━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆ホンモノとニセモノの違い◆ウオッチコレブリリアントタイム 6月18日号
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    6月18日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★


こんにちは!Harukaです。^^

あなたは、「もうやめなくちゃ」と思いながらもなかなかやめられないこと
ってありませんか?

実は、先日、長い間やめなくちゃと思いつつ、なかなかやめられなかった
ことをとうとうやめてきました。


私が、やめたのは、“スポーツクラブの会員”。


クラブがオープンした2005年から、5年以上在籍していたのですが、
ここ1,2年は、利用回数がめっきり減って、忙しい時には、1ヶ月間で
1度も行っていないなんていう月もありました。

勿体ないのでもうもうやめなくちゃと思いつつも、クラブに行った後の
爽快感を思い出すと、もう少しだけ続けてみよう、
今月こそ、もっと何度も行けるように、スケジュールをやりくりしよう!
と先延ばしになっていたんです。

それに、例え月1,2度しか利用していなくても、私にとって、
それが唯一の運動らしい運動だったので、これをやめてしまったら、
運動から完全に離れてしまうかも?という恐怖もありました。


でも……

車で10分程度の距離、その気があれば、1回2時間もあれば、
爽やかになって帰ってこられるクラブだったのに、そのたった2時間を
どうにも捻出できなかったり、億劫に感じてしまったりしていた現実を、
改めて認識したんです。


考えてみれば、本当にやる気になれば、スーパーまで歩くのだって運動に
なるのだし、PCの前で空気椅子でもしながらお仕事すれば、すごい腹筋運動
ですよね。


5年も所属していたクラブなので、なんだかセンチメンタルな気分になって
しまいますが、これからは、「その気になればどこでも運動!」を合言葉に、
日常的生活全部が運動と考えようと思います。


……なんて言いつつも、「6か月以内だったら再入会費無料ですからネ」
とにっこりほほ笑んだクラブのお姉さんの顔がまだちらついています。^^;

ボクササイズとスタイリッシュヨガのクラスは、とくに気持ち良かった
んですよね。


決心してもなお優柔不断で情けない私ですが、
今日もしばらくの間、ブリリアントなお時間をご一緒してくださいネ!


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 6月4日〜6月17日

2.ホンモノとニセモノの違い

3.ショートストーリー「予言」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 6月4日〜6月17日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆ハミルトン カーキ フィールド H70455133 自動巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/HT/ht028sp/HT-028SP.htm

◆シチズン ホーマー 昭和45年 中支腕 国鉄 自動巻 OH済 
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz076a/CZ-076A.htm

◆ティソ スタイリスト 2針 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/TS/ts027a/TS-027A.htm

◆ロンジン ラウンド 2針 手巻 OH済 1970年代
http://www.watch-colle.com/watch/LG/lg087a/LG-087A.htm

◆シェフィールド GP レディス 17石 手巻 OH済 1950年代
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot128a/OT-128A.htm

◆コロネーション WGK14 レディス 21石 手巻 OH済 1940年代 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot127a/OT-127A.htm

◆ハフィス レディス 18K 手巻き 17石 OH済 1940年代  
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot126a/OT-126A.htm

◆グランドセイコー セカンドモデル 手巻 5722-9991 OH済 昭和42年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk523a/SK-523A.htm

◆セイコー 5スポーツ 7S36-0070 復刻版 角型 自動巻 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk522d/SK-522D.htm

◆シチズン 4-760166TA スケルトン 自動巻 OH済 昭和46年頃
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz075a/CZ-075A.htm

◆フォルティス B42コスモノート デイデイト 自動巻 647.10.11M USED 
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft050sp/FT-050SP.htm

◆アエロ ノーティック ポセイドン ANS-AN4500B 自動巻 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot125sp/OT-125SP.htm

◆セクター ダイビングチーム1000 自動巻 クロノグラフ チタン USED 
http://www.watch-colle.com/watch/SC/sc006c/SC-006C.htm

◆グランドセイコー SBGT005 クオーツ 9F83-9A30 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk521d/SK-521D.htm

◆グランドセイコー SBGF021 クオーツ 8J56-8020 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk520d/SK-520D.htm

◆セイコー ジウジアーロ スピードマスター SSAY058
 クオーツ OH済 1982年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk519c/SK-519C.htm

◆セイコー チャンピオン J14090 手巻 OH済 昭和36年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk518a/SK-518A.htm

◆セイコー ロードマーベル J14038 手巻 OH済 昭和34年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk517a/SK-517A.htm

◆シチズン スクエア デイデイト 23石 自動巻
 純正SSバンド付 OH済 昭和42年
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz074a/CZ-074A.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.ホンモノとニセモノの違い

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

ウオッチコレさんとご縁をいただいて、7年以上もメルマガを書かせて
いただいているというのに、私は、時計にあまり詳しくありません。

ウオッチコレさんで扱っている拘りある時計の数々も、「わぁ素敵!」
とか、「カッコイイ!」なんていう小学生レベルの感想を持つのが精一杯で、
(でも、この、直感的に“素敵”“カッコイイ”と感じられるモノって
そんなにたくさんあるわけではないと思うんです)
こうしてメルマガを書き続けていることも、ちょっと不思議なくらいです。

時計に関する知識や、時計を見極める目はきっと、ウオッチコレファンの
皆さまや、メルマガ読者の皆さまの方が、はるかに上に違いありません。


私はそんななんですけれど、夫は密かに腕時計好きで、ほんのわずかな数
ですが機械式時計をコレクションして、ウオッチコレさんのサイトも
ときどきチェックしているよう。

そして、コレクターの常なのでしょうか?カタログ的な雑誌や、
機械時計のうんちく本のようなものも、よく読んでいるようです。


先日、夫が読んでいた『ロレックス2010SUMMER永久保存版』という雑誌には、
時計が良くわからない私にとっても興味をそそる記事が載っていました。


「ディープシーの偽物発見!本物との徹底比較&検証」
と題されたその記事で、実物よりも大きく移された全体写真を見ても、
もちろん、私には、本物と偽物の区別はよくわかりません。

この機種は、2008年に登場し、わずか2年しか経過していない
にも関わらず偽物が見つかったので、時計を愛する編集者さんはとても
憂いているようでした。

本物と偽物の詳細な比較を見ていくと、面白いことが分かってきました。

例えば、王冠とモデルのロゴ。
本物と比べなければわからない程度ではあるのですが、
比べると明らかに、印字の美しさが違うんです。

それから、カレンダーの印字。
偽物は数字ば微妙にずれて、拡大写真では印字もちょっと滲んでいます。

そしてエクステンション。
本物のエクステンション部分には、ロレックスの王冠マークが刻印されて
いるのですが、偽物にはこれがありません。

さらに、裏蓋を開けると、その違いは素人目にも歴然なほど、
偽物の作りは明らかにちゃちなものでした。

その他にも、バックルの構造、グライドロック、夜光など、
全てにおいて、作りが雑で、機能が劣るのが偽物の特徴でした。


つまり、偽物は、表面的には必死で真似をし、良く見えるところほど
本物に似せているけれど、見えないところは手を抜いていて、
蓋を開けた中身に至っては、真似する努力さえ放棄しているような
お粗末さだったということ。


これは、高級時計のお話ですが、時計だけでなく、「人間」にも
そのまま当てはまるかも?と感じてしまいました。


例えば、セレブに憧れて、ブランド品で身を飾り、
メイクもヘアスタイルもばっちり決めて、身のこなしまで真似てみても、
細かなところが行き届いていなくって、どことなくアンバランスで、
会話で中身が露呈すれば、あっさり偽セレブとばれてしまうような……。


本物になりたいのであれば、まずは中身をきっちり整え、
細部から順に、真似ていくべきなのかもしれませんね。

そんなふうに真似ていけば、粗悪な偽物なんかではなく、高級時計に
インスパイアされた質の良いオリジナル時計になるはずですし、
セレブにはなれなくても、セレブな空気を感じさせる上質な人間に
なれるように思います。


とはいえ、本物には手が届かないけれど、今すぐ手軽に本物を気取りたい
という人は、やっぱり後を絶たないのでしょうね。

雑誌の記事は、「約2年で新に44oケースを作り、粗悪ながらもコピー品
を完成させたプロセルには、本物の怖さを感じる。もしかすると、今年発表
された新型モデルのコピー品も、アンダーグラウンドの世界では、すでに
製作が開始されているのかもしれない」と結ばれていました。


時計でも、人間でも、ニセモノに騙されない、ホンモノを見分ける目を
持ちたいものです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ショートストーリー「予言」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

引っ越しが決まって、本棚を片付けていると、
男物のハンカチに包まれた一枚のハガキが出てきた。

そういえば、あの時の……


それは、もう10年以上前のこと。

私は大手電気メーカーでの勤務が7年目になり、
変わり映えのしない仕事と、進展しない恋人との関係に
嫌気がさし始めていた。


彼との出会いは、一本の間違い電話。

仕事でミスをして、しかも恋人と喧嘩までして、ものすごく落ち込んで、
へこんでどうにかなりそうだった夜、間違い電話をかけてきたのが、彼だった。

ちょっと酔っていた彼は、電話の相手も確認しないで、
能天気な声で話し出し、間違い電話だと告げても全く信じてくれなかった。

普段の私だったなら、すぐに切ってしまうところだけれど、
普通の気分じゃなかったし、なんとなく人恋しかったから、
彼の電話に付き合ったのだ。


ところが、気づいてみれば、私たちは携帯の電池が切れるまで話し続け、
翌日また電話する約束まで交わしていた。


恋人よりも彼が好きになるのにそれほど時間はかからなかった。
グレースケールだった日常が、一気にカラフルになった気がした。


距離の離れていた彼と、初めて会ったのは、3カ月後。

彼に妻子がいることを、聞かされたのもその時だった。


妻子がいると分かっても、好きになってしまった気持ちを
元に戻せるわけもなく、そう表現はしたくなかったけど、
いわゆる不倫が始まった。


忙しい彼と逢えたのは6年間で11度。

そのうち二人きりになれたのは、たった3度きりだった。

それでも、彼のことが大好きで、彼のことばかりを考えていた。

中学生みたいだけれど、メールで「おはよう」と言い合うだけで
嘘みたいに幸せだった。


ハンカチの中にあるのは、その彼の似顔絵を書いた一枚のハガキ

はじめて二人きりになった夜、お互いなんとなく気恥ずかしくて、
一番したかったことをすぐに始められないでいた。

「私、絵が得意なのよ」と言ったら、
「じゃあ、僕を描いてみてよ」と彼が言って、
ホテルの部屋に置いてあって、ハガキを私に差し出した。

そして、描き上がった絵を見せたとき、
彼がつぶやいた言葉が私の人生を変えた。


「驚いた……本当に上手いんだね。君は絵で食べていけるよ」


絵を描くのは子供の頃から好きだった。
図画工作の成績はいつも良かったし、市や県の絵のコンクールで
入賞したことだって何度もあった。

でも、それだけ。そんな子は私の他にもいくらだっていたし、
自分が絵で食べていけるだなんて、考えたことなど一度もなかった。

でも、本気で感心している彼の顔と確信的な声は、
突然私に自信を持たせた。


「君が有名になって手の届かないところに行ってしまう前に……おいで」

彼と過ごしたそれからの時間は、まるで夢のようだった。


不思議だなあと思う。

彼と別れた後半年もしないうちに、私は会社を辞めて、絵を描き始めた。
昔、何かの本で、「本当に大切なものを手放すと、それと同じくらい大切
なものが手に入る」というのを読んだことがあるけれど、本当かもしれない。

私はそれからすぐにフリーのイラストレターとして出発し、
少しずつ仕事を増やして、そこそこ名が通るまでになった。


今は国際的なオファーを受けて、来週、あちらに飛ぶことになっている。


彼と最後に会った朝、彼はハガキの絵を差し出してこう言った。

「君はきっと、すぐに僕のことを忘れると思う。
くやしいから、これは君に返しておくよ」


それはまるで予言のように、彼と別れて2年もすると、
あんなに好きだったはずの彼の顔を思い出すことができなくなった。

ふたりの間の出来事が、こうして鮮やかに思い出された今もなお、
肝心の彼の顔は、もやがかかったようにおぼろげなままなのだ。


「こんな顔だったっけ……」

思わずそんな言葉が漏れた。


ハガキの中から見つめる彼が、「ほらやっぱり僕の言った通りだ」
と、呟く声が聞こえたような気がした。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後まで読んでくださって、ありがとうございます!


来年受験を控えた娘は、週二回学習塾に通っているのですが、
この塾の先生が、なかなか個性的な方なんです。

甘いものが大好きで、本職はアイスクリーム屋さん。

塾は、市内で人気の手作りアイスクリーム店の二階で開いています。

入塾には先生との相性診断期間があって、先生がこの塾には合わないと
判断した子供はいくら親が頼み込んでも、お金をたくさん払っても、
決して入れてもらえません。

判断の基準は成績の良し悪しではなくて、先生との相性と、
本人のやる気の有り無し、というところがポイントです。

頑張る子供たちが大好きなので、試験前などは、教えてほしいという
子供たちのために、休日返上で教室を解放してしまいます。

去年の夏休みなんかは、高い目標を目指す受験生のために、
早朝6時前から教室を開けていました。

塾の勉強が終わると、お店の手作りアイスクリームを子供たちに振る舞う
のが恒例で、娘なんかは、正直、この特典目当てで入塾しました。(笑)

しかも、難しい問題に答えられたり、皆が諦めてしまう問題を最後まで
考え通したりすると、ご褒美にアイスクリーム券をくれます。


娘がそんな先生と、テストの成績に関してある約束をしました。

娘の実力ではなかなか難しいその成績をもし達成したら、
娘の好きな名前をつけたオリジナルアイスクリームを作ってくれる。
という約束です。

去年は、その成績が達成されることはなかったのですが、
今年、ついに、その成績が達成され、先生は約束通り、娘の命名による
新作アイスクリームを考案してくれました。


新作アイスクリームの名前は、「ペチャラペラオエラ」。

名前の由来は長くなるので省きますが、本当に、こんなふざけた名前の
アイスクリームを作ってくれて、ちゃんとネームタグをつけて、
お店で販売してくれたのですから、驚きです。

しかも、記念にと、両手で抱えないと持てないほど大きなカップに、
この「ペファラペラオエラ」をたっぷりと入れて、お土産に持たせて
くれました。

もちろん、喜んだのは私。(笑)

フルーツがたっぷり入っていて、美味しいんですよ、これが。^^

いえ、アイスクリームをいただいたこともすごく嬉しかったのですけれど、
先生が娘との約束をちゃんと覚えていてくれて、守ってくださったことが、
何より嬉しかったんです。


約束を守らない、その場しのぎで適当な事を言う大人が増えている昨今、
子供とふざけて交わしたような約束でも、きっちり守ってくださる先生に
娘を見てもらっていることを、とても幸せに感じています。


新作アイス「ペチャラペラオエラ」は、意味不明な名前にも関わらず、
お店で大人気なのだそう。

フルーティーでミルキーなお味はちょっとクセになる美味しさなので、
好奇心で一度食べてみた人が、またオーダーするのでしょうね。


娘との約束を守りつつ、味にはしっかりこだわって、ちゃんと売れる商品
を作り上げていた先生は、塾講師としても、アイスクリーム店経営者としても
プロだわ〜と感心してしまいました。

ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

メールを下さった方には、Harukaから心をこめて、
ご返信を差し上げます。

また、場合によっては、ブリリアントタイム誌上で、
ご紹介させていただきたいと思いますので、
ご紹介を希望されない方は、その旨お書きくださいね

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle