━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆幸福な死◆ウオッチコレブリリアントタイム 7月16日号
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    7月16日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★


こんにちは!Harukaです。

早起きしてどこかに出かけた義母と義弟夫婦が、
驚くほどたくさんの荷物を抱えて満面の笑みで戻ってきました。

荷物の中身は大量のパンやピザやケーキ。

ナッツやサラダや調味料、お寿司にパエリヤもあります。


彼女たちがこの大量の買い物をしてきたのは、
巨大倉庫型会員制スーパーマーケット、COSTCO(コストコ)。

全米に206店を有し、160億ドルを売り上げる人気店です。
日本では1999年の福岡久山倉を皮切りに、現在9店を展開しています。

我が家から一番近い店舗は兵庫県の尼崎倉庫店で、
義母たちは、高速に乗ってまで、わざわざ出かけて行ったのです。


義妹曰く、コストコは“主婦の遊園地”だそう。

何もかもがアメリカンBIGサイズで、見ているとワクワクしてくるんだとか。

特に、フレッシュベーカリーやデリカテッセンは、普通のスーパーとは
一線を画していて、最初は「でかっ!!」「多っ!!」といちいち驚くのですが、
そのうち目が慣れてきて、当たり前に見えてくるんだそう。(笑)


だから、こんなに買い込んできてしまったんですね。

日本の一般家庭にとっては、ちょっとあり得ないその量も、3家族で分けて
さらに小分けしてフリージングすれば、なるほど消費可能ですし、
一個あたりの金額はものすごーくお値打ちになります。

ということで、コストコには、賢い主婦たちが連れ立ってやってきては
皆で分けることを前提にBIGサイズのあれやこれやを買い込んでいるん
ですって。

そして、私は、パンパンになっている冷凍庫の中身を減らすべく、
毎日のように濃厚なチーズケーキや、ピザや、ベーグルや、クロワッサンを
食べています。 ^^;

意外にも、食べ方を少し変えると飽きないし、結構おいしいんですよね。^^


でも……

食べたいけど太りたくないのが女心です。

せっかく減らした体重が元に戻らないよう、腹筋始めました。


食べてもその分動けばOK!を合言葉に、今日もしばらくの間
ブリリアントなお時間をご一緒してくださいね♪


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 7月2日〜7月15日

2.ショートストーリー「幸福な死」

3.ショートストーリー「緑色の想い」

4.ショートストーリー「僕のマリアさま」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 7月2日〜7月15日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

■オメガ シーマスター 200 2850.50 クオーツ USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om348sp/OM-348SP.htm

■オメガ シーマスター 300m 2531.80 自動巻 ブルー OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om347sp/OM-347SP.htm

■オメガ レディマチック 婦人用 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om346a/OM-346A.htm

■セイコー ビジネスA 8346-8000 自動巻 OH済 昭和42年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk541a/SK-541A.htm

■セイコー ロードマーベル 5606-7010 自動巻 OH済 昭和45年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk540a/SK-540A.htm

■グランドセイコー 5646-7010 自動巻 OH済 昭和47年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk539a/SK-539A.htm

■ハミルトン カーキ サブ 200mダイバー クオーツ H874557 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht033sp/HT-033SP.htm

■ハミルトン カーキ フィールド クオーツ H636117 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht032sp/HT-032SP.htm

■ロンジン ドルチェビータ L5.655.4 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg089d/LG-089D.htm

■ロンジン コンクエスト パーペチュアルカレンダー L1.636.4
 クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg088d/LG-088D.htm

■セイコー ヨットタイマー 8M37-8000 チタン クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk537c/SK-537C.htm

■セイコー スポーツマチック 7625-8260 自動巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk536a/SK-536A.htm

■オリス クラッシックポインターデイト 574 7403 自動巻 34mm
 OH済 1990年代
http://www.watch-colle.com/watch/OR/or076d/OR-076D.htm

■ラドー パープルホース レディス 自動巻 1970年代 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd071a/RD-071A.htm

■フォルティス フリーガーデイト 595.10.46 自動巻 USED OH済
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft051sp/FT-051SP.htm

■ハミルトン カーキネイビー オートマチック H77515143 USED
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht031sp/HT-031SP.htm

■リトモ ラティーノ ソーレ クワトロ ラージ Q3SL10SS クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/RL/rl166/RL-166.htm

■旧型 リトモラティーノ P-F ド-ディッチ レディス クオーツ
 デッドストック
http://www.watch-colle.com/watch/RL/rl165/RL-165.htm

■エポス 3191 トリプルカレンダー ムーンフェイズ 自動巻
http://www.watch-colle.com/Epos/cgi-bin/Epos/EP-3191.htm

■ハミルトン レディハミルトン 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht030a/HT-030A.htm

■オリエントスター クラシック WZ0101ER 自動巻 USED OH済
http://www.watch-colle.com/watch/ON/on066d/ON-066D.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.ショートストーリー「幸福な死」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

ドンッ!!!

これまでに聞いたこともないような大きな音が耳に響き、
私は全身が痛むのを感じた。


それは、多分、ほんの一瞬の出来事で、
なぜ、こんなことになってしまったのかは思いだせない。


けれど……
薄れゆく意識の中で、私は時を遡った。


幼い私は、楽しげに話ながら父に手を引かれて歩いている。
片手にはしっかと握りしめた黄色い風船。
隣には私を見て微笑む母の顔がある。

遊園地の帰り道だろうか?


太陽が西の空に傾き始めたかと思うと、
見る間に夕焼けに変わり、瞳の大きな少女の顔を照らしていた。

そこは、皆が帰った後の教室。

少女は、高校時代の親友。
些細なことが原因でケンカしたまま何か月も仲直りできずにいた。

偶然二人きりになったその日、彼女は大粒の涙を流し、
ずっと謝りたかったと言った。
長い空白は一瞬で埋まり、私たちはまた元の親友同士に戻って、
薄紫に染まる夕暮れの道を笑いさざめきながら歩いた。


覗きこんでいた彼女の瞳が急に見えなくなって、
辺りを見回すと、そこは夜の公園。


高台にあるその公園からは美しい夜景が見渡せる。

「君にこの景色を見せたかったんだ」

少し照れながら彼が言った。

「それから……」

その後続けた彼の言葉に息が止まりそうなほどの喜びが込み上げて、
宝石のように煌めいている夜景がみるみる滲んでいった。

幸せ過ぎて、どうしたらいいのかわからなかった。

彼に強く抱きしめられて、大きな胸のぬくもりを感じながら、
このまま死んでもかまわないと思った。

そう、このまま死んでも……

ご臨終です。

医師が静かな声で告げた。


まるで微笑んでいるような娘の表情を見て、
母は、これで良かったんだと思った。


7階のベランダから飛び降りた娘は、重体で病院に運ばれた。

娘を診た医師は、 駆け付けた母親に2つの選択肢を示した。

一つは延命。そして、もうひとつが、幸福な死。


医療と倫理と人間の心に関わる問題が長い間論議されて、
今や、「幸福な死」という新しい定義が生まれていた。


それは、特殊な薬を使って重体患者に幸福な幻覚を見せながら
その時を待つという処置だ。


例えば、幼い頃に両親が離婚し、いじめられっこで友達がおらず、
悪い男に惚れてしまって、貢いだ挙句に捨てられて、
自殺した娘の最後でさえ、幸せにしてやれるような……。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ショートストーリー「緑色の想い」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

こんなことになってしまったのは、私のせいだろうか?


小さな箱になってしまった娘を抱いたまま、母は自問し続けた。

夫の浮気に耐えきれず離婚を選んでしまったことが、
そもそもの間違いだったのだろうか?

まだ幼かった娘と、生まれたばかりの弟を育てるためには、
とにかく必死で働くしかなかった。

昼も夜も働いて、弟の世話をしていると、
娘と一緒に過ごす時間は、ほんの少ししか作れなかった。

もっと話を聞いてあげていれば……
もっと傍にいてあげていたら……

子供たちのために……

ずっとそう思って頑張ってきたけれど、
今はその全てが間違いであったような気さえしてくる。


後悔は、どれだけしてもしつくせない。


しとしとと雨の降る葬儀場を訪れた人の数は少なく、
参列者の気持ちをより暗くしていた。

人生が一番華やかであるはずの時に、死ぬほど苦悩していた娘の想いを
ちっとも知らなかったのだと思うと、やりきれなかった。


「あの……」

顔をあげると、上品な年配の女性が心配そうなまなざしを向けていた。

「心中お察しいたします。私も本当に悲しくて……」


女性の顔にも声にも覚えはない。


訝しげにしていると、「実は……」と女性は語りはじめた。

「お嬢さんとは、バスで席を譲られたのがはじめての出会いでして、
何度か顔を合わせるうちに、少しずつ話をするようになりました。

今どきの若者とは思えないほど礼儀正しく、思いやりがあって、
こんなおばあちゃんにも笑顔で接してくれたものですから、
すっかり嬉しくなってしまいまして、ある日、思い切ってお茶にお誘い
したんです。

若い娘さんがおばあちゃんとお茶なんか飲んでも面白くないでしょうから、
断られても仕方ないと思っていたんですが、お嬢さんは、嫌がらないで、
我が家に来てくれました。

いろいろお話するうちに、お嬢さんの生い立ちや、お母様のことも聞きまして、
自分はあまり良い子ではなくて、お母様の負担を少しでも軽くしたかったため、
はやくに家を出て働き始めたのだと教えてくれました。

それからも、お嬢さんは、時々私のお茶に付き合ってくださって、
おかげで私は生活にハリが出て、通院しているお医者さまからも、
最近ずいぶん顔色が良いね、などと言われるようになりました。


そんなお嬢さんがつい先日、私のところにやってきまして、
近いうちに結婚することになりそうだと報告してくれました。

相手の男性はとても素敵な人で、費用も全部自分で貯めたので、
あとはお母様を招待するだけだと、とても嬉しそうでした。

それはおめでとう!と一緒に喜んだ後、お嬢さんからお願いされたことが
あったんです。

お母様は昔から働きづめで、お洒落などしているところを見たことがないし、
子供の頃から、他のお母さんのように綺麗な指輪やネックレスを
つけているのも見たことがないから、式の時、お母様への感謝の気持ちを
指輪に込めてプレゼントしたい、一緒に買いに行ってはくれないだろうか
ということでした。

もちろん、喜んでご一緒させていただきました。

サイズは分かるの?とお嬢さんに聞くと、子供の頃作ったという、
銀紙の指輪を取り出されました。

子供の頃工作で作ってお母様にプレゼントした指輪だとか。

お母様が鏡台の引き出しに大切にしまってあったのを、家を出るとき
持ち出してきたのだそうです。

お嬢さんはそのときからずっと、いつかお母様に指輪をプレゼントするつもり
だったのですね。

それで……お式の日を今か今かとお待ちしてたのですが…… 」


女性はそこまで一気に話すと、涙で声を詰まらせた。


私は居ても立ってもいられず、まだ参列者の残る式場を飛び出して
娘の住んでいたアパートに向かった。

質素な家具がほんの少しあるだけの殺風景な部屋の
引き出しという引き出しを全て開けて、娘が大切に仕舞っていたであろう
その指輪を探した。

それは、花模様のハンカチに包まれて、ドレッサーの一番奥に
そっと入れられていた。


急いでリボンをほどき、包みを開いて開けた箱のその中には、
艶やかに光るエメラルドの指輪があった。

私が緑色を好きなことを、娘はちゃんと覚えていたのだ。

若い女の子の部屋とは思えないほど殺風景な部屋を見れば、
娘がどんなふうにしてこの指輪のお金を貯めていたのかが良く分かる。


指にはめると、まるで私のためにあつらえたようにぴったりで、
美しい緑色の中に、「良かった」と控えめに微笑む娘の顔が浮かんだ。


「こんなお母さんのことを…… 」

後から後から溢れてとまらない涙がエメラルドに落ちて、
緑色がいっそう艶やかに、美しく光った。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ショートストーリー「僕のマリアさま」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


人のまばらな葬儀場に、低く読経が響く。

降り続く雨のせいだろうか、初夏だというのに肌寒い。


音もなく降る雨は、物静かだったあの人を思い出させる。


初めてあの人を見たのも、こんな雨の日だった。


灰色の空から絶え間なく落ちる雨が、ただでさえ暗い図書館の空気を
いっそう暗く、重くしていた。


そんなとき、入ってきたのがあの人だった。

別に美人ではなかったし、むしろ、どちらかと言えば地味で
冴えないタイプだったあの人に思わず目を留めてしまったのは、
あの人の見せた表情にハッとさせられたから。

あの人が、一緒に入ってきた初老の女性に向けていた笑顔は、
僕が子供の頃に読んだ絵本の中のマリアさまと、そっくりそのまま同じだった。


その優しげで慈悲深いまなざしに息をのんで、
その日はずっと、あの人を目で追ってしまった。


あの人が図書館に来るのは、月に2度か3度で、
一人で来るときもあれば、初老の女性と一緒のこともあった。


一人でやって来るときは、ちょっと寂しげな様子で、
2時間ほど静かに本を読んで、そっと席を立った。


ある日、たくさん本を抱えた子供があの人の前で転んだ。

一瞬驚いた顔をしたあの人は、次の瞬間、あのマリアさまの表情になって、
子供と一緒に本を拾い、「はい」とにっこり笑って渡した。
その笑顔は優しく慈悲深いだけでなく、分け隔てのない愛にあふれていて……

僕は、完全に恋に落ちた。


あの人のいる図書館は、古くても暗くても、陰鬱な雨が降っていても、
僕にとってはパラダイスだった。

結局、一度も声をかけることができなかったけれど。

僕が最後にあの人を見たのは、一週間前のこと。


何か嬉しいことでもあったのか、本を読んでいる間にも
時々ちょっと微笑んだりしていた。

あの人にもう会えないと知ったのは昨日のこと。

悲しくて悲しくてずいぶん泣いたから今日は目が腫れている。


こんなことなら、もっと早くあの人に声をかければ良かった。
後悔しても遅いけど、勇気を出してここに来た。

せめて、あの人がよく読んでいた本を棺に入れてあげたくて。


自分は1つもつけていないのに、いつもとても熱心に
宝石の本を読んでいたあの人。

きっと何か夢があって、宝石のことを勉強していたに違いない。

表紙に載っていたエメラルドを見つめて
にっこりしていたあの人の表情が、今も僕の心から消えない。


あの人……僕のマリアさまが、天国で幸せになれますように。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

最後まで読んでくださってありがとうございました!

今日はショートストリー3本立てでお送りしましたが、
いかがでしたでしょうか?


ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

⇒ webmaster@watch-colle.com


メールを下さった方には、Harukaから心をこめて、
ご返信を差し上げます。

また、場合によっては、ブリリアントタイム誌上で、
ご紹介させていただきたいと思いますので、
ご紹介を希望されない方は、その旨お書きくださいね。

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle