━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume337
volume336
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆1秒を意識すると……◆ウオッチコレブリリアントタイム 5月21日号
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    5月21日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。


あなたは普段の生活の中で“1秒”を意識することってありますか?


速さを競う系アスリートの方は別として、
ごく普通に過ごしている人ならば、普段意識するのは精々分単位ですよね?


私もいつもはそうなのですが、先日、久しぶりに、“秒”を意識して
1日を過ごしました。


そうしたら、すごいことが分かったんです!

何が分かったのかというと……

その前に、まずは、ウオッチコレ新着情報をどうぞ。^^


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 5月7日〜5月20日

2.1秒を意識すると……

3.ショートストーリー「ツイッター」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 5月7日〜5月20日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

今週は売り切れ多いです。(売り切れ商品はご紹介していません)
今ご紹介している時計も、あなたがこのメールをご覧になるときには
売れ切れてしまっているかも?

春ってやっぱり、時計を替えたくなる季節なのでしょうか?
私も、アンティークハドソンがほしくなってます。


■ラドー バルボア 自動巻 カットガラス 1970年代 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd069a/RD-069A.htm

■VSOE オリエントエクスプレス 70周年記念限定 自動巻 OH済 USED 
http://www.watch-colle.com/watch/LE/le032d/LE-032D.htm

■セイコー 5スポーツ 6119-8140 OH済 昭和43年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk510a/SK-510A.htm

■セイコー 5デラックス 6106-8000 OH済 昭和42年製 
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk509a/SK-509A.htm

■タグホイヤー キリューム WL1316.BA0710 レディス クオーツ USED
http://www.watch-colle.com/watch/TG/tg034sp/TG-034SP.htm

■フォルティス スペースマチック 623.22.11M 自動巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/FT/ft047sp/FT-047SP.htm

■レビュートーメン クリケット 手巻 OH済 USED
http://www.watch-colle.com/watch/RT/rt022c/RT-022C.htm

■シチズン オートデーター 27石 自動巻 OH済 昭和36年
http://www.watch-colle.com/watch/CZ/cz073a/CZ-073A.htm

■セイコー Sマーベル 14045 GF 手巻 OH済 昭和33年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk508a/SK-508A.htm

■スイス製 アンティーク ハドソン 14KWG 17石 手巻 レディス OH済
http://www.watch-colle.com/watch/OT/ot123a/OT-123A.htm


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.1秒を意識すると……

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

高校生の頃まで、水泳選手をやっていて、実は、県大会入賞レベルまで
頑張っていました。

身体があまり大きくならなかったことと、何より、アスリートに不可欠な
“負けん気”というのが殆ど皆無で、試合で自分より年下の子に負けても、
「あの子すごーい!」なんて本気で感心してるのを見た父が、
「お前にスポーツ選手は無理だ」とクラブの月謝を出してくれなくなりました。


その後、水泳はただの趣味になったのですが、それでも、校内レベルなら、
競泳はダントツで1番でした。

そんなふうに水泳選手だった何年かの間、いつも意識していたのが、
1秒以下の短い時間。

当時の大会種目には、「50メートル競泳」なんていうのもあったので、
そうなると、もう30秒もかからないうちに勝負が決まってしまうわけです。

水の中で過ごす30秒は、今思うと不思議なほど長くて、
私はいつもその30秒で、ものすごくたくさんのことを考えていたような
気がします。

特に50メートルを、10本とか、20本とか泳ぐ練習の時には、
その泳いでいる水の中で、今メルマガに書いているショートストーリー
のようなお話を考えていて、プールの端まで泳ぎ着くと、
数分あるインターバルの間に、並んでいるクラブの仲間たちに、
今考えたストーリーを話して聞かせたりしていました。


お話がウケると、次に泳ぐ50メートルで、その続きを考えたりして。

……そんなふうだったから年下の子に負けちゃったのでしょうね。^^;


ちなみに、その年下の子は、私よりもさらに年長の、彼女にとっては、
3つか4つ年上の選手に負けた時でさえ、その後ずっと泣きじゃくって
悔しがっていましたっけ。

水泳の特待生として、高校へ進学したと聞いて、とても納得したものです。


なんて、思わず思い出話をしてしまいましたが、
実は、先日、久しぶりに、まるで水泳選手時代のように、
“秒”を意識して過ごしました。

それは、お仕事で、大量のDMを発送する作業をしたから。

封筒に宛名を貼って、チラシを入れて、封をする。
という誰にでもできる単純作業だったのですが、
その数は1000以上。

ミッションは、宅配業者さんが出来上がったDMを取りに来る約束の時間
までに、全てのDMを送れる状態に仕上げておくこと。


お客様に届けたい日にちから逆算すると、その日のうちにDMを発送すれば
充分に間に合うけれど、翌日の発送では間に合わない。
翌日の発送で間に合わせようとすれば、1通につき100円の速達料金
を支払わなくてはいけません。

会社の経費とはいっても、自分の作業のスピードが、1通100円という
わかりやすい数字でコストに計上されるのですから、支払う速達料金は
そのまま、私の作業の遅さを示すバロメーターになってしまいます。


絶対その日中にやり遂げるゾ、と決めると、
「宛名を貼ってチラシを入れて封をする」という一連の作業を、
1通につき1秒でも早く行おうと、あれこれ工夫をするようになります。

だって、たかが1秒でも1000通では1000秒、16分以上の
差になります。

これが、ちょっともたもたしていて、1通につき10秒ほど手間取った
とすれば、全部で160分、2時間40分という大きな違いになってきます。

よそ見しながらだってできそうな単純作業も、1秒でも早く進めることを
意識しながらやってみると、ゲームのような面白さが出てくるから不思議です。


最初のうちは、100通程度ずつ、いくつかのパターンで作業してみて、
その後は一番早かった方法で、一気に残りを攻めました。

最後の1通の封を閉じて、「はぁ〜」と一息ついて、コーヒーでも淹れよう
かな、と席を立った瞬間、業者さんがやってきました。


時計を見ると、約束の時間の1分前。

なんだか、「やり遂げた!!」っていう充実感でいっぱいになりました。

1秒を意識して1日を過ごしたその日感じたのは、
そうしたごく短い時間を意識し始めると、“時間の感度”が鋭くなる
ということ。

これからは、もっと日常的に、“1秒”を意識してみた方がいいかも♪
と考えている今日この頃です。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.ショートストーリー「ツイッター」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

「わざわざネットでひとりごと言うなんて、いったい何が面白いの?」


「ツイッター、面白いからミナもやりなよ。」

iPhoneをいじりながら、顔も上げず言うリサにミナは冷たい声で言った。


……ったく、みんなツイッターツイッターって。


マモルからツイッターて知り合った女のことが好きになった
と切り出されたのは、つい先週のこと。


「ふざけたこと言わないでよ、つぶやいてるだけの相手に……」


と言ってはみたけれど、マモルの気持ちは変わらない。

女のつぶやきにはリアルタイムの動画もついてて、
それを見ながらつぶやき合うから傍にいるような感じがするんだそうだ。


ここのところ仕事が忙しくてデートもままならなかったマモルは、
そのグチなんかを夜中にこっそり、ツイッターでつぶやいてたんだと言う。


真夜中にひとり寂しくつぶやくグチ男に、自分の動画までつけて、
優しくレスポンスしてきたのが、その女だったらしい。


「だって、ミナはツイッターとか嫌いでしょ」

マモルはまるで、ミナがツイッターをしていなかったから、
浮気したんだといわんばかりで、悪びれる様子もなかった。


「いいわよ、わかったわよ、その彼女と仲良くやってよ」


結局ミナは、マモルの一方的な別れ話を受けいれるしかなかった。


だから、まだ事情を知らないリサが口にする「ツイッター」という単語さえ
腹立たしく思えるのだった。

1か月後。


「ただのひとりごとじゃなかったのよね」

ミナはiPhoneの画面を見つめたまま、隣にいるリサに言った。


ツイッターを始めたのは、半月ほど前のこと。

事情をリサに話したら、だったらなおさらやるべきだと
強く薦められたのだ。


しぶしぶ始めたツイッターだったけれど、
ちょっと思いついたことをつぶやいてみると、
見知らぬ人からすぐにレスポンスがあって驚いた。


困ったなあと思ったとき、
「助けてください」とツイートすると、
その道の専門家のような人が、直接アドバイスをくれた。

日本を代表するアイドルタレントが、
何気なくした質問に答えてくれた時には、本当に驚いた。


今ではツイッターのない生活なんて考えられないほどだ。


それに、今なら、マモルの気持ちも良くわかる。


だって……


@ミナ 約束の動画はまだ?


iPhoneの画面には、新しい彼からのツイートが。

ミナは急いでレスポンスした。


@ケンジ 今夜を楽しみにまってて♪


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後まで読んでくださって、ありがとうございます!


ツイッターしてます。って、ブリリアントでお知らせしたのは
少し前のこと。

個人的にメッセージをくださる方もいらっしゃって、
とても嬉しく思っています。


実は、今、ツイッターでちょっと気になっていることがあるんです。

それは、なぜか、私だけをフォローしてくれている人がいること。

最初は、たまたま私が最初にフォローされただけのことで、
これから増えていくのだろうと思っていたのですが、
しばらくしても、フォローしている相手は私だけのよう。

ツイッターの使い方として、これはちょっと変わっていますから、
その方は私のことをリアルで知っている誰かではないかしら?
と思えてきます。


プロフィールは書いていないし、ほんの時たまつぶやいている言葉は
ものすごくシンプルで、知り合いの誰かを特定するに情報が足りません。

夫がふざけているのかも?とも考えましたが、
夫が隣にいるときに、つぶやきが増えていました。


あなたはだあれ?

とても気になります。


そして、もしかしたら、このブリリアントの読者さんかも?
とも考えています。

もし、このブリリアントを読んでくださっている中に、
ご本人がいらっしゃったら、そろそろ種明かししてくださいね。


ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.


¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle