━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆時間だよぉ◆ウオッチコレブリリアントタイム 8月27日号
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    8月27日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。

暑いですね。もうすぐ9月だというのに、毎日信じられないくらい暑くて、
夜になってもエアコンが切れません。

実は最近、汗のかきかたがちょっとヘンで、
まるで水でもかぶったみたいに、首筋がぐっしょり濡れます。

仕方がないので、エアコンを入れる前の時間は、Tシャツと短パンで、
長いタオルを首からかけて、オッサンみたいな恰好で掃除をしたり
しています。

人には見せられない恰好です。^^;


この暑い中、スーツを着て仕事に出かける男性たちを、
密かに尊敬しています。


もし、首や顔から出る汗を減らす方法をご存じの方がいらっしゃったら、
ぜひ、教えてくださいませ!


それでは今日もしばらくの間、ブリリアントなお時間を
ご一緒してくださいね。


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 8月13日〜8月26日

2.ダイヤで王様を魅了した女性

3.青く美しいダイヤの呪い

4.ショートストーリー「時間だよぉ」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 8月13日〜8月26日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆ブライトリング ナビタイマー クロノメーター A232G32NP 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br011c/BR-011C.htm

◆タグホイヤー リンク クロノグラフ CT2111 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg037c/TG-037C.htm

◆スント ヴェクター カーキー SS010600200 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot129sp/OT-129SP.htm

◆セイコー クロノス J14021 手巻 OH済 昭和34年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk553a/SK-553A.htm

◆キングセイコー 5626-7110 自動巻 KSブレスレット 昭和46年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk552a/SK-552A.htm

◆セイコー スカイライナー 6100-8000 21石 手巻 OH済 昭和44年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk551a/SK-551A.htm
 

◆IWC マーク12 Ref.3241-002 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/IWC/033sp/IWC-033SP.htm

◆ティソ シースター 5面カットガラス ブラウン 自動巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts028a/TS-028A.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.ダイヤで王様を魅了した女性

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


「ダイヤモンド」といえば、世の女性を魅了する宝石の中の宝石ですが、
最初にダイヤを身に着けたのは、女性ではなく男性たちだったようです。

その昔、インドにしか産出されなかったダイヤモンドは、
ヨーロッパの王族たちにとって垂涎の的で、次第に財力と権威の象徴
となっていきました。

まだカット技術が未熟で、ガラスの塊に似ていた当時のダイヤモンドは、
女性を飾る宝石ではなく、戦士が戦場に赴くためのお守りや、
精神的な権威の象徴だったのです。


そんな常識を打ち破って、初めてダイヤを身に着けたのは、フランス人の
アニエス・ソレルという女性で、時の国王シャルル7世の気を引くために、
騎士たちから借り集めたダイヤモンドで、ネックレスを作りました。

シャルル7世は、あのジャンヌ・ダルクに助けられた王さまとして
よく知られていますよね。

それまでは男性しか身につけなかったダイヤモンドをネックレスにして
身に着けるという彼女の行為は、実は、かなり思い切った、勇敢な行為です。


この王様は、そういう勇敢な女性が好みだったのかもしれませんが、
ダイヤモンドの強力なパワーを身に纏った彼女は、見事国王の心を捉え、
王の寵愛を一身に受けるようになったと言われています。


刺激的なこの出来事は、宮廷の女性たちをダイヤモンドに目覚めさせ、
「財力」と「権威」の象徴であったダイヤモンドは、「美」の象徴にも
なりました。


その後、ダイヤモンドのあまりに美しいその輝きは、
時に魔性となって人々を狂わせ、さまざまなドラマや伝説を
生むことになります。


そんなダイヤモンドの伝説の中でも最も有名なもののひとつに、
「青いダイヤモンドの呪い」があります。


後に「ホープ」と呼ばれることになるそのダイヤモンドは、
とにかく、もの凄く美しいダイヤモンドで、
その美しさに魅了された何人もの持ち主たちは、なぜか不幸な最期を
遂げています。


今回は、8月最後のブリリアントですから、夏の終わりにぴったりな、
ゴージャスで、ちょっぴり背筋が冷たくなる、この、ホープダイヤのお話を
お届けしようと思います。

 
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.青く美しいダイヤの呪い

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

その美しいダイヤモンドのお話の始まりは、1645年にまで遡ります。

旅行家で宝石商人のタヴェルニエは、西洋人として初めてインドを訪れ、
ムガール王国から多くの宝石をフランスに持ち帰りました。

多数の宝石の中には、これまでだれも見たことがないような
「青いダイヤモンド」もあって、一際美しい輝きを放っていました。

宝石好きだったルイ14世は、この青いダイヤモンドを莫大な金額で買い上げ、
タヴェルニエに男爵の称号まで与えましたが……
実は、この青いダイヤモンドには、「手にしたものは不幸な死をとげる」
という恐ろしいジンクスがあったのです。

