出来事を巻き起こす友人のお話を書きましたが、
先日、その友人から、これまでに聞いた中でも、
スペシャルに驚きな出来事を聞きました。

例によってあの個性的な息子さんも大活躍するそのエピソードは、
そのままドラマのシナリオにでもなりそうなほどで、
常にドラマに巻き込まれる人というのは、いるものなのだなぁと、
おかしな感心をしてしまいました。

友人から聞いたエピソードは、もちろん、
いつかこっそり、ショートストーリーに活用したいなと思っています。


ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

⇒ webmaster@watch-colle.com


メールを下さった方には、Harukaから心をこめてご返信を差し上げます。

また、場合によっては、ブリリアントタイム誌上で、
ご紹介させていただきたいと思いますので、
ご紹介を希望されない方は、その旨お書きくださいね。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle