━━━☆Presented by Watch-colle☆━━━  あなたにお届けします!  毎週 楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!
                        あなたの楽しいコメント募集中! Haruka と楽しいメルマガトークしませんか? お待ちしていま〜す ^ ^

ウォッチ コレ TOPへ ウォッチ コレ TOPへ
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
 


毎週Harukaさんのショートストーリーがおもしろ〜〜い

リニューアルしたメルマガ
無料購読申込みと
購読の解除は

こちらからどうぞ

『Brilliant Time』
volume335
volume334
volume333
volume332
volume331
volume330
volume329
volume328
volume327
volume326
volume325
volume324
volume323
volume322
volume321
volume320
volume319
volume318
volume317
volume316
volume315
volume314
volume313
volume312
volume311
volume310
volume309
volume308
volume307
volume306
volume305
volume304
volume303
volume302
volume301
volume300
volume299
volume298
volume297
volume296
volume295
volume294
volume293
volume292
volume291
volume290
volume289
volume288
volume287
volume286
volume285
volume284
volume283
volume282
volume281
volume280
volume279
volume278
volume277
volume276
volume275
volume274
volume273
volume272
volume271
volume270
volume269
volume268
volume267
volume266
volume265
volume264
volume263
volume262
volume261
volume260
volume259
volume258
volume257
volume256
volume255
volume254
volume253
volume252
volume251
volume250
volume249
volume248
volume247
volume246
volume245
volume244
volume243
volume242
volume241
volume240
volume239
volume238
volume237
volume236
volume235
volume234
volume233
volume232
volume231
volume230
volume229
volume228
volume227
volume226
volume225
volume224
volume223
volume222
volume221
volume220
volume219
volume218
volume217
volume216
volume215
volume214
volume213
volume212
volume211
volume210
volume209
volume208
volume207
volume206
volume205
volume204
volume203
volume202
volume201
volume200
volume199
volume198
volume197
volume196
volume195
volume194
volume193
volume192
volume191
volume190
volume189
volume188
volume187
volume186
volume185
volume184
volume183
volume182
volume181
volume180
volume179
volume178
volume177
volume176
volume175
volume174
volume173
volume172
volume171
volume170
volume169
volume168
volume167
volume166
volume165
volume164
volume163
volume162
volume161
volume160
volume159
volume158
volume157
volume156
volume155
volume154
volume153
volume152
volume151
volume150
volume149
volume148
volume147
volume146
volume145
volume144
volume143
volume142
volume141
volume140
volume139
volume138
volume137
volume136
volume135
volume134
volume133
volume132
volume131
volume130
volume129
volume128
volume127
volume126
volume125
volume124
volume123
volume122
volume121
volume120
volume119
volume118
volume117
volume116
volume115
volume114
volume113
volume112
volume111
volume110
volume109
volume108
volume107
volume106
volume105
volume104
volume103
volume102
volume101
volume100
volume99
volume98
volume97
volume96
volume95
volume94
volume93
volume92
volume91
volume90
volume89
volume88
volume87
volume86
volume85
volume84
volume83
volume82
volume81
volume80
volume79
volume78
volume77
volume76
volume75
volume74
volume73
volume72
volume71
volume70
volume69
volume68
volume67
volume66
volume65
volume64
volume63
volume62
volume61
volume60
volume59
volume58
volume57
volume56
volume55
volume54
volume53
volume52
volume51
volume50
volume49
volume48
volume47
volume46
volume45
volume44
volume43
volume42
volume41
volume40
volume39
volume38
volume37
volume36
volume35
volume34
volume33
volume32
volume31
volume30
volume29
volume28
volume27
volume26
volume25
volume24
volume23
volume22
volume21
volume20
volume19
volume18
volume17
volume16
volume15
volume14
volume13
volume12
volume11
volume10
volume9
volume8
volume7
volume6
volume5
volume4
volume3
volume2
創刊号

【週刊Harukaの部屋】
バックナンバー
最終回
第130号
第129号
第128号
第127号
第126号
第125号
第124号
第123号
第122号
第121号
第120号
第119号
第118号
第117号
第116号
第115号
第114号
第113号
第112号
第111号
第110号
第109号
第108号
第107号
第106号
第105号
第104号
第103号
第102号
第101号
第100号
第99号
第98号
第97号
第96号
第95号
第94号
第93号
第92号
第91号
第90号
第89号
第88号
第87号
第86号
第85号
第84号
第83号
第82号
第81号
第80号
第79号
第78号
第77号
第76号
第75号
第74号
第73号
第72号
第71号
第70号
第69号
第68号
第67号
第66号
第65号
第64号
第63号
第62号
第61号
第60号
第59号
第58号
第57号
第56号
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号
第47号
第46号
第45号
第44号
第43号
第42号
第41号
第40号
第39号
第38号
第37号
第36号
第35号
第34号
第33号
第32号
第31号
第30号
第29号
第28号
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第9号
第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
第3号
第2号
創刊号

 ◆五月病に負けないための超簡単ストレス回避法♪◆ウオッチコレブリリアントタイム 5月7日号
 ☆。・°
 ☆。・°
 °. ★*:・☆━★━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━

  ☆ウオッチコレ!ブリリアントタイム2010☆    5月7日号

━━━━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆°━━. ★*:・☆━★

こんにちは!Harukaです。

自宅でのんびり……と考えていた人も、思わず出かけたくなるくらい
良いお天気続きだった今年のゴールデンウイーク、
あなたはどんなふうに過ごされましたか?


GWの前後には、必ず、テレビでも雑誌でも行楽地の特集が組まれ、
ニュースでは海外旅行に出かける人のコメントが流れたりします。

だから、日本中の人が皆がどこかへ出かけているようにも感じられますが、
実のところは、GWといっても、普段のお休みとそれほど変わらない過ごし方
をしている人の方がずっと多いようです。

ヤフーリサーチによる2009年のGWに行った先ランキングでは、
1位がショッピング、2位が飲食店、3位が映画館、なんて結果が出ています。

そして、日経BP社のアンケートによる今年のGWの予定では、
1位が趣味、2位が家でゴロゴロ、3位が日帰りレジャーという回答ですし、
6位〜8位には、家事、勉強、仕事がランクインしています。

日本人はやっぱり、勤勉で、慎ましやかなのかもしれませんね。


……などとアンケートを分析している私自身、この6日間のお休みを、
ショッピング、外食、映画、実家への帰省で出掛けた他はずっと自宅で
過ごしていました。

自宅では、普段より少し多めに本を読み、時間をかけてお掃除をして、
いつもより少しだけ贅沢な夕食を作って、DVDを見て、庭いじりをして、
お菓子を焼いて、エクササイズをして……

と、思い出してみると、まるでアンケート結果そのままの
めちゃくちゃ平均的な過ごし方でした。


……^^;

なんだか、ちょっと悔しいです。

来年のGWは、皆があっと驚くような変わった過ごし方をして、
ぜひ、ここで発表したいなって思います。(笑)


それでは、今日もしばらくの間、ブリリアントなお時間を
ご一緒してくださいね。


━─━─★今回のCONTENTS. ★*:・☆━━─━─━─━─━─━─━─━─

1.ウオッチコレ新着情報 4月23日〜5月6日

2.五月病に負けないための超簡単ストレス回避法♪

3.五月病から今すぐ立ち直る♪モチベーションの高め方

4.ショートストーリー「笑う男」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

1.ウオッチコレ新着情報 4月23日〜5月6日

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

◆ジン 244 Ti-I チタン クロノメーター 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/SI/si012sp/SI-012SP.htm

◆キングセイコー 5625-7122 自動巻 OH渡し 昭和48年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk506a/SK-506A.htm

◆セイコー 45キングセイコー 手巻 OH済 昭和43年製
http://www.watch-colle.com/watch/SK/sk505a/SK-505A.htm

◆ブライトリング スーパーオーシャン A17040 自動巻 USED
http://www.watch-colle.com/watch/BR/br010sp/BR-010SP.htm

◆ラドー マンハイム 自動巻 カットガラス 1970年代 OH済
http://www.watch-colle.com/watch/RD/rd067a/RD-067A.htm

◆オメガ コンステレーション Cal.561 自動巻 OH済 1960年代
http://www.watch-colle.com/watch/OM/om338a/OM-338A.htm


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

2.五月病に負けないための超簡単ストレス回避法♪ ¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

ゴールデンウイークが明けると、耳にすることが増えてくるのが、
“五月病”という言葉です。

五月病というのは、あなたもご存じの通り、5月の連休が明ける頃、
なんとなく体調が悪くなったり、やる気が出なくてふさぎ込んでしまうような
あの状態のことです。

あまり酷い場合には、「適応障害」という精神疾患であることもあるそうですが、
原因は、変化した環境の中で、知らず知らずのうちに蓄積されていた心身の
疲れや、新しい人間関係になじめないストレスなどだと言われています

また、入試や入社といった大きな目標を達成した解放感や、
大きな目標の達成により次の目標がなくなってしまったことや、
想像していた新生活と現実とのギャップによるショックも、
五月病の引き金になっているようです。


ということは、「ストレス」と「モチベーションの低下」が
五月病の主な原因だと考えて良さそうです。


もし、あなたが、今、「もしかしたら5月病かも?」と感じているならば、
このお話が、役に立つかもしれません。


先日読んだ『脳はなにかと言い訳をする』という本の中に、ストレスとの
上手な付き合い方が書いてありました。

著者は、東京大学大学院薬学系研究科で講師を務め、脳に関する著書を
多数執筆している方です。


目に見えない“ストレス”には、自覚される主観的なストレスと、
無意識でも体が感じている体性的なストレスがあるのですが、もちろん、
より問題なのは、体性的ストレスです。

そして、この体性的ストレスを感じているとき、体は、視床下部や下垂体、
副腎を軸にして、全身の連鎖応答を生じ、これらの組織が、ACTHや
グルココルチコイドといった“ストレスホルモン”を出すのだそうです。

だから、血中のストレスホルモンの濃度を測定すれば、体がどれほどの
ストレスを受けているかがはっきりわかるんだそうです。

米ミシガン大学の博士は、28人の被験者に対して、ある刺激薬を使って、
全身の連鎖応答を生じさせることで、体に直接ストレスを与えるという実験
を行いました。

体に直接ストレスを感じさせる薬を打っちゃうなんて、なんとも思い切った
実験です。^^;


ただ、被験者は、この時、前もって、薬によってストレスホルモンが10倍
にまで増えることや、そのとき起こりうる副作用の説明を受け、
もし、気分が悪くなったら自分で薬の投与量を調節できるボタンも用意されて
いることを伝えられました。


すると……
驚いたことに、手元にボタンがあるときは、薬を投与されても被験者たちの
ストレスホルモンが増えなかったというのです。


つまり、これから自分の体がストレスを受けることや、手元のボタンを押せば
そのストレスからいつでも逃れられることがわかっていれば、実際にストレス
を回避するボタンを押さなくても、体はストレスを感じなかったということです。

ということは、重要なのは、実際にストレスを解消するかどうかではなく、
「ストレスを解消する方法を持っていると思っているかどうか」ということ
になります。

“病は気から”なんて言葉がありますが、体に直接ストレスを与える薬を投与
してた時でさえ、いつでも解消できると思うだけでストレスホルモンが出ない
というのですから、“気の持ちよう”の威力って偉大です。@@


ならば、全てを忘れて打ち込める趣味や自分だけの楽しみを持っている人、
何でも話せる友人や信頼できる相談相手がいる人、
上手くいっている恋愛中の人などは、本来であれば大きなストレスを感じる
であろう環境にいたとしても、ストレスに体を蝕まれるようなことはない
のでしょうね。

もっといえば、今こうして“気持ちの持ちよう”だけでもストレスを減らせる
と知ったあなたは、すでに、ストレスを回避する有効な手段をひとつ手にした
ことになります。^^


通勤や通学の途中で、ため息をつきたくなってしまったときには、
新しい環境での生活や、これまでとは違う人間関係は避けられなくても、
そこで生まれるストレスは、いくらでも回避する方法があることを、
ぜひ、思い出してくださいね!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

3.五月病から今すぐ立ち直る♪モチベーションの高め方

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨

五月病かも?と暗い気持ちになっているとき、ストレスはなんとか克服して、
体調は元に戻ったとしても、だからと言って、すぐさま元気いっぱいになれる
わけでありませんよね。

何かをやりたい気持ち、こうしたい!ああなりたい!というモチベーション
こそが、今日を生きる原動力であり、そんな“やる気”が沸いてこそ、
明日が楽しみになるからです。


モチベーションの重要性は、誰もが良く知っていますから、
「テストで90点以上とったら、ご褒美にゲームを買ってあげる」
などと言って、子供に勉強させる親や、
「プロジェクトが成功したら休暇を取って温泉に行くゾ!」と決めて、
それを楽しみに仕事を頑張るビジネスマンもいるでしょう。

こうしてモチベーションを高めるために“報酬”を用いることを、。
心理学では「外発的動機付け」と呼び、仕事の能率をあげる手段として
認知されています。

実際に外発的動機付け、つまりご褒美がないと学習能力はひどく落ちてしまう
ことが確認されており、動物に至っては、まったく学習しなくなるケースも
あるそうです。


この「外発的動機付け」に関するサルを使った実験で、なかなか興味深い結果
が発表されています。

それは、こんな実験です。

1.サルに、目の前のモニターに赤いサインが表れたらレバーを押し、
  緑のサインが表れたらレバーを離すという作業をさせる。

2.この一連の行程をミスなく行えた時には、ご褒美のジュースがもらえる。


サルにとってもそれほど難しくはないこの作業の成功率は、97%を超えて
いたそうです。


ところが、すこし条件を変えてみると、結果に違いが出てきました。


変更した条件は、こうです。

1.サルに、目の前のモニターに赤いサインが表れたらレバーを押し、
  緑のサインが表れたらレバーを離すという作業をさせる。

2.この一連の行程を4回連続でミスなく行えた時には、ご褒美のジュースが
  もらえる。


すると、1回の成功だけの時は97%以上だった作業の成功率が、4回連続
という条件になると、75%にまで落ち込んでしまったのだそうです。

同じ作業を繰り返すだけですから、サルにとってのむずかしさが増したわけ
ではないはずですから、作業の成功率を落としたのは、“やる気”の減少
と考えられそうです。

そして、面白いことに、何度もテストを繰り返していくと、4回の連続作業
のうち、一番ミスが多いのが初回で、成功率は75%。

これが、2回目には80%、3回目になると93%と成功率が上がり、
最後のステップでは1回だけの作業のときと同じ97%以上の成功率を示し
たんだそうです。


つまり、ご褒美のジュースが近づけば近づくほど、失敗が減ったという
ことです。

こうした報酬への期待と仕事の精度の関係には、前頭葉の働きが関係している
のだといいます。

そういえば、先日旅行先で見たアシカショーでは、アシカはひとつ芸をする
度に、ご褒美のお魚をもらっていて、いくつかの芸を組み合わせた難しい
技を披露するときには、動作の合間合間に複数回、お魚をもらっていましたっけ。

あれは、エラーを最小限に抑えて複雑な技を成功させるために有効な
ご褒美の与え方だったんですね。


こんなふうに、サルやアシカのお話を持ち出すと、「人間は違う!」と
気を悪くされる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の脳はより複雑
とはいえ、基本的な仕組みに大差があるわけではありませんから、
逆手にとって利用するのは良いことだと思うんです。


そして、サルやアシカよりずっと上等な脳を持つ人間の場合、
モチベーションの源泉となる“報酬”は、目に見える物やお金だけでなく、
何かをやり遂げたという「達成感」もまた立派な外発的動機となるそうです。

さすがは、人間。^^
 

ですから、よく、「目標は高い方が良い」などといいますが、
あまり高い目標や漠然とした目標だけを持つと、達成感というご褒美を
得ることができず、モチベーションも下がりやすくなるようです。

モチベーションを下げないためには、大きな目標だけでなく、
小さく分けた目標、つまり、日々達成していけるような目標をかかげ
ていくことが大切なんですね。


ショーのアシカが、小さな芸をひとつずつこなしてお魚をもらいながら、
最終的にはすごい大技を決めて拍手喝采を浴びていたように、
私たちも、目の前の小さな目標を確実にクリアして達成感という報酬を
得ていくうちに、いつしか大きな目標に近づいていくのだと思います。


もし、あなたが、連休明けに「はぁ。」とため息をつく数が増えている
のだとしたら、とりあえず、今日すぐに達成できる小さな目標を掲げてみては
いかがでしょう?

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━

4.ショートストーリー「笑う男」

¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨・..。.・¨☆☆¨


ほら、また笑った。

彼は、私の顔を見ると、まず最初に必ず笑う。

声は立てずに、でもとても面白そうに。
いえ、むしろ、声が漏れてしまうのを我慢でもしているかのように
本当に楽しそうに笑う。

それはほんの一瞬で、よそ見でもしていれば見逃してしまうくらいの
ごく短い時間だけれど、どんなに真面目な話をする前でも、
必ず、そうして笑うのだ。

人の顔を見て笑うんだから、ものすごく失礼な奴だと思う。

なぜ笑うのか問いただしてやりたいとも思ったが、
その笑顔があまりに無邪気で、幸せそうにさえ見えたから、
なかなかそうすることができなかった。

そう、何十年もの間、ずっと。

そして、今だって……

ベッドに駆け寄った私を見たとたん、彼はやっぱりあの顔で笑った。

それから、逝ってしまった。


穏やかに目を閉じて、もう笑うことのない彼の顔を覗き込んだとき、
何十年も訊ねたかった問いの答えがふっとわかった気がした。


彼が、とても面白そうに笑うあの顔が、はっきりと思い出されたから。

これからは、一人きりで生きていかなくてはいけないけれど、
目を閉じればいつでも、私を見て楽しそうに笑う彼に会うことができる。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━☆°━━. ★*:・☆─━─━


最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

最近、美味しいもののお取り寄せにハマっています。
パン、カレー、バームクーヘン、ピザ、ケーキ、チョコレート……

家に居ながらにして、全国各地の美味しいものを食べられるのですから、
便利な時代になったなぁ、って改めて感じています。


でも……
そんな時代だからこそ、お取り寄せできない美味しいものに
とても興味をそそられています。

それが、全国で人気の、あの、「クリスピークリームドーナツ」


実は、最近、地元名古屋にも店舗がオープンしたのですが、
これが、驚くような人気で、オープン時には6時間待ちだの8時間待ちだの
という大行列だったそうで、今でもまだ、平均1時間半は並ばないと
買うことができません。

先日名古屋駅に行った際、列に並ぼうとしたのですが、
一緒にいた娘に大反対されて泣く泣く食べるのを諦めました。

ただのドーナツだと言えばそれまでですが、食べたくても食べられない
と思うと、よけいに恋しさがつのります。


クリスピークリームドーナツもお取り寄せできたらいいのに!
とひとりごとを言いつつ、恨めし気にサイトを眺めています。(笑)

この写真がまた、本当の美味しそうなんですよね。

http://krispykreme.jp/index.html#/top

ブリリアントタイムでは、あなたからのご意見ご感想を
心待ちにしています!

⇒ webmaster@watch-colle.com


メールを下さった方には、Harukaから心をこめて、
ご返信を差し上げます。

また、場合によっては、ブリリアントタイム誌上で、
ご紹介させていただきたいと思いますので、
ご紹介を希望されない方は、その旨お書きくださいね。


 『ブリリアントタイム』 byウォッチコレ
     URL http://www.watch-colle.com/
  『ティータイムをご一緒に』 by Haruka
     URL http://happyteatime.jp 

このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
を利用して発行 しています。

■購読の中止及び変更は
 こちらです →http://www.watch-colle.com/cgi-bin/mail/Haruka.htm

■その他お問合せ・ご感想等はこちらへどうぞ
 →webmaster@watch-colle.com

All Contents Copyright (C)2002 watch-colle.com All Rights Reserved.
TOP会社概要商品一覧ご購入の手順お支払い方法送料についてQ&A集返品についてお客様の声
あなたにお届けします!楽しいショートストーリーとウォッチコレ新着情報!☆Presented by Watch-colle