事実、宝石商として巨万の富を築いたタヴェルニエでしたが、
息子が投機に失敗して破産し、老骨に鞭打って出た旅の先で、
熱病にかかって死亡してしまいます。

もちろん、これは、この後様々な人の手に渡ることになる
青いダイヤの物語の、ほんの序章に過ぎませんでしたけれど。


青いダイヤモンドを手に入れて、たいそう喜んだルイ14世は、
これを「フランスの王の青」と名付け、ルイ王家の宝石目録の
一番最初に書き込みました。

そんなルイ14世が天然痘にかかり、大変苦しみながら亡くなったとき、
人々は青いダイヤの呪いを噂しました。

ルイ14世が亡くなった後、ハート型にカットされた青いダイヤを
とても気に入っていたのは、ルイ16世妃のマリー・アントワネットです。


断頭台の露と消えた彼女の最後が、決して幸せなものではなかったことは、
誰もがよく知る通りです。


革命後、青いダイヤモンドは新政府によって没収され、
宝物館に展示されていましたが、1792年に盗難に遭ってしまいます。


消息が掴めなくなった青いダイヤモンドが次に現れたのは、
春の日のアムステルダムでした。

ダイヤモンドカット職人のウィルヘルム・ファルスのところへ、
その青く美しいダイヤの、分割を頼みにきた男がいたのです。


ファルスは男の希望通り、それをカットしましたが、
カットした青いダイヤをファルスの息子が持ち出して、
売り払ってしまいました。

大金を手にした息子が有頂天になっている頃、
ファルスは、ダイヤが紛失した責任をとって自殺することになります。

そして、父の死を知って自責の念に駆られた息子もまた、
父の後を追うように自殺を図りました。


ファルスの息子から青いダイヤを買った男は、1830年に、
これをロンドンの宝石商に持ち込みました。

宝石商が、これを上得意の銀行家、ヘンリー・フィリップ・ホープに見せると、ホープはすぐにこの宝石を気に入り、1万8千ポンドで買い取ります。

以来、この青いダイヤは「ホープ」ダイヤモンドと呼ばれるようになりました。


さて、青いダイヤを手にしたホープ家はどうなったかと言えば、
当主のヘンリー・ホープは、生涯妻をめとらず独身で死亡し、
一族は破産します。

宝石を相続した下院議員のフランシス・ホープは気味が悪くなり、
これを売却しましたが、彼もまた破産します。

次に青いダイヤを手にしたロシア貴族のカニトウスキー公爵は、
当時熱をあげていたパリの踊り子にこれを貸します。

しかし、青いダイヤを胸につけて踊っていたこの踊り子は、
情夫に殺され、カニトウスキー公爵も、その二日後に謎の死を遂げました。


その後、パリの競売に出されたホープダイヤを競り落としたのは、
トルコの王、アボドル・ハドミ二世でした。

このとき、ホープダイヤを競売に出品した宝石商は、
崖から自動車が落ちるという事故で家族と共に即死しました。

ハミド王も、ダイヤを手にしたわずか数か月後、軍の反乱によって王座から
下ろされ、パリへ亡命することになります。

ホープダイヤはその輸送中に盗難に遭いました。


次にホープが現れたのは、カルチェの店で、
アメリカの大富豪エドワード・ウルッシュ・マクリーン夫人が、
この美しい青に魅せられました。

ホープを手にしたマクリーン夫人の息子は、自動車事故で死亡。
娘も睡眠薬を飲み過ぎて死亡。
夫のマクリーン氏はノイローゼになり、精神病院で息を引き取りました。

マクリーン夫人はこのダイヤをことのほか愛し、
ネックレスにして身に着けていたといいます。


最後にホープを手にしたのは、マクリーン夫人の死後、そのコレクションを
まとめて買い取ったアメリカの大宝石商ハリー・ウィンストンでしたが、
彼は、この青く美し宝石をスミソニアン国立自然博物館に寄贈して、
数奇な運命に翻弄された美しいダイヤモンドの呪いに終止符を打ちました。


呪いのジンクスを重ねてもなお、人々を魅了し続けたその輝きには、
あまりにも大きなパワーがあって、ひとりの人間の手の内には、
納まり切れなかったのかもしれませんね。


恐ろしくもドラマチックで、いったいどれほど美しいのかしら?と
好奇心をそそるその特別な輝きを、私も、いつか、自分のこの目で、
確かめてみたいな、と思います。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

4.ショートストーリー「時間だよぉ」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

「時間だよぉ、起きてぇ」

「ねぇ、もう時間だよぉ、早く起きてぇ!」


ちょっと鼻にかかった彼女の可愛らしい声が、
今朝も聞こえる。


俺は片目を少しだけ開けて、声のする方を見た。


昨日は少し飲み過ぎたようだ。

頭はガンガンと痛むし、胃はムカムカとする。


こんなとき、彼女の作った味噌汁でも飲めば、
少しはましになるかもしれない。


「時間だよぉ、起きてぇ、ねぇ、もう時間だよぉ……」


彼女が繰り返している。


本当に可愛いい声だと思う、彼女は容姿も可愛いが、
何より、この声がいい。


いつまでも起きないでいたら、彼女はあの可愛い声で
どんなふうに怒りだすのだろう?


「早く起きてぇ!時間だよぉ……」


仕方ないな……

何度目かの 「時間だよぉ」で、ようやく布団から身体を起こすと、
彼女の声がする目覚まし時計は、7時5分を指していた。


「あっちゃん、おはよう!今日も一日頑張るからね」

彼女のポスターに挨拶をするのも、もちろん、毎朝のことだ。

俺のことをオタクなんて呼ぶ奴もいるが、
あっちゃんとのこの暮らしが、俺はけっこう気に入っている。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後まで読んでくださってありがとうございました!


先日、『ダイアナの選択』という映画を観ました。
ラストシーンを見た後、もう一度、始めから見直したくなりました。


レンタルショップなどでも口コミ評価の高い映画です。

よろしければ、一度ご覧になってみてください。

そして、ラストシーンを見たあなたの解釈を、教えて欲しいなって思います。

ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

⇒ webmaster@watch-colle.com


メールを下さった方には、Harukaから心をこめて、
ご返信を差し上げます。

また、場合によっては、ブリリアントタイム誌上で、
ご紹介させていただきたいと思いますので、
ご紹介を希望されない方は、その旨お書きくださいね。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle